1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託と株の違いは?その他金融商品との違いや比率のまとめ

投資信託と株の違いは?その他金融商品との違いや比率のまとめ

投資信託と株の違いは何でしょうか。投資信託は投資の専門家に運用を任せ、株・債券・不動産などさまざまな分野や地域に分散して投資できます。株は自分で運用し大きなリターンを狙うことも可能です。投資信託と株の違いを知り、投資に役立てましょう。

この記事の目次

投資信託とは

まず、『投資信託』とはどのような金融商品か見ていきましょう。

専門家が運用する

投資信託とは、投資家から集めた資金を一つにまとめ運用の専門家(ファンドマネージャー)が、国内外の株式・債券などに投資し運用する金融商品です。

専門家に運用を任せられるため、細かい勉強や情報収集に多大な時間や労力を費やす必要がありません。

うまく運用された場合は、主に以下の三つの利益を受け取れます。

利益の種類 内容
売却益 運用期間中に販売会社に買い取ってもらう際に、基準価額が購入時より高い場合に得られる利益
普通分配金 株式や債券の配当金や利息など、投資信託を保有することで決算時に得られる利益
償還益 運用期間終了により得られる利益

投資信託の仕組み

投資信託は、販売会社・運用会社・信託会社(信託銀行)の三つの機関が、それぞれに専門の役割を果たすことで成り立つ仕組みです。

運用会社が投資信託の開発・組成を担当し、証券会社・銀行などの販売会社が窓口になり、投資家に販売します。投資家から集めた資金は信託銀行に保管され、運用会社が決める運用指図に従い、信託銀行が株式などの資産売買や管理をします。

順調に運用されれば利益が分配されますが、企業の業績や金利・為替の変動などで運用成果は変わります。したがって、銀行の預金などと違い運用がうまくいかないと、元本が減る可能性があることを理解しておきましょう。

投資信託の仕組み - 投資信託協会

それぞれの機関の役割

販売会社・運用会社・信託銀行の三つの機関について、主な役割を下表にまとめました。

機関 役割
販売会社 投資家に投資信託を販売し、口座の管理や分配金の支払いなどをする。投資家と投資信託をつなぐ窓口の役割
運用会社 投資信託を開発・作成・運用する役割。経済や金融情勢に関するデータを収集・分析し、信託銀行に資産の運用を指図する
信託銀行 投資家から集めた資産を保管・管理する役割。運用会社の指示に従い株式や債券などを売買し管理する

投資信託と株の比較

投資信託と株式には、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

株価は動きやすく短期から長期まで方法がある

株は短期・中期・長期の三つの投資スタイルに分けられます。短期トレードは買った銘柄をその日のうちに売却するデイトレードや、数日後に売却するスイングトレードなど小さな利益を積み重ねていくスタイルです。

長期トレードは数年や数十年など長期にわたり株を保有し、大きな利益を目指します。中期トレードは短期と長期の中間に位置し、数カ月単位で売買し中程度の利益を狙うスタイルです。

株は銘柄によって異なる値動きを見せるため、短期から長期まで投資スタイルを選べます。

話題を集めている企業の株やその関連株など、旬なテーマの株は短期間に大きな値動きを見せる可能性が高く、短期トレードに向いているといえます。

また、経済や業界の流れなどから企業の将来性を見込んで銘柄を選び、数年単位で保有することも可能です。

投資信託は長期向け

投資信託を長期保有すると以下のメリットがあることから、一般的に長期トレードに向いた商品といわれます。

  • コストの負担を軽減できる
  • 安定した運用が可能である
  • 複利の効果を運用に生かせる

分配金などの収益を受け取らずに再投資に回すと、運用する資産が増加し複利効果を期待できます。

複利効果とは、利益が利益を生んで雪だるま式に資産が増えていく効果です。運用期間が長いほど利益が大きく膨らむため、複利の効果を最大限に活用できるでしょう。

また、投資信託の運用コストである申込手数料・信託財産留保額は、申込時または換金時に1回だけ支払う費用です。したがって、保有期間が長いほど、1年あたりのコストを下げられます。

さらに下図のように、10年・20年と長期保有するほど投資信託の値動きの振れ幅を縮小でき、安定した運用が可能でしょう。

メリット2

出典:かしこく運用するには|投資信託|運用する・ためる|名古屋銀行

投資信託と株の主な違い

投資信託と株式では、運用において大きな違いがあります。株式は投資家本人が会社の業績や成長性などをさまざまな情報から判断し、購入・運用しなければなりません。投資信託は、投資する株や債券を投資のプロが選択し運用してくれます。

その他の違いは、下表の通りです。

項目 主な特徴と違い
株式 ・仕組みがシンプルで分かりやすい
・株主優待制度がある
・数万円から購入できるものから数百万円以上のものもある
・投資信託に比べ、値動きが大きい
投資信託 ・専門家が運用を担当
・分散投資が可能
・1万円前後で購入が可能
・株に比べ値動きが小さい

投資信託と株・債券の違い|ふくろう教授の投資信託ゼミナール

投資信託とFXの比較

『FX(エフエックス)』とは、ドルやユーロなどの外貨を売買し、その差益を得ることを目的とする金融商品です。

投資信託とFXの違いを比較してみましょう。

24時間何度も取引可能なFX

FXは土日を除く平日は、24時間いつでも取引が可能です。会社員でも、仕事が終わってから取引に参加できます。

FX取引は東京市場以外に、ニューヨーク市場やロンドン市場など世界中のどこかの市場で常に取引が行われています。よって、相場も24時間変動することになり、いつでも取引が可能です。

1日1回基準価額が決まる投資信託

投資信託は株式や債券などに投資するため、基準価額(投資信託の値段)は日々変わります。しかし、FXのように一日中、価格が変動するわけではありません。

投資信託の基準価額は売買を申し込んだ時点では決まっておらず、当日の市場取引が終わってから1日に1回だけ、所定の方法で算定されます。

例えば、国内資産が投資対象のものは午後3時に市場取引が終わってから、その日の株式などの終値をもとに運用会社が基準価額を計算する仕組みです。

その日の夕方ごろに基準価額が算出され、その後、販売会社によって確認が行われホームページや翌日の新聞などで公表があります。

投資信託とFXの主な違い

投資信託とFXの主な違いを下表にまとめました。

項目 FX 投資信託
取引対象 外国通貨 株式・債券・不動産など
手数料 無料の場合が多い 買付手数料・信託報酬・監査報酬などが必要
投資期間 自由 投資信託ごとに信託期間が決められている
運用 自己判断 専門家が運用
リスク 高い 取引銘柄により異なる

FXでは手元の資金を担保に最大25倍までのレバレッジを効かせた取引ができます。

例えば、25倍のレバレッジを効かせると、10万円の元手で250万円分の取引が可能です。少ない資金で大きな利益を得られることもありますが、取引に失敗すると損失も大きいでしょう。

投資信託には5000本を超えるさまざまな特徴を持つ銘柄があり、投資する銘柄の選び方によってリスクとリターンの大きさを変えることが可能です。

投資信託と債券の比較

[caption id="attachment_49823" align="alignnone" width="4592"] SONY DSC[/caption]

債券とは、国や地方自治体、企業などが一般の投資家から資金を借り入れる目的で発行する有価証券の一つです。満期を迎えると投資家に元本が戻る他、利子を受け取れます。

投資信託と債券を比較していきましょう。

債券とは | 入門講座 | 国内債券(個人向け国債) | 債券 | 楽天証券

期間が決まっている債券

債券は満期日が決まっており満期までの期間が1年以内のものや、10年におよぶものもあり目的に合わせて選べます。

債券は保有中に価格が変動しても満期日を迎えると、原則として額面金額が払い戻される商品です。しかし、発行者が倒産あるいは破綻した場合など、元本が返済されないこともあります。

投資する前に債券の格付けなどを参考に、発行者が利払いや元本の返済ができるか債券の信用度をチェックしておくとよいでしょう。

また、債券は満期までに売却が可能ですが時価で売却するため、額面金額通りに売却できるとは限りません。債券の価格が購入時より下がっている場合など、元本を下回る可能性があります。

債券投資のポイント(債券投資の魅力とリスク)/マネックス証券

ポートフォリオの変わる投資信託

投資信託では、目標とするリターンや予想されるリスクなどを考え、複数の投資信託を組み合わせて運用することを『ポートフォリオ』といいます。

投資信託には投資対象に株式を一切組み入れず債券のみで運用するものや、株式のみで運用するものなどさまざまなタイプの商品があります。

ポートフォリオにどの投資信託を組み入れるかで、投資する資産の種類や地域、運用リスクなどを変えることが可能です。

投資信託と債券の違い

投資信託と債券の主な違いを、以下にまとめました。

項目 債券 投資信託
満期 債券ごとに5・10年など満期を迎える期間が設定されている 投資信託ごとに償還日が設定されている
元本保証 原則あり なし
中途解約 可能(個人向け国債は発行後1年が経過しないと中途解約できない) 可能
リスク 一般的に低め 選択する銘柄により異なる

株式、債券、REIT等の比率を考える

投資対象を一つの資産に集中させると、価格が下落したときの損失も集中してしまい大きく資産が減少します。このようなリスクを軽減するには、『分散投資』が効果的です。

分散投資とは、投資する対象資産や地域などを多様化させ価格下落による損失を抑え、より安定した運用を目指す投資方法をいいます。

分散投資で重要なのが株式・債券・REIT(リート)などの投資対象である資産に、どのような比率で投資するかということです。投資に回せる資金や目標とするリターンなど、いろいろな視点から資産配分を判断することが必要でしょう。

判断が難しい人は『バランス型ファンド(※)』に投資し、ファンドマネージャーに投資の配分を任せるという選択肢もあります。

(※バランス型ファンドとは、複数の資産や市場にバランスよく投資することを考え設計された投資信託です)

慎重派は債券を多く

投資信託は、投資対象によって期待できるリターンが違ってきます。投資信託には主な投資対象の違いから、以下のタイプに分けられます。

堅実に資産を運用したい人は、投資信託の中でも債券を多く組み入れた債券型ファンドを中心に投資するとよいかもしれません。

タイプ 特徴
債券型 主に国や企業が発行する債券に投資し運用。株式に比べ値動きが少なくリスクが低いが、その分収益は低め
株式型 主に国内株や外国株に投資し運用。資産を大きく増やしたい場合の有力な選択肢であるが、リスクは高め
RIET(リート) 複数のビルやショッピングモール、マンションなどの不動産に投資。賃貸料や売却益が分配される
コモディティ 金・原油・穀物などの商品に投資

投資信託の種類 | はじめての投資信託 | 松井証券

狙うリターンに応じて株式などを多くする

株式型ファンドは、値動きが大きく高いリターンを期待できる商品です。よって、株式型ファンドへ大きく投資すれば、高い利益を得られるかもしれません。しかし、株価が下がったときは、大きな損失を招くことにもなります。

なるべくリスクを抑えリターンを狙うには、逆の値動きを見せるファンドと組み合わせて運用するとよいでしょう。

株式は、債券と値動きが逆になる傾向にあります。一般的に株価は景気が良くなり金利が上がると値を上げ、債券は金利上昇時に価格が下がります。

比較的リスクが低いとされる債券ファンドと組み合わせて投資するなど、リスクを抑えることも考えながら株式ファンドの比率を増やしましょう。

超積極派は株式のみも?

積極的にリターンを狙いたい人は、株式型ファンドのみに投資し高い運用成果を期待することも可能です。

債券・株式・REITのいずれも国内より海外資産を投資対象とするファンドの方が、リターンが大きい傾向にあります。さらに、経済成長が著しい新興国の資産への投資は先進国へ投資する場合に比べ、より高いリターンが期待できるでしょう。

しかし、外国株式への投資は国内株式に比べ、リスクが高い傾向にあります。中でも経済や政治的に不安定な新興国への投資は、特にハイリスクといえるでしょう。

株式ファンドのみに投資したい人は、一つの国や地域を投資対象とせず国内と海外、先進国と新興国など投資する地域の分散を考え、高いリターンを狙いましょう。

知っておきたいポイント

ここでは、投資信託と株式の知っておきたいポイントを紹介していきます。

株主優待や配当金の扱い

株を保有していると、配当金や株主優待を受け取れます。配当金は事業による収益の一部を、企業が株主に配分するものです。株式ファンドの配当金は、信託銀行が管理・保管する信託財産(投資信託が保有する資産)に組み入れられます。

株主優待で送られる商品などは、可能な限り換金され配当金と同様に信託財産に組み入れられるケースが一般的です。食品など換金できないものは、慈善団体へ寄付するなどの対応がとられます。

したがって、株式ファンドを保有していても、一般的には配当金や株主優待を投資家が直接受け取ることはできません。信託財産に組み入れられ、分配金や償還金の一部として投資家に還元されます。

投資信託と株の損益通算

損益通算とは、毎年1月1日~12月末日までの投資信託や株式などの取引で発生した利益と損失を相殺することです。

例えば、年間に投資信託の運用による利益が50万円、株式の売却で20万円の損失があったとしましょう。この場合に損益通算をすると、収益を30万円(50万円-20万円)に減らし節税できます。

ただし、損益通算は法律で認められた一定のグループ内でしか行えません。投資信託・上場株式・債券の取引による損益のほとんどは、互いに相殺が可能なグループに属します。

取扱数の多いおすすめ証券会社

投資信託の取扱数が多いおすすめの証券会社を、ピックアップして紹介していきます。

SBI証券

『SBI証券』は投資信託の取扱数が2712本、ノーロード投信(購入手数料無料の投信)が1360本と、取扱数がトップクラスのネット証券会社です。

スマホアプリ『かんたん積立アプリ』を使うと、希望する運用スタイルに合わせたおすすめのファンドの組み合わせを提案してくれます。初心者でも安心して投信積立(※)を始められます。

(※投信積立とは、自分で選択した投資信託を毎月一定の金額で自動的に購入していく商品です)

投信・外貨建MMF|SBI証券
かんたん積立アプリ|SBI証券

楽天証券

『楽天証券』は2650本以上の投資信託を取り扱う、ネット証券会社です。手数料が超割コースでは約定5万円まで50円と業界屈指の格安手数料となっています。

また、楽天証券口座の開設に加え楽天銀行口座を開設すると、普通預金を年0.1%の金利で利用できます。その他にも投資信託の残高に応じて『楽天ポイント』がたまるなど、優遇サービスが多いことも魅力です。

必見の優遇サービス「投資信託」| 楽天証券の魅力 | はじめての方へ | 楽天証券

マネックス証券

『マネックス証券』は取り扱いが1000本以上、またマネックス証券でしか購入できない投資信託も多く用意されています。

また、投資に役立つ情報配信も充実しています。パソコン操作の技術的質問に対応する『パソコンサポートダイヤル』など、オンライン取引が初めての人も安心して取引を始められるサポート体制です。

マネックス証券のメリット | マネックス証券

まとめ

投資信託は株式に比べ少額で取引を始められることや、運用を専門家に任せられることなどから、初心者でも投資しやすい商品といえます。

投資する資産の種類や比率などをよく検討してから、投資するファンドを選びましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 投資信託の売却時について

    ひふみプラスを2月から始めましたが、北朝鮮情勢などで下がったり、リスクオフで戻ったり、動きが結構あって、どこで売ればいいのか迷います。 株式とは異なり、長...

    30代 / 女性 / 茨城県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • 配当金について(年1回と2回)

    投資については全くの素人ですが、3か月前より、月々5000円の積み立てを始めました。銘柄を選ぶ際に、配当金が支払われる方法として、年に1回の配当と年に2回...

    40代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資