1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託で債券を選ぶのはあり?債券型の特徴やおすすめを紹介

投資信託で債券を選ぶのはあり?債券型の特徴やおすすめを紹介

投資信託には、債券型と株式型などいくつか種類があります。投資信託で資産運用するにあたって、債券型を選んでもよいのでしょうか。債券型投資信託の特徴を理解し、自分に向いているかを考えてみましょう。最後に債券型投資信託のおすすめも紹介します。

この記事の目次

投資信託とは

まずは、投資信託の仕組みやメリットといった基本的な知識を理解しておきましょう。スムーズに内容が理解できるよう、投資信託でよく使われる用語を紹介します。

用語 詳細
口(くち) 投資信託の取引単位(株式:1株、投資信託:1口)
基準価額 1口あたりの金額
ファンド 投資信託そのもの、または運用会社
資産総額 『投資信託が保有する金融商品の時価総額+金融商品から得た利益』
純資産総額 『資産総額-運用コスト』
販売会社 投資信託の販売会社
運用会社 投資信託の運用会社
申込日 投資信託の購入・売却などを申し込んだ日
約定日(やくじょうび) 投資信託の売買成立日
受渡日 約定価格の支払日

投資信託の仕組み

投資信託は、運用会社が投資家の資金をまとめて複数の国や企業の株式、債券などに分散投資し、得た利益を投資家に分配するという仕組みの金融商品です。投資家が投資信託から得られる主な利益として、『分配金』と『売却益』があります。

  • 分配金:投資信託が保有する金融商品から得た利益が還元されたもの
  • 売却益:投資信託を購入価格より高く売却し、その差額で得た利益

分配金はすべての投資信託で受け取れるわけではなく、『毎月分配型』などの特定の投資信託でのみ受け取れるものです。

分配金がない投資信託は、価格が上がるのを待って売却し、その差額で利益を得るのが基本です。

そもそも投資信託とは? - 投資信託協会

投資信託のメリット

投資信託には、以下のようなメリットがあります。

  • 最低100円から積み立てなど、少額から気軽に始められる
  • 1種類の商品を購入するだけで、自動的に分散投資ができる
  • 個人では投資しづらい金融商品に投資できることがある
  • 投資先の選定や資産運用を運用会社に任せるので、投資初心者でも取り組みやすい

投資信託の一般的なリスク

一般的に、投資信託には以下のようなリスクがあるとされています。

種類 詳細
価格変動リスク 投資信託が保有している金融商品の価格が下がり、投資信託の基準価額も下がる
金利変動リスク 市場金利の変動によって、投資信託が保有している債券の価格が下がり、投資信託の基準価額も下がる
為替変動リスク 円から外貨に換えて運用している場合に、通貨の価値が変動することで投資信託の基準価額が下がる
信用リスク 投資信託が保有している株式や債券の発行元の業績悪化、破たんなどによって金融商品の価値が下がり、投資信託の基準価額が下がる

投資信託は、定期預金とは異なり元本保証がありません。上記のようなリスクによって、損失が出る可能性があることを理解しておきましょう。

その他の金融商品との比較

資産運用を始めたいのであれば、投資信託以外に『銀行預金』『株式』『債券』といった選択肢があります。どれがよいのか比較できるよう、各金融商品の特徴を把握しておきましょう。

銀行預金

身近なものなので意識していない人も多いですが、『銀行預金』は金融商品の一種です。口座に預けたお金は、そのまま銀行に保管されるのではなく、銀行によって運用されています。

ときどき口座に『利息』として入金されているのは、銀行が資産運用で得た利益を預金者に分配しているからです。

銀行預金の大きなメリットは、銀行が破たんしても1000万円まで確実に補償されることです。また、銀行が資産運用で損失を出しても、預金が減ることもありません。

しかし、過去には8%もの金利が付く銀行預金もありましたが、2019年6月時点での平均金利は0.001%と極めて低く、ただ預けているだけでは資産が増えることはないでしょう。

万が一金融機関が破綻した時 : 預金保険機構
預金種類別店頭表示金利の平均年利率等 : 日本銀行 Bank of Japan

株式

『株式』は、代表的な金融商品の一つです。企業が株式を発行し、それを投資家が購入することで企業が事業資金を調達できるという仕組みです。

そして、企業が成長することで株価が上がれば、投資家はその分利益を得られます。ただし、株式は発行した企業が破たんすると、上場廃止されて価値がなくなります。

他の金融商品よりも利益が見込める代わりに、トラブルが起きた場合の損失も大きいため、株式で資産運用をしたい場合は、投資の知識やそれなりの資金力が必要です。

債券

債券とは、国・地方自治体・企業などが、投資家から資金を借り入れる代わりに発行するものです。発行元の資金力が高いこと、設定された期限が来ると約束された金額が戻ることなどから、投資信託や株式などよりも低リスクというメリットがあります。

しかし、発行元が絶対に破たんしないわけではありません。例えば、09~15年ごろに発生したギリシャ危機の際には、ギリシャの国債が大暴落して価値が大幅に低下しました。

とはいえ、基本的にはその他の金融商品よりもリスクが低く、安定した運用が期待できます。ただし、低リスクである分、それほど大きな利益は期待できません。

投資信託の種類

投資信託は、投資対象などによって複数の種類に分類されます。ここでは、投資信託の主な種類について見ていきましょう。

2種類の形態

法令上、投資信託は『公社債投資信託』と『それ以外の投資信託』の、2種類の形態に分類されています。そして、2種類の投資信託は『公募型』と『私募型』に分かれます。

  • 公募型:不特定多数の投資家に対して募集をかける投資信託
  • 私募型:特定の投資家や企業に対してのみ募集をかける投資信託

さらに、公募型は『単位型』と『追加型』に分類されるのが基本です。

  • 単位型:所定の期間内だけ購入できる投資信託。募集期間中の申し込み価額で購入する
  • 追加型:いつでも購入できる投資信託。約定日の基準価額で購入する

また、分配金の有無によっても二つに分類されます。

  • 受取型:分配金が受け取れる投資信託
  • 再投資型:分配金が再投資される投資信託
  • 無分配型:分配金がない投資信託

主な投資対象

投資信託の主な投資対象は、以下の5種類です。

  • 債券
  • 株式
  • 不動産(REIT:リート)
  • コモディティ(金・穀物・原油など)
  • その他(金融関連商品に投資するヘッジファンドなど)

上記のうち、いずれか1種類を主な投資対象としている商品もあれば、複数を投資対象としている『バランス型』という商品もあります。

バランス型商品の方が、投資対象が様々な分野に渡る分、損失が出るリスクを軽減できますが、手数料が割高です。

投資先の地域による分類

投資信託は、投資先の地域によっても以下の種類に分類されます。

  • 国内:投資対象の多くが国内の金融商品である投資信託
  • 海外:投資対象の多くが海外の金融商品である投資信託
  • 内外:国内と海外のどちらの金融商品も投資対象としている投資信託

さらに、海外の投資信託は『先進国』と『新興国』に分類されます。先進国は、欧米の主要な国を投資先としており、高成長は期待できないものの、比較的安定した運用が可能です。

新興国は今後の成長が見込まれるため、大きな利益を得られる期待があります。しかし、経済的に安定しておらず、大きな損失が出るリスクも高いのが特徴です。

債券型投資信託とは

ここからは、『債券型投資信託』の特徴やリスクなどを見ていきましょう。

債券への分散投資

『債券型投資信託』とは、複数の債券に分散投資している投資信託のことです。債券型投資信託は、前述の『公社債投資信託』とは投資方針が異なっており、同一商品とはいえません。

公社債投資信託は元本割れを起こさないことが原則とされており、安全性の高い短期満了の公社債への投資を主としています。

一方、債券型投資信託は、より多くの利益を得ることを目標としており、運用が長期に渡る債券への投資も行います。従って、債券型投資信託は、前述の『それ以外の投資信託』に分類されるのです。

種類とリスクの特徴

債券型投資信託には、以下のような種類があります。

  • 国内債券型:国内の債券を主な投資先とした投資信託
  • 海外債券型:海外の債券を主な投資先とした投資信託
  • 高格付け債券:安全性が高い債権を主な投資先とした投資信託
  • ハイ・イールド債券型(エマージング債・ジャンク債):安全性が低い代わりに利息が高く、大きな利益を狙える債券

上記の中で最もリスクが高いのは、当然ハイ・イールド債券型です。海外債権には『先進国債権』と『新興国債券』があり、経済が不安定な新興国債券もリスクが高いといえます。

また、海外債権には為替変動リスクがあるため、リスクをとりたくない人は国内債券や高格付け債券が向いているでしょう。

運用方法の例

投資信託は、運用方針によっても2種類に分類されています。それぞれどのような特徴があるのかを理解し、投資信託を選ぶときの目安にしましょう。

アクティブファンド

『アクティブファンド』とは、市場平均よりも高い利益を出すことを目指し、積極的な資産運用をする投資信託のことです。

細かく投資先を調査したり、適時投資先の変更をしたりと運用会社の負担が大きいことから、運用時の手数料が高いのが一般的です。また、積極的に資産運用を進めるため、損失が出るリスクも大きくなります。

しかし、運用がうまくいった場合の利益が大きいため、多少リスクが高くても大きく資産を増やしたい人に向いています。

インデックスファンド

『インデックスファンド』とは、市場平均と連動した値動きになるような運用をしている投資信託です。アクティブファンドとは異なり、投資先の調査などが不要であるため、運用時の手数料が安いものが多いのが特徴です。

アクティブファンドほどの大きな利益を得るチャンスは少ないものの、安定した運用ができるので、長期間かけて老後資産を形成したい人などに向いています。

日本債券ファンドのおすすめ商品

最後に、債券型投資信託のおすすめ商品を紹介します。まずは国内債券型商品です。

eMAXIS Slim国内債券インデックス

『eMAXIS Slim国内債券インデックス』は、NOMURA-BPI総合という、日本の公社債市場の動向を表した代表的な指数と連動する成果を目指して運用されている投資信託です。

18年10月ごろに基準価額が一時的に大幅下落したものの、2カ月ほどで持ち直し、その後は順調に値上がりしています。

運用が安定していること、運用中の手数料が安いことなどから、投資初心者やリスクを取らずに長期運用したい人などに向いているでしょう。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス | eMAXIS

ニッセイ国内債券インデックスファンド

『ニッセイ国内債券インデックスファンド』も、eMAXIS Slim国内債券インデックスと同じく、NOMURA-BPI総合と連動する成果を目指して運用されています。

ニッセイ国内債券インデックスファンドの大きなメリットは、購入時や換金時の手数料がかからないため、運用コストが非常に安く抑えられることです。

また、投資先を原則『投資適格銘柄(※)』に限定して信用リスクを抑えているため、リスクの少ない運用を希望する人に向いています。

(※投資適格銘柄とは、株式や債券の格付け機関によって、信用リスクが低いと認定された銘柄のことをいいます)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド|投資信託のニッセイアセットマネジメント

三井住友日本債券インデックスファンド

『三井住友日本債券インデックスファンド』は、もともと企業型確定拠出年金(※)専用商品として販売されたものが、名称を変えて一般にも販売されるようになった商品です。

日本の国債をメインの投資先としており、リスクを抑えた運用ができるのがメリットです。短期間で大きな利益は得られないものの、着実に基準価額が上がっており、長期的な運用をしたい人におすすめです。

(※企業型確定拠出年金とは、企業が積み立てた掛金を従業員自ら運用し、その運用成績に応じた年金を受け取る制度のことです)

概要/三井住友DSアセットマネジメント

たわらノーロード国内債券

『たわらノーロード国内債券』は、購入時の手数料が無料で運用コストが抑えられると人気の、たわらノーロードシリーズの一つです。国内最低水準の運用コストを実現しており、手数料によって無駄に利益が削られることを防げます。

16年ごろに大きく基準価額が下がりましたが、その後持ち直して順調に成長を続けており、安全性の高い運用が期待できます。

たわらノーロード 国内債券|ファンド情報|アセットマネジメントOne

外国債券ファンドのおすすめ商品

続いて、海外債券型の投資信託の中から、おすすめの商品を紹介します。

ニッセイ外国債券インデックスファンド

『ニッセイ外国債券インデックスファンド』は、購入時や換金時の手数料がかからないニッセイ国内債券インデックスファンドの海外債権版です。

日本を除いた主要先進国の国債を主な投資先としており、FTSE世界国債インデックス(※)と連動した運用成績を目指して運用されています。

国内債券型と比較するとリスクは上がるものの、その分国内債券型よりも利益が見込めるので、少しリスクを取ってチャレンジしたい人に向いています。

(※FTSE世界国債インデックスとは、世界主要国の国債の総合収益率を、時価総額で加重平均したものです)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド|投資信託のニッセイアセットマネジメント

たわらノーロード先進国債券

海外債券型でコストを抑えた運用を希望する人は、たわらノーロードシリーズの一つである『たわらノーロード先進国債券』を検討してみましょう。

たわらノーロード国内債券と同じく、購入時の手数料がかからないため、運用コストを削減できます。先進国の公社債が主要な投資先であるため、比較的安定した運用ができる点もメリットです。

たわらノーロード 先進国債券|ファンド情報|アセットマネジメントOne

eMAXIS先進国債券インデックス

『eMAXIS先進国債券インデックス』も、FTSE世界国債インデックスと連動した運用成績を目指した運用が行われている投資信託です。

10年ごろは1万円以下だった基準価額が、19年時点では1万3000円くらいまで上がっており、やはり国内債券型よりも大きな利益を期待できます。

ただし、運用コストが高めに設定されているため、コストを抑えたい人は同シリーズの『eMAXIS Slim 先進国債券インデックス』も検討してみるとよいでしょう。

eMAXIS 先進国債券インデックス | eMAXIS

EXE-i先進国債券ファンド

『EXE-i先進国債券ファンド』は、日本を含む先進国の債券を投資対象とした投資信託です。国債だけでなく、金融機関や企業が発行する債券にも投資しています。

運用中の手数料はたわらノーロードシリーズなどより高いものの、購入時・換金時の手数料が無料なので、それほど気にならないでしょう。

安全性の高い国債だけでなく、いろいろな債券への投資にチャレンジしてみたいという人におすすめです。

SBIアセットマネジメント EXE-i(エグゼアイ)|EXE-i 先進国債券ファンド

まとめ

債券型投資信託は、株式などより安全性が高いため、リスクを抑えて長期間運用したい人に向いています。

とはいえ、まったくリスクがないわけではありません。また、国内債券型や海外債券型などいくつか種類があり、商品によって投資先やリスク度が異なります。それぞれの特徴を理解して、自分に合う商品を見つけることが大切です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 投資信託の会社はどのように選べば良いのでしょうか?

    以前、テレビのある番組で教育費を捻出するために、ある投資会社の投資信託を始めたという方の話を見ました。その体験談では、右肩上がりに利益が上がっているようで...

    40代 / 女性 / 佐賀県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • 投資信託は積み立てが良いのでしょうか

    以前ゆうちょの日興5大陸債権ファンドを契約したことがあるのですが、受け取りにしていたためどんどん屠畜額が減っていきました。 元本割れは認識していたのですが...

    30代 / 男性 / 島根県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

  • HSBCインドオープンについて教えて下さい。

    高成長し、中国を抜くと言われているインドに関する投信の購入を考えています。具体的には、「HSBCインドオープン」または「新生・UTIインドファンド」が良い...

    50代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資