1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託のリスクを避けるには?リスクを理解して上手に管理しよう

投資信託のリスクを避けるには?リスクを理解して上手に管理しよう

投資信託での資産運用を始めるときには、投資信託が持つリスクについて理解し、上手にリスク管理することが重要です。本記事では、投資信託の主なリスクの種類や概要、リスク管理の方法などについて、投資信託の基礎知識と併せて解説します。

この記事の目次

投資信託の特徴や仕組みをおさらい

まずは、投資信託の仕組みや特徴といった、基礎知識をおさらいしておきましょう。具体的な内容に入る前に、投資信託で使われる基本的な用語について解説します。

用語 詳細
口(くち) 投資信託の取引単位。株式は1株と数えるが、投資信託は1口と数える
基準価額 投資信託1口あたりの金額
資産総額 投資信託に含まれる金融商品の時価総額に、その金融商品からの利益を加算した金額
純資産総額 資産総額から投資信託の運用コストを差し引いた金額
販売会社 投資信託を販売している会社
運用会社 投資信託を運用している会社
申込日 投資信託の購入・売却などを申し込んだ日
約定日(やくじょうび) 投資信託の売買が成立した日
受渡日 約定した価格の支払い日

あまり資金がなくても始められる

投資信託とは、複数の金融商品のパッケージのようなものです。一つの商品の中に、さまざまな国や企業の株式・債券・その他金融商品が含まれており、投資家から集めた資金をそれらの金融商品に分散投資します。

投資信託の購入方法には『積み立て購入』と『一括購入』があり、金融機関によっては100円から積み立てることが可能です。そのため、まとまった資金がなくても始められるというメリットがあります。

  • 積み立て購入:毎月一定額の投資信託を購入していき、徐々に保有数を増やす方法
  • 一括購入:投資資金分の投資信託を1回で購入する方法

また、口数指定と金額指定も選択可能です。

  • 口数指定:投資信託を何口購入するか指定すること
  • 金額指定:投資信託をいくら分購入するか指定すること

運用はプロにお任せ

投資信託の大きな特徴は、運用をプロに任せることです。投資家が投資信託を購入すると、その資金が一つにまとめられます。

そして、運用会社がさまざまな金融商品に投資・運用し、その結果得た利益を投資家に還元します。投資信託から得られる利益で主なものは、『分配金』と『売却益』です。

  • 分配金:投資信託の運用で得た利益や資産を投資家に還元するもの
  • 売却益:投資信託を購入価格より高値で売却し、その差額によって得る利益

分配金には『普通分配金』と『特別分配金』があります。

  • 普通分配金:投資信託の運用で得た利益から支払われる分配金
  • 特別分配金:投資家に約束通りの分配金を支払うために、元本を削って支払われる分配金

なお、分配金が支払われるのは特定の投資信託に限られます。

これから投資信託を始める人へ

投資信託には、膨大な数の商品があります。その中から、自分に合う商品を自分で選ばなくてはなりません。

自分合う商品を選ぶためには、自分の『リスク許容度』を把握することが重要です。そして、購入を検討している投資信託のリスクやリターンを概算し、自分のリスク許容度と合っている商品かどうかを判断します。

ここでは、自分のリスク許容度のチェック方法や、投資信託のリスクやリターンの概算方法を解説します。

リスク許容度を理解しておこう

『リスク許容度』とは、投資信託の運用で損失が発生した場合に、いくらまでであれば耐えられるかの度合いのことです。リスク許容度は、自分の『資産や収入』『年齢』『家族構成』『知識』『性格』などから総合的に判断します。

用語 詳細
資産・収入 資産・収入が多い人は損失をカバーしやすいため、リスク許容度が大きい
年齢 年齢が若い人はより長期的な運用が可能で、損失を取り戻しやすいため、リスク許容度が大きい
家族構成 家族が少ない人は収入から投資に回せる金額が多いのでリスク許容度が大きい
知識 投資信託のリスクや損失が出たときの対処法を知っている人ほどリスク許容度が大きい
性格 多少の損失であれば気にならない人の方がリスク許容度は大きい

リスクとリターンの概算を計算してみよう

リスクやリターンは『標準偏差』で予測します。標準偏差とは、一定期間の平均リターンと、月次や年次のリターン・損失の差を表す数値です。

標準偏差のイメージ

出典:FP大竹のり子氏がNISA(ニーサ)について解説|モーニングスター

平均値と年次や月次のリターン・損失が離れるほど価格が上下しやすく、ハイリスクハイリターンと判断できます。

標準偏差は2倍まで確認するのが基本です。そして、損失やリターンが平均値±1倍になる確率は68.3%、平均値±2倍になる確率は95.4%とされています。平均値3%、標準偏差5%の投資信託を1年間運用したとして、損失とリターンを概算してみましょう。

  • 年間+8~-2%になる確率:68.3%
  • 年間+13~-7%になる確率:95.4%

100万円投資した場合、最高13万円の損失が出ても耐えられるかどうかが購入の目安です。

信託報酬等の費用も頭に入れておく

投資信託を購入・運用・売却する際には、信託報酬や購入時手数料などさまざまな費用がかかる他、税金が発生することもあります。

  • 信託報酬:投資信託の運用経費として運用会社に支払う手数料
  • 購入時手数料:投資信託購入時の手続きにかかる費用として販売会社に支払う手数料
  • 信託財産留保額:投資信託を中途解約(売却)する際ときに、手数料とは別にかかる費用

投資信託のリスクやリターンを考えるときは、これらの費用や税金も頭に入れておきましょう。手数料や税金がかかった分、利益が目減りするためです。

これらの手数料は、金融機関や商品によって金額が大きく異なります。手数料無料の場合もあるので、金融機関や商品ごとの手数料を比較して、できるだけ安く抑えられるようにしましょう。

モーニングスター [ 投資信託講座 ]

投資信託のリスクとは?主なリスクの種類

投資信託が持つ主なリスクとして、以下の四つがあります。

  • 価格変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 為替変動リスク
  • デフォルトリスク(信用リスク)

それぞれのリスクについて理解し、対処法を考えておきましょう。

基準価額に影響 価格変動リスク

投資信託には、さまざまな国や企業の株式・債券・その他金融商品が含まれており、その金融商品の価格によって基準価額が決まります。

  • 投資信託の基準価額=純資産総額÷投資信託の総口数(※)

金融商品の価格は、経済情勢や企業の業績などによって絶えず変動しているため、投資信託の基準価額もそれに連動して上下します。

もし、投資信託に含まれる金融商品の価格が何らかの原因で下落し、投資信託の基準価額が購入価格よりも下がれば、その差額分、損をするリスクがあります。

(※投資信託の総口数とは、その投資信託を保有するすべての投資家の保有口数の合計です)

債券価格に影響 金利変動リスク

投資信託に含まれる金融商品の中に『債券』がある場合は、金利変動リスクに注意する必要があります。債券とは、国・地方自治体・企業などが投資家から資金提供を受ける代わりに発行するものです。

債券には満期が設定されており、満期を迎えると提供した資金に利息を加算した金額が戻ってきます。債券の価格は市場金利が上がると下落、市場金利が下がると上昇と、市場金利に応じて変動するのが原則です。

もし、市場金利が大幅に上がって債券の価格が大きく下落すると、その債券を含む投資信託の基準価額も下がり、損をする可能性があります。

債券と金利って、どういう関係なの?|投資の時間|日本証券業協会

外国株や債券に影響 為替変動リスク

投資信託には、外国株や債券を含む商品があります。外国株や債券などに投資する際には、その国の通貨に換えて運用されるのが基本です。そして、多くの通貨は、各国の経済情勢などの要因によって価値が変動します。

一般的に、日本国内の金融機関で購入した投資信託は、円を他の通貨に換えて運用するため、円高のときは基準価額が下がり、円安のときは基準価格が上がります。

もし、円高によって基準価額が大きく下がり購入価格を下回ると、その差額分、損をする可能性があります。

為替リスクヘッジありとなしの違い

外国株や債券を主な投資対象としている投資信託の中には、『為替ヘッジあり』と『為替ヘッジなし』の2種類から選べるものがあります。

為替ヘッジとは、投資信託における為替変動リスクを回避する方法のことです。外貨に換えて投資する際に、その時点での為替レートと同じレートで交換する契約を結ぶことで、通貨価値の変動の影響を受けないようにします。

ただし、外国株や債券を主な投資対象としている投資信託すべてで為替ヘッジありとなしを選択できるわけではありません。

また、為替ヘッジありの商品は手数料が高額で、利益が大きく目減りしやすいことを理解しておきましょう。

元本や利息に影響 デフォルトリスク

投資信託に含まれる金融商品の発行した国や企業の経済情勢や業績が悪化し、契約不履行が起こった、あるいは起こることが予測できる場合があります。

契約不履行とは、契約時に約束した分配金や元本、利息などが支払えなくなることです。このような場合、その金融商品の信用が低下して価格が下がり、それに連動して投資信託の基準価額も下落するリスクがあります。

リスクメジャーが低い投資タイプとは?

投資信託の商品のうち、代表的なものとして以下の5種類があります。

種類 詳細
国内債券型 ・国内の債券に投資する
海外債券型 ・海外の債券に投資する
・為替ヘッジありなしを選べる場合がある
国内株式型 ・国内の株式に投資する
海外株式型 ・海外の株式に投資する
・為替ヘッジありなしを選べる場合がある
バランス型 ・国内外の株式・債券・不動産投資信託など、さまざまな種類の金融商品に分散投資する

それぞれリスクの度合いが異なるため、自分のリスク許容度に合う種類の投資信託を選ぶことが重要です。まずは、リスクが低い投資信託を紹介します。

国内債権は低リスクと言われている

5種類のうち、国内債券型がもっとも低リスクといわれています。債券は、満期を迎えたときに受け取れる金額が約束されていること、発行元が国や地方自治体で破たんリスクが少ないことなどが理由です。

海外債券型は為替変動リスクがあるため、できる限りリスクを抑えたい人には国内債券型の方が向いているでしょう。

また、バランス型も保有する金融商品の種類がバラバラで、一つの金融商品が下落しても、他の金融商品の利益でカバーしやすいことから、比較的リスクを抑えた運用ができます。

国内株式投信のインデックス型も始めやすい

国内株式型は、『インデックス型』と『アクティブ型』の2種類に分かれます。

  • インデックス型:日経平均株価など、国内市場の動向に連動する運用を目指す投資信託
  • アクティブ型:国内市場の平均以上の高い投資成果を目指した運用を行う投資信託

このうち、インデックス型は値動きがわかりやすく、信託報酬なども安い商品が多いため、初心者でも始めやすいでしょう。

ハイリスクの投資タイプとは?

大きなリターンを狙いたい人は、標準偏差が大きいハイリスクハイリターンの投資信託に挑戦してみましょう。

リターンも大きいことが多い新興国株式

5種類のうち、大きなリターンを狙えるのは海外株式型です。その中でも、『新興国株式』に投資する商品は、リターンが大きいことが多いという特徴があります。

新興国とは、現在の経済水準は低いものの、将来的に大きく経済成長することが見込まれる、東南アジア・中南米・中東・東欧などの国々のことです。

今はまだ経済水準が低いため、比較的安価な価格で投資信託が購入できます。そして、将来経済が成長すれば、それに伴い投資信託の基準価額も上がるため、大きなリターンが得られる可能性があるのです。

新興国の投資にカントリーリスクはつきもの

新興国株式への投資には、カントリーリスクがつきものです。カントリーリスクとは、投資対象の国や地域の政治や経済状況の変化により、その国の金融商品の価格が変動するリスクのことをいいます。

新興国は先進国と比較して経済が不安定であるため、金融商品の価格が大きく下がったり、国が破たんして価値がなくなったりするリスクが高いものです。

また、当初の予測よりも経済が成長せず、金融商品の価値が上がらない可能性もあります。新興国株式への投資には、このようなリスクがあることを理解しておきましょう。

リスク分散の仕方は?三つのポイント

投資信託にはさまざまなリスクがあることを解説してきましたが、そのようなリスクを分散するにはどうすればよいのでしょうか。

資金はさまざまな投資先に分散する

リスク分散の基本は、投資資金全額を一つの商品に投入するのではなく、少しずつさまざまな商品を購入することです。そうすれば、どれか一つの商品で損失が出ても、その他の商品の利益でカバーできる確率が高まります。

地域も分散してできるだけリスクを回避

分散投資するときには、投資先の国や地域もできるだけ分散することが、リスク回避のポイントです。

複数の商品に資金を分散していても、国や地域が同じだと、その国や地域の経済情勢が悪くなったときにすべての保有商品が値下がりし、損失をカバーできなくなる可能性があります。

長期保有でリスクを抑えよう

短期的な価格の上下に左右されず、長期保有することもリスクを抑えるのに有効です。投資信託は、長期保有することで値動きの幅が縮まるとされているためです。

また、長期保有すると『複利効果』を得やすくなります。複利効果とは、投資で得た利益を再投資することで、利益が利益を生む状態を作ることです。

仮に、10万円を年利5%で運用したとしたら、年間5000円の利益が発生します。この5000円を使ってしまい、翌年も10万円を年利5%で運用すれば、翌年の利益も年間5000円です。

しかし、5000円を再投資して10万5000円を年利5%で運用すれば、翌年の利益は年間5250円になります。これを長期間続けていくと、得られる利益が年々大きくなっていくのです。

複数回に分けて購入し、時間を分散しよう

『ドルコスト平均法』も、リスク軽減の基本的な手段です。ドルコスト平均法とは、金融商品を定期的に一定額分ずつ購入し、購入する時期や時間をずらすことをいいます。

投資信託の基準価額は日々変動しており、次の日にいくらになるのかは、専門家でも正確に予測できないといわれています。

もし、同じ日に一括購入し、その日が高値であった場合、余分なコストがかかってしまって損失が出るリスクが高くなるのです。

しかし、購入する時期や時間をずらして購入すれば、自然に高値のときは購入数が減少し、安値のときには購入数が増加するため、購入コストを平準化しやすくなります。

リスクはどうやって管理するの?

購入時のリスクの分散はもちろん大切ですが、運用を始めた後のリスク管理も重要です。ここでは、リスク管理の方法を解説します。

自分でポートフォリオを作成してみよう

リスク管理をするときに役立つのが『ポートフォリオ』です。ポートフォリオとは、どこの金融機関にどんな金融商品を保有しているのか、銘柄や保有数まで詳細に記した一覧のことをいいます。

ポートフォリオを作成しておけば、今の自分の資産状況が一目で把握できるため、例えば株式に偏りすぎているので投資信託を増やすなど、リスクを管理しやすくなります。

無料で利用できるポートフォリオ作成ツールもあるので、自分のポートフォリオを作成してみましょう。

ポートフォリオ機能のご案内

バランス型ファンドも一つの手

自分で分散投資したり、ポートフォリオを作成したりするのがむずかしいという人は、バランス型の投資信託に投資するのも一つの手です。

バランス型の投資信託は、運用会社の専門家が投資先を選定しており、運用実績に応じて金融商品の入れ替えなどもしてくれるので、自分で管理する必要がありません。

すべてを運用会社に任せる分手数料が割高な傾向にありますが、自分で運用する手間を省きたい人は、購入を検討してみるとよいでしょう。

運用実績をチェックして定期的に見直そう

投資信託のリスクを管理するには、定期的に運用実績をチェックして、資産配分などを見直すことが重要です。

例えば、複利効果を狙って、分配金が自動的に再投資されるように設定していたとします。そのまま長期間放置して、資産が外国株に偏ったとしましょう。

すると、何らかの原因でその外国株の価格が大幅に下がった場合に、一気に資産が目減りする可能性があります。

このようなリスクを避けるために、定期的に資産の偏りを調整したり、投資先を見直したりする必要があるのです。

まとめ

投資信託には、為替変動リスクや価格変動リスクなど、さまざまなリスクがあります。大きな損失が出ないよう、自分のリスク許容度に合った商品を選んだり、定期的に資産を見直したりして、うまくリスクを管理しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資