1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 株式投資
  4. 特定口座の手数料比較。自分にあった証券会社で口座開設しよう。

特定口座の手数料比較。自分にあった証券会社で口座開設しよう。

証券会社や銀行で株の取引をする際には、手数料がかかります。それぞれ会社によって手数料が違うので、手数料に注目して口座を選ぶことが大切です。この記事では、特定口座の取引手数料と証券会社の選び方を確認しましょう。

この記事の目次

証券会社の手数料って何?

株の取引をすると、手数料が発生します。投資を有利に進めるには、手数料の理解が欠かせません。そこでまずは手数料がどういったもので、どのように発生するか見ていきましょう。

手数料の仕組み

手数料とは、株式の購入や売却の手続きを依頼する際に、証券会社に対して支払う費用のことです。

証券会社の手数料は、注文ごとにそれぞれ請求されます。手数料の額は取引の金額に応じて決定されることが一般的です。また、手数料は証券会社ごとにあらかじめ決められています。

購入の際には、株式の購入代金と一緒に証券口座の現金残高から引き落とされ、売却の際には、株式の売却代金から手数料を差し引いた額が口座に入金されます。

手数料には2種類ある

手数料は、以下の2種類があります。それぞれ特徴があるため、自分の投資方法にあった手数料を選びましょう。

  • 取引ごとにかかる手数料
  • 「ボックスレート」で決まる手数料

株を取引する際に、取引ごとに手数料がかかります。その手数料は、取引額や金融商品によって異なってきます。

一方、「ボックスレート」では、取引ごとでなく、取引の総額で手数料が決定されます。取引総額で手数料が決まるので、何度でも取引できる点が特徴です。なので、短い間隔で購入や売却を繰り返すデイトレードを行う方に「ボックスレート」はお勧めです。

ネット証券がお勧め

株式の取引をするには、口座を開設しなければいけません。証券会社には、総合証券とネット証券があります。これから株や投資信託をしたいと考えている人に、おすすめするのはネット証券です。

総合証券よりも手数料が安い

証券口座の開設を検討している人には、総合証券(対面や電話で取引を行う通常の証券会社)ではなくネット証券を選ぶことをおすすめします。

ネット証券とは、インターネット上で株の取引や投資信託をおこなう証券会社のことです。証券会社のホームページにアクセスしてログインすることで、オンラインで手軽に購入や売買の注文ができます。

ネット証券の特徴は、手数料が安いことです。ネット証券では、手数料などの各種費用が、総合証券よりも割安に設定されています。

ネット証券は実店舗を持たず人件費や店舗運営費などを節約できるため、その分を顧客サービスとして還元できるのです。

投資情報に無料でアクセスできる

さらに、ネット証券では、投資家のために様々なサービスを無料で提供しています。投資情報に無料でアクセスできることも、お得な特典のひとつだといえるでしょう。

また、インターネットを活用するという特性を活かして、様々な投資情報をホームページ上で公開しています。

様々な銘柄の中から希望する条件に合致する銘柄を検索することができますし、特定の銘柄について詳しく調べることもできます。

企業に関する基本情報や各種ニュースの閲覧はもちろんですが、グラフによるこれまでの値動きの確認や各種指標による同業他社との比較なども、パソコン等の画面上で手軽に行うことが可能です。

評判の良いネット証券を比較

サービスや得られる情報は、証券会社によって異なります。そのため、よく検討してから口座を開設しましょう。そこで、評判の良いネット証券をいくつか紹介します。

楽天証券

楽天証券は、インターネットショッピングでお馴染みの、楽天市場を有する楽天グループが運営するネット証券です。独自のサービスが人気となっています。取引に応じて楽天市場などで使える「楽天スーパーポイント」がつくのも魅力です。

ネット証券の中でも、手数料が、かなり割安な部類に入ります。なので、取引のためのコストを節約したい投資家にもおすすめです。超割コースでは取引ごとに手数料が請求され、一取引あたりの手数料は50円(税込み54円・取引金額5万円まで)からとなっています。いちにち定額コースは、一日あたりの取引の総額により手数料が請求されるコースです。また、取引金額の合計が10万円以下なら手数料がただになります。

SBI証券

SBI証券は日本最大規模の、老舗のネット証券です。これまでの豊富な実績や信頼性の高さにより、多くの投資家からの人気を集めています。各種情報サービスなども充実しており、初心者から上級者まで満足できるネット証券だといえるでしょう。

SBI証券では同業他社の動向に応じて頻繁に手数料の改定を行っており、割安な料金で取引を行うことができます。

スタンダードプランでは取引ごとに手数料が請求され、一取引あたりの手数料は50円(税込み54円・取引金額5万円まで)からとなっています。

また、アクティブプランでは一日あたりの取引の総額により手数料が請求されます。更に、取引金額の合計が10万円までは手数料無料になるのです。

カブドットコム証券

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループが運営するネット証券です。様々な注文方法が活用できる利便性の高いという特徴があります。さらに近年では手数料の大幅な引き下げにより人気を集めているネット証券です。

カブドットコム証券では取引ごとに手数料が請求されます。一取引あたりの手数料は90円(取引金額10万円まで)からです。50歳以上の人が対象となるシニア割りや、女性が対象となる女子割など、手数料には各種の割引が適用されます。

まとめ

株式の取引をする際には、証券会社に手数料を支払うことが必要になります。そのため、口座を開設する際は、手数料が割安なネット証券を検討してみてください。

ネット証券は、投資情報に無料でアクセスできるという点も魅力的です。評判の良いネット証券が多々ありますが、中でも楽天証券やSBI証券やカブドットコム証券などはおすすめだといえるでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

株式投資の人気記事

カテゴリ

投資