1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託のコストを比較しよう。コストを抑えて賢く運用

投資信託のコストを比較しよう。コストを抑えて賢く運用

資産運用の手段の1つとして投資信託を活用するには、コスト管理を上手にしなければなりません。本記事では、投資信託にかかる手数料について詳しく解説します。また、低コストで運用できるおすすめの証券会社も紹介します。

【2018年最新】 ▼ 当サイトの登録の多い、人気の投資サービス

  • 【1位】THEO
    当サイト8ヶ月連続人気1位・無料で口座開設!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】Oh!Ya(オーヤ)
    マンション経営・不動産投資で着実に資産を増やしたい方

この記事の目次

投資信託のコストとは

投資信託の運用において、コストとなるのは以下の2つです。

  • 税金
  • 手数料

投資信託では、NISA(ニーサ)口座(※1)で運用している場合を除き、分配金および譲渡益に20.315%(※2)の税金がかかります。

手数料は、投資信託の購入時・保有時・解約時に必要です。それぞれの手数料を詳しく見ていきましょう。

(※1:NISAとは、投資信託から得られる分配金や譲渡益が非課税となる制度です)

(※2:分配金や譲渡益にかかる税率は通常20%ですが、2037年までは復興特別所得税がかかるため、20.315%となっています)

投資信託にかかる諸費用は? | 三菱UFJ銀行

購入時

投資信託は多くの投資家から資金を集め、運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用し、利益を投資家に還元する運用商品です。多くの投資信託は、販売会社(※)を通して売買されます。

投資信託を購入するときに、投資家が販売会社に支払う手数料が『購入手数料』です。

(※販売会社とは、投資信託を販売する銀行や証券会社などの金融機関のことです)

投資信託のコスト - 投資信託協会

保有中

投資信託の保有中に必要な手数料は、2つあります。

手数料の種類 詳細
信託報酬 投資信託を管理・運用するための費用
監査報酬 投資信託が適切な会計監査を受けるための費用

どちらの手数料も日割りで計算され毎日、信託財産(※)から差し引かれるため、投資家が直接支払う必要はありません。

(※信託財産とは、投資信託が保有している資産のことです)

信託報酬│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
監査報酬 / か行 / 用語解説 / 資産形成の基礎 / 大和証券投資信託委託株式会社

解約時

解約時には、以下の2つの手数料がかかります。

手数料の種類 詳細
解約手数料 解約に際し、投資家が販売会社に支払う手数料
信託財産留保額 解約代金の調達に際し、ファンドに組み入れられる有価証券を売却するための費用

解約手数料や信託財産留保額の有無および手数料率は、商品により異なります。詳細は投資信託の購入時に配布される、重要事項を記載した目論見書(もくろみしょ)で確認しましょう。

信託財産留保額 | 日本証券業協会

投資信託のコストを比較しよう

投資信託のコストを抑えるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

まずは購入手数料をチェック

投資信託の運用で最初にかかる手数料は購入手数料です。購入手数料を比較する際は、以下の点を確認しましょう。

  • 手数料は何%か
  • 購入金額により手数料率が変わるか

購入手数料は、銘柄や販売会社ごとに決まっています。購入金額により手数料が変わることもあるため、購入前の確認が重要です。

投資信託の中には、購入手数料がかからない『ノーロード投資信託』もあります。手数料を抑えて運用を始めたい人は、ぜひ活用しましょう。

ノーロード・ファンド│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

信託報酬は極力抑えよう

信託報酬は、投資信託を保有している間中かかる手数料なので、運用成績を上げるには、信託報酬を抑えることが大切です。

一般的に、複数の資産(株式や債券など)を組み合わせて運用しているものや、運用会社独自の基準で投資資産を選択している商品は、信託報酬が高くなる傾向にあります。

一方、日経平均やTOPIXなど、特定の指標に連動した運用成績を目指す『インデックスファンド』は、信託報酬が低く設定されています。

実質コストを把握しよう

投資信託によっては、購入手数料や信託報酬、信託財産留保額以外の手数料がかかります。以下にいくつか例を挙げます。

  • 信託事務の諸費用
  • 借入金の利息
  • 開示資料などの作成、および印刷費用
  • 有価証券などを海外で保管する費用

これら実質コストは、運用の状況により異なるため一定ではありません。実際にどのくらいの費用がかかったかは、目論見書や運用報告書(※)で確認しましょう。

(※運用報告書とは、基準価額の推移や分配金の状況といった運用経過や、今後の運用方針が記載されたもので、決算ごとに作成・交付されます)

全銘柄ランキング(買付金額) | 投資信託 | 楽天証券
運用報告書 - 投資信託協会

抵コストでおすすめの証券会社

ここからは、コストを抑えた投資信託の運用ができる、おすすめの証券会社を紹介します。

フィデリティ証券

『フィデリティ証券』では、新規で口座を開設した人を対象に最大3カ月間、全ての投資信託を購入手数料無料で取引できる『スタート0%プログラム』を行っています。

一括購入・積立を問わず利用でき、1万円から始められるため、新たに投資信託の運用を検討している人は、活用するとよいでしょう。

また、資産残高に応じて、購入手数料が安くなる『手数料優遇プログラム』もあります。資産残高ごとの手数料は、以下の通りです。

資産残高 手数料
1000万円以上 2000万円未満 通常手数料の50%
2000万円以上 3000万円未満 通常手数料の25%
3000万円以上 0%

まとまった資金の運用を検討している人にも、おすすめの証券会社です。

新規口座特典|フィデリティ証券

楽天証券

『楽天証券』の特徴は、取り扱う投資信託の銘柄数の多さです。18年7月30日現在、楽天証券では2624本の投資信託を販売しており、そのうち1291本がノーロード投資信託となっています。

購入時手数料を抑えて運用をしたい人も、多くの銘柄の中から選択が可能です。また、18年7月2日より、投信積立の購入時手数料が、全額ポイントバックされるサービスもスタートしています。

ポイントバックされたポイントは、楽天グループの買い物に利用できるほか、ポイントでの投資信託の購入も可能です。

一括購入、積立とも100円から投資できるため、ノーロード投資信託や積立を利用し、コストを抑えて少額で投資を始めたい人は、楽天証券を検討してみましょう。

楽天証券の投資信託 魅力とメリット | 投資信託を学ぶ | 投資信託 | 楽天証券
積立手数料(消費税込み)を全額ポイントバック!あなたの好きな銘柄を長期で積み立て! | 楽天証券

まとめ

投資信託は、購入時・保有時・解約時に手数料がかかります。手数料の有無や手数料率は銘柄により異なるため、購入時にきちんと確認することが大切です。

また、投資信託にかかる手数料は、販売会社によっても差があります。手数料が割引となる独自のキャンペーンやサービスを行っている販売会社もあるため、上手に活用しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • ETF(上場投信)について

    投資信託販売会社(特に、地方銀行)では、高額な手数料・信託報酬を必要とする対価として、顧客志向に沿ったハンドメードの提案をしているとの説明を受けるが、本当...

    50代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資