1. Fincyトップ
  2. 投資
  3. 投資信託
  4. 投資信託のメリットとデメリット。分配金の扱い方を確認しよう

投資信託のメリットとデメリット。分配金の扱い方を確認しよう

投資信託には、利益を分配金として投資者に還元する商品があります。投資信託を選ぶ上で、分配金の有無や取り扱いを確認することは、非常に重要です。本記事では、分配金の仕組みと上手な活用法について解説します。

この記事の目次

投資信託の分配金とは

運用で得た利益を投資家に還元するために支払われる『分配金』には、2つの種類があります。

普通分配金 特別分配金(元本払戻金)
原資 運用益 投資信託の元本
税金 20.315%(※)が源泉徴収される 課税されない

特別分配金は、元本を切り崩して支払われるため、支払い後にファンドの純資産総額が減少します。純資産総額の減少は、ファンド規模の縮小につながる可能性があります。

投資信託を選ぶときには、分配金額だけでなく、分配金の種類も確認することが重要です。

(※2038年1月1日以降は復興特別所得税がなくなるため、20%の税率となります)

特別分配金とはなんですか|税金についてのよくある質問|ゆたか証券

受取型と再投資型

投資信託は、分配金の取扱方法により、以下の2種類に分けられます。

  • 受取型
  • 再投資型

受取型では、決算により決定した分配金を投資家が受け取ります。再投資型は、分配金を用いてファンドを買い増すため、投資家が受け取るお金はありません。

毎月分配型とは

分配金の支払われる回数は、投資信託によって異なります。以下に1例を挙げます。

  • 毎月分配型
  • 隔月分配型
  • 3カ月決算型
  • 年2回決算型
  • 年1回決算型

毎月分配金が支払われる『毎月分配型』のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
・毎月収入を得られる
・分配金により、こまめに運用成果を確認できる
・毎月、純資産総額の減少がある
・普通分配の場合、毎月課税される

なお、分配金は、決算ごとに必ず支払われるわけではありません。毎月分配のファンドだったとしても、運用状況などによっては分配金が支払われない、もしくは金額が減る可能性もあります。

「毎月分配型の投資信託」とは? | 日本証券業協会

分配金は受取と再投資どっちがよい?

ここからは、分配金を受け取った場合と、再投資した場合のメリット・デメリットを詳しくみていきます。

受取型のメリット・デメリット

受取型のメリットは、以下のとおりです。

  • 定期的な収入源となる
  • 将来の値下がりリスクを軽減できる

受取型は、分配金をお小遣いや生活費として活用できるため、資産運用の楽しさを実感できる点が魅力です。また、分配金を定期的に受け取ることで、将来値下がりしたときのマイナスを緩和する効果もあります。

一方デメリットは、分配金が特別分配金の場合、元本の切り崩しにより保有口数が減る点です。

これにより投資家の投資資産が減るほか、純資産総額の減少による基準価格の下落や、ファンドの縮小を招く可能性もあります。

「分配型ファンド」のメリットって? :「分配型ファンド」 : 三井住友銀行

再投資型のメリット・デメリット

再投資型のメリットは、複利で資産を増やせる点です。仮に1年間で10%の分配金が出ている投資信託を10万円購入した場合の、分配型と再投資型の分配金額の違いを、以下にまとめました。

分配型 再投資型
1年目 1万円
(10万円×10%)
1万円
(10万円×10%)
2年目 1万円
(10万円×10%)
1万1000円
(11万円×10%)
3年目 1万円
(10万円×10%)
1万2100円
(12万1000円×10%)
合計 3万円 3万3100円

分配型と再投資型では、分配金の受取総額に3100円の差が出ます。このように効率的に資産を増やせるのが、再投資型の魅力です。

再投資型のデメリットは、基準価額の値下がりに対応できない点です。再投資により投資口数を増やしていても、市場の状況によっては、元本割れの可能性がある点に注意しましょう。

分配金再投資コース / は行 / 用語解説 / 資産形成の基礎 / 大和証券投資信託委託株式会社

毎月分配型のメリット・デメリット

次に、毎月分配型のメリット・デメリットをみていきます。

メリット

毎月分配型のメリットは、定期的な収入となる点です。毎月決まった日に分配金を得ることで、生活費を補てんしたり、趣味や外食、旅行などを楽しんだりできます。

デメリット

毎月分配型のデメリットは、複利の成果を得られにくい点です。なぜなら、分配金を支払うと、ファンドの純資産総額、および口数が減少するからです。そのため、毎月分配型は、基準価額の上昇が緩やかになる傾向にあります。

分配金がない投資信託もある

投資信託によっては、分配金が支払われない商品もあります。分配金が支払われないケースは、以下のとおりです。

  • 分配金を支払うだけの運用利益が出ていない
  • 分配金を出さない運用方針である

利益が足りず分配金が出ていない場合は、運用成績の回復に伴い、分配金が再開される可能性があります。

一方、運用方針に基づき分配金を支払わない投資信託は、利益に関わらず分配金は出ません。

では、分配金を支払わない投資信託には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

複利効果が大きい

定期的な分配金の支払いがない投資信託は、分配金により純資産が減少することなく、運用を行えます。そのため、複利による資産の増加が期待できます。

税金面でもメリットあり

先述のとおり、分配金の再投資でも複利効果を得ることは可能ですが、分配金のない投資信託との大きな違いは、税金がかかるかどうかです。

分配金を再投資する場合、利益分から税金が差し引かれたうえでの再投資となります。

一方、分配金がない投資信託は税金が差し引かれないため、より効率的に資産運用ができるでしょう。

特に、長期での運用を考えている人は、少しでもコストを下げられるよう、分配金が出ない投資信託を選ぶというのもひとつの選択肢です。

分配方法による分類 | 日本証券業協会

まとめ

投資信託の分配金は、原則として利益を投資者に還元するものです。ただし、元本を切り崩して、分配金を支払っている投資信託もあるため、商品選びの際は、分配金の内容をしっかり確認することが大切です。

分配金の支払われる頻度は、商品により異なります。また、分配金を受け取るか、再投資をするかは選択できるため、投資の目的やライフプランに合わせて、上手に分配金を活用しましょう。

投資信託のメリットとデメリットとは?ETFや投信積立などについて

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

投資信託の人気記事

カテゴリ

投資