1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の見直し。ライフステージの変化とニーズにマッチさせよう

がん保険の見直し。ライフステージの変化とニーズにマッチさせよう

がんを患ったときに資金面での心配をしなくてすむよう、がん保険に加入している人も多いのではないでしょうか。本記事では、いざというときにしっかりと保障を受け取ることができる、自分に合ったがん保険の選び方について解説します。

この記事の目次

がん保険は本当に必要なのか

厚生労働省が発表したデータによると、平成28年に死亡した人のうち、がん(悪性新生物)で死亡した人の割合は28.5%でした。つまり3.5人に1人が、がんが原因で死亡しているという計算になります。

このデータを踏まえたうえで、がん保険に加入するかどうかの判断について、みていきましょう。

平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況|厚生労働省

がん保険に加入したほうがよい人

がんにかかるリスクが通常よりも高いと思われる人は、がん保険に加入した方がよいでしょう。

がんのリスクが高くなる原因には、喫煙や飲酒が挙げられます。国立がん研究センターによると、喫煙をしている人のがんによる死亡率は、喫煙をしない人に比べ男性は1.6倍、女性は1.8倍となっています。

また、1日2合以上飲酒をする人のがんの発生率は、飲酒をしない人に比べ1.4〜1.6倍という結果が出ています。

そして、がんになるリスクが上がるとされるもうひとつの原因は遺伝です。がんの種類によっては、遺伝が原因で発症する可能性もあるため、身内にがんを患った人がいるようであれば、がん保険の加入を検討してもよいでしょう。

たばこと死亡率との関係について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

飲酒とがん全体の発生率との関係について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

がんと遺伝|がん研有明病院

がんの治療費はどのくらい

がんの治療をしていくには、以下のようなさまざまな費用がかかります。

公的医療保険の対象 自己負担
・手術料
・投薬注射料
・検査料
・入院料
・個室料
・差額ベッド代
・文書料(診断書作成など)
・先進医療費

治療にかかる費用について|がんになったら手にとるガイド [国立がん研究センター がん情報サービス]

保障内容はがん保険によって違う

がん保険で保障される内容には、以下のようなものがあります。

保障の種類 保障内容
入院給付金 がんで入院したときに、日数により給付金が受け取れる
診断給付金 がんと診断されたとき、一時金が受け取れる
手術給付金 がんの手術を受けたときに、給付金が受け取れる
通院給付金 がんで通院をしたときに、給付金が受け取れる
先進医療給付金 先進医療によりがんの治療をしたときに、給付金が受け取れる

上記の保障は、主契約だけでなく特約で付加することもあります。なお、給付条件は各商品により異なります。

がん保険見直しのメリットとは

がん保険は通常、長期で契約することを前提としています。しかし、ライフステージ(※)や時代の変化が起きたときには、契約している保険の見直しが必要なこともあります。

(※ライフステージとは、人生を状況により分けた段階のことです。新婚期、教育期、子供独立期、老夫婦期などに分けられます)

見直しで保険料負担軽減のケースも

がん保険の保険料は、原則として『被保険者が今後がんにかかるかもしれないリスク』をもとに計算されており、保険の見直しをすることで保険料が安くなる場合もあります。

定期タイプから終身タイプへの切り替え

定期タイプのがん保険は5年や10年など、一定期間の保障作りをするもので、その期間内のリスクが保険料に反映されます。

一方、終身タイプのがん保険は一生涯の保障作りをするため、一生涯のリスクが保険料に組み込まれます。

そのため、がんにかかるリスクが低いとされる若いころは、終身保険よりも定期保険のほうが、保険料が割安になる傾向にあります。

しかし、年齢が上がるにつれ、がんにかかるリスクが上がるため、定期タイプよりも終身タイプのほうが保険料が安くなることもあります。

ある程度の年齢になってきたときには、定期タイプと終身タイプの両方のシミュレーションを見比べて、保険の見直しをするとよいでしょう。

がん保険、終身型と定期型の違い - SBI損保のがん保険

手厚い特約が増えている

時代の変化とともに、がんの治療方法も進化しています。たとえば、最近では治療技術の向上により、日帰り手術や日帰り入院が増えているほか、入院日数も短縮され通院による治療が主流になってきました。

保険会社はがんの治療方法の変化に合わせて、新しい商品やサービスを提供し続けています。しかし、何年も前に加入したがん保険では、現在のがん治療に十分に対応できない可能性もあります。

現在加入している保険の保障内容をきちんと確認して、不安がある人は保険の見直しをしたほうがよいでしょう。

保障内容をより手厚くすることができる『特約』も上手に活用し、万一に備えて安心な保障作りをしておくことが大切です。

がん保険を見直すポイント

実際にがん保険の見直しをするときには、どのような点を確認すればよいのでしょうか。

ニーズにマッチしているか

がん保険を選ぶときには、まず自分が必要とする保障を洗い出し、優先順位を付けます。そのうえで、保険料とのバランスを考えながら保障の選択をしていくと、自分のニーズに合った保険を選ぶことができるでしょう。

診断給付金の額と回数

診断給付金は、がんと診断されたときに受け取れます。使い道が限定されていないため、がんの治療費だけでなく交通費や生活費、収入の補てんなど、さまざまなことに使用できます。

診断給付金は、商品により保障や給付条件が異なるので、加入時にはしっかりと確認しましょう。以下に例として2つの商品を紹介します。

商品名 保障の種類 保障の範囲 保障回数
生きるためのがん保険Days1
アフラック
主契約 がん・上皮内新生物 1回
ただし、複数回診断給付金特約を付加すると、2年に1回を限度に回数無制限
終身ガン治療保険プレミアムDX
チューリッヒ生命
特約 がん・上皮内新生物 回数無制限(2回目以降は、前回の支払い事由から2年を経過した場合のみ給付)

生きるためのがん保険Days1:特長・保険料例|保険・生命保険はアフラック
終身ガン治療保険プレミアムDX | チューリッヒ生命

通院給付金があるかを確認する

通院給付金は、商品により受け取れるものと受け取れないものがあります。がん治療では、入院日数を減らし通院による治療が増えているため、通院保障が付いているほうが、いざというときに安心です。

なお、退院患者(悪性新生物による)の平均的な入院日数の変遷は、以下のようになっています。

入院日数
平成11年 31.4日
平成14年 28.9日
平成20年 22.4日
平成26年 19.9日

患者調査|厚生労働省

保障額をチェックする

がん保険の見直しをするときには、保障額を再検討することも忘れてはなりません。がん治療を受けるだけの十分な貯蓄ができないという人は、手厚い保障を付けたほうが、万が一がんにかかってしまったときにも安心です。

一方、経済的に余裕があり、万が一がんにかかってしまっても、ある程度の治療費は貯蓄から支払えると考える人は、大きい保障額を用意する必要はないでしょう。

保障額は保険料に大きく影響します。保障額を充実させると保険料が高額になりすぎる場合もあるため、保障額と保険料のバランスをよく検討し、家計に負担のない範囲で契約をすることが肝心です。

ライフステージの変化が見直しのタイミング

がん保険は定期タイプでは5年や10年など、終身タイプでは一生涯の保険期間なため、契約後は見直しのタイミングが取りにくくなります。

自分のライフステージに変化があったときには、保険の見直しをするチャンスです。

結婚や子育て期間

結婚をして家庭を持つと、自分だけでなく家族に不便な思いをさせないような保障作りをしていく必要があります。

万が一がんにかかってしまったときに、資金面の心配をせずしっかり治療に向かえるよう、手厚い保障の保険を選ぶとよいでしょう。

住宅ローンや教育費などがあり、高い保険料は払えないという人は、定期タイプのがん保険にすると、保険料を抑えた保障作りができます。

子供が独立したとき

子供が独立した後は、自分の老後のための保障作りへと保険を切り替えていく必要があります。50代以降は、がんにかかるリスクが高まる年齢でもあるため、保障内容をしっかり確認し必要な保障がある保険を選びましょう。

また、定期タイプのがん保険の場合、一定の年齢を超えると保険料が高くなる、もしくは更新できなくなることもあります。よって、ある程度の年齢になりライフプランがはっきりとしている人は、終身タイプを検討してみてもよいでしょう。

老後を控えた時期

会社を退職した後の老後は収入がなくなる、もしくは減少するという人も多いでしょう。

保険料が家計の大きな負担になったり、払えずに途中で解約したりすることがないよう、保障と保険料のバランスをよく考えて、保険の見直しをすることが大切です。

また、日本には公的医療制度もあります。それにより、75歳以上になると医療費負担は1割(収入によっては3割)に抑えられるほか、ひと月の間に一定額以上の医療費がかかった場合、超過した分の金額が支給される高額療養費制度もあります。

公的制度も考慮し、がん保険の保障を決めましょう。

見直しにおすすめのガン保険

ここからは、保険の見直し時におすすめの保険を紹介します。

アフラック生きるためのがん保険Days1

『生きるためのがん保険Days1』は、現在のがん治療に合わせた手厚い保障が特徴の保険です。

主契約は診断給付金、入院給付金、通院給付金が保障内容に入っており、特約を付加することで手術や放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療に備えることが可能です。また、先進医療や女性特有のがんへの保障を付けることもできます。

生きるためのがん保険Days1:特長・保険料例|保険・生命保険はアフラック

メットライフ生命ガードエックス

『ガードエックス』の主契約はガン治療給付金で、がんの手術もしくは抗がん剤治療、放射線治療を受けたときに、1年に1回を限度として通算5回まで給付金を受け取ることができます。

また、特約を付加することで入院や通院、先進医療への備えも可能です。特約を組み合わせることで、ひとりひとりに合わせた保障作りができる点がメリットです。

ガン保険 ガードエックスのメットライフ生命

まとめ

がん保険は資金面の心配をすることなく、がん治療ができるように備える保険です。がんの治療は、場合によっては長期に渡ることもあります。がんにかかるリスクが高いと感じている人は、加入しておくとよいでしょう。

がん保険は長期で契約することを前提として作られています。しかし、自分のライフステージに変化があった、もしくは時代の変化とともにがん治療が変わってきたときには、保険の見直しが必要となります。

見直しの際には自分に必要な保障を見極め、払い続けられる保険料での契約をすることが重要です。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • アクサダイレクト/終身医療

    私たち夫婦は共働きのため夫婦ともに医療保険に加入しています。 私がなぜ医療保険に加入したかというと、去年は私は妊娠をしている時に妊娠悪阻で約1週間の入院と...

    女性 / 大阪府 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供1人

  • 今後のドル建て商品の行方

    旦那がアメリカ人であるため将来アメリカに住む可能性もあり、満期になった時ドルで受け取ることが出来るようにドル建ての保険に加入しました。しかし、もし満期にな...

    女性 / 神奈川県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険