1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険のメリットとデメリット。加入時のチェックポイントも解説

医療保険のメリットとデメリット。加入時のチェックポイントも解説

医療保険は万が一のケガや病気に備えるための保険です。入院などの際に給付金を受け取れる一方で、持病がある人には保障に制限がかかるなどのデメリットがあります。今回は、医療保険の特徴や選ぶ際のポイントについて詳しく説明します。

この記事の目次

医療保険の特徴

まず、医療保険の特徴について説明します。

保障範囲は

医療保険の保障範囲は保険会社によって異なりますが、基本的には病気やケガをした際の手術費用や入院費用、通院費用などが保障されます。検査入院や美容整形などの治療を目的としない場合には、保障されないことが一般的です。

また、入院給付金は日額であるのに対し、手術費用の給付金は給付倍率によって決まります。給付倍率は手術の種類よって異なる場合や、入院中の手術であるかどうかで異なるなど、保険会社によってさまざまです。

入院給付金が1日5,000円であった場合、給付倍率が10倍の手術を受けると、50,000円の給付金を受け取れます。

主契約と特約が基本

保険には、主契約と特約というものがあります。主契約はメインとなる保険で、単体で契約ができます。一方、特約は主契約に追加で保障をつけるオプションのようなもので、特約だけで契約はできません。

基本的には入院給付金などは主契約として扱われ、死亡保障やがん保障は特約となります。主契約だけでももちろんよいのですが、必要な特約を付けることで、保障内容がより充実し、自分に合った保障作りができます。

1例として、アフラックが提供している医療保険の特約には、以下のようなものがあります。

特約の種類 内容
三大疾病保険料払込免除特約 三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)で所定の状態になった場合の保険料免除
総合先進医療特約 先進医療の保障を備える
入院一時金特約 入院の初期費用に備える
終身特約 死亡、または高度障害状態になったときに保障
ケガの特約 ケガによる通院を保障

保険用語集(主契約と特約)
ちゃんと応える医療保険EVER:保障内容|保険・生命保険はアフラック

医療保険のメリット

ここでは、医療保険のメリットについて紹介します。

保障範囲が広い

医療保険に加入することで、公的医療保険でカバーできない保障を備えられます。公的医療保険は全国民に加入の義務があり、最低限の保障が受けられます。

これに対し、民間の医療保険はさまざまな種類があり、その人が必要だと思う保障を特約として付加できます。

子どもが小さいうちは、万が一に備えて保障を手厚くしたいという人であれば、10年もしくは20年間、保障範囲を広げることが可能です。

このように民間の医療保険は、加入者の要望に応じて保障を手厚くできる点がメリットです。

生命保険料控除を受けられる

生命保険に加入していると、支払った保険料に対して生命保険料控除が受けられます。収入から必要経費を差し引いた所得から、控除額を差し引きます。

控除額は保険を契約した時期によって異なり、平成24年1月1日以降に契約したものと、平成23年12月31日以前に契約したものとで分けられます。

平成24年1月1日以降に契約した保険に対する控除額は以下のとおりです。

年間の支払い保険料等 控除額
2万円以下 支払い保険料等の金額
2万円超 4万円以下 支払い保険料等×1/2+1万円
4万円超 8万円以下 支払い保険料等×1/4+2万円
8万円超 4万円(一律)

平成23年12月31日までに契約した保険に対する控除額は以下のとおりです。

年間の支払い保険料等 控除額
2万5,000円以下 支払い保険料等の金額
2万5,000円超 5万円以下 支払い保険料等×1/2+1万2,500円
5万円超 10万円以下 支払い保険料等×1/4+2万5,000円
10万円超 5万円(一律)

支払い保険料等とは、その年の支払い保険料から剰余金や払戻金を差し引いた金額です。生命保険料控除により課税される所得が減るので、所得税や住民税を節税することが可能になります。

生命保険料控除|国税庁

医療保険のデメリット

医療保険のデメリットについて説明します。

告知内容により給付に制限がある

医療保険に加入する際には、保険会社に現在から過去にかけての健康状態の告知を行います。過去に入院や手術をしていた場合や、治療、通院中の病気がある場合には、申告書にその旨を記入する必要があります。

過去から現在の病歴によっては、保険料が割高になる可能性もあります。また、病歴がある部分に関しては契約後一定期間、もしくは全期間、給付金の支給対象外になる『部位不担保』という条件が付くこともあります。

ひとつの病気からほかの病気が併発した際にも、支給対象外となる場合があり、告知内容による影響が大きいことがデメリットとなります。

オリックス生命・医療保険 新CURE(キュア)【告知書】

貯蓄があれば加入不要な場合も

公的医療保険には、1カ月の医療費が一定額を超えた場合に、超えた分が戻ってくる高額療養費制度があります。

この制度により、基本的には高額な医療費を支払う必要がないので、貯蓄がある程度あれば、医療保険への加入が不要な場合もあります。

ただし、先進医療(※)を受けた際には技術料が自己負担となり、医療費が高額になる場合があるので注意しましょう。

(※先進医療とは公的医療保険制度に基づく評価療養の中で、厚生労働大臣の定める先進医療のことをいいます。先進医療は随時見直され、保険期間中でも変動する可能性があります)

先進医療の概要について |厚生労働省

医療保険の種類

医療保険には、どのような種類があるのかみていきましょう。

掛け捨て型と貯蓄型の違い

医療保険には掛け捨て型と貯蓄型があり、それぞれ保険内容が異なります。掛け捨て型は保険期間中に解約した場合に戻ってくる、解約返戻金がありません。

解約返戻金がない代わりに、貯蓄型に比べて保険料が安いため、保険料の負担を抑えて、万が一の場合に備えることができます。

一方、貯蓄型の保険は、以下のように大きく3つに分けられます。

  • 一定年齢まで加入していた場合、支払った保険料が戻ってくる保険
  • 一定期間ごとにボーナスが受けとれる保険
  • 解約時に一定の解約金が受け取れる保険

貯蓄型の保険であれば、給付金の受け取りがなかった場合でも、保険料がすべて損にならないのがメリットです。しかし、保険料が掛け捨て型に比べて割高となっています。

掛け捨てタイプの2種類

掛け捨て型の保険は、定期保険と終身保険の2種類があります。

定期保険のメリットとデメリット

定期保険は保障期間が定められた保険です。5年や10年契約など、契約期間のみ保険が適用され、契約期間が満了すると契約終了となります。

定期保険のメリットは、契約期間が限定されているため流動性が高いことです。満期を迎えるたびに保険内容を見直し、そのとき自分に合った保険に乗り換えることができます。

しかし、更新時の年齢によって、保険料が上がっていく点がデメリットです。年齢が上がるにつれて死亡率が上がるので、それに伴って保険料も上がっていきます。

よって、今までと同じ保障内容であっても、更新のたびに保険料が高くなるということです。さらに、一定の年齢になると、更新ができなくなる場合もあります。

終身保険のメリットとデメリット

終身保険は、保険契約時から保険料が変わらず、一生涯補償してくれる保険です。定期保険のような保険期間がないので、更新がないのが特徴です。

終身保険のメリットは、保険料が一定であることです。定期保険のように更新のたびに保険料が上がることがありません。さらに、一定の年齢を区切りにして、その後は保険料を支払わなくてよい商品もあります。

一方、デメリットは保険料が定期保険に比べ割高なことです。保険料は一定ですが定期保険に比べて、若いうちに支払う保険料は割高になります。

また、保障内容も変わらないので、医療技術の進歩により、保障内容がその時代に合わなくなることもあります。

医療保険を検討する際のチェックポイント

医療保険を選ぶ際のポイントについて説明します。

入院給付金の日額

入院したときに受け取る給付金は日額となっており、5,000円もしくは10,000円であることが一般的です。個室を希望する場合は、差額のベット代は自己負担となります。

入院にかかる費用には医療費以外にも、食事代や消耗品費などがあるので、それらの費用も踏まえて、入院給付金の日額を決めるとよいでしょう。

保険期間

保険期間を限定して加入する定期保険にするか、一生涯保障される終身保険にするかを選択します。

先述したとおり、定期保険と終身保険には、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

払込期間

掛け捨て型の終身保険を選択する場合には、払込期間を選択する必要があります。払込期間は、一生涯保険料を支払い続ける終身払いと、60歳満了といったように払込期間を決めて支払う方法があります。

老後に経済的な負担をなるべく減らしたい人は、払込期間を決めて早めに支払いを終えるようにするのもよいでしょう。

入院限度日数

入院給付金を受け取れる限度日数は、1回の入院で60日や120日までなど、保険商品により異なります。長期入院に不安を感じる人は、限度日数の長いコースを選択するとよいでしょう。

ちゃんと応える医療保険EVER:保険料シミュレーション|保険・生命保険はアフラック

まとめ

医療保険は、病気やケガにより入院や手術、通院をした際に受けられる保障です。医療保険のメリットは保障範囲が広いことや、生命保険料控除により節税できる点です。

ただし、告知内容により給付制限があったり、保険料が割高になったりすることもあります。

また、医療保険には貯蓄型と掛け捨て型があり、掛け捨て型は定期保険と終身保険に分けられます。加入の際には、保険料と保障内容のバランスを考慮し、自分に合った保険を選びましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • アフラックの生命保険について教えてください。

    現在、掛け捨ての医療保険に入っています。独身時代、周りに言われるがまま生命保険と医療保険の一体型の物に加入していましたが、月々の値段も8000円と高く感じ...

    女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 簡保の掛け捨てについて教えてください

    現在、積み立て型でおたのしみがついてくるタイプの保険をかけています。10年くらいの短期でもうひとつ保険をかけたいと考えています。その場合、生命保険は、積み...

    女性 / 京都府 / 年収 300万円以下 / 独身

  • アフラックのがん保険について教えてください

    今加入している保険の、適用範囲がわからない。入院しなかった場合はお金がでるのかどうか。あと、万が一保険を適用した場合に保険会社からの支払い後、保険料はあげ...

    女性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • かんぽ生命/がん保険

    現在医療保険にh入っていますが、がんになった時の保障がうすいように思います。二人に一人ががんになると、テレビなどでやっているのを見て不安になっております。...

    女性 / 岩手県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険