1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険の終身タイプの払込期間。ライフプランに適した選択を

医療保険の終身タイプの払込期間。ライフプランに適した選択を

病気やケガに対する一生涯の保障を備えられるのが、終身タイプの医療保険です。終身タイプの医療保険には、商品により払込期間が選べるものもあります。本記事では、終身医療保険の保険料払込期間に焦点を当て解説します。

この記事の目次

医療保険は2種類ある

病気やケガをして病院で治療を受けた際、給付金を受け取れるのが医療保険です。医療保険には、一生涯の保障作りができる『終身タイプ』と、保険(契約)期間が決まっている『定期タイプ』があります。

終身医療保険

終身医療保険には、以下のような特徴があります。

メリット デメリット
・契約時から保険料が上がらない
・高齢になったときに、保障がなくなる心配がない
・定期医療保険に比べ、若いときには保険料が割高である
・保障内容が時代や医療の変化と合わなくなる可能性がある

インターネットで加入できる医療保険 | アクサダイレクト生命保険

定期医療保険

定期医療保険は5年や10年など、一定期間の保障作りをする保険です。契約期間満了後は、更新により保障を継続できますが、更新時には保険料が見直されます。

定期医療保険の特徴は、以下のような点が挙げられます。

メリット デメリット
・若いときには、安い保険料で契約できる
・更新のタイミングで、保険の見直しをしやすい
・更新時に保険料が上がる
・年齢や健康状態によっては、更新できないことがある

定期医療保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

終身医療保険には2通りの払込タイプがある

終身医療保険では、保険料の払込期間が商品や契約により異なり、一生払い続ける『終身払い』と、一定期間で保険料の払込を完了させる『短期払い』があります。

どちらを選ぶかにより、月々の保険料や払込保険料総額などが変わるため、家計やライフプランと照らし合わせて、無理のない支払い方法を選ばなければなりません。

終身払い

終身払いは保険期間が続く限り、保険料を支払っていく方法です。そのため、保険料を払い込む具体的な回数や払込保険料総額は、契約時には決まっていません。

メリットとデメリット

終身払いのメリットは、1回に支払う保険料が短期払いより安くなる点です。保険料の支払い方法は、商品や契約により月払いや半年払い、年払いなどがありますが、いずれの方法だとしても、短期払いよりも保険料を抑えられます。

ただし、終身払いの場合、保険料の支払いが終了するのは、保険の解約をしたとき、もしくは死亡したときです。

そのため、長生きをしたときには、保険料を支払う期間も長くなり、払込保険料総額が大きくなる可能性がある点に注意しましょう。

短期払い

短期払いは、一定の期間で保険料の支払いを完了する方法です。保険料を支払う期間や、払込保険料総額は契約時に決まります。

メリットとデメリット

短期払いのメリットは、保険料の総支払額がはっきりしていることです。長生きをした場合には、結果的に終身払よりも少ない金額で、保障を受け続けることができるでしょう。

ただし、短期払いの場合、1回に支払う保険料は、終身払いよりも高くなります。短期払いを選ぶ際には、家計と照らし合わせて、支払い続けることができる保険料で契約することが大切です。

払込タイプ別に総払込額を比較

ここからは、終身払いと短期払いの具体的なシミュレーションをみていきましょう。オリックス生命の医療保険『新CURE』を例に試算しました。

医療保険 新CURE[キュア]|オリックス生命保険株式会社
保険料シミュレーション(おすすめ商品見積もり)|オリックス生命保険株式会社

60歳時点と80歳時点の保険料払込額

シミュレーションでの契約条件は契約者が30歳男性、保険期間は終身、入院給付金日額5,000円、先進医療特約有りとして、払込保険料をみていきます。

60歳払込満了の短期払い

上記の条件で試算すると、60歳払込満了の短期払いとしたときの月額保険料は2,276円です。払込保険料総額は『2,276円×12カ月×30年=81万9,360円』となります。60歳で払込が完了した後は、何歳まで長生きをしても保険料はかかりません。

終身払い

上記の条件をもとに試算した、終身払いにおける月額保険料は1,582円です。仮に60歳まで生存したとすると、払込保険料総額は『1,582円×12カ月×30年=56万9,520円』となり、短期払いよりも安くなります。

しかし、80歳まで長生きした場合には、払込保険料総額は『1,582円×12カ月×50年=94万9,200円』です。短期払いを選択したときに比べ約13万円高くなります。

払込期間の決め方

短期払いと終身払いには、それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらの支払い方法がよいかは一概にはいえません。ここでは、保険料の払込期間を決める際のポイントを説明します。

収入がある時期までに払込む

退職するまでに保険料の支払いを終わらせ、老後の負担を減らすというのもひとつの選択肢です。

厚生労働省によると、平成30年度における新規裁定者の年金受取額(月額)の平均は、以下のようになっています。

  • 1人あたりの老齢基礎年金(満額):6万4,941円
  • 厚生年金(夫婦2人分の厚生年金を含む、標準的な年金額):22万1,277円(※)

一般的に、老後に夫婦2人が生活していくために最低限必要な金額は22万円、余裕のある生活をするのであれば、35万円程度の生活費が必要といわれています。

仮に老後の収入が年金のみであった場合、老後に医療保険料の支払いを続けていくのは厳しい状況となる可能性があります。

(※夫が平均的収入で40年間就業し、妻が専業主であった場合の金額です)

平成30年度の年金額改定について |報道発表資料|厚生労働省
老後の生活費はいくらくらい必要と考える?|公益財団法人 生命保険文化センター

支出が多くなる時期までに払込む

ライフプランにおいて、支出が多くなる時期を迎える前に保険料の支払いを終わらせ、負担を減らすというのもひとつの方法です。

大きな資金を要するものとしては、教育費が挙げられます。特に大学においては高額な学費が必要となり、1年間にかかる平均費用は以下のとおりです。

大学の種類 1年間にかかる費用
国立大学 64万2,500円
公立大学 66万1,300円
私立大学 136万900円

このように、子供が大学に通い始めると、大きな金額の教育費が必要になります。よって、入学する前に保険料の支払いを済ませておくと、大学在学中の家計の負担を軽減できます。

保険を契約するときには、将来のライフイベントも考慮し、計画的に保険料の支払いを行うようにしましょう。

平成28年度学生生活調査 - JASSO

一括で払込終了する

保険料の支払いは、月払い以外の方法でも可能です。

  • 月払い
  • 半年払い
  • 年払い
  • 前納
  • 一括払い

保険料は、まとめて支払ったほうが安くなります。そのため、家計に余裕のある人は、月払いよりも半年払いや年払いを選んだほうがお得です。

まとまった保険料を支払うだけの資金がある場合は、前納や一括払いを検討してもよいでしょう。前納や一括払いをした場合にも、保険会社所定の保険料の割引が受けられます。

保険料の前納 | ご契約者の方へ | 大同生命

毎月の保険料をできるだけ抑えて払込む

収入が不安定、もしくは支出が多いなどの理由で、毎月の保険料をできるだけ抑えたい場合は、終身払いを選ぶと1回に支払う保険料を安く抑えられます。

ただしその場合、払込保険料総額は割高となる可能性があるので注意しましょう。また、医療保険には終身型だけでなく定期型もあります。若い人の場合は、保険料が割安の定期型を選択肢に加えてもよいでしょう。

大病を患ったときに備えて

保険には保障の基礎となる『主契約』と、契約者の希望で付加する『特約』があります。

医療保険では通常、入院給付金(日額)と手術給付金の給付が主契約となっており、その他の保障は特約で付加しなければなりません。ここでは、万が一、大病を患ってしまったときにの保障について説明します。

三大疾病特約と先進医療特約を付ける

三大疾病(ガン・心筋梗塞・脳卒中)に備えられる主な特約は、『三大疾病特約』と『先進医療特約』です。三大疾病特約では通常、三大疾病により死亡、または高度障害状態となったときに保険金を受け取れます。

先進医療特約は、先進医療を受けた際に技術料相当額が保障される特約です。これにより、多額の治療費がかかる先進医療を、資金面で心配することなく受けられるでしょう。

なお、三大疾病特約・先進医療特約ともに、保障内容や給付条件は商品により異なるため、契約の際は確認が必要です。

ちゃんと応える医療保険EVER:特長|保険・生命保険はアフラック
ご存じですか?先進医療のこと|オリックス生命保険株式会社

保険料払込免除特約を付ける

『保険料払込免除特約』は、約款の定める所定の状態となったときに、以後の保険料の支払いが免除されるという特約です。保険料の支払いが免除となる事由には、以下のようなものがあります。

  • 所定の特定疾病にかかったとき
  • 所定の高度障害状態となったとき
  • 所定の重度要介護状態となったとき

保険料の払込が免除されるかの要件は、商品や保険会社により異なるため、契約時に確認することが大切です。

保険料払込免除特約 | 三井住友海上あいおい生命保険

まとめ

医療保険のうち、病気やけがに対する一生涯の保障作りができるのが終身医療保険です。終身医療保険では支払い期間や支払い頻度により、月々の保険料額や払込保険料総額が変わります。

収入やライフプランに合わせ、家計に無理なく払い続けていける方法を選択するとよいでしょう。

また、特約を付加するかにより、同じ保険でも保障される内容が変わります。いざというときに必要な給付金を受け取れるよう、契約時には特約も含めて保障内容を決める必要があります。

特に、治療期間が長引いたり多額の治療費がかかったりすることも考えられる三大疾病に対しては、特約を付加し保障を手厚く備えると安心です。

医療保険は終身型がおすすめ?わかりやすく仕組みを解説します

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • ニッセイの死亡保険について教えてください

    万が一のときに備え、妻に死亡保険に入ってほしいとおねがいされ、加入しました。 とにかく月々の支払いが安くて済むものならなんでもいい、ということであまり内容...

    男性 / 大阪府 / 年収 401-500万円 / 既婚

  • ひまわり生命学資保険

    中途解約にメリットはありますか? 学資保険で大学入学まで保険がおります。 しかし、大学進学をしない場合はどうなんでしょうか? 高校は私立高校でしたの...

    女性 / 神奈川県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険