1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険は保険料が一定の終身型がお得?定期型にメリットも

医療保険は保険料が一定の終身型がお得?定期型にメリットも

医療保険にはさまざまな商品がありますが、大きく分けると『終身型』と『定期型』の2種類があります。そこで本記事では、終身型と定期型のそれぞれの仕組みやメリット・デメリットについて解説します。保険選びの参考にしてください。

この記事の目次

定期医療保険と終身医療保険の違い

定期医療保険と終身医療保険には、どのような違いがあるのでしょうか。まずは、それぞれの仕組みからみていきます。

保険料が上がる定期医療保険とは

定期医療保険は、5年や10年など商品ごとに決められた保険期間があるのが特徴です。保険期間中の保険料は変わりません。保険期間終了後も保障を受け続けたい場合は、更新することができます。

更新の際には、年齢や健康状態などをもとに、保険料が見直されます。年齢や健康状態によっては保険料が上がったり、契約の更新ができなかったりすることもあるので注意が必要です。

保険料が一定の終身医療保険とは

終身医療保険は、一度契約をすると解約しない限り保障が続くのが特徴です。契約時に決まった保険料は、一生涯上がりません。

終身医療保険のほうがメリットが大きい?

契約時の保険料が上がらず、一生涯の保障作りができるということで、終身医療保険に魅力を感じる人もいるでしょう。

ここでは、終身医療保険の仕組みと、終身型・定期型それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

保険料が一定であるからくり

医療保険は契約時の年齢により保険料が決まります。保険期間が決まっている定期医療保険は、更新や継続のタイミングで保険料が見直されます。

一方、終身医療保険は保険期間が一生涯なので、契約時の保険料が変わりません。契約年齢が若い場合には、定期医療保険よりも終身医療保険のほうが、保険料が割高となります。

それは、一定期間のリスクのみを組み込んで保険料を決定している定期医療保険に比べ、終身医療医療保険は一生涯のリスクを勘案して保険料を決めているからです。

終身保険では、病気にかかることが多くなるとされる、高齢になったときのリスクも保険料に反映されることから、保険料は割高となるのです。

メリットとデメリット

定期医療保険と終身医療保険の特徴をふまえたうえで、メリット・デメリットを確認します。

メリット デメリット
定期医療保険 ・医療やライフプラン(※)の変化に合わせて、保険の見直しがしやすい
・若いときの保険料は、終身医療保険に比べ割安
・更新のタイミングで、保険料が上がる
・契約可能年齢によっては、高齢になったときに保険が更新できなくなる
終身医療保険 ・一生涯の保障作りができる
・高齢になっても保障がなくならない
・保険料が一生変わらない
・新しい医療やライフプランの変化に対応できない
・若いときの保険料が定期医療保険に比べ割高

※ライフプランとは、資金面における生活設計のことです。就職や結婚、子どもの誕生、退職などのライフイベントがあると、ライフプランも変化すると考えられます。

終身型か定期型かは人それぞれで異なる

終身医療保険と定期医療保険には、それぞれメリットとデメリットがありますが、どちらを選択するべきかは、契約者ひとりひとりの置かれた状況によって変わってきます。

終身医療保険に加入にしたほうがよいタイプ

終身医療保険は一生涯の保障作りができるため、高齢になったときの健康状態に自信がない人や、資金面の心配をせず医療を受けたいという人に向いています。

終身医療保険は定期医療保険よりも若いうちの保険料が割高ですが、年齢によってはある程度の金額で保険料を抑えられることもあります。

詳しい保険料が知りたい人は、保険会社や代理店の窓口でシミュレーションをしてみるとよいでしょう。

定期医療保険に加入したほうがよいタイプ

定期医療保険のメリットは保険料の安さです。収入が少ない、もしくは不安定なことから、できるだけ保険料を抑えたいという人は、定期医療保険を選択するとよいでしょう。

保険料を抑えて、一定期間だけ病気やケガに対する保障を備えられます。

医療保険選びは比較をして慎重に選ぶ

上手な保険選びをするためには、商品内容をよく知ることに加え、自分自身のライフプランも考えることが大切です。

1人では決めきれないという場合は、保険会社のスタッフやファイナンシャル・プランナー(※)に相談してみるとよいでしょう。いくつかの商品を比較検討し、納得したうえで保険の契約をすることが肝心です。

※ファイナンシャル・プランナーとは、ライフプランをもとに資金計画を立てるためのアドバイスをする専門家のことです。

まとめ

医療保険には、一定期間ごとの更新時に保険料が上がる定期医療保険と、保険料が一定で保障が一生涯続く終身医療保険があります。

それぞれの保険にメリット・デメリットがあるため、定期医療保険と終身医療保険のどちらのほうが優れているかは、一概にはいえません。

保険会社や代理店に相談すれば、詳しい商品内容を聞くことができます。医療保険への加入を考えている人は、いろいろな商品を比較検討してから契約するようにしましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 明治安田生命の個人年金について教えて下さい

    現在、明治安田生命の個人年金に加入しています。銀行に定期預金を作りに行った際に当分降ろす予定がないのであれば、個人年金にした方が金利が良いということで進め...

    女性 / 福岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 個人年金の貸付について

    個人年金の貸付を利用しており、すでに返せるような金額ではなくなっています。 今後、返せない場合、どうなりますか? 自分で勝手に考えているのは、貸付して...

    女性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

  • メットライフ生命の生命保険について

    現在メットライフ生命の生命保険に加入していますが、夫のぶんはそこそこの金額をかけていますが私はお葬式代程度。万が一のときそれで本当に大丈夫なのか不安です。...

    女性 / 北海道 / 年収 301-400万円 / 既婚

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険