1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険満期時の手続きは4ステップ。税金や確定申告はどうなる?

生命保険満期時の手続きは4ステップ。税金や確定申告はどうなる?

生命保険は契約時に決められた期間、保険料を払い続けると満期を迎えます。保険の種類によって満期保険金が払い戻されますが、どのような手続きで受け取れるのか、また、税金についても気になります。今回は満期保険金について解説します。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

生命保険の満期の意味とは?

基本的に生命保険とは、一定の期間保険料を支払い続けることで、被保険者が死亡した場合などに保険金を受け取れる保険商品です。

一般に、保険期間が終了したときのことを、『満期』といいます。また、貯蓄性のある生命保険の場合は、払込満了になったときのことを『満期』という場合もあります。

保険の満期について知っておくべきこと|保険・生命保険はアフラック

保険期間が終了したとき

生命保険の保険期間が終了すると、保険の契約がなくなります。したがって、生命保険が満期を迎えた後は、疾病や死亡などに対する保障もなくなります。

もし今後も保障を備えたい場合は、継続契約をするか他社の生命保険に加入する必要があります。

そのため、満期を迎えることは、生命保険の契約内容などを見直すよいチャンスでもあります。

満期金を受け取れる生命保険とは

生命保険の加入者は、満期を迎えるまでの間に相当額の保険料を支払っているわけですが、保険料が満期保険金として戻って来るかどうかは、保険の種類によって変わってきます。

基本的に、満期保険金が払い戻される生命保険は、貯蓄性のある保険です。満期保険金がある生命保険としては、保険期間の保障と老後の蓄えを同時に行う目的の『養老保険』などがあります。

保険にはどんな種類があるの? | 日本生命保険相互会社

掛け捨て保険では受け取れない

生命保険には、保険期間中の被保険者に対する保障だけを契約するものもあります。

このタイプの生命保険は、保険期間が終了したとしても払戻金はない、あるいは非常に少ないのが一般的です。このような保険を『掛け捨て保険』と呼びます。

生命保険のタイプごとに保険料を比較すると、掛け捨ての生命保険に比べて貯蓄性のある生命保険のほうが割高になり、保険期間中の負担が高くなるのが欠点でもあります。

掛け捨て生命保険の場合は、比較的安い保険料で死亡などの保証が受けられることがメリットになっています。

定期死亡保険「かぞくへの保険」 特長・ポイント | 生命保険・医療保険のライフネット生命

満期保険金の請求手続き

実際に生命保険の満期を迎えたときは、どのような流れで満期保険金が受け取れるのでしょうか。

受け取りまでの4ステップ

契約している生命保険が満期を迎える場合は、以下のような4つのステップで満期保険金が保険契約で指定された受取人に支払われます。

  1. 保険会社から加入者のもとへ、契約中の保険に満期を迎えることの連絡と、満期保険金請求書が届く
  2. 満期保険金請求書に必要事項を記入し、被保険者の本人確認書類(運転免許証、パスポート他)などとともに返送する
  3. 保険会社で請求書の内容を確認する
  4. 満期金が支払われる

満期保険金を請求する | 日本生命保険相互会社

満期日を過ぎないように注意

保険金の請求には時効が設けられています。そのため、保険会社から満期のお知らせがきた際は、できるだけ速やかに満期保険金の請求手続きを行うようにしましょう。

時効は3年

満期日を過ぎたからといって、満期保険金を受け取れなくなるわけではありませんが、請求をせずそのまま放置して3年が経過すると、請求をする権利が消滅してしまうと、保険法により定められています。(保険法第九十五条)

保険法

保険の満期がきたらどんな手続きが必要?手続き方法と注意点をご紹介

満期保険金に税金はかかるのか

生命保険の満期保険金は、加入者自身が払い込んだ保険料が積み立てられ、のちに本人へまとめて払い戻されるというものですが、その額により税金が課せられる場合もあります。

その際も基本的に、受け取った満期保険金から保険料として支払った総額を差し引いた額が所得とされ、課税の対象となります。

契約者と受取人の関係性に注意

どのような税金が課せられるかは、保険の契約者(保険料を支払っている人)と満期金受取人の関係によって変わってきます。

契約者と受取人が同一のケース

保険の契約者が、そのまま自ら満期金を受け取る場合は、『一時所得』を得たとして扱われ所得税と住民税が課税されます。一時所得とは、仕事や事業など営利を目的に継続的におこなう活動以外から得る所得のことです。

一時所得には、給与など他の所得と合計され、その総額に所得税が課税される、『総合課税制度』が適用されます。所得税率は所得額に応じ5%〜45%の間で7段階に分かれます(累進税率)。

一時所得|所得税|国税庁
所得税の税率|所得税|国税庁

契約者と受取人が異なるケース

保険料を支払った契約者と満期保険金の受取人が異なる場合は、『贈与税』の課税対象となります。この場合は、被保険者(生命保険の対象)が存命であるため、満期保険金は資産の贈与として扱われるためです。

贈与税が適用される場合でも、受け取った満期保険金からは110万円の基礎控除を差し引いて、税額を計算することが認められています。したがって、受取額が110万円以下の場合は課税されません。

贈与税の税率は、受け取る金額により10%から55%の間で8段階に分かれます。

贈与税の対象になる生命保険金|贈与税|国税庁
贈与税の計算と税率(暦年課税)|贈与税|国税庁

源泉分離課税になることも

上記の他に、満期保険金が金融類似商品として認められる場合は、銀行の利子と同じように『源泉分離課税』が適用されます。

この場合は他の所得と切り離され、支払いが行われる時点で税金分が差し引かれることで納税が完了します。

満期保険金が金融類似商品に分類される条件としては、以下の3つをすべて満たしている場合です。

1.保険期間
5年以下(保険期間が5年を超える契約で契約日から5年以内に解約されたものを含む)

2.払込方法
一時払または(ア)、(イ)のいずれかに該当するもの
(ア)契約日から1年以内に保険料総額の50%以上を払い込む方法
(イ)契約日から2年以内に保険料総額の75%以上を払い込む方法

3.保障倍率
次の(ア)、(イ)のいずれにも該当するもの
(ア)次の金額の合計額が満期保険金額の5倍未満
・災害死亡保険金
・疾病または傷害による入院・通院給付日額に支払限度日数を乗じて計算した金額
(イ)普通死亡保険金額が満期保険金額の1倍以下

出典:満期保険金などが源泉分離課税になる場合は?|公益財団法人 生命保険文化センター

生命保険の満期保険金に源泉分離課税が適用される場合の税率は、所得税が15.315%、地方税が5%となります。

源泉分離課税制度|所得税|国税庁

確定申告は必要なのか

通常、会社勤めの人は、1年の税金の精算は会社側が年末調整という形で行ってくれるます。しかし、会社員であっても、給与以外で所得があった場合、確定申告をする義務が生じることもあります。

こんな人は確定申告をしよう

所得とみなされる生命保険の満期保険金ですが、課税のされかたは一時所得であるか、贈与となるかにより変わってきます。

まず、満期保険金が一時所得となるとき、その所得額と税金が課税される部分は、それぞれ以下の計算式により算出されます。

  • 一時所得額 = 満期保険金 +配当金−支払った保険料の総額 −特別控除50万円
  • 課税対象分 =一時所得額 × 0.5

受け取った満期保険金が上記の課税対象分を超えるときは、確定申告の義務が生じ、満期保険金による所得は他の所得と合計され、その総額に所得税が課せられることとなります。

ただし、給与所得者の場合は、上記の課税対象分が20万円を超えていなければ、確定申告の義務は生じず、満期保険金に課税もされません。

次に、満期保険金に贈与税が課税される場合です。

この場合は、受け取った満期保険金から110万円の基礎控除額を差し引いて、課税対象額を計算してよいことになっています。したがって、基礎控除額を超える満期保険金を受け取った場合は確定申告が必要です。

給与所得者に生命保険の満期返戻金などの一時所得があった場合|所得税|国税庁
贈与税の計算と税率(暦年課税)|贈与税|国税庁

満期返戻金の仕訳はどうする?

生命保険には、個人だけでなく法人も加入することが考えられます。会社など法人が生命保険に加入した場合は、保険料と満期返戻金はどのように経理処理するべきでしょうか。

保険料の支払時に保険積立金を計上

満期返戻金のある生命保険の保険料には、加入者の保障にあてる保険分と、満期になったとき払い戻すための積立分が含まれています。

法人の経理処理としては、保険部分の金額は『保険料』勘定で費用処理を行い、積立分に関しては『保険積立金』として資産計上するのが妥当です。

保険料のうち、積立分だけが貯蓄されて残っているという考え方です。

受け取り時に取り崩し

結局のところ満期返戻金とは、保険期間中に保険積立金として資産を積み立てていた金額の払い戻しです。

それが満期を迎えた時点で現金化される形になるので、その時点では積み立ててきた資産を取り崩す経理処理を行うことになります。

差額は雑収入を計上

一般的に、受け取る満期返戻金は保険積立金との間で金額に差が生じます。

法人の経理処理としては、満期返戻金が保険積立金の額より多い場合はその差額を『雑収入』として計上し、少ない場合は『雑損失』として計上することになります。

保険が満期になるときは税金に注意。手続きや税金の計算方法を紹介

まとめ

生命保険には、保険期間が終了すると満期保険金という形で保険金が受け取れるタイプと、受け取れない掛け捨てタイプがあります。

満期保険金を受け取るには、保険会社へ請求書類を提出する必要があります。また、この請求には3年という期限があるので注意しましょう。

また、満期保険金は保険の契約者と受取人の関係により、かかる税金が変わってきます。加えて、受取額が一定以上であれば確定申告を行う義務が生じるので、この点も留意しましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命の保険の質問

    若い時に入った方がいいと言われて入った。でも何年かすると保険会社の人がきて「変わるなら今ですよ」とかなんだかんだ言ってうちに来る。来たらなんとか見直しをし...

    女性 / 愛知県 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

  • ソニー生命の学資保険

    学資保険はこのまま続けるべきか?現在小学生ですが、学力的にも大学に進学するよりは、違った選択をする可能性もあると思い始めています。また現在の仕事はリストラ...

    男性 / 兵庫県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • かんぽ生命/がん保険

    現在医療保険にh入っていますが、がんになった時の保障がうすいように思います。二人に一人ががんになると、テレビなどでやっているのを見て不安になっております。...

    女性 / 岩手県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険