1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の保険料免除となる条件とは。保障内容や必要性は?

がん保険の保険料免除となる条件とは。保障内容や必要性は?

生命保険には、保険会社が定める所定の状態になったときに、保険料が免除される特約があります。この特約を付けるかどうか悩む人もいることでしょう。今回は、がん保険の補償内容、および保険料が免除になる条件について説明します。

この記事の目次

がん保険ってどんな保険?

がん保険とは、がん治療に特化した保険です。医療保険に比べ保障範囲は狭くなりますがその分、がんの特性を考慮した手厚い保障内容になっています。

がん保険の保障内容

がん保険の保障内容は、1日あたり〇〇円といった日額で保障するものや、がんと診断が確定されたらまとめて給付金が受け取れるもの、抗がん剤治療や放射線治療に対する保障など、さまざまなものがあります。

以前のがん治療は、入院して手術をするのが主流でしたが、最近では抗がん剤治療や放射線治療などを組合せるケースが多くなってきています。そのためがん保険は、このようながん治療にともなった保障内容に変わってきています。

また、がんはほかの病気と違い、再発や転移の恐れがあります。そのため、がんと診断が確定したら受け取れる給付金の回数を無制限(ただし1年、または2年に1回を限度)にするなど、がんの特性に合わせた保障内容になっています。

がん保険は本当に必要?

医療保険であっても、がんを含む病気やけがの保障をしてくれます。しかし、がんは治療費などが高額になる可能性が高く、経済的に大きな負担になることもあります。

治療費が高額になった場合、公的保険による『高額療養費制度』を使うこともできますが、最新のがん治療は、国内で未承認の抗がん剤を使用する治療などもあり、そうした医療を受けたいと思うと全額自己負担となります。

そしてこのような場合は、高額療養費制度を利用できません。よって、がん保険を備えておくことは、治療の選択幅も広がり有用といえます。

世帯別加入率は50%越え

生命保険に関する全国実態調査(平成27年度)』によると、がん保険あるいはがん特約に加入している世帯は60.7%、世帯員別にみると、世帯主は53.4%、配偶者は40.2%となっています。

日本人の死因の第1位はがん(悪性新生物)であり、がんにかかる人は年々増加傾向にあります。がん罹患率が高い現代において、多くの人が『がん』に対する不安を持っているということでしょう。

がん保険の保険料免除について

がん保険には、保険料の払込免除というものがあり、適用条件に該当したときに、保険料の払い込みが不要で、保障はそのまま継続されるというものです。この適用条件とはどのようなものか確認していきましょう。

がん保険の保険料払込免除の種類

がん保険の保険料払込免除は、主に次の2つの種類になります。

  • 高度障害になると免除
  • 悪性新生物と診断されると免除

高度障害になると免除

がん保険に係わらず、生命保険や医療保険には高度障害による免除はあります。主な高度障害状態とは以下のような状態を指します。

  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語、またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも足関節以上で失った、またはその用を全く永久に失ったもの

悪性新生物と診断されると免除

保険期間中に、初めて悪性新生物と診断確定されたとき、以後の保険料が免除されます。ただし、保険会社によっては上皮内新生物や皮膚がんなどは、悪性新生物の対象とはならないこともあります。

保険料免除特約はつけるべきか?

加入した保険が終身払いを選択いていれば、保険料の払い込みは一生涯続きます。そんなとき、保険料免除特約を付加していれば、保険料の負担がなく一生涯の保障を持てるため、メリットは大きいといえます。

特に、がん治療を含む三大疾病などは完治までに数年かかる可能性もあります。また、治療をしながら働く場合、月々の収入にも影響を及ぼすことも考えられます。そのため、保険料免除特約が付いていれば、安心して治療に専念できます。

特約の注意点は大きく3点

このようにメリットのある『保険料払込免除特約』ですが、注意する点が3つあります。

保険料がアップする

特約を付加すると追加の保険料がかかります。たとえば、チューリッヒ生命の『終身ガン治療保険プレミアム』を例に試算した結果は、30歳男性で最低保障に特約を付けた場合、追加保険料が100円程度となります。

なお、追加保険料は年齢や性別、保障内容などによって異なります。

終身ガン治療保険プレミアム| チューリッヒ生命

免除条件が保険会社によって異なる

保険料免除特約は主に三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)、および高度障害状態になった場合を条件としているところが多いです。しかし、保険会社によって別の条件で免除特約を設けているところもあります。

保険料免除の条件は『所定の状態』

保険料払込免除特約は、三大疾病に罹患したというだけでは保険料が免除になりません。急性心筋梗塞・脳卒中では、『所定の状態』として60日以上の労働制限や障害などの後遺症が残った場合などが要件になります。

まとめ

三大疾病などの大きな病気は治療費がかかります。また、入院が長引けば収入が下がる恐れもあります。そんなとき、保険料の払い込みがなく保障が継続できる保険料免除特約は非常に有用です。

ただし、一部のがん保険では特約自体がない場合もあります。加入を検討の際は、保障内容と同時に、特約の有無や免除になる条件もしっかり確認しましょう。

がん保険の保険料はどのくらい?免除特約や保険料控除を解説します

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命のライフプラザについて教えてください

    日本生命保険に加入しているのですが、この日本生命さんの場合、ライフプラザという名前の窓口を開設しております。しかし、このライフプラザは通常の生命保険と何が...

    男性 / 長野県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供3人以上

  • アクサダイレクト/終身医療

    私たち夫婦は共働きのため夫婦ともに医療保険に加入しています。 私がなぜ医療保険に加入したかというと、去年は私は妊娠をしている時に妊娠悪阻で約1週間の入院と...

    女性 / 大阪府 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供1人

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険