1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険の保険料は上がる?定期保険は更新時に注意が必要

医療保険の保険料は上がる?定期保険は更新時に注意が必要

『保障が一生涯続き、保険料は一生涯上がりません』とテレビCMで聞いたこともあるのではないでしょう。しかし、医療保険は保険料が変わらないものばかりではありません。今回は、医療保険の保険料について、今後の動向も踏まえて解説していきます。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、保険新規・見直しサービス

この記事の目次

医療保険には2種類ある

医療保険には、定めた期間のみ保障がある定期タイプの保険と、保障が一生涯続く終身タイプの保険に分かれます。それぞれの保険料の違いについてみていきましょう。

保険料が安い定期保険の特色

定期保険とは、期間が限定されている保険のことをいいます。主に10年契約が多く、期間満了後は自動で更新されるのが一般的です。たとえ病気に罹患(りかん)していても、契約内容を変更しなければそのまま更新できます。

定期保険は年齢が高くなるにつれ、保険料も高く設定されています。特に、60歳前後を境に保険料が高くなります。さらに、更新できる年齢に上限があるので、加入の際は確認が必要です。

保険料が変わらない終身保険の特色

終身保険は一生涯続く保障と、一生涯変わらない保険料というのが特徴です。定期保険と違い更新がないので、死亡もしくは解約するまで保障は続きます。また、保障内容も変わることはありません。

保険料は生涯払い続けていくタイプと、60歳払済・65歳払済のように一定期間で払い込みを終えるタイプがあります。60歳や65歳までに払い込めば、老後の負担は避けられますが、生涯払い続けるタイプに比べて保険料は高くなります。

保険料が上がる医療保険は定期保険

保険は、年齢や性別などによって保険料が決まっています。特に年齢は、保険料を左右する大きな要素で、年齢が高くなるほど保険料が上がります。定期保険は期間で区切られているため、年代によってリスク度合いが異なります。

たとえば、20歳からの10年に比べ40歳からの10年は、健康を害するリスクが増え病気になる可能性が高まります。そのような理由から、保険料は高めに設定されます。

更新と共に保険料が上がる

定期保険は更新があり、更新ごとに保険料は上がっていきます。なぜなら更新の際は、更新時の年齢が適用されて保険料が計算されるからです。保険会社によっては保険料が、これまでの保険料の2倍以上になるケースもあります。

使っても保険料が上がることはない

保険の種類によっては、保険を使うと保険料が上がるものと、上がらないものがあります。医療保険は病気やケガなどで給付金を受け取っても、その後の保険料は上がりません。

前述したように、保険は年齢や性別によって保険料を設定しています。医療保険の場合、これに保障内容の違いによる差額も踏まえて、『保険料の公平性』を保っています。

また、加入者間で不公平が発生しないよう、健康状態や職業などの確認をすることで、リスクの高い人には保険料の割増など、一定の条件を設けています。

このように、保険料や条件などによって、加入時点ですでに公平性が保たれているため、保険を使っても保険料は上がりません。

終身保険が必ずしもよいとは限らない

現在、人気があるのはシンプルで保険料が変わらない終身の医療保険です。人気の理由に、『保障が一生涯続く』『保険料が変わらない』『商品数が多い』などがあげられます。しかし、すべての人に終身の医療保険がよいわけではありません。

定期的に保険を見直したい人や一時的に保障を手厚くしたい人、老後は貯蓄で対応し、現役のうちだけ保障がほしいというような人など、ある一定期間のみ保障を重視したい人には、定期の医療保険のほうが向いています。

2018年は医療保険の保険料改定がある

2018年4月に、各生命保険会社は保険料の改定を行う予定です。値上がりが予想されている保険は、医療保険やがん保険などです。すでに加入している人には影響はありませんが、これから新たに加入を考えている人は確認しておきましょう。

保険料が上がる理由

今年は『標準生命表』が11年ぶりに改定されます。標準生命表は一定期間の死亡率や、平均余命を性別・年齢別に取りまとめた表で、保険料を決める際の基準として保険会社が用いています。

現在の日本の状況は、医療技術の進歩などもあり長寿化が進んでいます。それに伴い、高齢者の割合が大きくなり、同時に病気のリスクも増大します。

よって、保険会社は医療保険などの給付金を支払う機会が多くなると想定しています。このようなことから保険料の値上げが予定されています。

健康な人のほうが保険料が安くなる

健康的な人は病気になるリスクが低いという考えから、一定の基準を満たす人に対して通常より安い保険料を設定する保険が増えています。

最近では、ビッグデータなどを活用し、保険会社独自の分析方法で健康のリスクを測り、健康状態がよい人ほど、保険料が安いといった商品もあります。

たとえば、ネオファースト生命の『カラダ革命』は、申込者の身長・体重・血圧・尿タンパク・血中脂質などのデータにより健康年齢を割り出し、保険料を決定しています。健康年齢が若いと判定された人は保険料が安くなります。

ネオファースト生命:カラダ革命

まとめ

定期の医療保険は更新ごとに保険料が上がりますが、上手く活用すれば、必要な保障をカバーできます。また、医療保険を使っても保険料が上がることはないので、安心して給付金の請求しましょう。

また、2018年4月からは医療保険の値上がりが予想されています。医療保険の加入を検討中の人は、保険料がどのようになるのか、しっかり確認しておきましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • マニュライフ生命の生命保険について教えてください

    マニュライフ生命の生命保険に加入しています。 三大成人病(ガン・脳卒中・心筋梗塞)の医療保障に加入していました。 3年前に大腸ガンになり一時金が支給されま...

    男性 / 岩手県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供3人以上

  • 住友生命の医療保険について教えてください

    現在、有期払いの終身医療保険に加入しています。 今年の4月で保険料が高くなってしまうと聞き、慌てて加入しました。 基本的に更新がないようにしてもらったので...

    女性 / 石川県 / 年収 300万円以下 / 独身

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 14日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり