1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険を比較。民間と共済の違いやおすすめの共済保険を紹介

医療保険を比較。民間と共済の違いやおすすめの共済保険を紹介

新聞の折り込みなどで、共済保険のチラシを見かけることもあるのではないでしょうか。民間の医療保険よりも安く保障を持てるという点で人気があります。今回は、民間と共済の違いや各共済保険についてみていきましょう。

この記事の目次

民間と共済の違い

民間も共済も互いに助け合うために掛け金(保険料)を出し合い、万一のときに備える仕組みは同じです。では、違いはどのような点なのか確認していきましょう。

共済は営利を目的としない

共済の最大の特徴は『営利目的でない』ことです。共済事業は非営利事業に該当し、基本的に利益は求めません。反対に保険事業は営利を目的としています。

共済は共同組合が共済事業を行っており、そこに加入する組合員が資金を出し合い、その資金の中から保障を行います。民間の保険会社よりも『相互扶助』の精神に基づいているといえます。

組合員でないと加入できないことも

民間の生命保険は日本国内に住んでいれば、原則的に誰でも加入できます。一方、共済は特定の地域に住む人や、特定の職業に就く人などが組合に入らなければ、加入できない場合が多いです。

根拠法令や監査官庁が違う

保険事業を営むうえで、従う法令や監督する官庁があります。民間の保険会社は、保険業法に基づいて金融庁の免許を受け、保険業を営んでいます。一方、共済は金融庁管轄ではなく、その組合に関連した省庁が管轄しています。

全労済や都道府県民共済、CO・OP共済(コープ共済)は、消費者生活協同組合法に基づき、厚生労働省が監督しています。また、JA共済は農業協同組合法に従い、農林水産省が監督しています。

共済を選んだ場合のメリット

ここでは、共済が優れている点をみていきます。

掛け金が安くて一定

共済の一番の魅力は、手頃な掛け金で充実した保障を持てる点です。前述したように営利団体でないため、民間保険会社の同等の保険商品と比べて、かなり安い掛け金になっています。

民間の保険は、年齢や性別で保険料が異なりますが、共済保険は年齢や性別に関わらず、掛け金は固定されています。その点では若年層には割高になる可能性がありますが、高齢層には割安になります。

決済に応じて割戻金がもらえる

民間の保険会社では、配当金(保険料を運用して出た余剰金)がもらえるかどうか、商品によって異なります。

しかし、共済は非営利事業であるため、共済金の支払いや運営経費に使用し、余ったお金は割戻金(わりもどしきん)として、支払った掛け金に応じて組合員全員に還付します。割戻金は、支払った掛け金の10~30%程度になることが多いです

誰でも加入できる主な共済保険

代表的な共済保険をあげると、県民共済、全労済、JA共済、co・op共済の4つがあります。各地の共済連や生協・農協と連携し、ほぼ全国で加入できます。ここでは、このうちの3つの共済について紹介します。

県民共済

全国生活協同組合連合会(全国生協連)が、都道府県民共済の元受になり、現在39の都道府県で実施されています。平成29年3月末までの加入者数は、2,100万件以上で、毎年100万件以上の新規加入実績を誇っています。

加入方法は住まい、または勤務地がある都道府県の共済に申し込みます。また、銀行の窓口で申し込むこともできます。主な保障は、死亡保障と医療保障がセットになった『生命共済』と、住宅や家財を保障する『新型火災共済』があります。

県民共済の医療タイプは、月額2,000円で入院1日あたり10,000円の保障が受け取れます。さらに、がんや三大疾病の特約をプラスすれば、保障を充実させることができます。

ただし、60歳~65歳は入院1日あたり7,500円になり、65歳以降は同額掛金で85歳まで保障されますが、保障内容が変わります。

共済・県民共済の全国生協連 公式ウェブサイト

全労済

全労済の正式名称は『全国労働者共済生活協同組合連合会』といい、全国47都道府県に200か所以上の相談窓口があります。加入件数は3,217万件(2016年度)と、大手の生命保険にも劣らない規模を誇っています。

加入方法は、ホームページ上から申込書を入手して郵送するか、全労済の窓口で申し込むなどの方法があります。主な商品は、こくみん共済・せいめい共済・総合医療共済・ねんきん共済・交通火災共済・マイカー共済などがあります。

こくみん共済の『医療安心タイプ』は、月額2,300円で入院1日あたり6,000円の保障ですが、先進医療と死亡保障は、県民共済より手厚くなっています。

全労済の公式ホームページ | 共済・保障のことなら全労済

JA共済

JA共済は全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)をトップとして、各都道府県の支部を通して各地のJA(農協)によって構成されています。生命総合共済の総契約数は2,200万件、建物や自動車共済を含めると4,000万件を超える規模です。(2017年度)

加入方法は、JAの組合員が所属するJAでの申し込みが基本ですが、組合員以外でも申し込むことは可能です。

主な商品は、終身共済・医療共済などの人に対する補償のほか、建物共済や自動車共済もあり、『ひと・いえ・くるま』の総合保障でサポートしています。

上記2つの共済と異なり、保障内容や年齢などで掛け金が異なります。医療共済は80歳満期と終身型から、1入院あたりの支払限度日数は60日、120日、200日から選べます。

JA共済

まとめ

保険料を節約したい人にとって、共済保険を活用することは非常に有効だといえます。しかし、共済によって保障が薄かったり、民間と掛け金が変わらなかったりする場合もあります。

60歳以降など、年齢が上がるにつれて保障が減額されるものも多いので、共済保険の特徴をしっかり把握し、自分に合った共済保険を見つけてください。

医療保険の比較ポイントとは。ケース別におすすめの保険を紹介

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 毎月の支払いが安い保険会社を教えてください

    現在、第一生命に加入しているのですが、毎月の支払いが一万を超えていて少し負担になってきています。 具体的な保険の内容は、ブライトWayの5年ごと配当付き終...

    女性 / 宮城県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • かんぽ生命の積立型保険と掛け捨て型保険について

    日本の一般的な家庭では、夫が世帯主で会社に務め、妻は専業主婦となりパートやバイトに出る形態が多いかと思います。夫の生命保険は手厚くする必要があり、掛け捨て...

    女性 / 千葉県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供2人

  • アフラックの死亡保険について教えてください

    母の勧めで現在アフラックに加入している30代主婦です。質問なのですが、死亡保険契約者が死亡した場合どれくらいの期間のうちに連絡をしなければお金はおりないの...

    女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

保険の人気記事

カテゴリ

保険