1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の種類と給付金について知りたい。先進医療もカバーできる?

がん保険の種類と給付金について知りたい。先進医療もカバーできる?

がん保険を検討する際は、何を基準に加入を決めればよいか悩むことも少なくありません。がん保険にはさまざまな給付金があり、どういう場合に受け取れるのか確認してから選ぶことが大切です。今回は、がん保険の種類や給付金について詳しく説明します。

この記事の目次

がん保険の種類

がん保険とはがん治療のために特化した保険で、最近ではさまざまなタイプのがん保険が発売されています。保障内容別にみると、下記の4通りに分かれます。

  • 日額タイプ
  • 実費保障タイプ
  • 一時金タイプ
  • 収入保障タイプ

また、保険期間別にみると、下記の2通りに分かれます。

  • 定期型
  • 終身型

がん保険が必要とされる理由

医療保険があれば、がんを含む病気やけがの保障をしてくれます。しかし、がんは治療費などが高額になる可能性が高く、大きな負担になることもあります。加えて、仕事に支障がでる可能性もあります。

がん保険は、保障内容も医療保険と重複している部分がありますが、重複している部分の保険金は両方から受け取れます。また、まとめて一時金で受け取れることも多いので、がんになったときには大きな助けとなります。

定期型と終身型がある

前述したように、保険期間の違いでみたとき、がん保険は定期型と終身型の2種類に分かれます。

定期型は、10年毎に更新がくるのが一般的ですが、更新のたびに保険料が高くなります。また、更新できる年齢に上限があるので、一生涯の保障というより、将来の予測が立てにくい場合に一定期間の保障として、活用を考えたほうがよいでしょう。

終身型の場合、保障は一生涯続きますが、保険料は生涯払い続けていくタイプ(終身払い)と、一定期間で払い込みを終えるタイプ(〇歳払済)に分かれます。終身払いは、若いときに加入しておけば、保険料はそれほど高くありません。

反対に、60歳までに払い込めば、老後の負担は避けられますが、終身払いに比べて保険料は高くなります。

がん保険の給付金について

がん保険は、がん以外の病気には給付金が下りませんが、がん治療のための保障が手厚いのが特徴です。ただし、給付金を受け取るにあたりルールがあります。

がん保険は、申込日から一定の期間を『免責』としています。免責期間は一般的に90日と決まっており、この間にがんと診断されても保障は受けれず、契約は無効となってしまいます。

給付金の種類

主な給付金には、次の4つがあります。

  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 手術給付金

がん保険も医療保険同様、入院や手術の保障がありますが、保障内容は異なります。がん保険の給付金の種類や、どんなときに受け取れるのか確認しておきましょう。

診断されたときに受け取れる診断給付金

診断給付金は、がんと診断確定されたとき、まとまったお金が受け取れます。1回限りか、2年以上経過していれば何回でも受け取れるタイプかに分かれます。また、上皮内がん(上皮内新生物)は給付金の額が異なる場合もあります。

入院したときに受け取れる入院給付金

入院給付金は従来からある保障で、がんで入院したときに受け取れます。日額5,000円程度から設定可能ですが、がん治療は高額になりやすいこともあり、日額1万円~の設定する人も多くいます。

また、医療保険とは異なり支払い日数が無制限や、通算の限度が無いものも多いです。

手術をしたときに受け取れる手術給付金

手術給付金は、所定の手術を受けた場合に受け取れます。基本的に手術の回数は無制限ですが、がん保険によっては、特定の手術に給付限度を設けている場合があります。

給付金額は、手術の種類に応じて入院給付金日額の10倍・20倍・40倍と定めている場合が多いですが、一律〇万円としているところもあります。

通院時に受け取れる通院給付金

通院給付金は、がんで通院したときに受け取れるものをいいますが、入院後の通院治療に対して給付するものや、入院前の通院に対しても給付金が受け取れるもの、また入院の有無にかかわらず、通院のみの治療でも支払われる場合もあります。

先進医療にも対応するがん保険

先進医療とは、厚生労働大臣の承認を受けた高度な医療技術のことをいいます。対象となる病気・けが・それらの症状、および実施する医療機関も特定されています。

近年、がん治療に関しては、新しい治療技術が開発され、医療が飛躍的に進歩しています。

先進医療の概要について |厚生労働省
先進医療を実施している医療機関の一覧|厚生労働省

先進医療は健康保険適用外の高額な医療技術

先進医療は、公的医療保険の対象にするか評価している段階のため、評価の結果、公的医療保険の対象に移ったり、評価の対象から外れたりします。評価の対象から外れると、公的医療保険の対象とならないため全額自己負担となります。

先進医療特約の給付金

がんの治療に関わる先進医療を受けたとき、給付金が受け取れます。実際にかかった技術料が支給されるものと、治療内容によって給付金額が決まっているものがあります。通算限度額は2,000万円と設定されているところが多いです。

まとめ

がん保険の給付金には、いくつか種類があります。入院給付金や手術給付金、通院給付金などは、がん保険に限らず医療保険でも対応できますが、診断給付金はがん保険のみの保障です。

これらの給付金の種類を理解したうえで、自分に合ったがん保険を選んでみてはいかがでしょうか。

がん保険には種類がある。給付金や特約も分かりやすく解説します

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 手術歴があり加入できる保険が限られた過去

    現在加入しているのがオリックス生命の医療保険ですが、保険に加入した際に他に入れる保険が無かったためにオリックス生命に加入した経緯があります。 私は過去に手...

    女性 / 兵庫県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • アフラックの給料サポート保険について教えて下さい。

    現在私は医療保険、主人は生命保険に加入しています。私はレディース保険で主人は社会保険に加入しているのだから医療保険は必要ないと言って医療保険には入っていま...

    女性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供2人

  • 更新型の医療保険をなぜ売るのか

    先日日本生命の医療保険「みらいのかたち」に加入しました。きっかけは学生時代の友人が日本生命につとめており、付き合いで加入しました。保険には私は詳しい方で、...

    男性 / 大阪府 / 年収 1001万円以上 / 既婚

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険