1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険は掛け捨てか解約返戻金付きか。ライフスタイルで選択を

医療保険は掛け捨てか解約返戻金付きか。ライフスタイルで選択を

医療保険の加入を検討する際、掛け捨て型にするか、解約返戻金付きにするかで迷うのではないでしょうか。それぞれの特徴を知れば、自分に適した保険を選べるようになります。実際に比較しながら、メリットやデメリットを確認していきましょう。

この記事の目次

貯蓄型の医療保険とは

貯蓄型の医療保険はお金を積み立てながら、病気やけがの入院時には保障が得られる一石二鳥の保険です。

一般的に貯蓄型は、保険期間の途中で解約したとき、払い込んだ保険料の一部が払い戻されます。他にも、一定期間ごとにボーナスが受け取れるものもあります。

解約返戻金がある

解約返戻金とは、保険を解約したときに払い戻されるお金のことをいいます。

貯蓄型の場合、払い込んだ保険料の60~70%の解約返戻金があるものや、保険料の払込が完了するまでは返戻率が低いもの、保険料払込満了後にわずか(数万円)しか解約返戻金が貰えないものなどさまざまです。

メリットとデメリット

メリット デメリット
・貯蓄と保障が同時に得られる
・解約返戻金=死亡保険金となっている場合がある
・保険料が高い
・商品数が少ない
・解約しないと返戻金はない

無理なくお金を貯めたいという人にとって、いざというときの保障と貯蓄が同時に得られるのは最大のメリットです。また、保険料払込期間が満了している場合、解約返戻金と同額の死亡保険金が受け取れるものもあります。

デメリットは、掛け捨て型よりも保険料が高く、商品が少ないため選択肢が限られることです。さらに、解約すると医療保障がなくなるため、新たに医療保険に加入する必要があります。

掛け捨て型の医療保険とは

掛け捨て型の医療保険とは、貯蓄の部分がない保障に特化した保険をいいます。

掛け捨て型は、保障が一生涯続く終身タイプと、あらかじめ定めた期間のみ保障が受けられる定期タイプがあります。最近は、掛け捨ての終身タイプが主流となっています。

解約返戻金はない

掛け捨て型には、基本的に解約返戻金がありません。よって、保険期間の途中に何らかの理由で解約したとしても、お金は戻ってきません。

これは、貯蓄型のように積み立て部分に対する保険料がなく、純粋に保障のためだけに保険料が充てられているからです。そのため、保険料は貯蓄型に比べ安くなります。

掛け捨て型が向いているケース

前述したように、掛け捨て型は保険料の負担が軽く済み、中途解約しても解約返戻金への影響がないため、保険の見直しがしやすいという特徴があります。

これを踏まえると、保険料をできる限り安く済ませたい場合や、適宜自分に合う保証内容に見直したい場合、貯蓄を運用など別で行う場合などは、掛け捨て型が向いているといえそうです。

医療保険は掛け捨てがよい?保険料の相場などもくわしく解説します

貯蓄型と掛け捨て型を比較する

ここでは、同一の保障内容で比較してみましょう。

加入条件(30歳男性の場合)
保険期間:終身
払込期間:終身
入院給付金:5,000円
手術給付金:5万円(外来手術は2.5万円)
放射線治療給付金:5万円
先進医療:2,000万円

月額保険料 80歳まで(50年間)の払込総保険料
掛け捨て型 1,409円 84万5,400円(1,409円×12カ月×50年)
貯蓄型 3,019円 181万1,400円(3,019円×12カ月×50年/70歳時点で139万4,400の還付金あり)

同じ保障内容でも保険料は2倍以上差があります。ただし、無事に還付金を受け取ることができれば、結果として貯蓄型の払込総保険料のほうが少なく済みます。

保険料試算(通販) | メディカルKit NEO(ネット保険) | 東京海上日動あんしん生命保険
保険料試算 | メディカルKit R(医療保険) | 東京海上日動あんしん生命保険

保障の優劣はない

貯蓄型も掛け捨て型も保障内容が大きく異なっているということはありません。最も大きな違いは、貯蓄機能があるかどうかという点です。

ただ、掛け捨て型は、各保険会社からさまざまな種類の商品が発売されており、保障の優劣はありませんがバリエーションが豊富です。

どちらを選ぶべきなのか

貯蓄を求めないのであれば、掛け捨て型の医療保険をおすすめします。一般的に医療保険に加入する目的は、急な入院の備えです。

解約を前提にして入るわけではないので、保険料が割安な掛け捨て型で保障を確保し、貯蓄は他の商品で検討してみるのもよいでしょう。

特殊な医療保険もある

最近は、契約してから20~30年後に生存していると、還付給付金が受け取れる保険もあります。受け取れる還付給付金は、払い込んだ保険料相当額となります。

ただし、保障期間中に入院給付金などが保険会社から支払われている場合、その分は差し引かれます。還付給付金を受け取った後は、引き続き医療や死亡の保障が適用されます。

リターンボーナスつき終身医療保険

使わなかった保険料返金のメディカルKit R

東京海上日動あんしん生命の『メディカルKit R』は、入院給付などの受け取りがない場合、払い込んだ保険料が全額戻ってきます。もし、給付金受け取りがあった場合は差額分が戻ります。

健康還付給付金を受け取った後も、主契約の保険料は上がらず、保障は続けることができます。ただし、健康還付給付金支払日に生存していないと、健康還付給付金は受け取れません。

まとめ

掛け捨て型、貯蓄型ともにそれぞれ特徴があり、どちらを選択するかは個人の好みや事情で異なります。まずは、どの程度の保障が必要か決めましょう。それから自分や家族の状況を踏まえて、最もふさわしい保険商品を選ぶことが大切です。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命の積み立てに関して

    積み立てをしていますが、本当に積み立てをしていて満期になったときにきちんと降りてくるのかが心配です。 私は、年金などの積み立てもしていますが、将来自分が働...

    女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • かんぽ生命の積立型保険と掛け捨て型保険について

    日本の一般的な家庭では、夫が世帯主で会社に務め、妻は専業主婦となりパートやバイトに出る形態が多いかと思います。夫の生命保険は手厚くする必要があり、掛け捨て...

    女性 / 千葉県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供2人

  • 更新型の医療保険をなぜ売るのか

    先日日本生命の医療保険「みらいのかたち」に加入しました。きっかけは学生時代の友人が日本生命につとめており、付き合いで加入しました。保険には私は詳しい方で、...

    男性 / 大阪府 / 年収 1001万円以上 / 既婚

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険