1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険は掛け捨てが解約返戻金付きより有利。見直しは注意も必要

がん保険は掛け捨てが解約返戻金付きより有利。見直しは注意も必要

がん保険には、解約返戻金が付いている保険と、掛け捨てタイプの保険があります。果たしてどちらが有利なのでしょうか。今回は、見直しを検討している人に、この2種類の保険のタイプのメリット・デメリットをはじめ、見直す際の注意点について説明します。

この記事の目次

解約返戻金が設定されたがん保険

契約の途中で解約すると、解約返戻金が戻ってくる保険を『積立型のがん保険』と呼ばれることもあります。このがん保険の特徴を確認していきましょう。

解約返戻金とは

解約返戻金とは、保険を契約期間の途中で解約したとき、保険会社から戻ってくるお金のことをいいます。一般的に、終身保険や養老保険、学資保険など貯蓄性の高い保険や、保険期間の長い保険には解約返戻金があります。

メリットとデメリット

メリット デメリット
・保障と貯蓄を兼ねることができる ・掛け捨てタイプより保険料が高い
・中途解約のリスクが大きく、見直しが難しい

貯金が苦手な人や、掛け捨てを好まない人にとって、保障と貯蓄を兼ねることができるのはメリットです。ただし、解約返戻金があるタイプのがん保険を中途解約すると、解約返戻金は今まで払い込んだ保険料を下回ることが多いです。

このことが、中途解約をすると損するという気持ちを起こさせ、新たによりよい保険が販売されても、保険の見直しを難しくします。また、掛け捨てタイプに比べて保険料が高いので、払い続けられるのか考える必要があります。

掛け捨てタイプのがん保険

掛け捨てタイプのがん保険は途中で解約すると、解約返戻金が全く戻ってこないか、戻ってきてもごくわずかです。

メリットとデメリット

メリット デメリット
・解約返戻金があるタイプより保険料が安い
・保険の見直しがしやすい
・解約返戻金がない

掛け捨てタイプのがん保険は、積み立ての部分がないため、途中で解約しても解約返戻金はありません。その分、手頃な保険料で充実した保障を得ることができます。

また、加入してから数年経つと、保障内容がそぐわなくなる可能性がでてきます。そのとき、掛け捨てタイプであれば、途中で解約しても解約返戻金を気にする必要がないので、保険の見直しがしやすいといえます。

がん保険は掛け捨てタイプのほうがよい

ここまでみてきて、がん保険は掛け捨てタイプのほうが優れているといえそうです。なぜなら、解約返戻金があるタイプのがん保険を貯金代わりにしても、払込んだ保険料は全て戻るわけではないからです。

そのため、貯蓄を考えるなら、解約返戻率が高めの保険や、貯金に回したほうがよいでしょう。また、がん保険への加入は当然ながら、万が一がんにかかった場合の備えのためです。

高齢になってからのほうが、がんのリスクは高まるため、一番必要な時期に解約返戻金のために解約しては意味がありません。

がん保険への加入は、保障内容を重視して考えることが賢明です。掛け捨てタイプであっても、保障内容は充実しているうえ、月々の保険料を安く抑えることができます。

がん保険も見直しは必要

現在のがん保険は、医療技術の進歩や新薬の開発に伴い、保障内容も変化しています。そのため、加入して数年経つと、契約時の保障内容がそぐわなくなってくる場合もあります。がんになっても困らないよう、保険の見直しは大切なことです。

解約時に注意したいこと

がん保険を見直す際は、現在加入中のがん保険を解約し、新たながん保険の加入手続きが必要になります。その際、注意することを確認しておきましょう。主な注意点は、以下の3つです。

  • 保障の空白期間
  • 新たな加入には審査がある
  • 保険料が上がる

保障の空白期間に注意

がん保険は他の保険と違い、保障が始まるまでに90日間の免責期間(待機期間)があります。新しい保険に申し込み、契約が成立した時点で解約すると、新たに加入した保険の保障が始まるまで、無保険の状態になってしまいます。

万が一、この間にがんと診断された場合、保険金が下りません。無保険状態ができないように、新たに加入した保険の保障が始まってから、以前の保険を解約するようにしましょう。

新たな加入には審査がある

新しく保険に加入をするときには、審査が必要になります。自分では健康状態に問題ないから大丈夫と思っていても、審査に通らなければ加入できません。よって、新しい契約が成立し、保障が確定してから保険を解約することは重要なことです。

保険料が上がることを留意する

基本的に保険は、年齢や性別などで保険料が決まっています。特に年齢は、保険料を左右する大きな要素で、年齢が高くなるほど保険料が上がります。がん保険の場合、がんの罹患率も加味して計算されています。

がんは、高齢になるほどリスクが高まります。そのため、まったく同じ保障内容でも加入する年齢で保険料が格段に違ってきます。50代60代になってからの見直しは、慎重に検討しましょう。

まとめ

がん保険には、解約返戻金があるタイプと 掛け捨てタイプがありますが、 総合的にみると掛け捨てタイプのほうが有利といえます。

また、がん保険に加入してから数年経っている場合は、保障内容を一度見直してみることも大切です。 その際、注意点をしっかり把握して、自分に合った適切なものを選ぶようにしましょう。

がん保険は掛け捨て型が良い?貯蓄型と比較してやさしく解説します

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 自分にあった保険会社の選び方を教えて欲しい

    保険会社は色々あるが具体的にどの会社が自分にあっているかがわからないので選び方を教えてほしい。又、生命保険も掛け捨て、積み立てがあり種類も色々あるので今の...

    30代 / 男性 / 北海道 / 年収 401-500万円 / 独身

  • 20代前半の娘の保険について質問させていただきます

    20代前半の娘の保険について質問させていただきます。娘の保障は20歳まで父親の保険に子型特約でついていましたが、20歳になりはずれました。 結婚はし...

    40代 / 女性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供2人

  • アフラックのがん保険について教えてください

    今加入している保険の、適用範囲がわからない。入院しなかった場合はお金がでるのかどうか。あと、万が一保険を適用した場合に保険会社からの支払い後、保険料はあげ...

    女性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険