1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 保険適用外の治療とは?歯医者の保険診療と自費診療の違い

保険適用外の治療とは?歯医者の保険診療と自費診療の違い

虫歯の治療をするときなどに保険がきかず、自費診療(自由診療)となる場合があります。どのような治療法が、保険適用の範囲内なのでしょうか?保険が適用される場合とされない場合の、歯科での具体的な治療方法や費用の目安を解説します。

この記事の目次

保険診療と自費診療の違い

そもそも、保険診療と自費診療の違いは何なのでしょうか?

保険診療

保険診療とは、健康保険などの公的な保険が適用され、治療費の負担が一般的に3割で済む診療です。

保険が適用される治療は、各疾患に応じて検査方法や治療法が国によって決められています。

治療法や治療に使う材質、治療回数などに制限があるため、患者の選択肢の幅は狭いですが、安く治療を受けられことが最大のメリットといえます。

また、治療内容と金額設定が定められているため、どの歯科医院で保険診療を受けても、治療にかかる費用は同じです。

自費診療

自費診療は歯科医院で独自に決められた治療法を患者が選んだ場合に、全額自己負担で行う診療です。

自費診療は自由診療とも呼ばれ、虫歯などの治療が必要な疾患だけではなく、歯を美しくしたり、見た目を向上させたりするために行われる診療でもあります。

それぞれの歯科医院が独自に治療内容や金額を設定しているため、医院によって治療にかかる費用は大きく異なります。

しかし、最新の技術を用いた治療が受けられたり、より美しく仕上がる材質を選んだりすることができます。

混合診療は禁止

混合医療とは、保険診療と自由診療を組み合わせて使うことです。日本では、原則として混合医療は禁止されています。

つまり、治療内容の一部に自費診療のものを使うと、その他の治療は保険適用の範囲内であっても、基本的には、その治療の全てが全額自己負担となってしまいます。

虫歯治療の被せもの・詰め物

虫歯の治療では詰め物(インレー)の材質によって、保険が適用されるものと保険適用外となるものがあり、費用に大きな差があります。

以下に、材質による費用の目安と、メリット・デメリットをまとめました。

保険適用

保険適用される材質は、金・銀・パラジウムなどの合金とプラスチックです。

銀(メタルインレー)

費用:1,500円〜3,000円/1本あたり

一般的に銀歯と呼ばれるものです。詰め物の縁が欠けやすく、噛み合わせなどの適合性がやや劣ります。

欠けた銀歯と歯の隙間に虫歯が再発しやすいことと、目立ちやすいという点が大きなデメリットです。また、金属アレルギーを引き起こすリスクもあります。

しかし、銀歯のメリットは、安くて比較的丈夫な点で、寿命は5年〜7年です。

レジン

費用:700円〜1,000円

プラスチックでできており、自然の歯の色に合わせることができます。とても安価で自然な色合いなのが最大のメリットです。また、歯を削る量も少なくて済み、修理もしやすい素材です。

デメリットは、経年により変色しやすく耐久性が低いことです。寿命は5年ほどです。

保険適用外

ゴールドやセラミックは保険適用外で、費用が高額になります。

ゴールド

費用:3万円〜6万円

金合金(18金など)で作られた詰め物です。歯と馴染みやすく噛み合わせの適合性が良いので、奥歯におすすめの材質です。

丈夫で長持ちする点が最大のメリットで、耐久年数は20年以上と言われています。また、金属アレルギーのリスクが低い、虫歯になりにくいという利点もありますが、費用が高額である、目立ちやすいというデメリットがあります。

セラミック

費用:3万円〜6万円

陶材で作られており、白い透明感が特徴的です。見た目に美しく歯垢が付きにくいのがメリットです。

高額である、歯を削る量が多い、歯ぎしりの癖があるなど使用状況によっては、割れやすいというデメリットがあります。

寿命は、一般的には10年とされていますが、使用状況がよければ、20年もつとも言われています。

その他保険適用外の診療

虫歯の治療以外に保険適用外となる診療には、どのようなものがあるのでしょうか?

(自由診療の費用は、それぞれの歯科医院や材質、方法などによって大幅に変わるので、下記の費用はあくまで目安です。)

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白くする美容目的のための診療なので保険適用外です。歯科で行うオフィスホワイトニングと呼ばれるものは、平均およそ1万5,000円から5万円です。

歯科で自分専用のマウスピースを作ってもらい、自宅で薬剤を塗布するホームホワイトニングという方法もあります。ホームホワイトニングの費用の目安は1万5,000円〜3万円程度です。

インプラント

インプラントは、歯が失われてしまった場合に人工の歯の根を埋め込み、人工の歯を取り付ける治療法です。

保険適用範囲では、歯が失われると入れ歯にしたり、ブリッジで歯の機能を補う治療が行われたりしますが、インプラントは適用外です。

検査や施術、歯の制作、メンテナンスなどを含めて、インプラント1本あたりの費用は、およそ30万円〜50万円が相場です。

自費診療なので費用は高額ですが、噛み心地も見た目も自然な仕上がりで、周囲の歯への負担も少なく、メリットの高い治療法と言えます。

矯正

保険適用される矯正治療は先天性の疾患によるものや、外科的な治療が必要とされる場合のみです。前歯の出っ張りなどの歯並びを美しく治すための矯正には、保険は適用されません。

費用は、矯正する本数や方法によって大きく差があります。一般的には、15万円〜120万円ほどです。

予防歯科(PMTC)

虫歯や歯周病の治療は保険適用の範囲内ですが、これらを防ぐための予防歯科は自由診療です。費用の相場は1万円程度です。

全額自己負担となりますが、予防歯科で磨き残しの確認、歯石の除去、フッ素塗布などを行うことにより、虫歯などの疾患を未然に防いだり、初期段階で発見したりすることができます。

完全に虫歯になってからの治療では、歯へのダメージはもちろん、通院回数や治療時間も増えてしまうので、多くの費用や時間がかかります。

予防歯科で定期的に歯のメンテナンスをしているほうが、結果的には費用の面でも健康面でも、利点が多いということも考えられます。

まとめ

保険診療となるのは、『疾患に対しての最低限の治療』の場合と言えます。見た目の美しさや耐久性、使用感を求めるなら、自由診療で全額自己負担となるケースが多くなります。

自分のニーズと治療にかかる費用、将来的なメンテナンス費用をトータルに考えて、ベストな治療法を選びましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • マニュライフ生命のファンド型について

    現在、本拠地をカナダにおいている外資型のマニュライフ生命に加入しておりますが、個人的に思う最大の特徴は、ガンの診断直後から保険請求できる事と、主契約(特約...

    女性 / 沖縄県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • 日本生命のみらいのカタチについて教えてください

    日本生命のみらいのカタチを勧められて加入しました。 3大疾病300万円がついていて20年更新です。今回、継続サポート3大疾病がでたので追加として勧められ...

    女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • 県民共済の保障の不足点を教えてください

    最近、ライフステージの変化により(退職)県民共済に保険を変更しました。少しお金が必要になり、その前までは積立型の保険に入っていたのですが、解約せざるをえな...

    男性 / 新潟県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 第一生命のエスコートUについて

    現在入っている保険についてネットで調べると、評判が悪く、年金として引き出して使えることが魅力で加入しましたが、簡単に引き出すことが出来ない。や、条件付きで...

    女性 / 福島県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供3人以上

保険の人気記事

カテゴリ

保険