1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 禁煙治療は保険適用外?禁煙外来で保険が適用される条件を解説

禁煙治療は保険適用外?禁煙外来で保険が適用される条件を解説

禁煙治療に保険は適用されるのでしょうか?保険適用の条件と適用外となる場合、禁煙治療にかかる費用の目安などについてまとめています。おおよその費用や保険適用の条件を満たすことができるかを事前に確認しておくと、禁煙外来利用の準備に役立ちます。

この記事の目次

禁煙外来とは

禁煙外来とは病院の医師によって、医療の力を用いながら禁煙達成をサポートするための外来です。禁煙外来は総合病院や診療所、内科、循環器科などの様々な診療科で行っています。

そして、定められた条件を満たせば、禁煙治療には保険が適用されます。保険適用となる条件には患者自身に関するものと、病院や診療所の施設についての条件があります。

『患者の条件はクリアしているけれど、施設自体が条件をクリアしていない』となれば、保険適用外となります。

どの禁煙外来に行くかを決めるためには、まず、禁煙治療に健康保険が適用される施設であるかどうかを確認しておく必要があります。

禁煙外来・医療機関検索される方へ - すぐ禁煙.jp(ファイザー)

禁煙外来で保険適用になる条件

『ニコチン依存症』が疾病と認められ、2006年4月から一定の条件を満たせば保険が適用されるようになりました。

それまでは、禁煙の治療費は全額自己負担でしたが保険が使えるようになり、治療費が大幅に割安になりました。

では、保険適用になる条件とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

禁煙外来とは? - すぐ禁煙.jp(ファイザー)

判定テストが5点以上

ニコチン依存症かどうかを 10個の設問に答えることにより判定します。10点のうち、5点以上当てはまれば、ニコチン依存症と判定されます。

実際のテスト内容は下記のリンクより確認できます。

ニコチン依存症を判定するテスト TDS(Tobacco Dependence Screener) - すぐ禁煙.jp(ファイザー)

ブリンクマン指数が200以上

ブリンクマン指数とは、『1日の平均喫煙本数×喫煙年数』から割り出される、ニコチンへの依存度です。この数値が200以上であれば、ニコチン依存症と判定されます。

35才未満の若年者も保険適用対象に

ブリンクマン指数によってニコチン依存症と判定されるには、喫煙年数が大きく関わってきます。若年者の場合は喫煙年数が少ないため、ニコチン依存症と判定される可能性は明らかに低くなります。

そのため、2016年4月より、ブリンクマン指数による判定は、35歳未満の方には適用されないこととなりました。これにより、若年層の禁煙治療にも、保険が適用できる可能性が高くなっています。

直ちに禁煙するという意志

ニコチン依存症から脱するのは困難であるため、禁煙外来で禁煙補助薬の処方や医師の管理・指導等サポートを受けながら治療を進めます。

しかし、禁煙をしたいと思っている患者自身の決意がなくては、禁煙治療は始まりません。禁煙への決意を固め、『直ちに禁煙する』という意志表示を行いましょう。

文書による同意

氏名、禁煙開始日、禁煙宣言書の作成日、禁煙支援者(家族や身近な人)などを明記し、禁煙治療を受けることに文書で同意する必要があります。

禁煙外来で保険適用外になる条件

上記の保険適用となる条件をクリアしていても、保険適用外になってしまう場合があります。保険適用外となる以下の条件に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

治療期間が12週を超えた場合

禁煙治療は、内服薬での治療の場合、初回のニコチン依存症の判定から12週間が治療期間であり、保険適用期間です。また、貼付薬での治療の場合は、10週間までとなっています。よって、その期間を超えれば保険適用外となります。

1年以内の再治療の場合

以前に禁煙治療をしたことがある場合、そのときの禁煙治療の初回診察日から1年が経過していなければ、保険適用外となってしまいます。

禁煙治療にかかる費用

禁煙治療に保険が適用されることが認められた2006年以前は、禁煙治療は自費診療であったため、5万円程度の費用がかかっていました。

しかし、今では保険適用も可能となり、適用となった場合には1〜2万円程度で治療を受けることができます。自費診療しかなかった頃と比べると、保険が適用されれば、かなり割安で治療できます。

費用だけを見ると高く感じる方もいるかも知れませんが、実際にはタバコ代よりも禁煙治療にかかる費用の方がずっと安くつきます。

たとえば、12週間(禁煙治療に要する期間)、1日1箱のタバコを吸った場合のタバコ代は、

12週間(84日)×430円(1箱分の値段として)=36,120円

となります。

まとめ

禁煙すると決意を固めても、ニコチンへの依存度が高くなっていたり、習慣化したりしていると禁煙に成功することは容易ではありません。

必ず禁煙したいと思っている方や、自己流で何度か禁煙にチャレンジしたけど上手くいかなかったという方は、禁煙外来での治療をおすすめします。

禁煙外来では、禁煙成功のカギとなる、つらい離脱症状を乗り越えるためのサポートを受けることができます。

タバコをやめることで、ご自身のタバコによる健康への害を軽減することはもちろん、家族や周囲の人々への受動喫煙を防ぐこともできます。

また、タバコは値上がりを続けており、お財布への影響も深刻です。禁煙をすることで家計やお小遣いの大幅な節約をすることにもなります。

禁煙治療に保険適用される可能性の高い方は、治療費も大幅に安くなります。将来的な健康被害とタバコ代も考慮して、禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

保険適用外の治療とは?病院に行く前に確認しておこう

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命の積み立てに関して

    積み立てをしていますが、本当に積み立てをしていて満期になったときにきちんと降りてくるのかが心配です。 私は、年金などの積み立てもしていますが、将来自分が働...

    女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • メディケア生命の医療保障について

    とりあえず、保障のあってお手軽なものと考えてネット生命保険で メディケア生命の メディフィット定期・メディフィットエースに加入しています。 加入したときは...

    女性 / 愛知県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

保険の人気記事

カテゴリ

保険