1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険の見直しは必要。適切なタイミングとポイントを紹介

生命保険の見直しは必要。適切なタイミングとポイントを紹介

生命保険に一度加入すると、普段の生活ではなかなか生命保険のことについて考える機会がなく、つい加入したままになりがちです。生命保険の見直しが必要な理由、具体的にいつどのように見直しをすればよいのかについて説明していきます。

この記事の目次

なぜ見直しが必要なのか

生命保険に加入する際、決していい加減に加入したわけではなく、しっかりと検討して加入していたとしても、生命保険の見直しは必要です。その理由は以下のとおりです。

生活環境が変化するから

生命保険は、場合によっては数十年にわたる期間が長い金融商品です。長い間には、結婚や出産などのライフイベントや収入・支出の変化、経済的リスクの増減など、さまざまな変化があります。

このような環境の変化があった場合、生命保険の保障内容が加入した当時のままだと実情に合わなくなり、リスクをカバーできなかったり、逆に保障が過剰になり保険料の無駄が生じたりします。

保険商品が進化するから

以前生命保険に加入した際には、自分が望むリスクをカバーする保険商品がなかった場合でも、その後各保険会社が、自分のニーズにマッチした保険商品を発売することもあります。

払込期間中の解約返戻金額(注)を抑えることによって貯蓄性を高め、保険料を抑えた『低解約返戻金型終身保険』や、先進医療にかかる技術料を一定額まで保障する先進医療特約など、市場ニーズに応える形で発売された保険は少なくありません。

終身保険 一生のお守り - 特徴 | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

先進医療保険 | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

(注)解約返戻金額とは、解約した際に戻ってくる金額のことです。

見直すタイミング

生命保険の見直しはやみくもに行うのではなく、見直しが必要になったタイミングで行います。具体的には以下の2つが見直しのベストタイミングです。

結婚出産などのイベント時

結婚や出産などのライフイベント時は、見直しの良い機会です。

結婚した時

結婚したら保障額の見直しをします。独身のときには、自分に万が一のことがあっても経済的に困る人はいない場合も多いですが、結婚すれば配偶者がその後生活していくための資金を準備しておく必要があります。

たとえば妻が専業主婦で夫に万が一のことがあれば、妻が少なくとも仕事を見つけて、収入を確保することができるようになるまでの資金は、準備しておく必要があります。

子供が生まれた時

自分に万が一のことがあっても子供が無事に成人するために、成人までの養育費を死亡保障として確保しておく必要があります。

また、将来子供が高校や大学に進学する際に困らないように、教育資金の積み立ても始めておきたいところです。

保険料の節約をしたい時

保険料の支払額を減らしたい場合も見直しのチャンスです。保険料を減らすためには、単純に保障を下げれば保険料も下がりますが、必要な保障はできれば確保しておきたいところです。

まずは保険料をどれだけ節約したいのかを決めて、次に必要な保障額を計算し直し、それに見合った保険に設計し直すという手順になります。

見直す際のポイント

生命保険を見直すにあたって、ぜひ念頭に置いておきたいポイントがいくつかあります。これらのポイントをしっかりおさえることで、生命保険の見直しの成否が決まります。

何のための保険かを考える

自分がこの保険に加入する意味は何なのかを、まずしっかり理解することが大事です。現在加入している保険の保険金額が仮に4,000万円だとすると、その4,000万円の根拠は何かということです。

保険の営業担当者から2、3通りの保険提案書を提示されて、その中で何となく選んだ結果が4,000万円の保険だというような、根拠があいまいな加入の仕方は賢明ではありません。

子供の教育資金や遺族の生活資金がいくらくらい必要かをよく考えましょう。また、もらえる遺族年金の総額から差し引きしていくらの保障が必要だというように、目的のある保険の設計が必要です。

無保険状態は避ける

生命保険の見直しを行う際、現在加入している保険の解約と新規保険の加入手続きを行うことも多いのですが、その際、必ず新規保険の加入手続きを先に完了してから、現在加入している保険の解約手続きを行うことが重要です。

先に現在加入している保険を解約してしまうと、万が一健康状態の問題などで新規保険に加入できない場合、無保険状態になってしまうからです。

営業担当者に騙されない

保険の営業担当者から保険の見直しの提案があった場合はよく検討しましょう。本当に必要な見直しであれば問題ありませんが、見直しの必要性があまりなくても、営業担当者は積極的に見直しを提案してきます。

たとえば、死亡保険金額も保険料もほとんど見直し前の保険と変わらずに、先進医療特約などの保障をつけられるという謳い文句で提案してくることがあります。

しかし、実は死亡保障の保険期間が30年から15年に短縮されていたり、終身保障の保険金額が小さくなったりしているといった大きなデメリットが隠れているケースもあります。

メリットしかないという見直しはありません。見直しの提案をされたらメリットの確認と同様、営業担当者に対してデメリットの確認も行うことが必要です。

まとめ

ライフイベントによって、必要な保障額・保障内容・保障の期間は変化します。それにもかかわらず、生命保険の見直しをせず放置しておけば、いざというときに保険があまり役に立たないものになってしまう可能性もあります。

せっかく毎月支払っている保険料が意味のあるものになるよう、必要なタイミングでしっかり見直しを行いましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • アフラックの保険について

    今は、老後にむけての貯蓄というのをメインな目的として、積み立て型の終身保険に入っています。今年、結婚することがきまったので、このいい機会に保険なども見直し...

    女性 / 大阪府 / 年収 1001万円以上 / 独身

  • ソニー生命の貯蓄型保険について

    現在は掛け捨ての死亡保険のみ加入していますが、 銀行に預けていてもお金は全く増えないので、保険でうまくお金を増やしながら保証も持つという良い方法は、あり...

    女性 / 沖縄県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供3人以上

  • 明治安田生命の生命保険について教えてください

    私は24歳で生命保険に入りました。 正直言いますと、入ったというより、入らされました。 私は、まだ死なないと思うので、生命保険は早すぎるのではないかと思っ...

    男性 / 東京都 / 年収 701-800万円 / 独身

  • お得な生命保険について

    お世話になります。私は、昨年郵便局のかんぽ生命で、生命保険に加入しました(商品名自体は、忘れてしまいました。)。その保険は、年間一括で10万円払い込み(毎...

    男性 / 埼玉県 / 年収 601-700万円 / 既婚

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険