保険

生命保険に掛け捨て型で加入中。解約する場合の注意点を解説

生命保険の掛け捨て型に加入している人で、そのメリットを把握せずに解約してしまうケースが少なくありません。安易な解約によって損をしないように、掛け捨て型の特徴や解約時の注意点ついて、わかりやすく解説します。

解約しても何も戻ってこない

生命保険には『積み立て型』と『掛け捨て型』があります。それぞれ読んで字のごとく、『積み立て型』はお金が貯まるタイプ、『掛け捨て型』は貯まらないタイプです。

解約時に入るお金は解約返戻金

生命保険では、お金を手にする主な場面が5つあります。

  • 死亡・高度障害状態になったとき(死亡・高度障害保険金)
  • 入院・手術したとき(入院・手術給付金)
  • 保険が満期になったとき(満期保険金)
  • 個人年金保険で年金支払が開始した時(受取年金)
  • 保険を解約したとき(解約返戻金)

5つめの解約返戻金は、解約時に払い戻されるお金です。解約返戻金の金額は、保険を解約する時点でいくらお金が貯まっているかによります。

掛け捨て型に解約約返戻金はない

定期保険に代表される掛け捨て型の保険には、残念ながら解約返戻金はありません。掛け捨て型の保険になぜ解約返戻金がないのかという理由は、その保険料の仕組みにあります。

掛け捨て型の保険の保険料は、『死亡保険料』と『付加保険料』に分かれます。死亡保険料は、死亡保険金の支払いに使われるもので、付加保険料は一言で言えば保険会社の経費です。

そして、積み立てにまわる『生存保険料』が、掛け捨て型にはありません。つまり、解約をした時点で、保険会社から保険契約者に返還するお金は、その保険には残っていないことになります。これが掛け捨て型には解約返戻金がない理由です。

掛け捨て型は損というわけではない

掛け捨て型は損だという意見も耳にしますが、実は掛け捨て型にもメリットはあります。

保険料が安い

前述のとおり、掛け捨て型には『生存保険料』がない分、保険料が割安になっています。

掛け捨て型の定期保険と、積み立て型の終身保険と比べてみましょう。30歳男性が1000万円の60歳満了定期保険と60歳払済終身保険に加入した場合、定期保険の月払保険料は終身保険の約1/10程度で済みます。

オリックス生命保険料シミュレーション

保障がシンプルで分かりやすい

貯蓄性が一切なく、単純に必要な保障額と保障期間だけを考えて加入すればよいため、大変シンプルなのも掛け捨て型保険の大きなメリットです。

とくに、ライフプランに基づく必要保障額をカバーするための保険としては、保険料と保障額・保障期間だけが検討要因である定期保険は、大変利用しやすい保険です。

こんな時に掛け捨て型がおすすめ

自分に万が一のことがあった場合、遺族の生活資金準備と子供の教育資金確保には、掛け捨て型は向いています。

子育て中は子供に関わる生活費が増え、それ以外になかなかお金をまわせないことも多く、保険料はできるだけ抑えたいところです。

このような場合、安い保険料で大きな保障を確保できる定期保険や、収入保障保険といった掛け捨て型保険が最適です。

解約する前に確認すること

やむを得ず解約する場合でも、解約する前に注意したい点があります。

本当に掛け捨て型なのか確認

現在加入している保険は掛け捨て型だと思っていたが、担当者に確認して保険証券をよく見てみたら、実際には積み立て型だった、あるいは、積み立て型と掛け捨て型のセットだったということもあったりします。

保険料の支払いが困難な場合、もし加入している保険が積み立て型であれば、解約する以外にも、以下のように保険料の支払額を抑える方法があります。まずは本当に掛け捨て型なのかを確認しましょう。

払い済みにする

『払い済みにする』とは、保険料の支払いを中止し、解約返戻金を保険料の支払いに充てる制度です。保障額は下がるものの、保障を継続することが可能です。

契約者貸付

その保険で貯まっているお金(解約返戻金)の8割~9割(保険会社によって異なります)を上限として、保険会社から貸付を受けられます。

貸付なので金利はかかりますが、借りたお金で保険料を支払えば、ひとまず保険は有効に継続します。

乗り換える場合は加入の後に解約

保険の見直しをする際には、現在加入している保険の解約と、新規の契約の順番を間違えないことが重要です。

新規の保険契約が成立する前に、現在加入している保険を解約してしまうと、健康状態などの問題で、万が一新規の保険に加入できない場合、保障がゼロになってしまうからです。

保険の申込、診査(医師による健康状態のチェック)、保険料の支払いが完了した後、保険会社から契約成立の連絡があるので、現在加入している保険の解約は必ずその後に行うようにしましょう。

まとめ

掛け捨て型の生命保険は解約返戻金がないため、損に思いがちですが、保険料が安いので、貯蓄は必要なく保障だけが一定期間必要だという人に向いている保険です。

また、解約返戻金がないことから、積み立て型のように解約のタイミングによって異なる解約返戻金の返戻率など気にすることなく、いつでも解約することができます。自分の目的・必要性と照らし合わせて、解約するかどうかを決めましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「保険に関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。