1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 最適な医療保険を比較して子どもの命を救う。必要性について解説

最適な医療保険を比較して子どもの命を救う。必要性について解説

けがや病気のとき、医療費やその他の費用の助けとなるのが医療保険です。ある程度の年齢になると加入を考える人が多いですが、子どもには医療保険は必要なのでしょうか。子どもの医療保険の必要性と、子ども向け商品の比較について紹介します。

この記事の目次

子ども向け医療保険は加入するべき?

子どもの医療費について大人と違うところは、公的な医療助成制度が充実している、という点です。例えば小学校入学前の乳幼児は『乳幼児医療費助成制度』が適用され、医療費はかかりません。

また、自治体によっては『子ども医療費助成制度』などがあり、小学生や中学生などでも医療費がかからない場合があります。子どもの医療費はこのように公的制度が充実していますが、それでも医療保険は必要なのでしょうか。

医療費の負担額と保険料を比較

子どもの医療保険について考えるには、医療費の負担額と医療保険に支払う保険料を比較して、必要性を判断する必要があります。

そもそも助成制度があって医療費がかからないのであれば、子どもの医療保険など必要ないと考える人もいるかもしれません。しかし、助成制度で負担してもらえるのは、通院・入院の医療費と薬代のみで、入院時の個室の差額ベッド代などは自己負担です。

子どもの場合、年齢によっては親の付き添いも必要になるので、医療費以外の入院費用もかさみます。このようなときの補助的な意味で、医療保険を利用するのがおすすめです。

子どもの将来を考えて加入しよう

医療保険に加入する際は、加入時の健康状態の申告が必要です。このとき、過去の病気などによっては、医療保険への加入が認められないケースがあります。

子どもはよく病気やけがをしますが、入院が必要なほどの状況になることはそれほど多くありません。しかし、これから先、大病を患う可能性もあります。万が一のことがあった場合、大人になってからでは医療保険に加入できなくなってしまうのです。

子どものうちから医療保険に加入しておけば、それをそのまま継続できます。今差し迫った必要性がなくとも、子どもの将来を考えて加入しておくというのも一つのやり方です。

保険に加入するためのポイント

子どもの医療保険への加入を検討する際、チェックしておきたいポイントを紹介します。

家計の負担になっていないか

月々の保険料の支払いが家計の負担にならないか、シミュレーションしておきましょう。保険は万が一に備えるためのものですが、それが日々の生活を圧迫するようでは問題です。

子どもの医療保険の月々の保険料は、それほど高くありません。しかし、毎月払うものですので、年間にするとそれなりの金額にはなります。継続して支払うものなので、チェックしておきましょう。

保険金の支給額

どのようなときに、いくらの保険金が支給されるかをチェックしましょう。保険金は支給されるのに条件などがあるので、複数の商品で比較が必要です。

入院や通院時の保険金額や、入院の何日目から保険金が支給されるのかなどを比較してください。

医療以外の保障

子どもの医療保険には、医療以外の保障が充実している商品もあります。特に、注目しておきたいのが、『個人賠償責任補償』です。

個人賠償責任補償とは、第三者にけがをさせたり、物を破損したりした場合の補償を指します。自転車に乗っていて、誰かにぶつかりけがをさせてしまった場合などの補償に利用できる保険です。

ただし、この補償を付ける際には、他の保険の特約についていないかチェックしておきましょう。自転車保険や自動車保険などの特約として、家族全員の個人賠償責任補償がついているケースがあります。

重複すると保険料の負担が大きくなってしまうので、あらかじめ確認しておいてください。

子ども向け医療保険の比較

子ども向け医療保険は、大人向けと同様に、共済や保険会社などからさまざまな商品が提供されています。子ども向け医療保険を比較してみましょう。

共済保険

こくみん共済やコープ共済では、子ども向け医療保険が提供されています。それぞれの特徴をみていきましょう。

こくみん共済のキッズタイプ

こくみん共済の『こどもの総合保障キッズタイプ』は、月々の保険料900円で入院日額5000円、事故による通院日額2000円が受け取れる保険です。加入は0~満14歳までですが、最高満18歳の契約満了日まで、保障は継続されます。

また、満18歳以降は健康状態にかかわらず、他のタイプの加入手続きができるので、将来的にも安心です。

キッズタイプ | 共済・保障のことなら全労済

コープ共済のジュニア20コース

コープ共済の『ジュニア20コース』は、月々の保険料は1000円で、支払われる保険金は、入院日額6000円、事故による通院日額2000円です。また、入院を伴わない、日帰り手術も給付の対象となっています。

満19歳まで加入でき、保障期間は満20歳の満期日までの保障です。契約満了後は、健康状態にかかわらず、別のコースが継続できます。

《たすけあい》|ジュニア20コース:特長|加入をご検討の方|コープ共済

アフラックのEVER

アフラックの『ちゃんと応える医療保険EVER』は、特に子どもに特化した保険ではなく、子どもから大人までを対象とした商品です。加入年齢や性別によって保険料は異なりますが、18歳未満の場合、月々850~1500円前後が中心となっています。

EVERは、5日未満の入院であれば一律5日分の入院給付金が受け取れますし、さまざまな病気やけがに対応できる特約をつけてカスタマイズできるのが特徴です。

公式サイトにはシミュレーターがあるので、加入を検討している人は一度保険料のシミュレーションを行ってみましょう。

通院ありプラン - ちゃんと応える医療保険EVER | アフラックの資料請求サイト

オリックス生命の新CURE

オリックス生命の『新CURE』も、子どもから大人までを対象とした医療保険です。月々の保険料は18歳未満の場合1000~1200円前後で1日につき5000円の入院給付金が受け取れます。

新CUREの特徴は、三大疾病に強いことで、三大疾病による入院に関しては、支払限度日数が無制限です。子どものころは意識することはないかもしれませんが、将来的なことを考えるとメリットの大きい保険といえるでしょう。

7つの特長 | 医療保険 新CURE[キュア] | オリックス生命の資料請求サイト

まとめ

子どもの医療保険は、現時点のことだけを考えれば必要性はあまり高くないかもしれません。しかし、子どもの将来を考えたとき、子どものころから加入しておくことによって、先々のリスクを減らすことにもつながります。

子ども向けに特化した医療保険や、全年齢対象の保険などの保障内容や保険料を比較し、子どもに最適な医療保険を選択しましょう。

医療保険の比較ポイントとは。ケース別におすすめの保険を紹介

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命のみらいのカタチ

    みらいのカタチに加入し、死亡保険金1500万です。死亡保険金より入院手術の補償を手厚くしてほしいです。しかしそれが本当にいい事なのかも不安です。 理由とし...

    女性 / 岩手県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • 今の保険で良いのか検討しています

    現在、医療保険に死亡保険が付いている保険を契約しています。 掛け金と保障内容も代理店経由のため問題ないと思ってはいますが、保険会社のCMなどで別の保険の事...

    男性 / 島根県 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供2人

  • 保険のかけ方について教えてください

    現在、夫は死亡保険のみ、本人は医療保険、女性特有がん保険の二つ、すべて掛け捨ての契約をしています。子供が二人おり、将来を補完できるよう、まんべんなく押さえ...

    女性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険