1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の貯蓄型の保険料の相場。掛け捨て型よりも割高になる

がん保険の貯蓄型の保険料の相場。掛け捨て型よりも割高になる

万が一のがんに備えるがん保険には、掛け捨て型と貯蓄型の2種類があります。契約前にそれぞれの特徴を知ったうえで、自分に合った保険を選ぶのがおすすめです。二つのタイプの相場比較や、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

この記事の目次

がん保険は掛け捨て型と貯蓄型がある

『がん(悪性新生物)』は、長年日本人の死因のトップとなっています。それだけがんにかかる人が多いことを考えると、がん保険などで万が一に備えておくことも大切です。

がん保険に限らず保険を選ぶときには、保障内容や保険料などさまざまな項目を比較します。その中でも、『掛け捨て型』と『貯蓄型』の比較は重要なポイントです。それぞれのタイプの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。

性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

掛け捨て型のメリットとデメリット

満期・解約などの際に、お金が戻ってこないのが掛け捨て型です。

比較的保険料が安いため、月々の負担を少なくして必要な保障を受けられます。掛け捨て型は、提供されている商品の数が多いため、自分に合った商品を選びやすいのもメリットです。

しかし、がんにかかるなど給付金の支払い対象となる条件を満たさない限り、お金は戻ってきません。解約してもそれまで支払った分は返ってこないので、その点がデメリットといえます。

貯蓄型のメリットとデメリット

がんにかかった場合に備えながらお金を貯められるのが、貯蓄型のメリットです。がんにかからなくても生存給付金や解約返戻金など、なんらかの形でお金を受け取れます。

しかし、一般的に掛け捨て型よりも保険料が高くなるのがデメリットです。またお金が戻ってくるといっても、ほとんどの場合はそれまでに支払った保険料全額は戻ってきません。

保険商品にもよりますが、解約時期によってはかなり返戻率が悪くなるので、解約時期も考える必要があります。保険の見直しを気軽にできなくなるのも、デメリットの一つです。

貯蓄型がん保険で気を付けたいこと

貯蓄型は、掛け捨て型と比べてどのような点に注意すべきでしょうか。貯蓄型を利用する際に、気を付けたいポイントを紹介します。

一生涯保険料を払わないといけない

貯蓄型のがん保険の場合、一生涯保険料を払い続けなければいけません。保険料の支払いをやめるには解約するしかなく、解約返戻金は受け取れますが、その時点で保障は消滅します。

一方、掛け捨て型では払込期間を60歳満了などに指定できる商品があり、払込期間が過ぎれば以降の支払いは必要ありません。保険料は60歳までで支払いを完了し、一生涯がんに対する保障を受けることができるのです。

老後に毎月の保険料を支払うのは、負担が大きくなる可能性があるので、貯蓄型の場合は払い続けられる金額かを検討しておく必要があります。

保険料免除特約を付けることができない

ほとんどの場合、貯蓄型がん保険では保険料免除特約を付けることができません。保険料免除特約とは、決められた条件を満たしたとき、以降の保険料の支払いが免除される特約のことです。

条件は各商品によって異なりますが、がん保険の場合、がんと診断されたら以降の保険料の支払いが免除になるケースがあります。しかし、この特約が付けられないと、がんと診断された後も保険料の支払いが必要となるのです。

早期解約は損をする可能性が高い

解約時に返戻金としてどのくらい戻ってくるかは、商品によって差があります。しかし、加入からしばらくの間は、契約期間が長いほど返戻率が高くなるのが一般的です。

契約後、早期に解約するとかなり返戻率が低くなるため、損をする可能性が高くなります。また、年齢によってがんの発症率が上がることから、契約してから期間が経過すると、年齢が上がるにつれて返戻率が下がるケースも少なくありません。

貯蓄型がん保険の相場

貯蓄型がん保険は、どのような要素に影響を受けて保険料が決まるのでしょうか。掛け捨て型との比較や、相場に関係する要素について紹介します。

貯蓄型は掛け捨て型よりも相場は高い

同じ保障内容で比較した場合、一般的に貯蓄型は掛け捨て型よりも相場が高くなります。保障に対する保険料に貯蓄分がプラスされるので、相場が高くなるのは当然でしょう。

しかし、1カ月や1年という短いスパンで見ると貯蓄型は高いですが、長いスパンで考えると積み立てた分は戻ってくるので、保険料の総支払額は少なくなる可能性もあります。

契約年齢や保障内容で相場は変わる

他の保険と同様に、保険料の相場は契約年齢や保障内容によって変わります。がんは、年齢が上がるにつれて罹患率も上がるため、契約年齢が高くなると保険料は高くなるのが一般的です。

また、どのような保障を付けるかによって、相場は大きく異なります。がん保険の相場に大きな影響を与えるのが、次の三つの給付金の有無と金額、支払い条件です。

  • がん診断給付金
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金

その他、カバーしているがんの種類、先進医療特約の有無なども相場に影響を与えます。

まとめ

がん保険には、掛け捨て型と貯蓄型の二つのタイプがあります。貯蓄型は、がんに備えながら貯蓄ができるのがメリットですが、保険料が高く、契約途中で保険の見直しをしにくいのがデメリットです。

がんの発症率は年齢と共に変わるので、保険料の相場は契約時の年齢や保障内容で異なります。保険料・保障内容に加え、貯蓄型の場合は解約返戻金などもしっかり比較して、自分の希望やライフスタイルに合った保険を選びましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 毎月の保険料を安くしたいと思うのですが。

    現在加入している医療保険は終身タイプです。 60歳で支払いが終わるよう設定しましたが、毎月の保険料を安くしたいと思い、支払い期間を伸ばそうと考えましたとこ...

    女性 / 兵庫県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

  • 日本生命/みらいのかたち

    保険料が下がっても万が一の入院に十分に備えられる保険について考えています。以前、親が入院した際、入院にかかる費用の他に家族も結構お金を使うものだなと実感し...

    女性 / 茨城県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

  • アフラックの死亡保険について教えてください

    母の勧めで現在アフラックに加入している30代主婦です。質問なのですが、死亡保険契約者が死亡した場合どれくらいの期間のうちに連絡をしなければお金はおりないの...

    女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険