1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の貯蓄型。特徴や利点、欠点をやさしく解説します

がん保険の貯蓄型。特徴や利点、欠点をやさしく解説します

がん保険の貯蓄型とは、どのようなものなのでしょうか。本記事では、がん保険の貯蓄型の特徴や利点、欠点についてやさしく解説します。また、掛け捨て型との違いや、貯蓄型と掛け捨て型のどちらを選ぶとよいのかについても知っておきましょう。

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、保険新規・見直しサービス

この記事の目次

がん保険は2種類ある

がん保険とは、がんの治療によって発生した費用の保障を受けるための民間の保険です。主な保障内容として、以下のようなものがあります。

種類 詳細
診断給付金 ・がんと診断を受けた場合に支給される給付金
・1回あたり100万~200万円程度支払われるのが一般的
入院給付金 ・治療のために入院した場合に支給される給付金
・日額5000円など、入院1日あたりに対して支給される
通院給付金 ・通院治療を受けた場合に支給される給付金
・日額5000円など、通院1回あたりに対して支給される
手術給付金 ・手術治療を受けた場合に支給される給付金
・入院給付金日額の10倍・20倍などの金額になるのが一般的

また、がん保険には、『掛け捨て型』と『貯蓄型』があります。自分に合ったものを選べるよう、それぞれの違いを理解しておきましょう。

掛け捨て型

掛け捨て型とは、保険を解約したときや保障期間が満期を迎えたときなどに、解約返戻金(かいやくへんれいきん)や満期保険金の支払いがない保険のことです。

  • 解約返戻金:保険を解約した際に、それまで払い込んだ保険料や契約期間などに応じた金額が払い戻されるもの
  • 満期保険金:保障期間が満期を迎えた際に、被保険者(保険対象者)が生存していた場合に支払われるもの

貯蓄型

貯蓄型とは、保険を解約したときや保障期間が満期を迎えたときなどに、解約返戻金や満期保険金が支払われる保険のことです。

解約返戻金の取扱いによって、『従来型』『低解約返戻金型』『無解約返戻金型』に分かれます。

種類 詳細
従来型 ・解約時の条件に応じた解約返戻金が支払われる
低解約返戻金型 ・従来型の70%程度の解約返戻金が支払われる
・払込満了後は解約返戻金が増額する商品が多い
無解約返戻金型 ・解約返戻金なし

基本的に、契約期間が長く、払込保険料が多いほど解約返戻金額が高くなります。短い契約期間で解約した場合、解約返戻金がほとんど受け取れないこともあるので注意しましょう。

掛け捨て型がん保険の特徴

掛け捨て型がん保険には、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • 保険料が安い
  • 商品数が豊富で、最新の治療傾向に合わせた商品が多い
  • 解約返戻金や満期保険金を考慮せずに解約できるため、見直しがしやすい

掛け捨て型の大きなメリットは、保険料が安いことです。月々数百円程度で済むこともあるので、医療保険の補助的な役割でがん保険に加入したいときにも利用しやすいでしょう。

デメリット

  • 年齢が上がるほど保険料が高くなるため、高齢になってから契約または更新すると保険料が高額になる
  • 保障を利用しなかった場合は保険料が無駄になる

掛け捨て型は年齢に比例して保険料が高くなるのが特徴です。そのため高齢になってから契約すると、保険料が高くなることがあります。

また、商品によっては、満期を迎えたときに更新できることもあります。しかし、更新するとその時点の年齢に応じた保険料に引き上げられ、保険料が高額になる可能性があるので注意が必要です。

貯蓄型がん保険の特徴

貯蓄型がん保険のメリット、デメリットも知っておきましょう。

メリット

  • 解約返戻金や満期保険金が支払われるため、資金調達に役立つ
  • 保障を利用しなかった場合でも、保険料が全額無駄になることがない
  • 『契約者貸付(※)』が利用できることがある

貯蓄型の最大のメリットは、解約返戻金や満期保険金があることでしょう。計画的に解約すれば、解約返戻金によって必要資金を確保できます。

また、子どもの進学や定年などのタイミングに合わせて満期をして、満期保険金も計画的に活用することが可能です。

(※契約者貸付とは、がん保険から支払われる解約返戻金から、一定範囲内でお金が借りられる制度のことです。通常のローンよりも利息が安いほか、お金に余裕ができたときなど、自由なタイミングで返済できるというメリットがあります)

デメリット

  • 解約返戻金や満期保険金が支払われる分、保険料が高くなる
  • 解約返戻金や満期保険金を考慮しなければならないので、見直ししにくい
  • 短い契約期間で解約すると、解約返戻金が少なく損をすることがある

貯蓄型は、解約返戻金や満期保険金分が保険料に含まれるため、月々の支払額が高くなります。ただし、生涯通して保険料が一定であるため、高齢になってからは定期型よりも保険料が安くなることもあるでしょう。

また解約する際には、解約返戻金や満期保険金を考慮する必要があるので、気軽に掛け替えがしにくい点もデメリットといえます。

保障期間の違いで2つに分かれる

がん保険は、保障期間の違いによっても『定期型』と『終身型』の2つに分けられます。

定期型がん保険

定期型とは、契約時に契約期間を指定し、その期間内のみ保障を受ける保険のことをいいます。契約期間は、『年満了(ねんまんりょう)』か『歳満了(さいまんりょう)』のいずれかから設定するのが一般的です。

  • 年満了:10年満了・20年満了など、年数で契約期間を指定する
  • 歳満了:60歳満了・70歳満了など、年齢で契約期間を指定する

定期型がん保険は掛け捨て型のことが多く、保険料が安い傾向にあります。

終身型がん保険

終身型とは、被保険者が死亡するまで、生涯保障が続く保険のことをいいます。終身型は、保険料の支払い方法を以下の3種類から選択できるのが一般的です。

  • 終身払い:加入期間中、ずっと保険料を支払い続ける方法
  • 短期払い:年数や年齢で保険料の払込期間を指定して、その期間内に保険料を払い終える(払込満了)方法
  • 一時払い:保険料全額を、一括で払い込む方法

短期払いや一時払いを選択すると、保険料の割引が受けられることがあるので、資金に余裕がある場合は短期払いや一時払いを検討してみるとよいでしょう。

貯蓄型がん保険は終身が基本

貯蓄型がん保険は、終身型になるのが基本です。ただし、すべての終身型がん保険が貯蓄型になるわけではありません。無解約返戻金型の商品も多いので、解約返戻金についてよく確認しておきましょう。

掛け捨て型と貯蓄型どちらがよいのか

掛け捨て型と貯蓄型、どちらを選ぶとよいのでしょうか。

掛け捨て型がん保険が向いている人

以下のような人は、掛け捨て型がん保険が向いています。

  • 子どもが大きくなるまでなど、一定期間のみ手厚く備えたい人
  • なるべく保険料を抑えたい人
  • 最新の治療傾向に合ったがん保険に加入したい人
  • 結婚や出産、住宅購入など、ライフスタイルが大きく変化する予定がある人

貯蓄型がん保険が向いている人

貯蓄型がん保険に向いているのは、以下のような人です。

  • とにかく保険料を無駄にしたくないという人
  • 金融機関などでの貯蓄以外の手段で資金を確保しておきたい人
  • がん保険を資金調達に役立てたい人
  • 保険料の払込方法を指定して、保険料の割引を受けたい人

どちらがよいかはライフプランによる

掛け捨て型と貯蓄型のどちらがよいかは、人それぞれのライフプランによります。

例えば、1年後に結婚する予定がある場合、状況に合わせて保険を掛け替えることもあるでしょう。せっかく貯蓄型に加入してもすぐに掛け替えることになり、損をする可能性があるため、定期型で様子を見たほうがよいといえます。

50代目前でがん保険に新規加入する場合、定期型では高齢になったときに更新を迎え、保険料が高額になるかもしれません。この場合は、貯蓄型の終身型がん保険に加入したほうがよいでしょう。

このように、人それぞれのライフプランや条件によって、選ぶべきがん保険は異なるのです。自分のライフプランや条件をよく考え、適切な商品を選びましょう。

おすすめの貯蓄型がん保険ランキング

ここでは、おすすめのがん保険を紹介します。

東京海上日動あんしん生命がん診断保険R

東京海上日動あんしん生命の『がん診断保険R』は、払い込んだ保険料のうち、使わなかった分が全額リターンされるがん保険です。

例えば、70歳まで保障を一切受けなかった場合、払込保険料全額が『健康還付給付金』として払い戻されます。保障を利用した場合でも、払込保険料から給付金額を差し引いて残額がある場合は、その差額が健康還付給付金として払い戻されるのです。

がん診断保険R | がん保険 | 東京海上日動あんしん生命保険

ソニー生命保険がん保険

ソニー生命保険のがん保険は、担当者との面談によってオーダーメイドの保障プランを組み立てることが可能です。従来通りの解約返戻金を受け取れるようにしておくか、低解約返戻金特則を付加して保険料を抑えるかが選択できます。

また、多くのがん保険には死亡保障が付いていないため、死亡保障が必要な場合は、別で生命保険などに加入しなければなりません。しかし、ソニー生命保険のがん保険は死亡保障も付加できるため、別途生命保険に加入する必要がなくなります。

がん保険 | ソニー生命保険

がん保険ではなく終身保険で貯蓄性を追求

がん保険ではなく、終身型の死亡保険(※)で貯蓄性を追求するのもひとつの方法です。

(※死亡保険とは、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険のことをいいます)

アフラック終身保険

アフラックの『かしこく備える終身保険』は、低解約返戻金型の終身型死亡保険です。死亡保険金額200万円での契約の場合、30歳男性で3000円程度の比較的安い保険料で加入できます。

さらに、タバコを吸わない人には『ノンスモーカー割引特約』があるため、より保険料を抑えることが可能です。

かしこく備える終身保険:特長、保険料例|保険・生命保険はアフラック

まとめ

がん保険の貯蓄型とは、解約返戻金や満期保険金が支払われるがん保険のことです。まとまった資金が必要なときに計画的に解約したり、定年などの年齢に満期を設定したりすることで、資金の確保に役立ちます。

ただし、解約返戻金や満期保険金の積立分が保険料に上乗せされるため、保険料が高くなるほか、掛け替えがしづらいなどのデメリットもあるので、加入は慎重に検討しましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 県民共済/ 医療保険

    保険には以前から興味があり、医療保険とがん保険など時々見直していたりします。積み立てタイプのもありますが、実際には掛け捨てタイプとどちらが 保障は手厚いの...

    女性 / 岐阜県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • アフラックの医療保険について教えてください

    知人がアフラックの代理店をしていたので独身時代に医療保険は働けないときにお給料かわりにもなるから、と特約をたくさん付けて加入しました。結婚後生活費を見直す...

    女性 / 長野県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

  • ソニー生命の学資保険

    学資保険はこのまま続けるべきか?現在小学生ですが、学力的にも大学に進学するよりは、違った選択をする可能性もあると思い始めています。また現在の仕事はリストラ...

    男性 / 兵庫県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 56日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり