1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険のおすすめの選び方女性編。年代別にやさしく解説します

生命保険のおすすめの選び方女性編。年代別にやさしく解説します

生命保険は年代や性別、家族構成などによって選ぶべき商品や保障内容が異なります。本記事では、女性が生命保険を選ぶときのポイントを、年代別に解説するとともに、種類や年代別のおすすめの生命保険についても紹介します。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで人気の保険の相談サービス

この記事の目次

生命保険の種類は3つ

生命保険とは、被保険者(保険の対象者)が死亡した際に、死亡保険金が支給される民間保険のことです。

世帯主が死亡すると、遺された家族の生活費が足りなくなったり、教育費が足りなくなったりと、金銭的な問題が生じる可能性があります。

そのような事態から家族を守るための保険が生命保険です。まとまった額の死亡保険金が支給されれば、当面の生活費や教育費が確保できます。生命保険には様々な商品がありますが、保障期間などによって大きく3種類に分かれます。

終身保険

終身保険とは、被保険者の死亡時まで、生涯保障が継続される生命保険のことです。保障内容によって、『普通終身保険』『定期付終身保険』『連生終身保険』の3つに分かれます。

種類 詳細
普通終身保険 一般的な終身保険。被保険者の死亡時の年齢にかかわらず、同額の死亡保険金が支給される
定期付終身保険 定期特約つきの終身保険。定期特約の満了まで、終身分に定期分が上乗せされた死亡保険金が支給される
連生終身保険 夫婦の生命保険を1つにまとめた終身保険。別々に加入するよりも保険料が安くなる

また、終身保険は解約時に解約返戻金(かいやくへんれいきん※)が支払われるなど、貯蓄性を持つ商品が多いという特徴があります。

(※解約返戻金とは、保険を解約した際に契約状況に応じて算出されたお金が支払われるものです)

終身保険 | ソニー生命保険

定期保険

定期保険とは、契約時に設定した年数、あるいは年齢までの間だけ保障が受けられる生命保険です。

定期保険は解約時にお金が支払われない『掛け捨て型』というタイプの商品が多く、その代わり保険料が安く抑えられるという特徴があります。

定期保険の中には、保障期間終了時に契約更新できるものがありますが、契約更新すると保険料が上がる可能性があります。

生命保険は、年齢が上がるほど病気や死亡のリスクが上昇することことから、年齢に応じて保険料が高くなるのが一般的です。

契約更新時の年齢が高いと、保険料が想像以上に高額になる可能性もあるので注意しましょう。

定期保険 | ソニー生命保険

養老保険

養老保険とは、死亡保障と老後資金用の貯蓄を並行して確保できる生命保険です。定期保険と同じく年齢や年数で保障期間を設定し、保障期間終了時に支払われる満期金を老後資金に充てることを目的としています。

また、保障期間内に被保険者が死亡した場合は、死亡保険金が支払われるため、死亡保障も同時に確保できます。

保険料に貯蓄分が加算されるため、保険料が高いですが、将来の資金と保障を同時に用意できるというメリットは大きいでしょう。

なお、子どもの教育資金を用意するための『学資保険』は、養老保険と同じ仕組みになっています。

明治安田生命 | 養老保険

学資保険・学資プランのことなら学資金準備スクエア|ソニー生命保険

20代女性の生命保険の選び方

ここからは、生命保険の選び方を年代別に解説します。まずは、20代女性の生命保険の選び方です。

結婚が保険に加入するきっかけ

20代では、結婚が生命保険に加入するきっかけとなる人も多いでしょう。配偶者も20代であれば、まだお互いに収入や貯蓄が少なく、2人の収入で生活が成り立っていることも多いものです。

そのため、自分に万が一のことがあると、配偶者に金銭的な負担がかかる可能性があります。死亡後の葬儀や引っ越しなどの費用が出せるぐらいの死亡保険金があると安心です。

20代は、出産などのライフスタイルが変わる出来事が起こる可能性が高いため、保険料が安く見直しやすい定期保険に加入するとよいでしょう。

独身の場合は、死亡保険金はあまり必要ありません。それより、高額な医療費がかかった場合に対応できるよう、医療保障を充実させましょう。

おすすめはアクサダイレクトの定期保険2

アクサダイレクト生命の『定期保険2』であれば、20歳で最安プランに加入した場合、月々395円という安価な保険料で生命保険に加入できます。

また、死亡保険金額を500万~1億円の範囲で設定できるので、共働きや専業主婦、子どもがいるなど、どのような条件でも対応しやすいでしょう。

定期死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

30代女性の生命保険の選び方

30代女性は、どのような生命保険を選ぶとよいでしょうか。

独身か既婚、子どもで変わる加入プラン

30代は、独身・既婚・子どもの有無で必要な保障が異なります。独身の場合は、20代のときと同じく、死亡保険金がそれほど重要ではありません。最低限の保障のみ確保しておき、医療保障を充実させましょう。

既婚の場合は、夫が専業主夫、あるいは自分の収入で生活が成り立っているのであれば、それなりの死亡保険金が必要です。しかし、夫が働いている場合は、葬儀代などが確保できれば充分でしょう。

子どもがいる場合は、夫の生命保険の保障内容も考慮しつつ、子どもの教育費などが確実に確保できるように備えることが大切です。

定期保険も有効に活用する

30代女性が生命保険を選ぶときには、これからのライフプランを明確にし、定期保険を有効に活用しましょう。

30代である程度のライフプランが決まっている場合は、終身保険がおすすめです。年齢が若く、保険料が安く済むうちに将来の保障を確保できます。

しかし、仮に数年後にマイホーム購入の予定があるとしたら、住宅ローン契約時に団体信用生命保険(※)に加入する可能性が高くなります。

そうなると、それまで加入していた終身保険を見直したり、解約したりすることになるため、定期保険に加入したほうがよいのです。

このように、これからのライフプランによって向いている生命保険が変わるため、生命保険を選ぶ前にライフプランを立てることが重要です。

(※団体信用生命保険とは、被保険者の死亡時に、死亡保険金によって住宅ローンの残額が弁済される生命保険です)

おすすめはオリックス生命定期保険Bridge

30代女性におすすめなのは、オリックス生命の『定期保険Bridge』です。保険金額と保障期間を細かく設定できるため、ライフプランに合わせやすいという特徴があります。

ネット申し込み限定で、申し込み時に医師の診査も不要なので、保険料が安く、申し込み手続きも手軽である点もメリットといえるでしょう。

死亡保険(定期保険)Bridge[ブリッジ]|オリックス生命保険株式会社

40代女性の生命保険の選び方

ここでは、40代女性の生命保険の選び方を解説します。

終身保険で死亡保障を多めにつける

40代は終身保険に加入するとよいでしょう。定期保険でも40代頃からはそれなりの金額になる可能性が高くなります。高い保険料を支払うのであれば、生涯保障が確保できる終身保険のほうがよいでしょう。

また、子どもがいる場合は、死亡保障を多めにつける必要があります。40代からは、子どもの教育費が大幅に上がるためです。(総務省統計局『2017年・家計調査(2人以上の世帯)』より)

年齢(歳) 教育関係費(円)
~34 1万147
35~39 1万8945
40~44 3万376
45~49 4万8052

妻の死亡後に、夫が家事や仕事をすべてこなし、教育費の増加に対応するのは大変なので、家事代行の費用や教育費を捻出できるようにしておくと安心です。

家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表 年次 2017年 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

女性保険への加入も検討する

40代女性は、女性保険への加入も検討しましょう。女性保険とは、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気への保障が手厚い保険のことです。

乳がんや子宮がんは、40代頃から罹患率(病気にかかる確率)が高くなります。全日本病院協会の『医療の質の評価・公表等推進事業』によると、乳がんにかかった場合の1入院あたりの平均医療費は、『72万1921円』です。

公的医療保険によって3割に軽減されても『21万6576円』かかるほか、通院や入院準備、入院中の食事代など、その他の費用もかかります。

女性保険に加入していると、こういった費用の保障が受けられるため、金銭的な負担を軽減できます。

【女性のがん】 近年、若い女性に急増している「乳がん」と「子宮がん」 | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会
医療費:医療の質の評価・公表等推進事業:病院運営支援事業 – 全日本病院協会

おすすめはオリックス生命終身保険RISE

40代女性におすすめなのは、オリックス生命の『終身保険RISE』です。保険料の支払い期間中の解約返戻金を少なくすることで、保険料が安く抑えられています。

保険料の支払いが終了すれば解約返戻金が増えるほか、所定の介護状態になった場合に保険金が支払われるため、老後の保障も確保できます。

終身保険RISE[ライズ]|オリックス生命保険株式会社

50代女性の生命保険の選び方

50代女性は、何を基準に生命保険を選ぶとよいのでしょうか。

子育てが一段落なら保障は控えめで良い

子どもが独立し、子育てが一段落したのであれば死亡保障は控えめにして、これから先の老後資金や医療費などに備えることが重要です。できるだけ保険料は抑えて、余裕が出た分を貯蓄に回すとよいでしょう。

ただし、50代で定期保険に加入すると、老後に契約更新することになり、保険料が高額になるリスクがあります。そのため、終身保険に加入するのがおすすめです。

可能であれば、50代のうちに保険料を払い済みにしておくと、年金生活が始まったときに生命保険の保険料が家計の負担になることがなくなります。

おすすめはアクサダイレクトの終身保険

アクサダイレクト生命の『終身保険』は、何歳で加入しても保険料が割安で貯蓄性もある、50代女性におすすめの生命保険です。

死亡保険金額が200万~4000万円の間で設定できるので、子育てが一段落して死亡保障を控えめにしたい人でも利用しやすいでしょう。

終身死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

まとめ

女性が生命保険に加入するときは、年代や家族構成、これからのライフプランなどに合った商品を選ぶことが大切です。自分の状況をしっかり把握して、生命保険の種類や保障内容を決めましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 日本生命の保険の質問

    若い時に入った方がいいと言われて入った。でも何年かすると保険会社の人がきて「変わるなら今ですよ」とかなんだかんだ言ってうちに来る。来たらなんとか見直しをし...

    女性 / 愛知県 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

  • 日本生命の積み立てに関して

    積み立てをしていますが、本当に積み立てをしていて満期になったときにきちんと降りてくるのかが心配です。 私は、年金などの積み立てもしていますが、将来自分が働...

    女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり