1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 医療保険の貯蓄型とは?メリットとデメリットをわかりやすく解説

医療保険の貯蓄型とは?メリットとデメリットをわかりやすく解説

貯蓄型医療保険とはどのような医療保険なのでしょうか。掛け捨て型医療保険との違いや、貯蓄型のメリット・デメリットなどを理解し、自分に必要な医療保険を選べるようになりましょう。また、なぜ民間医療保険の必要性があるのかについても解説します。

この記事の目次

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガの治療にかかる費用の保障を受けるための保険です。医療保険には、『公的医療保険』と『民間医療保険』があります。

種類 詳細
公的医療保険 ・サラリーマンが加入する被用者保険(職域保険)、自営業者・サラリーマンOBなどが加入する国民健康保険(地域保険)、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度がある
・全国民に加入義務がある
・検査、手術、投薬などの直接的な医療行為によって発生した費用のみが対象
民間医療保険 ・保険会社が販売している保険商品
・希望者が任意加入する
・商品によって保障内容が様々で、直接的な医療行為以外の費用も保障される場合がある

我が国の医療保険について |厚生労働省

医療保険が必要な理由

公的医療保険があるにもかかわらず、民間医療保険が必要な理由は、公的医療保険ではまかないきれない費用に対応するためです。

病気やケガの治療では、通院費や差額ベッド代(※)など、直接的な医療行為以外の費用が発生することがあります。これらの費用は公的医療保険対象外なので、すべて自費でまかなわなければなりません。

民間医療保険は、このような公的医療保険対象外の費用が発生した場合に備えることが目的で加入するものです。

(※差額ベッド代とは、1~4人の個室、あるいは少人数部屋に患者側の希望で入院した場合に、入院費とは別にかかる費用のことです)

医療保険を選ぶポイント

民間医療保険には様々な商品があります。その中から自分に合った医療保険を選ぶには、まず自分の状況や希望を明確することが大切です。

例えば、医療保険では契約時に入院給付金額などを設定しますが、必要な給付金額は経済状況などで変わってきます。

十分な貯蓄がある人は、それほど給付金額を高くする必要はないでしょう。しかし、貯蓄が少ない人や差額ベッド代の保障が欲しい人は、給付金額を高くする必要があります。

また、一定期間のみの保障と生涯保障のどちらを希望するのか、解約することになったときに少しでも保険料を取り戻したいのかなど、状況や希望で選ぶべき保険が異なります。

医療保険を選ぶときには、このように自分の状況や希望を洗い出し、それに合う商品を探しましょう。

医療保険は2つのパターンがある

民間医療保険には、『掛け捨て型』と『貯蓄型』の2つのパターンがあります。

掛け捨て型

掛け捨て型とは、解約時に保険料が戻ってこない医療保険のことです。また、掛け捨て型の多くは保険期間に制限がある定期保険になりますが、満期を迎えたときにも満期保険金(※)の支払いはありません。

そのため、保険を利用することがなければ支払った保険料が無駄になるというデメリットがありますが、その分、保険料が安いというメリットがあります。

また、商品数が多く、様々な種類の中から自分に合った商品を見つけやすいという点もメリットといえるでしょう。

(※満期保険金とは、保険期間の満期を迎えたときに被保険者が生存していた場合に支払われる保険金のことです)

貯蓄型

貯蓄型とは、解約時や満期を迎えたときに解約返戻金(かいやくへんれいきん※)や満期保険金が支払われる医療保険のことです。

保険会社によって保険料の一部が積み立てられ、解約時や満期時に払い戻される仕組みになっています。

また、商品によっては、所定の条件を満たした場合に、一定期間ごとにボーナスなどが受け取れる場合もあります。

(※解約返戻金とは、保険を解約したときに、それまで支払った保険料の総額や経過年月数に応じて支払われるお金のことです)

医療保険の貯蓄型は解約返戻金がある。解約時には注意点もある

貯蓄型医療保険のメリット

貯蓄型医療保険には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

保障に貯蓄性がプラス

貯蓄型医療保険は、医療保障に貯蓄性がプラスされている点が大きなメリットです。高額な医療費に備えつつ、まとまった資金が必要になったときは、保険を解約することで資金を確保できます。

また、満期保険金が支払われる貯蓄型医療保険であれば、子どもの進学時期などを満期に設定し、満期保険金を必要資金に充当することが可能です。

注意したい点は、解約返戻金が支払われる貯蓄型医療保険は、『従来型』『低解約返戻金型』の2タイプがあるということです。

従来型は払込保険料や契約期間に比例して解約返戻金が増えます。しかし、低解約返戻金型は保険料が払済になるまで解約返戻金が少ない期間が続くため、解約返戻金の金額に大きな差が出る可能性があります。

生命保険料控除で節税になる

貯蓄型医療保険に支払う保険料は『生命保険料控除』の対象なので、節税に役立ちます。生命保険料控除とは、民間保険に支払った保険料に応じた金額を所得(※)から控除することで、所得税や住民税を軽減できる制度のことです。

控除を受けるには、給与所得者は年末調整、自営業者は確定申告で控除額を申告しなければなりません。

生命保険料控除は税制改正によって旧制度と新制度に分かれています。2011年12月31日以前に加入した保険は旧制度、12年1月1日以後に加入した保険は新制度の対象で、控除額の計算方法が異なるため注意が必要です。

計算がむずかしい場合は、保険会社などがインターネット上で公開している控除額シミュレーターを利用するとよいでしょう。

(※所得とは、給与や報酬などの収入から、給与所得者は給与所得控除、自営業者は必要経費を差し引いて算出した金額のことです)

No.1140 生命保険料控除|国税庁
生命保険料控除額計算サポートツール│保険料控除べんりサイト│第一生命保険株式会社

保険料が戻ってくる

貯蓄型医療保険は掛け捨て型医療保険と違い、払込保険料が戻ってくるため、保険を利用しなかったとしても保険料が全額無駄になることはありません。

そのため、できるだけ保険料を無駄にしたくない人、掛け捨てに抵抗がある人に向いています。

ただし、支払った保険料が全額戻ることは少なく、保険料に上乗せされた貯蓄分から手数料などが差し引かれた金額が戻るのが一般的です。

貯蓄型医療保険のデメリット

貯蓄型医療保険のデメリットも知っておきましょう。

保険料が高い

貯蓄型医療保険は、保険料に貯蓄分が上乗せされています。そのため、掛け捨て型医療保険と比べて保険料が高くなるのがデメリットです。

ただし、商品の種類と保険料の支払い方によっては、支払保険料の総額を減らせる可能性があります。

例えば、多くの貯蓄型の終身医療保険では、『終身払い』『短期払い』『一時払い』などから保険料の支払方法を選ぶことが可能です。

  • 終身払い:保険契約が終了するまで保険料を支払い続ける
  • 短期払い:年数や年齢で保険料の支払期間を設定し、期間内に保険料を全額支払う
  • 一時払い:保険料全額を一括で支払う

このうち、短期払いや一時払いを選ぶと保険料が割り引きされ、支払保険料の総額が安くなることがあります。

解約時のリスクが高い

貯蓄型医療保険は、解約時のリスクが高いというデメリットもあります。早期解約すると、解約返戻金の金額が少なくなるためです。

とくに、低解約返戻金型の場合は、保険料の支払いが完了するまでの解約返戻金額が少なく抑えられているため、早期解約すると解約返戻金がほとんどない可能性もあります。

貯蓄分が上乗せされた高い保険料を支払っていたのに、早期解約したために解約返戻金がほとんどないとなると、高い保険料を支払った意味がなくなります。

貯蓄型医療保険に加入する際には、将来のライフプランなどをシミュレーションし、その保険がライフプランに合っているかを慎重に検討しましょう。

インフレリスクがある

貯蓄型医療保険にはインフレ(インフレーション)リスクがあります。インフレリスクとは、物価の上昇によってお金の価値が下がる(インフレーションが起こる)リスクのことです。

貯蓄型医療保険は、契約時に設定した保険料や保険料の支払期間などによって、将来受け取れる解約返戻金や満期保険金の金額が決まります。

そして、保険契約から長期間経過し、その間に物価が上昇してお金の価値が下がったとしても、受取額が修正されることはありません。そのため、実質の受取額が減ることになります。

おすすめのランキング上位の貯蓄型医療保険

最後におすすめの貯蓄型医療保険を紹介します。

アフラック未来の自分が決める保険WAYS

アフラックの『未来の自分が決める保険WAYS』は、死亡保障を必要に応じて『年金』『介護年金』『医療保障』のいずれかに変更できる貯蓄型医療保険です。

子どもが小さいうちは死亡保障を確保し、年齢を重ねてからは医療保障で病気に備えるなど、保険を掛け替えなくても、そのときの状況に保障内容を合わせられます。

保険料の支払方法を60歳払済・65歳払済・70歳払済から選択することが可能で、保険料の払済後から解約返戻金の金額が上がります。

未来の自分が決める保険WAYS|保険・生命保険はアフラック

東京海上日動メディカルKit R

東京海上日動あんしん生命保険の『メディカルKit R』は、所定の年齢まで入院給付金などの受け取りがなかった場合に、支払った保険料が健康還付給付金として全額払い戻されます。

また、入院給付金を受け取った場合でも、支払保険料から受け取った入院給付金額を差し引いて残額があった場合には、残額が払い戻されます。

保険料の支払いが完了すれば解約返戻金も受け取れますが、保険料の払込期間中は解約返戻金がないので注意が必要です。

メディカルKit R | 医療保険 | 東京海上日動あんしん生命保険

メディケア生命メディフィットリターン

メディケア生命の『メディフィットリターン』は、所定の年齢まで保険を利用しなかった場合に、支払った保険料に主契約の支払保険料の5%相当額が上乗せされて払い戻されます。

保険料が払い戻される前日までに被保険者が死亡した場合は死亡保険金、解約した場合は解約返戻金の受け取りも可能です。

ただし、保険料の払い戻し後は死亡保険金や解約返戻金がなくなるため、払い戻された保険料の使い道をしっかり計画しておきましょう。

医療保険メディフィット リターン | ショップでお申込み | メディケア生命保険

まとめ

貯蓄型医療保険とは、解約時や満期を迎えたときにお金が受け取れる医療保険です。一定の条件を満たした場合に、ボーナスが受け取れる医療保険もあります。

支払った保険料がある程度取り戻せるのが貯蓄型医療保険の大きなメリットですが、その分、保険料が高かったり、掛け替えしにくかったりといったデメリットもあります。自分の状況や希望を明確にし、どの商品が自分にあるのかをよく検討しましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 第一生命の保険料について教えてください

    2009年に加入してから毎月7000円程度の保険料で今は納得しているのですが、次回の更新の2030年には2万円近くまで毎月の保険料があがってしまいます。 ...

    女性 / 福島県 / 年収 501-600万円 / 独身

  • かんぽ生命の積立型保険と掛け捨て型保険について

    日本の一般的な家庭では、夫が世帯主で会社に務め、妻は専業主婦となりパートやバイトに出る形態が多いかと思います。夫の生命保険は手厚くする必要があり、掛け捨て...

    女性 / 千葉県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供2人

  • アフラックのがん保険について教えてください

    今加入している保険の、適用範囲がわからない。入院しなかった場合はお金がでるのかどうか。あと、万が一保険を適用した場合に保険会社からの支払い後、保険料はあげ...

    女性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • お得な生命保険について

    お世話になります。私は、昨年郵便局のかんぽ生命で、生命保険に加入しました(商品名自体は、忘れてしまいました。)。その保険は、年間一括で10万円払い込み(毎...

    男性 / 埼玉県 / 年収 601-700万円 / 既婚

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険