1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 三大疾病に備える保険とは。基礎知識から住宅ローンとの関係まで

三大疾病に備える保険とは。基礎知識から住宅ローンとの関係まで

三大疾病に備える保険とは、どのような保険なのでしょうか。本記事では、三大疾病の基礎や特徴、三大疾病保険のメリット・デメリットと併せて、三大疾病保険の必要性を考えます。また、三大疾病保険と住宅ローンの関係についても見ていきましょう。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、住宅ローンサービス

この記事の目次

三大疾病の基礎

まずは、三大疾病の基礎について理解しておきましょう。

読み方は

三大疾病は『さんだいしっぺい』と読みます。3種類の大きな病気を指す言葉です。

何の疾病のことを指すのか

三大疾病は、『がん』『脳卒中』『心筋梗塞』の3種類の疾病のことを指します。

がん

がんは、悪性腫瘍、悪性新生物とも呼ばれる、体の細胞の一部ががん細胞に変異することによって起こる病気です。

がんにかかると、がん細胞は正常な細胞から栄養を奪って増殖するため、体が衰弱する、体重が大幅に減少するなどの症状が現れます。

がんが進行すると、最初にがん細胞が発生した箇所以外の部位にも次々と転移するようになり、生命維持が困難になります。

脳卒中

脳卒中とは、脳血管に何らかの異常が起こる病気の総称です。症状によっていくつかの種類に分かれますが、代表的なものとして以下の3種類があります。

  • 脳梗塞:脳血管が詰まることで起こる
  • 脳出血:脳血管が破れることで起こる
  • くも膜下出血:脳血管内にできた動脈瘤(こぶのようなもの)が破れることで起こる

いずれにしても、脳血管に異常が起こることで脳に血液が届かなくなり、意識を喪失、最悪の場合死に至ります。

重篤な状態になる前に、手足のしびれや顔のまひ、言葉が出ない、視界が悪くなる、激しい頭痛がするなどの症状が出る場合があるため、速やかに医療機関に行くことが重要です。

心筋梗塞

心筋梗塞とは、心筋(心臓の筋肉)に血液を届ける冠動脈が塞がり、心筋に血液が届かなくなる病気です。心筋が壊死し、最悪の場合死に至ります。

心筋梗塞が起こる前の、冠動脈が狭くなっている状態のことは狭心症といいます。この状態であれば血液の流れが完全に止まっているわけではないので、血流が回復すれば状態が改善します。

狭心症、及び心筋梗塞の原因は、冠動脈の動脈硬化で、加齢や不摂生などにより起こりやすくなります。ある日突然、胸に激痛が走るのが特徴です。

重篤化する前に、呼吸が苦しくなる、冷や汗や脂汗が出る、吐き気や胃痛がするなどの症状が出ることがあります。

三大疾病の特徴

三大疾病は、生活習慣病の一種です。生活習慣病とされる主な病気として、以下の7種類の病気が挙げられます。

  • がん
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全

この中で、なぜがん・脳卒中・心筋梗塞の3種類が三大疾病として取り上げられるのか、その理由を見ていきましょう。

三大疾病、七大生活習慣病(七大疾病)とは?|オリックス生命保険株式会社

死亡する確率が高い

がん・脳卒中・心筋梗塞が三大疾病として取り上げられる理由のひとつに、死亡する確率が高いことがあります。

厚生労働省発表の『2017年・人口動態調査』のデータによると、日本人の死因1位はがん、2位は心筋梗塞(心疾患)、3位は脳卒中(脳血管疾患)です。

とくに、40代からは三大疾病による死亡者数が大幅に増えており、それだけ死亡するリスクが高いということがわかります。

年齢(歳) がんの死亡数(人) 心疾患の死亡数(人) 脳血管疾患の死亡数(人)
総数 37万3178 20万4203 10万9844
35~39 1145 427 277
40~44 2649 992 792
45~49 4765 1765 1301
50~54 7262 2393 1671

平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省

入院が長期化する可能性がある

三大疾病には、入院が長期化しやすいという特徴もあります。厚生労働省発表の『2014年・患者調査(表番号49)』によると、三大疾病における平均入院日数は、以下のようになっています。

  • がん:19.9日
  • 脳卒中(脳血管疾患):89.5日
  • 心筋梗塞(心疾患):20.3日

患者調査 平成26年患者調査 上巻(全国) 年次 2014年 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

治療費は高額になる

三大疾病の治療費は高額です。全日本病院協会『医療の質の評価・公表等推進事業』の医療費データでは、三大疾病で入院した場合の、1入院あたりの平均費用は以下のようになっています。

種類 1入院あたりの平均費用(2017年10~12月)
胃がん 99万9342円
結腸がん 85万3652円
直腸がん 93万5574円
気管支・肺がん 77万6424円
急性心筋梗塞 191万134円
脳梗塞 150万1275円
脳出血 172万2807円

公的医療保険が適用されれば、上記の1~3割まで費用が軽減されますが、それでも高額であることには変わりありません。

このように、がん・脳卒中・心筋梗塞は死亡リスクが高く、医療費が高額になる傾向があることから、3大疾病として取り上げられているのです。

医療費:医療の質の評価・公表等推進事業:病院運営支援事業 – 全日本病院協会

三大疾病に備える保険は必要か

保険会社が提供している保険には、三大疾病に備えるための『三大疾病保険』があります。ここでは、三大疾病保険に加入する必要はあるのかを見ていきましょう。

三大疾病の保険加入率

生命保険文化センターの『生命保険に関する全国実態調査』によると、2015年の特定疾病保障保険・特定疾病保障特約(※)の加入率は『44%』です。

世帯員別にみると、世帯主は『38.7%』、配偶者は『25.7%』となっており、世帯主のほうが加入率が高いことがわかります。

また、三大疾病の中のがんの保障に特化した、がん保険・がん特約の加入率は『60.7%』で、特定疾病保障保険・特定疾病保障特約よりも加入率が高くなっています。

(※特定疾病保障保険・特定疾病保障特約とは、三大疾病保険・特約のことです)

生命保険に関する全国実態調査|公益財団法人 生命保険文化センター

健康保険の高額療養費制度について

健康保険や国民健康保険などの公的医療保険には、『高額療養費制度』があります。この制度は、1カ月の医療費の自己負担額が『自己負担限度額(自己負担の上限額)』を超えた場合に、自己負担額の一部が払い戻されるというものです。

この制度を利用すれば、三大疾病の治療による医療費が高額になったとしても、ある程度負担を軽減できます。

ただし、高額療養費制度は公的医療保険が適用される医療費しか払い戻されません。

そのため、健康保険や国民健康保険の対象外となる差額ベッド代(※1)や先進医療費(※2)などは対象外となります。

なお、自己負担限度額は、被保険者(保険対象者)の年齢などの条件によって金額が異なるので、自分の自己負担限度額を調べておくとよいでしょう。

(※1.差額ベッド代とは、個室、または少人数部屋に患者側の希望で入院した場合に、入院費とは別に発生する費用のことです)

(※2.先進医療とは、特定の大学病院などで研究・開発中の治療、あるいは薬物で、公的医療保険の対象でないものの中から、厚生労働大臣が先進医療と認めた治療法のことです)

高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

三大疾病のみが保障の対象の終身保険

三大疾病は入院が長引き医療費が高額になりやすいこと、罹患率(りかんりつ)・死亡率が高いことを考えると、三大疾病保険で備えておいたほうが安心です。

三大疾病は高齢になるほど罹患率が高くなるので、生涯保障が受けられる終身保険に加入したほうがよいでしょう。

ただし、三大疾病保険は三大疾病のみが保障の対象となるのが基本で、その他の病気に対する保障が受けられません。

様々な病気の保障を確保したい場合は、通常の医療保険に三大疾病特約を付け、三大疾病に対する保障を手厚くするのもよいでしょう。

3大疾病保険プレミアムDX | チューリッヒ生命

がんのみに備えるのならがん保険を

すでに医療保険に加入済み、あるいは身内にがんにかかった人がいるなどの理由でがんに対する保障だけ手厚くしたい人は、がん保険を選ぶとよいでしょう。

がん保険は、がんと診断された場合に支払われる診断給付金や、通院治療を受けた場合に支払われる通院給付金など、他の保険にはない保障が受けられる商品が多いのが特徴です。

また、抗がん剤や放射線治療の保障や先進医療保障など、がん治療で多く用いられる治療法の保障も充実しています。

ただし、がん保険は保障期間に制限がある定期型保険になることが多いため、契約前によく確認しておきましょう。

三大疾病保険のメリット

三大疾病保険には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

解約返戻金がある

三大疾病保険は、解約返戻金(かいやくへんれいきん)がある商品が多く、貯蓄性が高いことがメリットです。

解約返戻金とは、保険を解約した際に、契約期間や払い込んだ保険金の総額などの条件に応じて支払われるお金のことをいいます。

子どもの教育費や老後資金など、何らかの理由でまとまった資金が必要になった場合に、保険を解約することで資金を捻出できます。

ただし、一般的に解約返戻金は契約期間に比例して金額が増えていくので、早期解約すると解約返戻金額が少なくなる点に注意しましょう。

三大疾病にならなければ死亡保険金がある

通常の医療保険は死亡保険金がないのが一般的ですが、三大疾病保険では死亡保険金がある点もメリットといえるでしょう。

被保険者が死亡、または高度障害状態(※)なった場合に保険金が受け取れるため、死亡したり後遺症が残ったりする可能性が高い三大疾病に手厚く備えられます。

注意したい点は、三大疾病にかかって保障を受けた場合は、死亡保険金がなくなるということです。

死亡保険金も確実に確保しておきたい人は、別途生命保険に加入するなど、何らかの対策が必要です。

(※高度障害状態とは、両目の視力を永久に失ったなど、所定の障害状態になった状態のことをいいます)

三大疾病保険のデメリット

三大疾病保険には、デメリットはあるのでしょうか。

支払い要件が厳しい

三大疾病保険は、保険金の支払い要件が厳しいことがあります。三大疾病にかかっただけで保険金が支払われるわけではなく、症状が出てからの日数や状態など、細かく要件が決められている商品が多いのが特徴です。

三大疾病の治療を受けたにもかかわらず、要件を満たしていないために保障が受けられないということがないよう、契約前に保険金の支払い要件をしっかり確認しておきましょう。

あまりに支払い要件が厳しい場合は、他の三大疾病保険に変更する、医療保険や公的医療保険で対応する方法を考えるなどの対策が必要です。

一時金はあっても入院や通院の保障がない

三大疾病保険は、所定の要件を満たした場合に一時金として保険金が支払われますが、入院給付金や通院給付金といった給付金がない商品が多いのが特徴です。

そのため、一時金で入院費や通院費をまかなうことになりますが、治療が長引くと一時金だけでは足りなくなることもあるでしょう。

三大疾病保険に加入する際は、もしものときにどれぐらいの保険金が受け取れるのかを確認し、治療中のやりくりを考えておくことも重要です。

三大疾病保険と住宅ローン

ここでは、三大疾病保険と住宅ローンの関係について見てきます。

団信の三大疾病保障付き住宅ローン

住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険(団信)に加入するケースが多く見られます。団体信用生命保険とは、被保険者が死亡、または高度障害状態になった場合に、住宅ローンの残額を保険金で相殺することを目的とした生命保険です。

団体信用生命保険の中にも、三大疾病保障が付いた商品がありますが、契約する前に内容をよく検討する必要があります。

途中で解約が出来ない

団体信用生命保険は、途中で解約できないというデメリットがあります。通常の三大疾病保険であれば、まとまった資金が必要になったときに解約し、解約返戻金を受け取ることが可能です。

しかし、三大疾病保障付きの団体信用生命保険は解約できないため、資金の確保に役立てることはできません。

また、三大疾病保障を付けた分、保険料が上がる商品が多い点にも注意が必要です。保険料は住宅ローンの金利に上乗せになるか、毎月の住宅ローンの返済額に加算されます。

上乗せ分がそれほど大きな金額に感じなくても、今後数十年間解約不可、保険料上乗せの状態で返済が続くことをよく考えて契約しましょう。

保険内容を吟味して加入が肝要

三大疾病保障付きの団体信用生命保険といっても、商品によって保障内容や保険料は様々です。

被保険者が死亡したときのみ保障が受けられる商品もあれば、三大疾病を発症した段階で保障が受けられる商品もあります。より手厚い保障が受けられるよう、保障内容を吟味して加入を決定しましょう。

話題の三大疾病保険をご紹介

最後に話題の三大疾病保険を紹介します。

日本生命みらいのカタチ3大疾病保障保険

日本生命の『みらいのカタチ3大疾病保障保険』は、所定のがんにかかったとき、急性心筋梗塞・脳卒中にかかり、60日以上症状が継続したとき、あるいは手術を受けたときに保険金が受け取れます。

三大疾病保険は、症状が継続したときのみ保険金が支払われる商品が多いので、手術が保険金の支払い要件に入るのはメリットといえるでしょう。

また、保障の対象外になることが多い上皮内新生物(※)になった場合にも、3大疾病保険金額の10%の保険金を受け取れる点もメリットです。

ニーズに応じて保障期間を定期型と終身型から選べるため、一定期間のみ保障が欲しい人と生涯保障が確保したい人のどちらでも利用しやすいでしょう。

(※上皮内新生物とは、がん細胞が粘膜層内にとどまっていて、深い組織まで浸潤していない状態のことをいいます)

ニッセイ みらいのカタチ 3大疾病保障保険 | 日本生命保険相互会社

ソニー生命特定疾病保険

ソニー生命の『特定疾病保険』には様々な種類があり、担当者との面談のうえ、オーダーメイドで保障プランを組み立てられます。

定期型や終身型の三大疾病保険以外にも、米ドル建てや収入保障型などがあり、資産運用をしたい人や治療中の生活費に備えたい人にもおすすめです。

また、保険金額が500万円以上であれば保険料の割引も受けられるので、担当者と保障内容についてよく相談しましょう。

特定疾病保険 | ソニー生命保険

アフラック三大疾病保障プラン

アフラックの『三大疾病保障プラン』は、契約時に設定した年齢までに保険料を払済にすることが可能です(短期払い)。

定年前までに払済にすれば、保険料分の支出がなくなるため、老後の家計の負担を軽減できるでしょう。

また、保険金額を最低100万円から設定できるため、すでに生命保険に加入していて、三大疾病の保障を手厚くしたいという人にもおすすめです。

また、保険料をクレジットカード払いにもできるので、クレジットカードのポイントを貯められるというメリットもあります。

三大疾病保障プラン|保険・生命保険はアフラック

まとめ

三大疾病保険とは、日本人の死因上位を占める三大疾病に備えるための保険です。三大疾病は長引きやすく、その分、医療費も高額になりやすいため、しっかりとした保障を確保することが重要です。

三大疾病保険に加入しておけば、三大疾病にかかり所定の状態になったときに、一時金として保険金が受け取れるため、三大疾病にしっかり備えられます。

基本的に、三大疾病保険には入院給付金や通院給付金などがないので、生命保険や医療保険など、その他の保険とうまく組み合わせて利用するとよいでしょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 専業主婦に適切な保険料を教えてください。

    現在第一子を妊娠中の専業主婦ですが、専業主婦はどの程度の保険を掛ければ良いかわからず、払いすぎているのではないかと不安です。 例えば、入院日額は5000円...

    女性 / 愛知県 / 年収 301-400万円 / 既婚

  • 東京海上日動あんしん生命/がん保険診断R

    75歳までガンになれば、健康給付金として150万返金され、万が一ガンになれば150万保険金が給付されるタイプに昨年加入しました。 実際のところ、ガンになり...

    女性 / 愛知県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • ソニー生命の学資保険

    学資保険はこのまま続けるべきか?現在小学生ですが、学力的にも大学に進学するよりは、違った選択をする可能性もあると思い始めています。また現在の仕事はリストラ...

    男性 / 兵庫県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • かんぽ生命の学資保険について知りたいです

    ドル建てで貯蓄型保険のメリットとデメリット。学資保険との違い。 日本円での貯蓄型の保険の今後を考えるとドル建ての方がいいのか?その理由がいまいちまだわから...

    女性 / 神奈川県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり