1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険は掛け捨て型が良い?貯蓄型と比較してやさしく解説します

がん保険は掛け捨て型が良い?貯蓄型と比較してやさしく解説します

がん保険は、掛け捨て型に加入したほうがよいのでしょうか。本記事では、がん保険の掛け捨て型と貯蓄型の特徴やメリット・デメリットについて解説します。また、掛け捨て型が向いている人と貯蓄型が向いている人の違いについても知っておきましょう。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、保険新規・見直しサービス

この記事の目次

がん保険を知る

まずは、がん保険の概要を理解しておきましょう。

主な保障内容

がん保険とは、がんの治療にかかる費用に対する手厚い保障が受けられる民間保険です。がん保険には様々な種類の保障がありますが、主な保障は以下の4つとなっています。

種類 詳細
診断給付金 ・がんと診断された場合に支払われる給付金
・1回あたり100万~200万円支払われるのが一般的
入院給付金 ・入院した場合に支払われる給付金
・日額1万円など、入院1日あたりに対して支払われる
通院給付金 ・通院による治療を受けた場合に支払われる給付金
・日額1万円など、通院1回あたりに対して支払われる
手術給付金 ・がん治療のために手術を受けた場合に支払われる給付金
・入院給付金日額の10倍・20倍などの金額になるのが一般的

がん保険|保険・生命保険はアフラック

診断給付金ががん保険の柱

最近のがん保険は、『診断給付金』が保険の柱となっています。診断給付金は、入院給付金や手術給付金とは異なり、入院や手術の有無にかかわらず支払われる商品が多い点が特徴です。

また、1回あたり100万~200万円程度のまとまった金額が支払われるのが一般的で、用途に制限もありません。

そのため、入院や手術にかかった費用だけでなく、通院にかかる費用や入院保証金(※)の支払いなどにも利用できます。治療中に収入が減少した場合は、生活費に充てることも可能です。

がんと診断され、これからの生活に不安を感じているときに、早い段階で幅広い用途に使用できる資金が確保できることは、大きなメリットといえるでしょう。

(※入院保証金とは、入院費の踏み倒し防止のために、あらかじめ入院費の一部の支払いを求めるものです。入院費の精算時に入院費に充当されます)

がんは通院で治す時代

昔のがん治療は入院が必要になるケースが多かったのですが、近年は医療の進歩によって、通院で抗がん剤治療や放射線治療を受けるケースが増えています。

がんの入院および外来の受療率の推移

出典:通院治療費は最大1,000万円まで補償 – SBI損保のがん保険

また、退院後に再発防止のため、定期的に通院して抗がん剤治療を受けることもあります。これからがん保険に加入する場合は、通院給付金があるかどうかを確認しましょう。

医療保険との違い

がん保険と医療保険は、保障内容や特徴が異なります。

がん保険 医療保険
・がん治療の保障に特化している
・給付金の支払い日数が無制限であることが多い
・診断給付金や通院給付金が支給される商品がある
・免責期間(※)がある商品がほとんど
・がんも含む、様々な病気やケガの保障が受けられる
・給付金の支払い日数に制限があることが多い
・基本的に診断給付金や通院給付金はない
・免責期間がない商品がほとんど

とくに大きな違いとしては、がん保険はがん治療に対する保障に特化しており、医療保険ではがんを含む様々な病気やケガの保障が受けられることでしょう。ただし、医療保険でもがんに対する保障は受けられるものの、入院と手術の保障に限られることがほとんどです。

(※免責期間とは、保険契約日から実際に保障が受けられるようになる『責任開始日』までの期間のことをいいます)

がん保険には2種類ある

がん保険は、貯蓄性の有無によって2種類に分かれます。

保険料が安い掛け捨て型

ひとつは、『掛け捨て型』のがん保険です。掛け捨て型とは、解約したときや満期を迎えた(保障期間が終了した)ときなどにお金が支払われない、貯蓄性を持たないがん保険のことをいいます。

お金が支払われない分、保険料が安いのが特徴です。また、多くの保険会社が掛け捨て型がん保険をメイン商品にしているため、商品数が多いことも特徴です。

最新のがん治療の傾向に合わせた保障内容の商品も多く、自分に合ったがん保険を見つけやすいというメリットがあります。

がん終身保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

掛け捨てじゃない貯蓄型

もうひとつは、『貯蓄型』のがん保険です。解約したときや満期を迎えたときなどに、解約返戻金(かいやくへんれいきん※1)や満期保険金(※2)が支払われます。また、一定期間保険の利用がないときにボーナスが支払われる商品もあり、貯蓄性が高いことがメリットです。

ただし、古いタイプのがん保険が多いため、診断一時金や通院給付金などがない可能性があるので、あらかじめ保障内容をしっかり確認しておきましょう。

(※1.解約返戻金とは、保険解約時に、それまで支払った保険料や契約期間などに応じて払い戻されるお金のことです)

(※2.満期保険金とは、保険が満期を迎えたときに被保険者が生存していた場合に受け取れる保険金のことです)

がん診断保険R | がん保険 | 東京海上日動あんしん生命保険

掛け捨て型がん保険を保障期間で分ける

掛け捨て型がん保険は、保障期間によって『定期型』と『終身型』の2種類に分かれます。

定期型がん保険

定期型がん保険とは、保障期間に制限がある保険のことです。保障期間は『年満了』か『歳満了』のいずれかで設定します。

  • 年満了:年数で保障期間を決める
  • 歳満了:年齢で保障期間を決める

定期型がん保険は掛け捨て型の商品が多く、保険料が安いのが特徴です。ただし、保障期間の満期を迎え、更新した場合は保険料が引き上げられる可能性があります。

がんは、年齢に比例して罹患リスク(病気にかかるリスク)が上がる病気であるため、年齢に比例してがん保険の保険料も高くなるのが一般的です。60歳、70歳と高齢になってから定期型がん保険を更新した場合、保険料が非常に高くなることもあるので注意しましょう。

終身型がん保険

終身型がん保険は、被保険者(保険対象者)が死亡するまで保障が続くがん保険です。解約返戻金などが受け取れる商品が多く、定期型がん保険よりも保険料が高い傾向にあります。

ただし、更新がなく契約時の保険料が継続するので、高齢になってからは定期型がん保険よりも保険料が安くなることがあります。

また、終身型がん保険は、『終身払い(※1)』『短期払い(※2)』『一時払い(※3)』などから保険料の支払方法が選択できるのが一般的です。

短期払いや一時払いを選択すると、保険料の割引が受けられることが多く、払込保険料の総額が安くなる可能性があります。

(※1.終身払いとは、被保険者が死亡するまで、生涯保険料を支払い続ける方法です)

(※2.短期払いとは、年齢や年数で保険料の支払期間に制限を設け、期間内に保険料を全額支払う方法です)

(※3.一時払いとは、保険料全額を一括で支払う方法です)

掛け捨て型がん保険のメリットとデメリット

掛け捨て型がん保険のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

掛け捨て型がん保険の大きなメリットは、何といっても保険料が安いことです。商品数が多く、最新のがん治療の傾向に合わせたものが多いため、安い保険料で手厚い保障が受けられます。

また、満期保険金などのことを考えずに解約できるので、その時々の状況に応じて保障内容の見直しや掛け替えがしやすいというメリットもあります。

デメリット

掛け捨て型がん保険のデメリットは、解約返戻金などの支払いがないため、がんにかからなかった場合に保険料が無駄になるということです。

また、定期型になる場合が多く、高齢になってから更新すると保険料が非常に高くなるリスクがあります。しかし、保険料が高いことを理由に更新しないと、がんにかかりやすい年齢にもかかわらず、保障が受けられなくなってしまいます。

掛け捨て型保険に加入する場合は、契約時の保険料だけでなく、更新した場合の保険料についても、しっかり確認しておきましょう。

貯蓄型がん保険のメリットとデメリット

貯蓄型がん保険には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

貯蓄型がん保険の大きなメリットは、解約返戻金や満期保険金が支払われることでしょう。計画的に解約したり、資金が必要になる時期に合わせて満期を設定したりしておくと、資金調達がしやすくなります。

お金が戻ってくるので、がんにかからなかったとしても、支払った保険料が全て無駄になるということもありません。

また、貯蓄型がん保険では、『契約者貸付』が利用できることがあります。契約者貸付とは、契約中の保険から受け取れる解約返戻金のうち、一定の範囲内でお金が借りられる制度のことです。

カードローンなどより金利が安いことが多いほか、ほとんどの場合『返済日』という指定がなく、自由に返済できるので、急にまとまった資金が必要になったときに役立ちます。

契約者貸付|公益財団法人 生命保険文化センター

デメリット

貯蓄型がん保険のデメリットは、保険料に貯蓄分が含まれるため、掛け捨て型よりも保険料が高くなることです。

また、早期解約すると解約返戻金が少なくなるというデメリットもあります。解約返戻金の金額は、契約期間などの条件に応じた返戻率によって決定されます。

基本的に、返戻率は契約期間に比例して高くなっていくため、早期解約するとほとんど解約返戻金が受け取れない可能性があるのです。

また、貯蓄型がん保険には、保険料を安くするために保険料の支払期間中の返戻率を低く抑えた、『低解約返戻金型』というタイプがあります。このタイプは、保険料の支払完了後に返戻率が高くなるので、早期解約で大きく損をする可能性があります。

女性のがん保険を考える

女性のがん保険について考えてみましょう。

女性は若いときにがんのリスクが高い

通常、がんは年齢に比例して罹患リスクが増加します。しかし、子宮頸がんや乳がんなどの女性特有のがんは、若いときでも罹患リスクが高いのが特徴です。

全日本病院協会の『医療の質の評価・公表等推進事業』によると、乳がんにかかった場合にかかる医療費の1入院あたりの平均額は以下のようになっています。

ステージ 1入院あたりの医療費の平均額
0 64万8092円
1 65万997円
2 64万4088円
3 47万3034円
4 89万3392円
全体 72万1921円

公的医療保険の適用によって上記の1~3割の金額に軽減されますが、それでも金銭的な負担は重くなるでしょう。そのため、がん保険などで備えることが重要になります。

【女性のがん】 近年、若い女性に急増している「乳がん」と「子宮がん」 | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会
医療費:医療の質の評価・公表等推進事業:病院運営支援事業 – 全日本病院協会

適しているのは掛け捨て型がん保険

若い女性ががん保険に加入するのであれば、適しているのは掛け捨て型がん保険です。年齢が若いと、これから転職や出産などで生活が大きく変わる可能性が高くなります。

生活が変わると、今までの保障内容では合わなくなり、見直しや掛け替えが必要になることもあるでしょう。しかし、貯蓄型がん保険では、気軽に見直しや掛け替えがし辛くなってしまいます。

また、仕事を始めたばかりで収入が少なかったり、出産によって子育てにお金がかかったりすると、貯蓄型がん保険の高い保険料が負担になる可能性も考えられます。

そのため、気軽に見直しや掛け替えがしやすく、保険料も安く抑えられる掛け捨て型が適しているのです。

どんながん保険が向いているのか比較する

ここでは、がん保険の種類別に、どんな人が向いているのかを解説します。

定期掛け捨て型がん保険が向いている人

定期掛け捨て型がん保険が向いているのは、以下のような人です。

  • 生活が大きく変わる可能性がある人
  • なるべく安い保険料で手厚い保障を確保したい人
  • 最近のがん治療の傾向に合った保障を受けたい人
  • 貯蓄ができるまでなど、一定期間のみ保障が必要な人

終身掛け捨て型がん保険が向いている人

終身掛け捨て型がん保険が向いているのは、以下のような人です。

  • 高齢になってからの保障を確実に受けたい人
  • 短期払いや一時払いにして保険料の割引を受けたい人
  • 計画的に保険料を支払いたい人

貯蓄型がん保険が向いている人

貯蓄型がん保険が向いているのは、以下のような人です。

  • 保険料を無駄にしたくない人
  • 保障と同時に貯蓄を確保したい人

おすすめの掛け捨て型がん保険ランキング

最後に、おすすめの掛け捨て型がん保険を紹介します。

FWD富士生命がんベスト・ゴールドα

FWD富士生命の『がんベスト・ゴールドα』は、診断給付金を重視したがん保険です。主契約(※1)が診断給付金のみという、非常にシンプルな保障内容になっています。

診断給付金の金額は50万~300万円の範囲で設定可能です。また、診断給付金は初めてがんと診断されたときだけでなく、再発によって再びがんの診断を受け、入院または通院したときにも受け取れます(2年に1回の制限あり)。

診断給付金以外の保障が欲しい場合は、特約(※2)を追加します。先進医療(※3)や抗がん剤治療、放射線治療などを保障するための特約があるので、必要に応じて追加しましょう。

(※1.主契約とは、その保険の基本となる契約のことです)

(※2.特約とは、主契約に有料オプションとして追加する契約のことです。特約のみでの契約はできません)

(※3.先進医療とは、特定の大学病院などで研究中の治療法や薬のうち、厚生労働大臣が先進医療と認めた治療法のことをいいます)

新がんベスト・ゴールドα|終身がん保険|FWD富士生命

メットライフ生命ガードエックス

割安な保険料で終身型のがん保険に加入したい人には、メットライフ生命の『ガードエックス』がおすすめです。

30歳男性・がん治療給付金100万円のシンプルタイプであれば、月々1788円で加入できます。先進医療保障や通院保障が受けられる充実タイプでも3440円です。

また、がんと診断確定した場合は、それ以降の保険料の支払いが免除されるため、治療中に収入が減少したときの金銭的な負担を軽減できます。

ガン保険 ガードエックスのメットライフ生命

チューリッヒ終身ガン治療保険プレミアムDX

チューリッヒ生命の『終身ガン治療保険プレミアムDX』は、がんの主要な治療法に対する手厚い保障が受けられるがん保険です。

主契約が放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療に対する保障となっており、自由診療(※)による抗がん剤・ホルモン剤治療も保障されます。診断給付金や通院給付金も特約として付加できるので、より保障内容を充実させたい人にもおすすめです。

(※自由診療とは、厚生労働省が承認していない治療や薬を用いた、公的医療保険対象外の治療を受けることです)

終身ガン治療保険プレミアムDX | チューリッヒ生命

まとめ

がん保険には、掛け捨て型・貯蓄型の2種類があり、さらに保障期間によって定期型と終身型に分かれます。

それぞれの種類にメリット・デメリットがあるので、がん保険の加入目的やがん保険に対する考え方、自分の状況などを明確にし、自分に合ったがん保険を見つけましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 手術歴があり加入できる保険が限られた過去

    現在加入しているのがオリックス生命の医療保険ですが、保険に加入した際に他に入れる保険が無かったためにオリックス生命に加入した経緯があります。 私は過去に手...

    女性 / 兵庫県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • 第一生命の医療保険について教えてください

    近い将来、結婚を考えていますが、今の医療保険のみで満足しているでしょうか? 現在の医療保険では、最低限、自分が病気を患ったときに困らないような程度の保険を...

    男性 / 富山県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • ユニットリンク(変額保険)についておしえてください

    私は生涯独身でいようと考えています。結婚や家族を持つことをリスクととらえているからです。現在加入している保険は、将来の資金としてかけています。満期になった...

    女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 独身

  • 医療保険の告知義務に就いて教えて下さい

    医療保険に告知義務として病気が有ったとしても許されたり、逆に加入時に伝えておかなければ駄目だったり等、告知義務というもの自体が非常に不明瞭で具体的な病気や...

    男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり