1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険のおすすめの選び方。男性に焦点を当ててご紹介

生命保険のおすすめの選び方。男性に焦点を当ててご紹介

生命保険で必要な保障は、家族構成などの条件によって変わるものです。本記事では、男性の生命保険の選び方や必要な保障内容について、家族構成別に解説します。また、家族構成別のおすすめの生命保険も紹介します。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで人気の保険の相談サービス

この記事の目次

万が一のために備える生命保険

まずは、生命保険の概要や、選び方のポイントを理解しておきましょう。

生命保険とは

生命保険とは、被保険者(保険対象者)の死亡に備えるための保険のことです。世帯主が死亡すると、葬儀代をはじめ、当面の生活費や教育費、場合によっては引っ越し代など、遺された家族に金銭面で大きな負担がかかります。

生命保険に加入していると、被保険者の死亡時に保険会社から死亡保険金が支払われるため、遺された家族の負担が軽減できるのです。

また、世帯主の死亡以外にも、高額な医療費が発生した場合に備えたり、老後資金や教育資金を確保したりする役割を持つ生命保険もあります。

選び方のポイント

生命保険を選ぶときに重要なのは、生命保険に加入する目的と自分の現状を明確にすることです。

生命保険の商品数は非常に多く、それぞれ保障内容や保険料が異なります。その中から自分に合う生命保険を見つけるには、自分にどのような保障が必要かを把握しておかなくてはなりません。

生命保険の加入目的と現状が明確になれば、どんな保障が必要になるのか、いくらぐらいの保険料であれば家計に負担が少ないかといったことがわかります。

そして、必要な保障や支払可能な保険料がわかれば、たくさんの生命保険の中から、自分に合う商品を見つけやすくなるでしょう。

ライフプランを考えて加入する

生命保険に加入するときは、現状だけでなく今後のライフプランのことも考慮しましょう。生命保険には、『定期型』や『終身型』など、いくつか種類があります。

  • 定期型:年齢や年数によって保障期間が限定される生命保険
  • 終身型:一生涯保障が続く生命保険

例えば、数年後に住宅購入の予定があるとしたら、住宅ローンを組む際に団体信用生命保険(※)に加入する可能性が高いでしょう。

そうなると、終身型の生命保険に加入するよりも、住宅購入までの期間限定で定期型生命保険に加入したほうが効率的です。

このように、ライフプランによって選ぶべき生命保険の種類が変わるため、生命保険を選ぶ前にライフプランを立てることが重要になります。

(※団体信用生命保険とは、住宅ローン契約者に万が一のことがあった場合に、住宅ローンの残高が保険金によって弁済される生命保険のことです)

独身男性の生命保険の選び方

ここからは、家族構成別の生命保険の選び方を解説します。まずは、独身男性の生命保険の選び方です。

医療保険があれば安心

独身男性は、死亡保障よりも医療保障を重視して選ぶとよいでしょう。死亡保険金は、遺された家族の金銭的な負担を軽減することが目的であるため、独身男性にはそれほど重要なものではありません。

念のため、葬儀や遺品整理などにかかる費用をまかなえる程度の死亡保険金を確保しておく程度で充分でしょう。

それよりも、病気やケガによる治療費が高額になったり、それがもとで働けなくなったりした場合に備える方が重要です。

医療保障の基本は、入院・手術費用に対する保障ですが、生活習慣病に備える保障や、働けなくなった場合に給付金を受けられる保障などもあります。

病気になったときの生活費や医療費などをシミュレーションして、必要な保障を考えてみましょう。

保険料を抑えるなら掛け捨て保険

できるだけ保険料を抑えたい場合は、『掛け捨て保険』にするとよいでしょう。掛け捨て保険とは、解約時や満期時に払込保険料が戻らない保険のことです。お金が戻らない分、保険料が安くなっており、月々数百円程度で済む場合もあります。

ただし、掛け捨て保険は定期型であることが多く、一定期間が経過すると保障が終了します。更新可能な商品もありますが、更新時の年齢に応じて保険料が引き上げられるのが一般的です。

高齢になってから更新すると、保険料が高額になることもあるので、加入前に更新した場合の保険料も確認しておきましょう。

SBI生命クリック定期がおすすめ

独身男性には、SBI生命の『クリック定期!』がおすすめです。掛け捨て保険であるため、保険料が安く抑えられます。

保険期間10年・死亡保険金額300万円の条件で契約した場合、30歳男性の月々の保険料は387円、40歳男性でも648円と非常に安く、家計への負担もほとんどありません。

所定の死亡保険金額の範囲内であれば、申し込みの際に健康診断書の提出が不要で、申し込み手続きも最短5分程度で終了する点も、忙しい男性にはメリットといえるでしょう。

死亡保険・インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」|保険をお考えのお客さま|SBI生命保険

既婚男性の生命保険の選び方

既婚男性の場合は、どのように生命保険を選ぶとよいのでしょうか。

共働きなら医療保険重視

共働きの場合は、死亡保障よりも医療保障を重視しましょう。共働きであれば、夫に万が一のことがあっても、妻が生活に困る可能性は低いものです。

しかし、病気やケガが原因で夫が働けなくなった場合は、妻が2人分の生活を支えることになり、大きな負担がかかります。そのため、医療保障を手厚くしておくことが重要になるのです。

1カ月あたりの支出額や、病気になった場合にかかる医療費、万が一死亡した場合にかかる葬儀代などについて妻と相談し、必要な保障額を決めるとよいでしょう。

専業主婦の妻なら死亡保障の充実を

妻が専業主婦の場合は、夫の死亡によって収入が途絶えるため、死亡保障を充実させる必要があります。

夫の死亡後に就職先を探したとしても、すぐに仕事がみつかるとは限りません。葬儀などでまとまった資金も必要になるので、葬儀代に加え数年分の生活費などが確保できる程度の死亡保険金があると安心です。

また、医療保障も充実させておく必要があるでしょう。夫が病気やケガで働けなくなり、妻が働きだしたとしても、すぐに夫と同等の収入を得ることは難しいことが多いためです。

保障を充実させるとその分、保険料も高くなるので、家計に負担がかかりすぎない程度の保険料の範囲で、最大限の保障が受けられる生命保険を探しましょう。

チューリッヒ生命定期保険プレミアムがおすすめ

既婚男性には、チューリッヒ生命の『定期保険プレミアム』がおすすめです。被保険者が死亡したときだけでなく、高度障害状態(※)になった場合にも保険金が受け取れます。

死亡保険金・高度障害保険金額は、500万~1億円の間で100万円単位で設定できるので、共働きと専業主婦、どちらの場合でも対応しやすいでしょう。

また、チューリッヒ生命が定める『非喫煙優良体型』の基準に該当した場合は、保険料の割引が受けられるのでお得です。

(※高度障害状態とは、両目の視力や言語能力を永久に失ったなど、所定の障害状態になった状態を指します)

定期保険プレミアム | チューリッヒ生命

既婚子供アリ男性の生命保険の選び方

既婚で子どもがいる男性の生命保険の選び方も見ていきましょう。

死亡保障が大きな保険に入る

既婚で子どもがいる人は、子どもの生活費や教育費も確保しなくてはならないため、死亡保障が大きな生命保険に入る必要があります。

以下は、総務省統計局の『2016年度・子供の学習費調査』による、学校種別の教育費の年間平均額です。

区分 公立 私立
幼稚園 23万3947円 48万2392円
小学校 32万2310円 152万8237円
中学校 47万8554円 132万6933円
高校 45万862円 104万168円

通学期間を幼稚園3年・小学校6年・中学校3年・高校3年とすると、費用の総額は公立で542万3949円、私立で1771万7901円となります。葬儀費用や生活費などとは別に、これだけの費用を確保できるようにしなくてはなりません。

子供の学習費調査 平成28年度 子供の学習費調査 1 学校種別の学習費   | 政府統計の総合窓口

収入保障保険も検討

既婚で子どもがいる人は、収入保障保険も検討してみましょう。収入保障保険とは、被保険者の死亡時に、死亡保険金を一括で受け取るのではなく、年金として毎月受け取れる生命保険のことです。

毎月一定額の資金が確保できるので、世帯主の死亡によって急に収入が途絶え、遺された家族が生活費に困るということが防げます。

また、商品によっては、死亡保険金の残額を一括で受け取ることもできるので、子どもの進学などでまとまった資金が必要になった場合にも安心です。

収入保障保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

子供のために学資保険

教育費の確保が目的であれば、学資保険に加入するのもよいでしょう。学資保険とは、子どもの進学時期などに合わせて満期を設定し、満期を迎えたときに受け取る満期保険金を教育費に充当することを目的とした生命保険です。

満期前に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が支払われるので、教育費と保障を同時に確保できます。

学資保険は、保険料に満期保険金分が上乗せされるので、保険料が高い点に注意が必要です。家計への負担を考慮して加入を決めましょう。

学資保険・学資プランのことなら学資金準備スクエア|ソニー生命保険

ライフネット生命家族への保険がおすすめ

既婚で子どもがいる男性には、ライフネット生命の『かぞくへの保険』がよいでしょう。死亡保険金額を500万~1億円の範囲で、100万円単位で設定できるので、大きな死亡保障が必要な人にも向いています。

また、定期型なので、子どもが独立するまでの間など、期間を限定して保障を受けることが可能です。

ライフネット生命の定期死亡保険「かぞくへの保険」とは 保険の概要とポイントを解説

子供が独立した男性の生命保険の選び方

子どもが独立した男性は、どんな生命保険を選ぶとよいのでしょうか。

終身医療保険がおすすめ

子どもの独立後は、大きな死亡保障が必要なくなります。しかし、年齢を重ねた分、病気にかかるリスクが上がるため、医療保障を充実させておくとよいでしょう。

このとき、できれば終身型に加入するのがおすすめです。終身型であれば、更新がないので加入時の保険料から上がることがないためです。

定期型では、高齢になってから更新を行った場合に、保険料が高額になります。毎月1万円程度の保険料がかかることもあるので、老後の家計に大きな負担となる可能性が高いと言えます。

リスクに備えてがん保険

子どもが独立した後は、がん保険に加入するのもよいでしょう。がんは、日本人の死因第1位の病気で、50代頃から発症リスクが上昇します。また、再発のリスクも高く、医療費が高額になりやすいというのも特徴です。

一般的な生命保険や医療保険でも、がん治療の保障は受けられますが、入院や手術の費用が保障される程度で、手厚い保障は受けられない可能性があります。

がん保険に加入しておけば、一般的な生命保険などでは対象外となる治療の保障も受けられるので安心です。

最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計]

オリックス生命終身保険RISEがおすすめ

子どもが独立した男性には、オリックス生命の『終身保険RISE』がおすすめです。終身型なので、保険料が変わらず、一生涯保障を受けられます。

保険料の払込方法が終身払(※1)と短期払(※2)から選べるので、定年までに保険料を全額払い込んで、老後の家計の負担を軽減することも可能です。

(※1.終身払とは、被保険者が死亡するまで、一生涯保険料を支払い続けることです)

(※2.短期払とは、年齢や年数で保険料の払込期間を設定し、期間内に保険料を払い済みにする方法です)

終身保険RISE[ライズ]|オリックス生命保険株式会社

まとめ

男性が生命保険を選ぶときには、家族構成などの条件に合った保障が受けられる生命保険を見つけることが重要です。

生命保険に加入する目的や現状、ライフプランなどを明確にし、自分に必要な保障を考えてみましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 女性疾病特約について

    現在女性疾病特約のついている保険に加入しています。先日子宮頸管縫縮術を受けるため11日間入院しました。その際、受けた手術は保険対象外の手術だった為、入院し...

    女性 / 埼玉県 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供1人

  • メットライフ生命の評判を教えてください。

    現在、メットライフ生命に加入しております。契約内容は、死亡と医療保険です。以前、別で傷害保険にも加入しておりましたが、解約しました。しかし、傷害保険は、万...

    女性 / 広島県 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 住友生命の未来デザイン1UPについて教えてください

    最近テレビなどでもよく働けなくなったときの保障というものが重視されるようになってきたと言われていますが、今までのように終身ではなく掛け捨てでも良いと専門の...

    女性 / 三重県 / 年収 701-800万円 / 独身

  • ジブラルタ生命/米国ドル介護終身

    知り合いの保険屋さんから米国ドル立て介護終身というものを進められました。 月々の保険料が安く返戻率もいいと進められました。 しかし、為替によって支払い...

    女性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり