1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険の保険料の平均とは。自分に合う保険の加入の仕方

医療保険の保険料の平均とは。自分に合う保険の加入の仕方

医療保険は、ケガや病気をした場合に備えるものですが、毎月の保険料の支払いは、家計の負担になります。本記事では、医療保険の必要性や平均保険料額、自分に合った保険の選び方などについて、分かりやすく解説します。

この記事の目次

医療保険は必要なのか

医療保険とは、病気やケガなどで入院や手術が必要になった場合に、保障が受けられる保険です。

しかし、日本には公的な医療保険の制度もあり、70歳未満の場合、医療費の自己負担額は3割で済みます。

また、手術や長期入院などにより、医療費が高額になった場合は、高額療養費制度(※)を利用することで医療費の負担を軽減することが可能です。

このような状況でも、民間の医療保険は必要なのでしょうか。

(※高額療養費制度とは、同一月内にかかった医療費の自己負担が高額になった場合、一定額を超えた金額が払い戻される制度のことです)

医療保険に入ったほうがよいケース

まだ年齢が若く貯金が少ない場合は、医療保険に加入して備えておくとよいでしょう。

また、公的医療保険により、医療費の多くはカバーできますが、入院の際に個室を使用した場合の差額ベッド代などは対象外です。よって、個室など環境が整った状態で治療を受けたい人も、加入しておくことをおすすめします。

なお、医療保険は、大きな病気をしてしまうと加入ができないこともあるため、健康なうちに加入しておくと安心です。

医療保険が必要ないケース

貯金が十分にある場合は、医療保険は必要ないでしょう。また、会社の福利厚生などにより、万が一の保障がしっかり受けられるという人も、医療保険は必要ないかもしれません。

月々の保険料はいくらぐらい?

医療保険の保険料は、保障内容や年齢によって異なります。平均保険料はどのくらいなのか、また、保険料を抑える方法を見ていきましょう。

月5000円未満が多い

1例として、以下の条件で試算した、各保険会社の契約年齢別における医療保険の月額保険料を、下表にまとめました。

入院給付金:5000円、保険料払込期間:終身、手術給付金:あり、先進医療特約:あり、性別:男性

契約年齢(歳) オリックス生命 アクサダイレクト生命 チューリッヒ生命 楽天生命
30 1531円 1340円 1112円 1780円
40 2166円 1850円 1472円 2430円
50 3165円 2735円 2112円 3360円
60 4588円 4275円 3162円 4675円

保険料を、月々5000円未満に設定しているケースが多いことが分かります。

保険料シミュレーション|オリックス生命保険株式会社
保険料見積もり | ネット生保のアクサダイレクト生命保険
チューリッヒ生命
保険をご検討のお客さま: 楽天生命保険 【公式サイト】

内容を見直せば保険料が下がる可能性あり

月々の保険料額は、契約時の年齢と主契約(※1)の保障内容、特約(※2)の有無により設定されます。よって、これらを見直すことで、保険料が下がる可能性があります。

保険料の契約時や見直しの際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

(※1.主契約とは、その保険商品の基礎となる部分のことです)

(※2.特約とは、自分の希望で主契約に付ける保障内容のことです)

特約を付ける必要があるか確認しよう

特約の有無は、保険料に大きく影響します。安い保険料で追加できる特約もありますが、いくつも特約を付ければ、数千円単位で保険料が上がってしまうことも少なくありません。よって、必要性をよく考えてから決めましょう。

また、保険金の支払い条件が設定されていることが一般的です。費用対効果を考えた上で、必要な特約を選択しましょう。

なお、特約には、後から追加できるものとできないものがあります。保険会社によっても異なるため、その点も確認しておくと安心です。

保険会社の選び方でも変わるため要比較

保険料は、保険会社によって異なります。月々の金額の違いは少しだとしても、長期にわたると、結果的に払込保険料総額に大きな差が出ます。

各社の保険を比較し、自分に合った保険を選びましょう。

自分に合う保険に加入するには

自分に合う保険を効率よく探すには、どのような方法があるのでしょうか。

無料の相談窓口を活用する

保険選びの方法の1つとして、無料相談窓口があります。店舗に訪ねたり、自宅やカフェに訪問してもらったりして相談する方法です。自分の状況や希望する条件を説明した上で、たくさんの保険商品の中から、自分に合った保険を提案してもらえます。

無料相談窓口を利用する場合には、取り扱っている保険の種類が多いところを選びましょう。自分に合った保険を提案してもらいやすくなります。

また、年間の相談件数と成約件数が多く、実績が豊富なところを確認することも大切です。

保険の無料相談や見直し・比較|ほけんの窓口【公式】

慎重派はFPに有料相談しよう

FP(ファイナンシャルプランナー)へ、有料相談をするのも1つの方法です。FPはお金に関するエキスパートで、保険や税金、相続など、お金に関するさまざまな専門的な知識を持っています。

FPへの有料相談の場合、相談できる内容は保険の選び方に限りません。老後の生活費を含めたライフプランニング(人生設計)や家計相談、資産運用など、さまざまな内容を含めて総合的に相談できます。

また、無料相談窓口では相談しづらい、保険自体の必要性について相談できる点もメリットの1つです。

まとめ

医療保険は、自分にとって負担が少ない保険料かを考えてから選びましょう。主契約と特約の組み合わせで構成されており、比較が難しいこともあります。自分に合った保険をうまく探せない場合は、無料相談窓口などを活用しましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

保険の人気記事

カテゴリ

保険