1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険の終身型はお得?保険内容を分かりやすく解説

生命保険の終身型はお得?保険内容を分かりやすく解説

生命保険は、終身型に加入した方がお得なのでしょうか。本記事では、終身型生命保険の特徴やメリット、デメリットなどについて解説します。また、死亡保険金の受取人や、死亡保険金を受け取ったときの税金についても知っておきましょう。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで人気の保険の相談サービス

この記事の目次

生命保険の基本は3種類

生命保険とは、被保険者(保険の対象者)が死亡した場合に、死亡保険金が支払われる保険です。

また、ケガや病気により高額な医療費が発生した場合に保障が受けられたり、老後資金のための貯蓄ができたりする商品もあります。

生命保険は、『定期型保険』『終身保険』『養老保険』の3種類に分かれます。まずは、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

生命保険ってなあに|公益財団法人 生命保険文化センター

掛け捨てが基本の定期型とは

定期型保険とは、保険期間に制限がある生命保険のことです。保険期間は『年満了(ねんまんりょう)』、もしくは『歳満了(さいまんりょう)』のいずれかで設定されます。

保険期間の種類 詳細
年満了 20年満了・30年満了など、年数によって保険期間が決まる
歳満了 70歳満了・80歳満了など、年齢によって保険期間が決まる

また、定期型生命保険は『掛け捨て』であることが一般的です。掛け捨てとは、解約時や満期時に払込保険料が戻らない保険のことで、その分保険料が安く設定されているという特徴があります。

ただし、保険期間が終了して更新をする際は、更新時の年齢に応じた保険料が適用されるため、更新前の保険料よりも高くなる点に注意が必要です。

定期死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

一生涯の保障の終身とは

終身保険とは、一生涯にわたり保障が受けられる保険です。終身保険は、『普通終身保険』『定期付終身保険』『連生終身保険』の3種類に分かれます。

種類 詳細
普通終身保険 一般的な終身保険。何歳で死亡しても同じ金額の保険金が支払われる
定期付終身保険 定期特約が付いた終身保険。定期特約の満期を迎えるまでは、終身分に定期分が上乗せされた保険金が支払われる
連生終身保険 通常、個別に加入する夫婦の生命保険を1つにまとめた終身保険。個別に加入するよりも保険料が安くなる

例えば、子どもがいる人は、子どもが独立するまでは保障を手厚くするために定期付終身保険に加入するなど、自分の環境に合ったタイプを選ぶ必要があります。

終身死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

貯蓄性がある養老保険とは

養老保険とは、老後資金や教育資金のための貯蓄と死亡保障などを並行できる保険です。

養老保険も保険期間が限定されていますが、満期を迎えたときには、死亡保険金と同額の満期保険金(※1)が支払われます。

老後資金や教育資金に充てるために満期保険金を積み立てつつ、万が一の事態が起きた場合には、その積立金を死亡保険金として受け取るという仕組みです。

また、満期を迎える前に解約した場合は、それまでに積み立てた資金を、解約返戻金(かいやくへんれいきん※)として受け取ることもできます。

このように、保障が手厚い養老保険ですが、貯蓄分が上乗せされることによって保険料が高額になるので、加入の際には家計へ負担にならないか考慮することが大切です。

(※1.満期保険金とは、保険期間の満期を迎えたとき、被保険者が生存していた場合に保険会社から支払われるお金のことです)

(※2.解約返戻金とは、保険の解約時に契約年数や払込保険料などに応じて、保険会社から払い戻されるお金のことです)

養老保険 | ソニー生命保険

終身保険のメリット

終身保険には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

一生涯保険料が変わらない

終身保険は、一生涯保険料が変わらない点が大きなメリットです。通常、年齢が上がると病気にかかるリスクが上がるため、高齢になるほど保険料は高くなります。

しかし、終身保険には定期型保険と違い更新がないため、契約時から保険料が上がることがありません。

最終的には、定期型保険を更新していくよりも、払込保険料の総額が安くなる場合もあるので、契約前に保険料をしっかりと比較することが重要です。

終身保険 | 住友生命保険

解約返戻金がある

終身保険では、解約返戻金が払い戻される点もメリットです。まとまったお金が必要なときに、終身保険を解約すれば資金が準備できます。

ただし、終身保険であっても、解約返戻金が支払われない商品もあるので注意が必要です。終身保険の解約返戻金は、以下の3タイプに分かれます。

種類 詳細
従来型 ・契約年数や払込保険料などに基づき、解約返戻金が払い戻される
低解約返戻金型 ・従来型の70%程度の解約返戻金が払い戻される
・従来型よりも保険料が安い
無解約返戻金型 ・解約返戻金がない
・他の2タイプよりも保険料が安い

低解約返戻金型や無解約返戻金型など、解約返戻金を減らす、あるいはなくすことで、保険料を安く設定している商品もあるので、加入前に確認しておきましょう。

終身保険 一生のお守り - 特徴 | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

節税対策になることも

終身保険の払込保険料は『生命保険料控除』の対象になるため、節税対策になります。生命保険料控除とは、生命保険や医療保険などの年間払込保険料をもとに算出した控除額を所得額(※)から差し引き、税負担を軽くする制度のことです。

年間払込保険料額に応じて所得税から最大4万円、住民税から最大2万8000円が控除できます。

ただし、2010年の税制改正により、生命保険料控除は『新制度』と『旧制度』に分かれています。

  • 新制度:12年1月1日以降に契約した保険に適用
  • 旧制度:11年12月31日までに契約した保険に適用

新制度と旧制度では、控除額が異なるので注意が必要です。

(※所得額とは、収入額から給与所得者の場合は給与所得控除額を、自営業者の場合は、必要経費を差し引いた金額です。なお、給与所得控除額は、収入額に応じて定められています)

税金の負担が軽くなる「生命保険料控除」|公益財団法人 生命保険文化センター

終身保険のデメリット

終身保険には、デメリットもあります。

高い保険料

終身保険は、死亡保障や障害保障などの保障内容が手厚く、解約返戻金が払い戻される場合もあることから、定期型保険と比べると保険料が高くなります。

終身保険の種類によっては、保険料を安く抑えられることもありますが、そのような商品には、解約返戻金がないなどのデメリットもあるので注意しましょう。

解約すると損をする可能性がある

解約返戻金が払い戻される終身保険の場合、早期に解約すると損をする可能性があるので注意が必要です。

解約返戻金額は、『返戻率』によって決まります。一般的に返戻率は、契約期間が短いほど低く、長くなるほど高くなるので、早期に解約すると解約返戻金が少なくなる可能性が高くなります。

生命保険に終身で加入中の方へ。解約する場合の注意点を紹介

保険を見直しにくい

終身保険は、保険の見直しがしにくい点がデメリットです。転職や出産などにより環境が変わると、生命保険の保障内容と合わなくなることもあるでしょう。

特に、年齢が若いうちは環境が変わりやすいため、終身保険への加入は慎重に検討することが大切です。

終身保険の払込方法

一般的に終身保険では、保険料の払込方法が選べます。どのような払込方法があるのか見ていきましょう。

終身払い

終身払いとは、一生涯保険料を支払い続ける方法で、他の払込方法よりも月々の保険料が安く抑えられる点が特徴です。

ただし、被保険者が死亡するまで保険料を支払い続けることになるため、長生きすれば、それだけ払込保険料総額は高額になります。

有期払い

有期払いとは、保険料の払込期間を設定し、その期間内に保険料全額を払い込む方法です。

例えば、定年までに保険料を払い終えるようにして、定年後の家計の負担を減らすなど、ライフプランに応じて払込期間を設定します。

設定した期間内に保険料の払込を完了しなければならないため、月々の保険料は高くなりますが保険料が割り引かれ、払込保険料総額は、終身払いよりも安くなる点が特徴です。

一時払い

一時払いとは、保険料全額を一括払いで払い込む方法です。有期払いよりも保険料の割引率が高く、払込保険料総額が安くなります。

できるだけ保険料を抑えたい人に適した払込方法ですが、資金に余裕がある人でないと難しいでしょう。

終身保険は満期を迎えることがある?

終身保険は、満期を迎えることがあるのでしょうか。

終身保険は満期がない

終身保険は、『一生涯の保障』が原則であるため、満期を迎えることはなく、満期保険金も支払われません。

満期保険金がある生命保険

満期保険金が受け取れる生命保険はあるのでしょうか。

学資保険

学資保険とは、子どもの教育資金の貯蓄と万が一に備えた保障を並行できる生命保険です。子どもの進学時期に合わせて満期を設定し、受け取った満期保険金を教育資金に利用します。

保険料を有期払いや一時払いにすると、満期保険金の返戻率が高くなる商品もあるので、加入前に保険料の払込方法を検討しておきましょう。

また、子どもの進学のタイミングなどに合わせて、祝い金が支払われる商品もありますが、基本的に祝い金は、満期保険金の一部を前払いする形です。よって、祝い金を受け取った分、満期保険金の金額が少なくなるので注意しましょう。

学資保険・学資プランのことなら学資金準備スクエア|ソニー生命保険

養老保険

養老保険は、定年するタイミングなどに合わせて満期を設定し、受け取った満期保険金を、老後資金に充てることを目的とした生命保険です。

所定の積立金を払い込むことで、決まった額の満期保険金を受け取る商品や、一時払いで保険料を払い込み、満期を迎えたときの利率に応じた満期保険金を受け取る商品などがあります。

養老保険 | ソニー生命保険

生存給付金付保険

生存給付金付保険とは、2年ごと、3年ごとなど保険会社が定める期間が経過するごとに生存給付金が、満期を迎えたときには満期保険金が支払われる生命保険です。

生存給付金や満期保険金の金額は、死亡保険金の金額をもとに割合が決められており、その割合は保険会社によって異なります。

定期的に払戻がある分、保険料は高くになるので、加入前に保険料をしっかりと確認しておきましょう。

ニッセイ みらいのカタチ 生存給付金付定期保険 | 日本生命保険相互会社

生命保険の死亡保険金受取人について

生命保険では、被保険者が死亡した場合に『死亡保険金』が支払われます。死亡保険金の受取人は、保険契約時に指定された人になりますが、契約後に変更はできるのでしょうか。

受取人は変更が可能

死亡保険金の受取人は、被保険者の同意があれば変更できます。保険会社に連絡し、変更に必要な書類を送付してもらいましょう。

契約者(保険料負担者)と被保険者が異なる場合は、契約者と被保険者の続柄を証明する書類が必要になることもあります。よって、事前に必要書類を保険会社に確認しておくとスムーズに手続きが進められます。

受取人の変更手続きには数週間かかることもあるので、早めに済ませておきましょう。

保険金受取人の変更をする | 日本生命保険相互会社

受取人を誰にするかで税金が変わる

受取人の変更で注意したい点は、受取人を誰にするかによって、死亡保険金を受け取ったときにかかる税金が変わることです。

契約者 被保険者 受取人 税金の種類
所得税
妻または子ども 相続税
子ども 贈与税

例えば、契約者である夫が妻の保険料を負担し、夫が死亡保険金を受け取った場合(契約者と受取人が同じ)は、所得税が課せられます。

夫が自分で保険料を支払い、死亡保険金を妻、または子どもが受け取る(契約者と被保険者が同じ)と相続税の対象です。

そして、夫が妻の保険料を負担し、子どもが死亡保険金を受け取る(契約者・被保険者・受取人のそれぞれが異なる)と、贈与税が課せられます。

死亡保険金の金額が同じでも、税金の種類によって差し引かれる税額が変わるため、受取人を変更する前に調べておくことが重要です。

死亡保険金を受け取ったとき|国税庁

おすすめの終身型の生命保険

最後に、おすすめの終身型生命保険を紹介します。

オリックス生命の終身保険RISEライズ

オリックス生命の『終身保険RISEライズ』は、低解約返戻金型の終身保険です。保険料の払込期間中は返戻率が低く、払込完了後に返戻率が高くなります。

保険料の払込方法は、有期払いと終身払いのいずれかから選択可能です。有期払いにおいては、保険料の払込完了後に返戻率が100%を超え、払込保険料の総額よりも高い解約返戻金が受け取れる場合があります。

また、保険料はクレジットカード払いも可能で、クレジットカードのポイントも貯められお得です。

終身保険RISE[ライズ]|オリックス生命保険株式会社

アクサダイレクトの終身保険

保険料を安く抑えたい人には、アクサダイレクトの『終身保険』がおすすめです。低解約返戻金型、および払込方法を終身払いのみにすることで、安い保険料を実現しています。

死亡保険金は、200万~4000万円の範囲で設定可能です。よって、葬儀費用を捻出できる程度でよい人や、家族のために多額の資産を残したい人など、どのような人にも向いている商品だといえるでしょう。

ただし、払込方法が終身払いのみなため、途中解約をすると元本割れを起こします。一生涯にわたる契約を前提とし、死亡時の保障を確保したい人に向いている生命保険です。

終身死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

アフラックの終身保険どなたでも

健康状態に不安がある人は、アフラックの『終身保険どなたでも』がよいでしょう。一般的に生命保険は、健康状態に問題がある場合、加入審査に通りません。しかし、アフラックの終身保険どなたでもは、健康状態にかかわらず申し込めます。

また、月々の保険料は、2000円から1000円単位で指定できるので、家計に無理のない範囲に抑えることができます(※)。

さらに、契約年数に応じて解約返戻金が払い戻されるため、払込保険料が無駄になることもありません。

保険料を安く抑え過ぎると、保障が十分に得られない可能性もあるので、保険料と保障内容のバランスを考慮してから契約しましょう。

(※月々の最低保険料は、契約年齢や性別によって異なります)

終身保険どなたでも|保険・生命保険はアフラック

まとめ

終身型の生命保険は、払込保険料が戻る商品が多いほか、節税対策になることもあるため、お得な保険だといえます。

ただし、定期型と比べると保険料が高いので、家計へ負担がかからない範囲で保障内容を考えてから、加入を決めることが大切です。

また、保険料の払込方法によっては、保険料の割引を受けられることもあるので、加入前にしっかりと調べておきましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • プルデンシャル生命の保険について

    私は現在43歳でプルデンシャル生命の死亡保険に加入しています。終身の死亡保険なのですが、これをがん保険と合体できるような契約があるのかどうかが知りたいです...

    男性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 保険見直しのタイミングを教えてください

    保険見直しのタイミングを教えてください。 現在28歳です。25歳から今の保険に加入しました。10年ごとの更新(自動更新)なのですが、現在の保険料を少し高く...

    男性 / 熊本県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • ライフネット生命の保険について

    ライフネット生命は、 新しい生命保険の会社だけど大丈夫ですか インターネットでしか対応出来ないと 聞いたので不安になったんです。 説明をしてくれるのは、イ...

    女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • アフラックの学資保険

    子どもが高校、大学生になったときに お金がかかるので困らないように 子ども1人につき月8000円の 学資保険に入っています! 満期になると4回の分割で入っ...

    女性 / 静岡県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供3人以上

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり