1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. ガン保険
  4. がん保険の必要性は70代でもあるのか。貯蓄を検討するのもよい方法

がん保険の必要性は70代でもあるのか。貯蓄を検討するのもよい方法

70代におけるがん保険への加入は、慎重に検討する必要があります。保険を契約する前に、70代のがんの罹患率(りかんりつ)やがん治療にかかる費用、がん保険の保険料などの実態を知り、加入の必要性を考えてみましょう。

この記事の目次

70代のがんの実態

まず、70代のがんの実態について知っておきましょう。

高齢者ほどがんになる可能性は高くなる

がんは、日本人の死因において第1位の病気で、高齢になるほどがんの罹患率(りかんりつ:病気にかかる割合)や死亡者数が増加します。

以下は、国立がん研究センターの『最新がん統計』のデータです。がんの罹患率は、50代ごろから大幅に上昇し、その後は年齢に比例して上がり続けていることが分かります。

年齢階級別がん罹患率(全部位 2013年) 男女

出典:最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計]

また、以下は年齢別のがんの死亡者数のデータです。(厚生労働省の『2017年・人口動態調査(第7表)』より)

年齢(歳) がんによる死亡者数(人)
50~54 7262
55~59 1万2205
60~64 2万1233
65~69 4万4415
70~74 4万9324
75~79 5万8993

がんによる死亡者数も年齢とともに増加しており、70代はほかの年齢と比べて、死亡者数が多い結果となっています。

平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省

がんになったときの費用

がんにかかったときの医療費は、高額になることも少なくありません。全日本病院協会の『医療の質の評価・公表等推進事業』の医療費データによると、70代におけるがんの種類別平均医療費(1入院あたり)は、以下のようになっています。

がんの種類 平均医療費(円)
胃がん 98万9475
結腸がん 83万5416
直腸がん 97万8409
肺および気管支のがん 73万9789

上記は公的医療保険適用前の金額ですが、公的医療保険の適用されたとしても、かなりの医療費がかかることが分かります。

医療費:医療の質の評価・公表等推進事業:病院運営支援事業 – 全日本病院協会

70代の医療費は低く抑えられている

70代からは、公的制度によって医療費の自己負担額が低く抑えられます。

公的医療保険の自己負担額は低い

6~69歳の公的医療保険適用後の医療費の自己負担額は、総医療費の3割です。しかし、70歳からは所得額などの条件に応じて、自己負担額が軽減されます。

70~74歳までの自己負担額

所得区分 自己負担額
一般・低所得者 2割
現役並み所得者 3割

一般・低所得者か現役並み所得者かの判定は、以下のように行われます。

判定方法

出典:現役並み所得者に係る判定基準について | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

75歳からの自己負担額

所得区分 自己負担額
一般・低所得者 1割
現役並み所得者 3割

後期高齢者医療制度(75歳からの医療保険制度)|健保の取り組み・お知らせ・お願いなど|もっと知りたい『健康保険』のこと|パナソニック健康保険組合

高額療養費制度により自己負担額の上限がある

70代になると、高額療養費制度の自己負担限度額(自己負担の上限額)も、所得額に応じて軽減されます。

高額療養費制度とは、1カ月の医療費の自己負担額が、所定の自己負担限度額を超えた際に、支払った医療費の一部が払い戻される制度のことです。

è²ÂÂ担方法を説明した表の画像

出典:高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

70歳以降で所得区分が一般、または低所得者の場合は、69歳までよりも自己負担限度額が低く設定されるため、医療費の自己負担額が減り、家計への負担が軽くなります。

70代でがん保険の加入の必要性を考える

70代でがん保険に加入する必要はあるのでしょうか。

保険料が高い

高齢になるほど、がんの罹患および死亡リスクが上がるため、がん保険の保険料は高くなります。

70代のがん保険の保険料を確認する

70代におけるがん保険の保険料を確認してみましょう。例えば、ライフネット生命のがん保険『ダブルエール』の場合、70歳男性の保険料は『月額9994円』です。

同条件での50歳男性の保険料は『月額5006円』なので、約2倍も保険料が高くなります。

保険商品や保障内容、特約の有無などによって、保険会社ごとに多少保険料は異なりますが、一般的に70代で加入すると、保険料は割高になる傾向にあります。

かんたん保険料シミュレーション | 生命保険・医療保険のライフネット生命

保障を受けられないことが多い

70代では、保障を受けられないことも多くなります。がん保険は、健康状態に問題がある人は加入不可となる商品が多いためです。

また、『加入は69歳まで』などと、年齢制限が設けられているがん保険もあり、そもそも申込ができない場合もあります。

保険より貯蓄に回するのも賢明な方法

70代はがんの罹患率が高まるものの、公的制度によって医療費が軽減されるため、現役世帯と比べてがん治療による家計への負担が少なくなります。

70代のがん保険の保険料が高額になることも踏まえると、無理にがん保険に加入するよりも、その分を貯蓄に回すのも賢明といえるでしょう。

ただし、現役並み所得者と判定され、医療費の負担が現役世代と変わらない場合は、がん保険に加入して、万が一に備えたほうがよい場合もあります。

加入の判断が難しい場合は、保険の相談窓口で専門家の意見を聞くなどして、慎重に検討しましょう。

保険の無料相談や見直し・比較|ほけんの窓口【公式】

まとめ

70代は公的制度などによって医療費が軽減されるため、がん治療による家計への負担は、現役世代よりも抑えられます。

そのため、無理にがん保険に加入するよりも、保険料分を貯蓄に回すのもよいでしょう。

もし、がん保険に加入する場合は、各保険会社の商品を比較し、保障内容や保険料をしっかり確認しましょう。

がん保険の必要性。ライフステージや年代別にわかりやすく解説

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 毎月の支払いが安い保険会社を教えてください

    現在、第一生命に加入しているのですが、毎月の支払いが一万を超えていて少し負担になってきています。 具体的な保険の内容は、ブライトWayの5年ごと配当付き終...

    女性 / 宮城県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 県民共済の保証内容は将来良いのか

    今現在、夫婦ともに県民共済に加入しています。 加入する際、大手の保険会社に色々話を聞いて申し込みをしたいなと思っていたのですが、やはり月額の料金も高いので...

    女性 / 栃木県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • 今後のドル建て商品の行方

    旦那がアメリカ人であるため将来アメリカに住む可能性もあり、満期になった時ドルで受け取ることが出来るようにドル建ての保険に加入しました。しかし、もし満期にな...

    女性 / 神奈川県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

ガン保険の人気記事

カテゴリ

保険