1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 生命保険
  4. 生命保険のおすすめの選び方は30代では?必要性とポイントを解説

生命保険のおすすめの選び方は30代では?必要性とポイントを解説

30代でも生命保険に加入したほうがよいのでしょうか。30代の生命保険の必要性や生命保険を選ぶときのポイントを解説します。また、生命保険の役割や種類といった基礎知識と併せて、30代におすすめの生命保険も紹介します。

この記事の目次

生命保険の役割

生命保険とは、以下のような役割を持つ民間の保険のことです。

死亡に対する備え

生命保険が持つ大きな役割の1つとして、『死亡に対する備え』があります。加入者が死亡した場合に、残された家族の生活を支えるための保障です。

加入者の死亡時に、まとまった金額の保険金が支払われたり、給料のように毎月保険金が支払われたりするため、当面の生活費などを確保できます。

保険金の支払い方法は保険商品によって異なり、保険金額はその保険商品が定める範囲内で、ある程度自由に設定可能です。

ただし、保険金の受け取り方や保険金額によって、月々の保険料が変わるため、保障内容と保険料のバランスを考えて契約する必要があります。

医療費に対する備え

生命保険には、『医療費に対する備え』という役割も持っています。ケガや病気による入院・手術などで発生した医療費の負担を軽減するための保障です。

『がん』『急性心筋梗塞』『脳卒中』の3大疾病の治療に備えるものや、乳がんなどの女性特有の疾病に備えるものなど、いろいろなタイプがあります。

また、医療費だけでなく、公的医療保険の対象外となる差額ベッド代(※)や、入院中の生活費などを保障する商品も販売されています。

ただし、医療費は公的医療保険や公的制度で十分対応できる場合も多いため、保険料をかけてまで加入する必要があるかを、しっかり検討することが重要です。

(※差額ベッド代とは、患者が1~4人部屋への入院を希望したときなどに発生する費用のことです)

生活資金に対する備え

将来の生活資金に対する備えができる生命保険もあります。加入者の死亡時には死亡保険金、保険期間の満期時には満期金などが支払われるため、万が一の事態に備えつつ、老後資金や子どもの教育資金を準備できます。

このタイプの生命保険は、保険料が高くなる場合が多く、さらに受け取れる保険金額が払い込んだ保険料を下回ることもあります。

そのため、保険に加入せずに貯金だけ続けた場合と保険に加入した場合、どちらがよりメリットが大きいかをよく考えて加入を決めることが大切です。

生命保険の基礎を知ろう。一般知識をわかりやすく解説します

生命保険の種類は3つ

生命保険の種類は、大きく分けて3つあります。

定期保険

定期保険とは、保障が一定期間内のみに限定されている保険のことです。保障期間が年齢で決まる『歳満了(さいまんりょう)』と、年数で決まる『年満了(ねんまんりょう)』の2種類があります。

定期保険は、解約時や満期時にお金が支払われない代わりに保険料が安い、『掛け捨て型』であるのが一般的です。

そのため、保険料を抑えながら保障を充実させたい人や、定期的に保険を見直したい人などに向いています。

定期保険 | ソニー生命保険

終身保険

終身保険とは、保障が生涯続く保険のことです。解約時や満期時にお金が戻ってくる代わりに、定期保険と比較すると保険料が高いという特徴があります。

保険に貯蓄性を求める人や、多目的に利用できる資金を準備しておきたい人に向いています。

終身保険 | ソニー生命保険

養老保険

養老保険は、定期保険と終身保険を組み合わせたような特徴を持つ保険です。保障は一定期間内に限定されており、解約時には解約返戻金(かいやくへんれきん)、満期時には満期金が支払われます。

また、保障期間内に加入者が死亡した場合は、遺族に死亡保険金が支払われるため、保障と貯蓄の両方を求める人に向いています。

ただし、加入者にメリットが多い分、保険料が高くなるので、加入を決めるときには家計への負担をしっかり考えておくことが大切です。

明治安田生命 | 養老保険

30代の生命保険の必要性

30代でも生命保険に加入する必要はあるのでしょうか。

既婚で子ども有りなら加入するべき

30代でも既婚で子どもがいる場合は、生命保険に加入したほうがよいでしょう。特に、子どもがまだ小さい場合、将来教育費など多額の資金が必要になるため、生命保険へ加入しておいた方が安心です。

また、子どもが生まれたばかりだと、妻がまだ働けない状態という可能性もあります。そのようなタイミングで世帯主が死亡したり、病気で働けなくなったりすると、生活が困窮することが考えられます。

生命保険に加入しておけば、万が一のときにまとまったお金が手に入るので、当面の生活費や医療費、葬儀代などを確保でき、家族の生活を守ることが可能です。

女性も加入を検討する価値はある

女性にも生命保険への加入を検討する価値はあります。30代になると、急激に乳がんなどの発症リスクが上がるためです。

オリックス生命の試算では、がんによって入院した場合の自己負担額の平均は、1日あたり『1万9800円』となっています。

そして、アストラゼネカ株式会社が公表している乳がんでの入院日数は、『約4~12日』です。つまり、最短で退院しても8万円程度の医療費がかかる計算になります。

症状が重ければ、さらに入院日数が伸びて医療費がかさむほか、退院後も経過観察などで通院が必要になり、医療費がかかることもあるでしょう。

そのため、生命保険に加入して、医療費が高額になった場合に備えておくことが肝心です。

がん保険の選び方|オリックス生命保険株式会社
よくある質問 | 乳がんの情報サイト「乳がん.jp」

30代の生命保険の選び方のポイント

30代で生命保険を選ぶときには、以下のようなことを押さえておきましょう。

独身なら高額な死亡保障は不要

独身で生命保険に加入する場合は、高額な死亡保障を付ける必要はありません。死亡保障の目的は、遺された家族の生活を支えるためだからです。

それよりも独身の場合は、病気などで働けなくなった場合のリスクに備えて、医療保障を充実させておくとよいでしょう。

生命保険は年齢が上がるほど審査が厳しくなり、保険料も高くなります。そのため、金銭的に余裕がある場合は、保険料が安い30代のうちに終身保険に加入しておくと安心です。

もし、転職や出産などにより、生活環境が変わる可能性が高い場合は、保険料が安く見直しがしやすい定期型保険に加入するとよいでしょう。

既婚なら定期保険で死亡保障を

30代で既婚の場合は、定期保険で死亡保障を付けることをおすすめします。30代であれば持病などがない限りは、配偶者に万が一のことがあっても自分が働けばよいので、すぐに生活に困るようなことはありません。

ただし、葬儀代や遺品整理などの費用が発生するため、その費用をまかなえる程度の死亡保障を付け、配偶者の負担にならないように備えておくとよいでしょう。

定期保険であれば、今後配偶者が妊娠するなど、生活環境が大きく変わることがあっても、見直しがしやすいといえます。

既婚子ども有りなら高額な死亡保障を

30代で既婚、さらに子どもがいるのであれば、できるだけ高額な死亡保障を付けましょう。子どもには、小学校・中学校・高校と多額の資金がかかる時期がやってきます。

このときに世帯主が死亡すると、遺された家族に大きな負担がかかります。もし、配偶者が専業主婦(夫)やパートだった場合は、進学どころか生活していくことさえ困難になる可能性もあるでしょう。

そのため、できる限り高額な死亡保障を付けて、家族のその後の生活を守らなければなりません。

ただし、保険金額を上げるとその分保険料も高くなるので、家計の負担になりすぎないように注意しましょう。

30代におすすめの生命保険

ここでは、30代におすすめの生命保険を紹介します。

ライフネット生命 家族への保険

ライフネット生命の『家族への保険』は、手頃な保険料で万が一のときにしっかり備えられる、定期タイプの生命保険です。

死亡時の保険金額は500万~1億円の範囲で100万円単位で指定できます。保障期間は10年・20年・30年の年満了と、65歳・80歳・90歳の歳満了の中から選択可能です。

また、申込時に健康診断書を提出しなくてもよいので、健康診断を受けるのが面倒という人でも気軽に申し込めます。

ただし、健康診断書を提出しない場合は、保険金額の上限額に制限がかかるので注意が必要です。

定期死亡保険「かぞくへの保険」とは 保険の概要とポイントを解説 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

オリックス生命 終身保険RIZE

終身タイプの生命保険を検討している人には、オリックス生命の『終身保険RIZE(ライズ)』がおすすめです。

死亡時には死亡保険金、病気やケガで高度障害状態なった場合は、高度障害保険金が支払われるので、死亡時と働けない状態になったときのどちらにも備えられます。

また、余命6カ月以内と判断されたときに保険金が支払われる特約や、要件を満たした加入者が要介護状態となったときに、保険金が支払われる特約も付いています。

そのため、保障が手厚い生命保険を求めている人に適している生命保険です。

(※高度障害状態とは、両目の視力を永久に失うなど、規定で定められている障害状態に該当する状態のことをいいます)

終身保険RISE[ライズ]|オリックス生命保険株式会社

メットライフ生命 スーパー割引保険

保険料の安さを重視するのであれば、メットライフ生命の『スーパー割引保険』がよいでしょう。

スーパー割引保険では、健康体であれば通常の保険料から最大52.9%が割引されます。

また、病気による死亡だけでなく、交通事故などの予測できない災害による死亡・高度障害に対する保障もあり、保障内容が手厚いのも特徴です。

スーパー割引定期保険のメットライフ生命

まとめ

30代でも既婚で子どもがいる人は、万が一のことが起きても家族の生活を守れるように、生命保険に加入しておく必要があります。

また、独身や子どもがいない場合でも、生命保険に加入しておけば、働けなくなったときの生活費や、死亡時の葬儀代などが確保できます。

生命保険といってもさまざまな種類があり、保障内容や保険金額が異なるので、目的に合った生命保険を見つけることが大切です。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 東京海上日動あんしん生命のがん保険について

    現在がん保険に加入していますが、がん保険が必要なのかどうか教えてください。 祖父母も母もがんを患ったため、自分も可能性があると思いがん保険に加入しました。...

    女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • オリックス生命の医療保険ってどんなのがありますか

    現在、オリックス生命の医療保険では新キュアレディや新キュアがありますが女性は新キュアレディに入った方がお得なのでしょうか?最近入院日数が多めの方が安心と言...

    女性 / 滋賀県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • アフラックがん保険について

    現在掛け捨てのがん保険を積み立てに移行することは可能でしょうか? またその場合は移行前の掛け金に対してどのようなメリット、デメリットがあるんpでしょうか?...

    男性 / 愛知県 / 年収 901-1000万円 / 既婚

生命保険の人気記事

カテゴリ

保険