1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 医療保険
  4. 女性向け医療保険を比較。保険の種類や女性疾病特約の特徴を解説

女性向け医療保険を比較。保険の種類や女性疾病特約の特徴を解説

民間の医療保険には、女性特有の病気に対する保障が充実した、女性向け医療保険があります。本記事では、女性向け医療保険の対象となる病気や保障内容について詳しく解説します。また、おすすめの女性向け医療保険も紹介します。

この記事の目次

女性のための医療保険とは

女性のための医療保険とは、どのようなものでしょうか。

女性向け医療保険の特長

女性向け医療保険とは、乳がんや子宮がんといった女性特有の疾病や、女性がかかりやすい疾病の保障が充実した保険のことです。

また、帝王切開や異常分娩、早産などの妊娠・出産時のトラブルに対する保障が受けられる場合もあります。

20代からでも加入した方がよい?

医療保険は、20代のうちから加入を検討した方がよいでしょう。基本的に医療保険は、年齢が若いほど審査に通過しやすく、保険料も安くなるからです。

また、医療保険は、一度大きな病気にかかると、完治しても加入を断られることがあるほか、女性の場合は、妊娠すると審査に通過しづらくなることがあります。

内閣府が公表した『平成29年版・少子化社会対策白書(婚姻・出産の状況)』によると、2015年時点での第1子出生時の母親の平均年齢は30.7歳です。

また、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんは、発症のリスクが30代から急激に上がります。

つまり、30代になると妊娠したり、大きな病気にかかりやすくなったりし、医療保険に加入しづらくなる可能性が高まるということです。そのため、20代のうちに医療保険に加入しておいたほうが安心だといえます。

平成29年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF版) - 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府

医療保険の種類

医療保険にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を知って、選ぶ際の参考にしましょう。

保険料が安めの掛け捨て型

『掛け捨て型』とは、解約返戻金(※1)や満期金(※2)などによる、掛金の払い戻しがない保険のことです。その代わりに保険料が安い傾向にあります。

また、保険期間が限定されている定期保険であることが多く、保険の掛け替えや保障内容の見直しがしやすい点がメリットです。

よって、独身の人や、保険料を抑えつつ保障を充実させたい人に適しています。

(※1.解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは、保険を契約期間の途中で解約した場合に支払われるお金のことです)

(※2.満期金とは、加入中の保険が満期を迎えたときに支払われるお金のことです)

健康祝い金がある貯蓄型

『貯蓄型』とは、解約返戻金や満期金などが支払われる保険のことです。また、保険の種類によっては、一定期間保険金の支払いがなかった人に対して、健康祝い金などが支払われることもあります。

貯蓄型の保険はお金が戻ってくる分、掛け捨て型よりも保険料が高くなる傾向にあります。また、保険期間に制限のない生涯保障である場合が多いことも特徴の1つです。

支払った保険料をなるべく無駄にしたくない人や、教育資金や老後資金などを準備したい人に向いています。

死亡保障が付く保険もある

掛け捨て型と貯蓄型のどちらにも、死亡保障が付く保険があります。死亡保障とは、保険加入者が死亡した場合に、遺族に保険金が支払われる保障です。

独身の場合はあまり必要ありませんが、家族がいる人や小さな子どもがおり、これから多額の養育費がかかる人は、死亡保障の有無や保険金額も重視して保険を選ぶとよいでしょう。

なお、死亡保障は、死亡時に受け取れる保険金額を多くするほど、保険料は高くなります。保険金額と保険料のバランスを考え、家計の負担になりすぎない金額で契約することが大切です。

医療保険の比較ポイントとは。ケース別におすすめの保険を紹介

医療保険の女性疾病特約とは

医療保険の『女性疾病特約』とは、どのような特約なのでしょうか。

特約の対象となる病気

多くの女性疾病特約では、以下のような女性特有の病気が対象になっています。

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 子宮筋腫

また、バセドウ病やリウマチなどの女性がかかりやすい病気や、妊娠・出産時のトラブルなども対象となっていることがあります。

医療保険 アフラックの女性疾病特約

女性疾病特約の特徴

女性疾病特約は、通常の医療保険(主契約)に有料で付けることが一般的です。女性疾病特約を付けると、その分保険料は高くなります。

しかし、対象の病気にかかった場合に、女性疾病特約の保険金が主契約の保険金に上乗せされて支払われるため、治療費の負担が軽減できる点がメリットです。

また、女性疾病特約には、乳房再建給付金(※1)や保険料払込免除(※2)などの保障が含まれている場合もあります。

(※1.乳房再建給付金とは、乳がんの治療のために乳房を切除し、その後乳房の再建手術を受けた場合に支払われる給付金のことです)

(※2.保険料払込免除とは、保険会社が定める条件を満たした場合に、以降の保険料の支払いが免除されることです)

おすすめの女性向け医療保険

さまざまな保険会社が提供している女性向け医療保険の中から、おすすめの商品を紹介します。

オリックス生命 医療保険 新CURE Lady

オリックス生命の女性向け医療保険『新CURE Lady』では、乳がんや子宮筋腫といった女性特有の病気だけでなく、全てのがんでの入院時に女性入院給付金が上乗せされます。

また、対象の手術を外来で受けた場合には、主契約の入院給付金日額の5倍、入院中に受けた場合には20倍の手術給付金が支給され、保障の手厚い女性向け医療保険です。

入院給付金日額5000円・終身払いにおける月額保険料は、30歳で1967円と手頃な金額で、加入時の保険料から上がることはありません。

ただし、保険料が安いかわりに、死亡保障や解約返戻金の支払いがないため、小さい子どもがいる人や貯蓄としての目的がある人は、別途死亡保障のある保険に加入するなどの対応が必要です。

女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]|オリックス生命保険株式会社

メットライフ生命 フレキシィ 女性専用

メットライフ生命の終身医療保険『フレキシィ女性専用』は、健康祝い金がある女性向けの医療保険です。

保険期間中に継続して10日以上の入院がなければ、5年ごとに10万円の健康祝い金が支払われます。

ただし、健康祝い金がある分、最も保険料が安い入院給付金日額5000円のシンプルコースに加入した場合でも、月額保険料は30歳で2667円です。掛け捨て型保険に比べて高くなるので注意しましょう。

また、介護一時金や認知症一時金などオプションが豊富なので、保障内容をカスタマイズしたい人にも向いています。

終身医療保険 フレキシィ S [女性専用タイプ]のメットライフ生命

アフラック レディースEVER

アフラックの『レディースEVER』は、サポートの手厚い女性向け医療保険です。24時間医療専門スタッフに健康相談ができるサービスや、治療目的の専門医紹介サービスなどを無料で利用できます。

また、短期入院や通院治療に対しても保険金が支払われるため、治療期間が短い場合でも安心です。

入院給付金日額5000円の通院保障ありプランでも、月額保険料は30歳で2160円なので、保険料を安く抑えて保障を手厚くしたい人に適しています。

ちゃんと応える医療保険レディースEVER:特長|保険・生命保険はアフラック

まとめ

女性向けの医療保険は、掛け捨て型や貯蓄型などの種類があります。商品によって対象となる病気が異なるため、各社を比較して自分に合ったものを見つけましょう。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 保険について7つお聞きしたいです

    もしもの時の保険を契約したいなと考えているのですが、 1.必須の保険の種類がどれなのかわからない 2.医療保険と生命保険、損害保険の違いがわか...

    20代 / 男性 / 福岡県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • お得な生命保険について

    お世話になります。私は、昨年郵便局のかんぽ生命で、生命保険に加入しました(商品名自体は、忘れてしまいました。)。その保険は、年間一括で10万円払い込み(毎...

    男性 / 埼玉県 / 年収 601-700万円 / 既婚

医療保険の人気記事

カテゴリ

保険