1. Fincyトップ
  2. 保険
  3. 保険の見直しは必要?見直し方を押さえて自分に合った保険を選ぼう

保険の見直しは必要?見直し方を押さえて自分に合った保険を選ぼう

万が一に備えて、生命保険や医療保険、損害保険などに加入している人もいるのではないでしょうか。いざというときのために十分な保障を得るには、定期的な保険の見直しが必要です。本記事では、保険を見直す際のポイントを詳しく解説します。

この記事の目次

保険の見直しは必要?

保険は、自分や家族に万が一のことがあったときに、資金面で困らなくて済むように備えることを目的とし、通常は長期にわたり契約します。

そのため、契約時に自分に合ったプランで契約をしていても、ライフステージ(※)の変化などにより、保障内容が合わなくなることがあります。

保障内容がずれたままの保険では、いざというときに十分な保障が受けられない可能性があるため、定期的な見直しが必要です。

(※ライフステージとは、人生を状況により分けた段階のことです。新婚期、教育期、子供独立期、老夫婦期などに分けられます)

状況が変われば必要な保障も変わる

必要な保険は、以下のような置かれた状況により異なります。

  • 年齢
  • 性別
  • 健康状態
  • 既婚 / 独身
  • 子どもの有無
  • 子どもの年齢
  • 資産状況

例えば、年齢が若い独身の人は、保険料を抑えたベーシックな保障でもよいでしょう。一方、小さな子どもがいる働き盛りの人は、家族のために手厚い保障が必要です。

契約時と現在の自分の状況に変化があったと感じる人は、一度保険を見直してみましょう。

ライフステージから選ぶ|オリックス生命保険株式会社

解約するときの注意点

保険を見直し不要な保険が見つかったときや、新しい保険に入り直したいときには、現在契約している保険を解約しなければなりません。保険を解約する際には、いくつかの注意点があります。

無保険期間を作らない

保険を解約するときは、『無保険期間』を作らないようにしましょう。解約から新規契約までに間が空いてしまうと、その間は保障が何もない状態となります。

万が一、無保険期間に病気やケガ、事故などが起きたときには、保障を受けることができません。現在加入している保険の解約は、新しい保険の契約が済んでからにしましょう。

なお、多くのがん保険では、保障を受けられない『免責期間』を、契約から3カ月間設けています。

免責期間のある保険を新たに契約する場合は、免責期間が終了するまで保険の解約を待ちましょう。

ご契約スケジュール|保険・生命保険はアフラック

新しい保険の審査に通ってから解約する

保険は、申し込んだ日から保障が開始されるわけではありません。保険に申し込んだ後、審査に通ると契約が完了し保障がスタートします。

審査に通ったことを確認するまでは、現在の保険を解約しないようにしましょう。保険の審査は、さまざまな視点からチェックされます。

そのため、仮に以前加入していた保険に再度申し込んだとしても、年齢や健康状態の変化により、契約できないこともあります。

また、同じ保障内容の保険でも、保険会社が異なれば、審査結果に違いが出ることがある点も覚えておきましょう。

保険の見直しはネットで簡単にできる?保険料を下げるコツとは

保険の見直しのポイント

ここでは、保険を見直すときに確認するポイントを解説します。

保障などの内容の見直し

現在加入している保険を見直す際は、以下の点を確認します。

  • 保険料
  • 保障内容
  • 保険金額
  • 保険期間

自分のライフステージや資産状況などと照らし合わせ、保障内容が合っているか、保険料が適正かどうかを確認しましょう。

保険会社の比較と見直し

保険は、各保険会社がさまざまな商品を販売しています。同じ保障内容の保険でも、商品によっては保険料が安くなることも珍しくありません。

また、同じ保険料でも、商品を変えることで保障が充実することもあります。複数の商品を比較し、より自分に合った保険を選ぶことが大切です。

保険を見直したい時期とは

どのような時期に、保険の見直しをするとよいのでしょうか。

結婚や子どもができたとき

結婚したときや子どもができたときは、家族が増えるタイミングです。そのため、以下を考慮して保険を見直しましょう。

  • 万が一のときに、遺された家族に必要な生活費
  • 世帯主が就労不能になったときに必要な収入補てん
  • 子どもの教育費

特に、子どもが小さいときや、住宅ローンの支払いがある働き盛りのうちは、世帯主に万が一のことがあると、家族に資金面での負担がかかることが考えられます。

家計に大きな負担とならない範囲で、手厚い保障を備えられるよう検討しましょう。

結婚したとき | 生命保険の選び方 | 東京海上日動あんしん生命保険
こどもが生まれたとき | 生命保険の選び方 | 東京海上日動あんしん生命保険

就職や転職、独立など

就職や転職、独立などをしたときは、収入額や社会保険が変わるタイミングです。このときに保険を見直すポイントとしては、以下が挙げられます。

  • 収入に対し適切な保険料か
  • 病気やケガをしたときに、どのくらいのお金が必要か
  • 公的年金の受取額

健康保険や厚生年金の保障内容は、企業により異なります。就職や転職をしたときには、新たに加入する制度の保障内容をきちんと確認し、足りない部分を保険で補いましょう。

また、会社員から独立すると、国民健康保険および国民年金に変わるため、この場合も保障内容の確認が重要です。

子どもの自立や親の扶養

子どもが自立したり、親の扶養となったりしたときは、家族の状態に変化があるタイミングです。以下を考慮して保険を見直しましょう。

  • 保障内容が家族構成と合っているか
  • 今後も払い続けられる保険料か

子どもが小さいときに契約した、手厚い保障内容の保険を継続している人は、独立を機に保障内容を整理しましょう。

また、今後定年退職をすることなども考慮し、支払い続けられる保険料の保険を選ぶことも大切です。

定年退職したとき | 生命保険の選び方 | 東京海上日動あんしん生命保険

見直しをする方法

ここからは、保険の見直し方法を紹介します。

保険診断などネットを使う

各保険会社や保険の相談窓口のホームページにある、保険診断ツールなどを利用すれば、パソコンやスマートフォンから手軽に保険の見直しができます。

保険診断では、以下の項目の入力が必要です。

  • 年齢
  • 性別
  • 家族状況(結婚や子どもの有無)
  • 保険に望むこと

回答後は、おすすめの保険の種類や商品が提示されます。

あなたにぴったりの保険診断 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

保険見直し本舗などの窓口で相談

『保険見直し本舗』などの相談窓口では、スタッフに直接相談できます。保険会社を限定せず、さまざまな保険を取り扱っているため、幅広い商品の中から自分に合った保険を選ぶことが可能です。

保険の見直し・無料相談なら保険見直し本舗〈公式〉

キャンペーンも活用しよう

保険の相談窓口では、無料で保険の相談ができます。また、時期によっては、以下のようなプレゼントキャンペーンも行っているので活用しましょう。

  • オリジナルグッズ
  • グルメギフト(高級肉や米、フルーツなど)
  • 優待サービス(提携施設やショップをお得に利用できる)

プレゼントは、相談者全員がもらえるケースと抽選のケースがあります。

オリジナルギフトのプレゼントキャンペーン | 保険の無料相談・見直しはお金のプロ(FP)に | 保険のビュッフェ
保険の無料相談で豪華優待サービス利用権プレゼント|保険コネクト

本や雑誌などを参考にする

保険を見直すときは、本や雑誌なども参考にしてみましょう。保険の見直し方法や保険の種類、仕組みなどを解説した本が数多く発売されています。

見直しでおすすめの生命保険

ここからは、おすすめの生命保険を紹介します。なお、紹介する3つの生命保険は、契約時に決めた一定期間に保障を受けられる『定期型』の生命保険です。

被保険者(保険の対象となっている人)が死亡、もしくは所定の高度状態になったときに、保険金が支払われます。

ライフネット生命 かぞくへの保険

項目 詳細
契約年齢 20〜70歳
保険期間 10年・20年・30年
65歳・80歳・90歳満了
保険料払込期間 保険期間と同じ
解約返戻金(※) なし
特約 なし

ライフネット生命の『かぞくへの保険』は、解約返戻金や特約がなくシンプルな保障内容なことから、保険料が安めに設定されています。

(※解約返戻金とは、保険を解約したときに受け取れるお金のことです)

定期死亡保険「かぞくへの保険」とは 保険の概要とポイントを解説 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

オリックス生命 定期保険Bridge

条件 詳細
契約年齢 20~65歳
保険期間 10年・15年・20年・25年・30年
60歳・65歳・70歳・75歳・80歳満了
保険料払込期間 保険期間と同じ
解約返戻金 なし
特約 リビングニーズ特約(※)

オリックス生命の定期保険『Bridge』は、ネット申込による契約手続きが簡単でスピーディーに行えます。

(※リビングニーズ特約とは、被保険者の余命が6カ月と診断された場合に、死亡保険金の一部、または全額を被保険者に支払う特約です)

死亡保険(定期保険)Bridge[ブリッジ]|オリックス生命保険株式会社

アクサダイレクト生命 定期保険2

条件 詳細
契約年齢 20~69歳
保険期間 10年
55歳・60歳・65歳・70歳満了
保険料払込期間 保険期間と同じ
解約返戻金 なし
特約 ・リビングニーズ特約
・災害割増特約(※)

アクサダイレクト生命の『定期保険2』には、以下の無料サービスが付いています。

  • 総合相談医によるセカンドオピニオン、および専門臨床医の紹介
  • 医師や看護師による電話での健康相談を、24時間365日受付

資金面だけでなく、治療に対する総合的なサポートが魅力の保険です。

(※災害割増特約とは、災害による死亡、もしくは高度障害状態となった場合に、保険金額が上乗せされる特約です)

定期死亡保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

見直しでおすすめの医療保険

次に、医療保険を紹介します。紹介する3つの医療保険は、保障が一生涯続く『終身型』です。

オリックス生命 医療保険 新CURE

条件 詳細
契約年齢 0~80歳(保険料払込期間による)
保険料払込期間 終身・短期
主契約 ・入院給付金
・手術給付金
特約 ・先進医療特約
・がん一時金特約
・がん通院特約
解約返戻金 ・保険料払込期間中はなし
・保険料払込終了後は、入院給付金日額×30倍

オリックス生命の『新CURE』は、7大疾病(※1)による入院への保障が手厚く、3大疾病(※2)においては、日数無制限で給付金が支給されます。

(※1:7大疾病は、がん(悪性新生物・上皮内新生物)・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患を指します)

(※2:3大疾病とは、がん(悪性新生物・上皮内新生物)・心疾患・脳血管疾患のことです)

医療保険 新CURE[キュア]|オリックス生命保険株式会社

アクサダイレクト生命 終身医療

条件 詳細
契約年齢 20~69歳(保険料払込期間による)
保険料払込期間 終身
60歳もしくは65歳満了
主契約 ・入院給付金
・手術給付金(Ⅰ型のみ)
特約 ・先進医療特約
・3大疾病保険料払込免除特約
・長期入院一時金給付特約
・入院一時金給付特約
・女性疾病入院特約
解約返戻金 ・保険料払込期間中はなし
・保険料払込終了後は、死亡給付金と同額

アクサダイレクト生命の『終身医療』は、シンプルな主契約が特徴の保険です。特約が充実しており、ニーズに合わせてプランが作れます。

医療保険のシミュレーション | アクサダイレクト生命保険

チューリッヒ生命 終身医療保険プレミアムDX

『終身医療保険プレミアムDX』の契約条件は、以下のとおりです。

条件 詳細
契約年齢 20~75歳(申込プランによる)
保険料払込期間 終身
主契約 ・入院給付金
・手術給付金
・放射線治療給付金
特約 ・先進医療特約
・7大疾病延長入院特約
・ストレス性疾病延長入院特約
・退院後通院特約
・3大疾病診断給付金特約
・3大疾病保険料払込免除特約
・入院一時金特約
・ストレス性疾病保障付就業不能保障特約
解約返戻金 ・保険料払込期間中はなし
・保険料払込終了後は、入院給付金日額×10倍

チューリッヒ生命の『終身医療保険プレミアムDX』は、さまざまな保障が揃っています。

主契約に放射線治療の保障が含まれるほか、特約では7大疾病やストレス性疾病など、幅広く対応できる点が魅力です。

終身医療保険プレミアムDX | チューリッヒ生命

見直しでおすすめの損害保険

最後に、おすすめの損害保険を紹介します。

自動車保険はイーデザイン損保

イーデザイン損保の自動車保険の補償内容は、以下の通りです。

補償項目 詳細
対人賠償責任保険 事故により相手を死傷させたときに、治療費や慰謝料などを補償
対物賠償責任保険 事故により相手の車や物を破損したときに、修理費などを補償
弁護士費用等補償保険 もらい事故などにより、損害賠償を請求する際の弁護士費用などを補償
他車運転危険補償保険 借りた車の運転中に、事故をしたときに補償

補償内容をさらに充実させたい場合は、特約も付加できます。また、インターネット申込割引や無事故割引など、保険料を抑えるサービスもあります。

自動車保険のイーデザイン損保|新規も更新もネット割引10,000円!

火災保険は楽天損保ホームアシスト

楽天損保の火災保険『ホームアシスト』には、4つのプランがあります。プランごとの補償内容を、以下にまとめました。

ワイド ベーシック エコノミー フリー
・火災
・落雷
・破裂または爆発
補償 補償 補償 補償
・風災
・雹(ひょう)災
・雪災
補償 補償額を選択 補償額を選択 補償額を選択
水災 特約による 特約による 補償なし 特約による
・水漏れ
・盗難など
補償 補償 補償なし 特約による
・破損
・汚損
補償 保障額を選択 補償なし 補償額を選択

上記に加え、全プランで火災諸費用や地震火災費用などが補償されます。

ホームアシストは、長期で契約することで、保険料が割引になるサービスがあります。また、事故時には、コンシェルジュによる手厚いサポートが受けられる点も魅力です。

ホームアシスト(家庭総合保険)|楽天損保

傷害保険はau損保 ケガの保険日常の事故

au損保の傷害保険『ケガの保険日常の事故』は、日常生活で負ったケガを補償します。補償されるケガの例は、以下の通りです。

  • 自宅でのケガ
  • 猛暑による熱中症
  • レジャーやスポーツ中の転倒によるケガ
  • ゴルフでのケガ

また、個人賠償責任補償も付加(契約コースによっては、取り外し可能)されているため、日常生活で法律上の損害賠償責任を負ったときには、最大1億円の補償を受けられます。

なお、個人賠償責任補償の対象となる事例は、以下の通りです。

  • スポーツ中に、ボールで相手にケガをさせた
  • 買い物中に子どもが商品を破損した

日常・スポーツ・レジャーの事故にau損保「ケガの保険 日常の事故」

まとめ

万が一のリスクに備える保険は、長期で契約するのが一般的です。しかし、ライフステージや収入などに変化があったときには、見直しをしなければなりません。

見直しには、インターネットや保険の相談窓口、雑誌などを活用しましょう。いざというときに十分な保障を受けるためには、契約している保険の保障内容の確認や見直しを、定期的に行うことが大切です。

生命保険、医療保険、損害保険、ガン保険などに入る前には保険料が支払えるのか、 保険料はどれくらいになるのか、どのような保障が付いているのかが大事です。 まずはライフプランを作成してみましょう!

関連するお金の記事

関連するお金の相談

保険の人気記事

カテゴリ

保険