1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 老後の医療費について

老後の医療費について

80代 / 女性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供1人

預金 999万円
食費 10万円
光熱費 3万円
教育費 5万円
ローン/借金 0円
娯楽/交際費 5万円
通信費/携帯代 1万円
1ヶ月の平均支出 20万円
家賃、住宅ローンの費用 0円

医療費や自分が痴呆になった場合の対処法が知りたいです。
すなわち、法律では、禁治産者制度があるようですが、いまいち、その制度の利用の仕方がわかりません。
私は、省は一ケタの人間です。
私の周りにもホスピスに入所して、後は、静かに最後を待っているという友人も何人かいます。
その点、私は、幸運にもまだ一人で買い物がいけるほど健康です。
しかし、いつかは来るその日に備えなければ、というのは、友人たちとの共通の話題です。
このような年寄りの質問ですが、お答えいただければ、幸甚です。
                                                                        敬具

2017-04-30

専門家からの回答

現在は、禁治産者制度ではなく、成年後見制度という名称になっていたかと思います。
まだお元気なうちに、成年後見人を選定しておくと良いでしょう。
本人の親族以外にも,法律・福祉の専門家その他の第三者等も選定可能です。
成年後見人を選定しておくことで、ご自身の判断能力が著しく低下した場合に、本人しか出来ないような契約でもご自身に代わりに手続きをしたり、預貯金などの財産管理をしてくれたりします。
例えば、銀行で勧められた金融商品を高齢の方がよくわかないまま契約してしまうケースがありますが、こういった場合に成年後見人を選定していると本人に代わって対応してもらう事が可能で安心です。

2017年5月1日 0時18分

この投稿は、2017/4/30時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の相談

関連するお金の記事