1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 住宅ローンが収入の3分の1を占めていて苦しい状況です

住宅ローンが収入の3分の1を占めていて苦しい状況です

30代 / 女性 / 奈良県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

預金 2万円
食費 6万円
光熱費 2万円
教育費 3万円
ローン/借金 0円
娯楽/交際費 1万円
通信費/携帯代 1万円
1ヶ月の平均支出 25万円
家賃、住宅ローンの費用 10万円

住宅ローンが収入の3分の1を占めていて、家計的に苦しいのが現状です。
住宅ローンは繰り上げ返済をしていった方がいいのかどうか、迷っています。
いざという時の為に手元にもある程度まとまった金額の貯金を置いておきたいので、住宅ローンの返済に使うことを躊躇してしまいます。
団信に加入しているので、主人にもしものことがあったら、住宅ローンを払わなくてもよくなるので繰り上げ返済をしない方がいいのかもともつい思ってしまいます。

専門家からの回答

住宅ローンについては、現在の金利と残存年数及び残高によっても、繰上げ返済した方が良いのかどうかの判断も関わってきます。
繰上げ返済のデメリットは、おっしゃられている通り、手元の資金がキャッシュアウトしてしまう事ですね。
住宅ローンを繰上げ返済して、その後、金利の高い教育ローンなどを組んでしまっては、本末転倒です。
家計の全体の収支とライフプランから考える必要性がありますので、FPに相談する事をオススメ致します。

2017年4月30日 13時56分

この投稿は、2017/4/30時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の相談

関連するお金の記事