1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. スマホのデータ通信量を節約する方法。便利なアプリも紹介

スマホのデータ通信量を節約する方法。便利なアプリも紹介

月末になると『モバイルデータの通信量がいつもギリギリ』という人も少なくありません。動画や音楽などを思いっきり楽しむためには、普段から通信量を節約しておくことが大切です。本記事では、通信量の節約方法を紹介します。

この記事の目次

AndroidとiPhoneの設定で節約

まずは、ワンタップで簡単に操作できる、AndroidとiPhoneの通信量の節約方法を紹介します。

機内モードにして通信機能をシャットアウト

通信量を抑えるには、『機内モード』に切り替え、モバイルデータ通信を完全にオフにしてしまう方法があります。

iPhoneやAndroidでは、上または下にスワイプすると、いくつかのメニューが表示されます。その中の『飛行機のアイコン』をタップするだけで、『機内モード』のオン・オフが切り替えられます。

通信量がかさむという人の中には、いつのまにかネットに接続していることがあります。これはアプリがバックグラウンドで通信を行っているためです。よって、機内モードにすると、通信自体がシャットアウトされます。

ただし、機内モードにすると、無料Wi-Fiや電話などの通信も一切行えなくなるので注意が必要です。

データ通信をオフにしてWi-Fiのみ使用

電話や無料Wi-Fiだけ使用したいという人は、『データ通信』をオフにしましょう。オフにすると、モバイルデータによる通信量は遮断されますが、Wi-Fiには接続することができ、電話も使えます。

データ通信の切り替えは、画面をスワイプして表示されるメニューバーの中にあります。

普段は、Wi-Fiに繋いでいる人でも、Wi-Fiの電波が弱くなったり、途切れてしまったりすると、自動的に『データ通信への切り替え』が行われます。

しかし、データ通信をあらかじめオフにしておくことで、Wi-Fiが途切れたとき、データ通信に勝手に切り替わるのを防ぐことができるのです。とくに、Wi-Fiで動画や音楽を楽しんでいるときは、データ通信をオフにしておきましょう。

バックグラウンド通信の設定を変える

いつの間にか通信量が減っているような場合は、アプリがバックグラウンドで通信量を消費している可能性があります。

メールやアプリの位置情報サービスなどは、使用していない間も、最新情報を保つためにデータ通信を行っています。とくに、ファイルサイズが大きなものがダウンロードされると、通信量が一気に減ってしまいます。

そのため、バックグラウンドの通信設定を変えることをおすすめします。『ネットワークの通信を行うアプリ』の項目をタップすると、アプリの一覧が表示されます。

その中から通信したくないアプリがあれば、『モバイルデータ』のチェックを外しておきましょう。逆に『Wi-Fi』にチェックを入れておくと、Wi-Fiがあるときにのみ情報がダウンロードされます。

ブラウザで通信量が違う

通信量は、使用するブラウザごとによって異なります。主なブラウザには、Google Chrome・Firefox・Safari・UC Browser・Internet Explorer・Opera Miniなどがあります。

Safariは通信量が多い?

iPhoneのブラウザといえば『Safari』ですが、通信量を消費しやすい傾向にあります。

そのため、データ通信を節約しなければならない状況では、一時的でもほかのブラウザを使ったほうが賢明といえます。

通信量を抑えるのであればChromeが有効

通信量を抑えられるブラウザとしては『Google Chrome』が挙げられます。読み込むデータの量をある程度圧縮してくれるため、画像などのデータが大きなものを読み込むときには助かります。

Androidの場合は、最初から『Google Chrome』がブラウザとして設定されています。iPhoneでも試してみる価値はあるといえるでしょう。

ほかにもあるおすすめブラウザ

通信量を減らすことに特化すれば、『Opera Mini』や『ドルフィンブラウザ』もおすすめです。

Opera Miniは、ノルウェーのソフトウェア開発会社『オペラ・ソフトウェア』が開発している無料ブラウザで、アドブロックやデータ圧縮の機能を持っているため、通信量を抑えられます。

ドルフィンブラウザは、アメリカのソフトウェア開発会社『MoboTap』が開発しているブラウザで、無料版と有料版があります。

有料版ではOpera Miniと同様、アドブロックやデータ圧縮で通信量を抑えられるほか、一度に複数のサイトを開くことも可能です。

高速ブラウザとしての評価が高く、通信量を抑えて快適にネットサーフィンを楽しみたい人におすすめです。

節約上手の音楽アプリはオフライン使用で

スマホで音楽アプリを使用する人場合は、オフライン再生ができるアプリを使うとデータ通信量が節約できます。

Wi-Fiがない外出先などでも、気軽に好きな音楽が楽しめる方法を解説します。

再生に通信量を使わない

通常は音楽を再生するたびに、通信量が消費されます。通信量を使わない方法としては、音楽をダウンロードしてスマホ内に取り込むか、『オフライン再生音楽アプリ』を使うかのどちらかになります。

iPhoneおよびAndroid端末では、無料で『オフライン再生音楽アプリ』が使用できます。

オフライン再生音楽アプリは、音楽を一度再生するとデータがキャッシュされ、次からはオフラインの状態でも音楽が再生されるという仕組みになっています。

まずはオフラインで使えるか確認を

ストアで音楽アプリを検索すると、多くの商品がヒットします。実際にそのアプリが『オフラインで使えるか』はわからないため、一度試して確認する必要があります。

まず、ネットが繋がる状況下で音楽を一度再生した後、機内モードにしてデータ通信を遮断させます。そして、その状態で曲を再生してみましょう。

もし再生できれば『オフライン再生可能』ですが、ネットワークの接続を求めるエラー表示が出れば、『オフライン再生不可のアプリ』ということになります。

聴きたいジャンルでアプリを決めよう

通信量を必要としない『オフライン再生音楽アプリ』は、好みの音楽ジャンルで選ぶのもひとつの方法です。

世界で1億人のユーザーがいる『Spotify』は洋楽が多く、邦楽が少ないという特徴があります。

最新の洋楽からコアな洋楽まで楽しみたい人にはおすすめできすが、アニソンやJ-POPばかり聞く人には、物足りないかもしれません。

一方で『Jango Radio』は、洋楽・邦楽共に豊富で、あまりメジャーでない日本のインディーズバンドの曲も入っています。

自分好みのアーティストの曲を自動でおすすめしてくれるので、新たな曲に出会える可能性も広がるでしょう。

また、『Nicobox』はニコニコ動画の音楽に特化しています。ボカロ曲や、ゲーム実況者のラジオなど、さまざまな楽しみ方ができるおすすめのアプリです。

暇つぶし中にできる節約テク

暇つぶし中にできる、簡単な通信量の節約方法を紹介します。

YouTubeの動画は画質を下げて視聴する

YouTubeを見るときは、動画の画質を標準以下に下げて視聴することで、通信量が節約できます。

データ通信量の速度が速いと、最高画質に自動設定されてしまいますので、鮮明な画像を見る必要がない場合は、画質をギリギリまで下げるようにしましょう。

ニコニコ動画は専用アプリを使う

『ニコニコ動画』はブラウザで直接鑑賞せずに、専用アプリ『Nicoフォルダー for Nico』を使いましょう。キャッシュを保存する機能があり、オフライン上でも閲覧できます。

通信量ゼロのオフラインゲームで遊ぶ

暇つぶしには、通信量がかからないオフラインゲームを選択しましょう。爽快系・格闘系が好きな人には、サメを操作して暴れまわる『ハングリーシャークワールド』や、ソーセージ同士が格闘する『ソーセージレジェンド』がおすすめです。

また、『レヴナントドグマ』は、ストーリー性重視の戦闘系ゲームで、主人公が武器や仲間を手に入れながら不思議な世界を探索する内容です。

そのほか、知能系ゲームが好きな人は、『Mekorama』を試してみましょう。ロボットを誘導してスイッチの上に立たせるゲームで、難易度の異なる50ステージが用意されています。

ほかにもある節約に使える便利アプリ

ここでは、通信量の節約に役立つ便利なアプリを紹介します。

タウンWi-Fi

『タウンWi-Fi』は、自動で無料Wi-Fiが使える場所を検索してくれる便利なアプリです。とくに、旅行中や外出時に、通信量が足りなくなったというときに重宝します。

My Data Manager

『My Data Manager』は、データ通信量を計測するアプリで、毎日の使用量を正確に確認できます。

操作が直感的でわかりやすく設計されているため、管理が苦手な人にもおすすめです。データの無駄遣いがなくなり、結果的に節約に繋がるでしょう。

まとめ

データ通信量を節約するには、データ消費量の少ないブラウザに変えたり、音楽やゲームを楽しむ際にはオフラインで使用できるアプリを活用したりするなどの対策をしましょう。

また、無料Wi-Fiの自動接続アプリや、データ通信料の計測アプリを活用することで、さらに便利にデータ量を節約できるでしょう。
WiMAX・プロパイダおすすめランキング2019年版!機種やプランで徹底比較!

通信量は月々どのくらい?単位や目安と確認方法についてのまとめ

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計