1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. Wi-Fiの繋ぎ方がすぐに分かる。接続から設定まで説明します

Wi-Fiの繋ぎ方がすぐに分かる。接続から設定まで説明します

街中で「Wi-Fi使えます」の看板を見かけることが多くなりましたが、使い方がわからない人もいるのではないでしょうか。今回は、Wi-Fiを使うための準備や設定方法、外出先での無料Wi-Fiの使い方についてわかりやすく説明します。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 21日 です。

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

Wi-Fiの基礎知識

最近はスマートフォンやパソコン、ゲーム機やプリンターなどでも、通信でデータのやりとりをする機器が増えてきました。

以前は、ケーブルを各機器につなぐ『有線LAN』が一般的でしたが、Wi-Fiを中心とした『無線LAN』が、公衆だけではなく家庭でも普及しています。

『LAN』とは、Local Area Networkの頭文字を取ったもので、限られた範囲をネットワークでつなぐという意味があります。

Wi-Fiはこの無線LANの1種で、限られた範囲でケーブルを使わずに、パソコンやスマホなどのデータの送受信を行います。

ケーブルを使わずにネットに接続できる

Wi-Fiの特徴は、ケーブルを使わずにインターネットに接続できる点です。ケーブルの長さが足りずに接続できないといったことがないため、家中のどこにいてもインターネットに繋がる快適性があります。

Wi-Fiのメリット・デメリット

Wi-Fiには、ケーブルを使わないこと以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 接続が簡単
  • パソコンやスマホから簡単にデータの送信ができる
  • スマホのパケット通信料が節約できる

一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • Wi-Fi機器から離れた場所や電波を遮るものがある場合、通信が不安定になる
  • 無線で電波を飛ばしているため、不正にアクセスされる可能性がある

不正アクセスに関しては、情報を読み取られて悪用される場合もあるので、セキュリティには注意が必要です。

Wi-Fiに繋ぐための下準備

自宅でWi-Fiを使いたい場合、以下の準備が必要です。

家にインターネット回線を引く

インターネット回線は、光回線・ADSL・CATV・モバイルルーターの4種類があります。

一般的には、家庭で使うインターネット回線の場合、高速で安定した通信ができる『光回線』を選ぶ家庭がほとんどです。また、『ADSL』は家庭のアナログ電話回線を使ってインターネットに接続する方法です。

『CATV』はケーブルテレビの回線を使用した通信です。そして『モバイルルーター』は、スマホほどの大きさのルーター(機器)を使った通信です。持ち運ベるため、自宅以外でネット通信を頻繁にする人に向いています。

プロバイダと契約を行う

インターネット回線を決めたら、次は『プロバイダ』を決める必要があります。プロバイダとは、光回線とインターネットをつなぐ役割を果たす業者のことです。

契約は家電量販店のほか、インターネットサービスプロバイダやNTTなどから行えます。また、インターネット回線とプロバイダをセットで申し込めるパックサービスを提供していることもあります。

Wi-Fiルーターとモデムを接続

プロバイダとの契約が済んだら、機器の接続をすれば通信が開始できます。つなぎ方の手順は以下のとおりです。

  1. Wi-Fiを電源コンセントにつなぎ、電源をオンにする
  2. プロバイダから渡されるモデムもオンにし、Wi-Fiルーターとモデムをケーブルでつなぐ

端末をWi-Fiに接続する方法

Wi-Fiを使ってパソコンやスマホを、インターネットにつなげる方法について説明します。

入力接続にはSSIDとパスワードが必要

手持ちのパソコンやスマホを、Wi-Fiを使ってインターネットに接続するためには、『SSID(Wi-Fiの固有名)』と『パスワード』が必要になります。設定する方法は以下のとおりです。

  1. 使用する機器の設定画面からWi-Fiを選択
  2. Wi-Fiをオンにする
  3. 接続できるWi-FiのSSIDが表示されたら、接続したいSSIDを選択
  4. パスワードの入力画面が表示されたら、パスワードを入力して接続
  5. 選択したWi-FiのSSIDの下に、『接続済み』が表示されれば接続完了

バッファローはAOSS機能で簡単自動接続

ネットワーク、およびパソコン周辺機器メーカー『バッファロー』の無線LAN機器に導入されている『AOSS』システムには、ワンタッチで家電とWi-Fiをつなげる機能があります。

通常の接続で必要なパスワードの入力が不要なので、より簡単にインターネットに接続できます。なお、手順は以下のとおりです。

  1. AOSS機の『AOSS』のボタンを押す
  2. 使用する機器の設定画面からWi-Fiを選びオンにする
  3. 表示された一覧から『AOSS』から始まるSSIDを選択
  4. インターネットを見るためのブラウザを立ち上げる

パソコン・スマホのWi-Fi設定

ここからは、パソコン・iphone・Androidそれぞれの場合の、Wi-Fiのつなぎ方を説明します。

パソコンでのWi-Fi接続設定

Windows10がインストールされているパソコンでの、Wi-Fiのつなぎ方は以下のとおりです。

  1. デスクトップの右下に表示されている『ネットワーク』アイコンをクリックし、ネットワークの一覧を表示する
  2. 接続したいWi-FiのSSIDを選択して『接続』をクリック
  3. パスワードを入力

選択したWi-FiのSSIDの下に『接続済み』が表示されれば、接続できています。

iPhoneでのWi-Fi接続設定

iPhoneでWi-Fiに接続するには、以下の手順で行います。

  1. ホーム画面から『設定』をタップ
  2. 『Wi-Fi』をタップ
  3. Wi-Fiの文字の右側にあるボタンをスライドさせ、Wi-Fiをオンにする
  4. Wi-Fiの一覧の中から接続したいWi-Fiをタップ
  5. パスワードを入力し『接続』をタップ

接続したいWi-FiのSSIDの左横に、チェックマークがつけば接続完了です。

AndroidでのWi-Fi接続設定

AndroidでWi-Fiに接続するには、以下の手順で行います。

  1. ホーム画面から『設定』をタップ
  2. Wi-Fiメニューを開く(端末やバージョンにより『無線とネットワーク』、『接続』などの表記となっている)
  3. Wi-Fiの文字のそばにあるボタンをスライドさせ、Wi-Fiをオンにする
  4. Wi-Fiの一覧の中から接続したいWi-Fiをタップ
  5. パスワードを入力し『接続』をタップ

スマホの画面上部に、Wi-Fiのマークが表示されれば接続完了です。

外出先でWi-Fiを使う場合

外出先でもWi-Fiを利用したい場合は、3つの方法があります。

Wi-Fiスポットを探して利用する

外出先でWi-Fiを利用したい場合は、無料Wi-Fiスポットを探して利用しましょう。カフェや公共施設を中心に、無料Wi-Fiスポットは数多くあります。

無料Wi-Fiにつなげる方法は、スマホからであれば、ホーム画面の『設定』からWi-Fiをオンにすると、接続できるWi-Fiが一覧で表示されます。

ただし、使用するWi-Fiによってはパスワードを求められることがあり、店舗への確認が必要です。

無料Wi-Fi検索アプリが便利

外出先で無料Wi-Fiを探すのが面倒な人は、『タウンWi-Fi』というアプリがおすすめです。

タウンWi-Fiは、アプリを起動するだけで使用可能な無料Wi-Fiを検索してくれます。また、会員登録が必要な店舗のWi-Fiを使う場合でも、自動的に会員登録とログインをしてくれます。

ダウンロードした後、生年月日と性別を入力するだけで利用でき、非常に便利です。

モバイルWi-Fiルーターを使用する

外出先でのWi-Fi利用には、携帯用のWi-Fiルーターを活用してインターネットにつなぐ方法もあります。ルーターの大きさは、スマホとさほど変わらず、ポケットやカバンに入れてもかさばりません。

使い方も簡単で、購入後にスマホやタブレットとの接続を設定さえすれば、すぐにインターネットにつながります。

WiMAX・プロパイダおすすめランキング2019年版!機種やプランで徹底比較!

スマホのデザリング機能を使用する

無料Wi-Fiが使えなかったり、モバイルWi-Fiルーターを持っていなかったりする場合は、スマホのデザリング機能を使ってみましょう。

スマホのデザリングをオンにすることで、インターネットに接続できます。ただし、スマホのパケット通信量を消費するため、通信の上限を超えた場合は、通信速度が極端に遅くなります。

よって、デザリング機能は必要なときだけ利用するのが賢い使い方です。

まとめ

無料Wi-Fi以外は一度設定をしてしまえば、何度も設定する必要はないので、Wi-Fiを上手に使って快適なインターネット生活を送ってください。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計