1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 無料WiFiに自動接続する便利アプリ。おすすめと使い方

無料WiFiに自動接続する便利アプリ。おすすめと使い方

お店や駅など『無料Wi-Fi』が使用できる場所が増えています。無料Wi-Fiを利用すれば、外出先でもスマートフォンのパケット代を気にせずに、ネットを使うことができます。今回は、無料Wi-Fiに自動接続できる便利なアプリを紹介します。

この記事の目次

街中に増えている無料WiFiスポット

家でも外出先でも動画や音楽、インターネットをたっぷり楽しみたいところですが、気になるのがパケット代や通信制限です。

外出しているときは『無料Wi-Fiスポット』を活用することで、便利にWi-Fiを利用できます。

無料Wi-Fiスポットはカフェや駅をはじめとした公共施設など、さまざまな場所にあり、2020年の東京オリンピックに向けて、現在もどんどん増加しています。

通信量を節約できる

予算や使用頻度に合わせて、スマホの料金プランを決めている人も多いですが、月末には速度制限がかかってしまい、どんより重い画面にイライラを繰り返すことも少なくありません。

だからといって制限をかけずにスマホを使っていると、高額な請求額になってしまいます。

そうならないためにも、街中の無料Wi-Fiスポットを利用しましょう。パケット代を気にせずスマホが使えるので、通信量を大幅に節約できます。

それぞれ設定しないと使えない

無料Wi-Fiを使うには、設定をする必要があります。まず、対象店舗に入店してWi-Fiに接続します。

次に、アクセスポイント(SSID)のネットワークを選び、会員登録の設定をしてからインターネットを使うケースがほとんどです。

登録が完了するとすぐに使えるようになりますが、店舗ごとに設定しなければならず、使用するたびにアプリを開かなければならないなどの手間がかかります。

無料WiFiスポットはこんなところに

集客手段として店側にも大きなメリットがある無料Wi-Fiは、街中にどんどん拡がっています。

無料Wi-Fiが使える場所には店頭や店内、各施設にWi-Fiマークのステッカーが表示されていることが多いので、見逃さないようにチェックしましょう。

カフェ

ここで紹介するカフェでは共通してKDDIの子会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの『Wi2サービス』が使われています。

『スターバックス』では『at_STARBUKS_Wi2』を選んで接続します。接続制限はありませんが、1回の連続使用時間は最大1時間です。

登録にはメールアドレスのほかに、SNSなどの既存アカウントを利用することができます。

また、『タリーズ』では、『tullys-Wi-Fi』に接続しましょう。登録は不要で、すぐに使える便利さが魅力です。さらに、時間制限なしで使えるというメリットがあります。

『ドトール』では『Wi2premium』を選びます。ゲストコードの取得にはメールアドレスが必要です。PCを使ったWi-Fiをしたい場合にも、スマホは必ず持っていきましょう。なお、1回の連続使用時間は3時間です。

大手コンビニチェーン

コンビニチェーンの場合、利用前に登録が必要な場合がほとんどです。

『セブンイレブン』は『7SPOT』を選択し、メールアドレスや性別、誕生年やパスワードなどの入力が必要です。利用時間は1日3回、1回60分までですが専用アプリからであれば1日無制限で使えます。

『7SPOT(セブンスポット)』はセブンイレブンのみでなく、セブン&アイグループ(※)で利用可能です。

(※イトーヨーカドー、デニーズ、そごう、西武、Loft、アカチャンホンポなど)

『ローソン』は『LAWSON_FREE-Wifi』を選択し、メールアドレスを登録します。以前はPonta会員のみのサービスでしたが、現在は誰でも使えるようになりました。1回60分、1日5回まで利用可能です。

『ファミリーマート』は『Famima-Wi-Fi』に接続します。メールアドレスやパスワードを入力後に仮登録し、本登録URLをクリックすれば登録は完了です。

1日あたり最大20分・3回までですが、『ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ』からログインした場合、1日当たり最大60分を3回利用できるようになります。

また、コンビニの無料Wi-Fiにはメンテナンスが行われる曜日と時間帯があり、その時間は接続不可能になります。

  • セブンイレブン:メンテナンス告知なし
  • ローソン:毎週水曜日午前1時〜5時
  • ファミリーマート:毎週月曜日午前1時〜5時

ファミレスチェーン店

ファミリーレストランには、無料Wi-Fiが設置されているところはほとんどありません。

しかし、セブンアンドアイホールディングス系列の『デニーズ』では、独自の無料Wi-Fiが使えます。

『7SPOT』を登録してあればそのまま利用できますが、初めて利用する場合には登録が必要です。

そのほかのファミリーレストランには、独自のWi-Fiはありませんが、docomo、au、SoftBankなどのキャリア系のWi-Fi、Wi2に対応している店舗は多くあります。

公共交通機関など

公共交通機関でも、無料Wi-Fiサービスを取り入れるところが増えています。JR東日本・JR東海・JR西日本などの鉄道では、多くの路線やエリアで無料Wi-Fiサービスが使用可能です。

主要私鉄・公営地下鉄などには独自Wi-Fiはありませんが、公衆無線LANサービスが使えます。

また、日本国内の主要空港では独自の無料Wi-Fiが使え、利用時間にも制限はありません。各空港の公式サイトには、ネット環境についての解説ページがあるので、前もって確認しておくと安心です。

このほかにも、都営バスや高速のサービスエリアなどでも、無線Wi-Fiが利用できます。

自動接続できる無料アプリとは

さまざまスポットに無料Wi-Fiがあっても、店舗ごとの設定や、その都度アプリを立ち上げるのが面倒だったりもします。

そんな人におすすめなのが、インストールをしておくだけで、無料Wi-Fiをキャッチして、自動的に接続してくれる優れものの無料アプリです。

iphoneとAndroidの両方OK

無料Wi-Fiアプリといえば、iphone専用のものが多かったのですが、現在はAndroidにも対応しているアプリが増えています。

面倒な手続きなし

自動接続アプリがあれば、利用可能なWi-Fiに自動的に接続してくれるので、面倒な手続きなしで快適にインターネットを利用することができます。余分なアプリを整理して、スマホを上手に使いこなしましょう。

おすすめアプリ、タウンWiFi

無料Wi-Fiに自動接続してくれるアプリの中でおすすめは、株式会社タウンWi-Fiが運営する『タウンWi-Fi』です。

「今までの設定の手間は一体なんだったの!?」というくらい、シンプルで簡単に使える点が魅力です。

「速度制限にさよならを」というキャッチコピーの通り、快適なスマホ環境を手に入れることができて非常に便利です。

会員登録をするだけ

無料Wi-Fiに自動接続できるタウンWi-Fiは、App StoreやGoogle Playで無料ダウンロードができます。国内50万カ所の無料Wi-Fiへの接続が可能で、250万人以上が利用しています。(2018年5月現在)

登録方法も簡単で、ダウンロードをしたら画面を開き、生年月日や性別などを入力するだけです。

WiFiスポットも簡単検索

アプリをダウンロードして立ち上げると、自分の位置情報から近辺にあるWi-Fiスポットが自動検出されます。

行きたい場所を検索すれば、そこに無料Wi-Fiがあるかどうかも簡単に知ることができるため、外出する際はあらかじめ検索しておくとよいでしょう。

まだあるタウンWiFiのおすすめポイント

タウンWi-Fiには、ほかにもおすすめポイントがあります。

世界中で使える

タウンWi-Fiは、アメリカの無料Wi-Fiにも対応しており、アメリカ国内の100種類100万カ所のスポットで利用できます。以下は利用できるスポットの1例です。

  • サンフランシスコ国際空
  • スターバックス
  • マクドナルドなど

また、韓国の一部でも使用可能になりました。

  • 仁川国際空港
  • 金浦国際空港
  • カフェベネ

お気に入り店にWi-Fi設置リクエスト

タウンWi-Fiは、自動検出されるスポットだけでなく、自分の行きたい店舗のWi-Fi設置状況を検索することもできます。

さらに、自分のお気に入りの店にWi-Fiがない場合には、無料Wi-Fiの設置をリクエストできます。

100件以上のリクエストが集まれば、順次Wi-Fi設置の交渉をタウンWi-Fiが行います。許可してくれた店舗には、Wi-Fiルーターを無料でプレゼントするほか、リクエストを送ったユーザーにも設置の通知が届きます。

タウンWi-Fiをより安全に使いたい場合

無料Wi-Fiは誰でも手軽に利用できて便利ですが、リスクも伴います。一般的に、通信の内容を守るためには、『情報を暗号化』するのですが、多くの無料Wi-Fiスポットでの通信は、暗号化されていません。

つまり、セキュリティが高くないということです。そのため、パスワードなど大切な情報を盗まれることもあり得ます。しかし、セキュリティ機能を使うことで、リスクを防ぐことが可能です。

無料のVPN機能を追加

タウンWi-Fiでネット環境を安全に守るには、無料の『VPN機能(※)』を追加するとよいでしょう。

VPN機能とは、ハッカーやクラッカーなどと呼ばれるサイバー犯罪者からの、盗聴や情報の盗み取りを防ぐ機能です。

Wi-Fiプロテクトの利用方法

タウンWi-Fiのアプリでは、VPNのセキュリティ機能を無料で使用することができます。

Androidの場合、タウンWi-Fiの中の設定でVPN機能が追加できます。タウンWi-Fiのアプリ内のメニューボタンで、『Wi-Fi通信を保護するをオンにする』だけです。VPN機能は1GBまでは無料で使え、月額300円を支払うと無制限で使えます。

iPhoneの場合、タウンWi-Fi提携の『Wi-Fiプロテクト』というアプリをダウンロードします。無料Wi-Fiに接続したときに、自動的にVPN機能に切り替えてくれます。

アプリのダウンロードが遅い、できないときは

アプリのダウンロードが遅かったり、上手くできなかったりしたときの対処法を説明します。

空き容量をチェック

ダウンロードできる分の空き容量があったとしても、iPhoneにおいては空き容量が1GB以下の場合、新たにアプリをダウンロードできません。

そのため、以下を行い空き容量を増やしましょう。

  1. 不要なアプリを削除(アンインストール)
  2. キャッシュを削除
  3. 不要な画像・動画・音楽を削除

自動アップデートと重なっているかも

スマホに搭載しているアプリを、いつも最新バージョンに整えてくれるのがアップデートです。

アップデートには自動と手動があり、自動の設定になっていると自動的にアップデートが行われます。

自動アップデートは便利な機能ですが、アプリのダウンロード中にその時間が来ると自動アップデートが優先になり、当然ダウンロードに支障をきたします。

自動アップロードが終わるまで待つか、手動アップロードに切り替えるなど対策を取りましょう。

一度終了して再起動

アプリのダウンロードに時間がかかりすぎる場合には、再起動してみましょう。再起動することでスマホの中がメンテナンスされます。

これはAndroidもAppleサポートも推奨している方法です。少々の不具合であれば、症状が改善されることが多くあります。

通信量がわかる便利なアプリも

ここでは、通信量が確認できる便利なアプリを紹介します。

通信量チェッカー

『通信量チェッカー』は、通信量が現在どのくらいになっているのかが一目でわかるアプリです。

  • 月別・日別のデータ使用量をグラフ化
  • 搭載しているアプリごとの通信量をランキング形式で表示
  • 1日・3日・1週間・月間の上限到達時に通知

わかりやすく使いやすいアプリとして高評価を得ています。

My Data Manager

『My Data Manager』は、ダウンロード数1,000万人超えの大人気アプリです。(2018年5月現在)Androidでもiphoneでも使え、モバイルのデータ通信状況をしっかり把握したい人に選ばれています。

毎月のスマホ料金節約のために作られたアプリで、使用状況の履歴からデータを分析します。

カナヘイの通信量チェッカー

『カナヘイの通信チェッカー』は、愛媛県在住の人気女性イラストレーター、カナヘイさんの可愛いイラストで大人気のアプリです。

使用量メーターとしてホットケーキが減っていくという、なんともユニークな設定や、キャラクターの可愛さが魅力なほか、機能の高さでも高評価を得ています。

まとめ

無料Wi-Fiが使用できる場所はどんどん増えています。面倒な手間を省いてくれる自動接続アプリを賢く利用すれば、快適なネット環境を手に入れることが可能です。

また、無料Wi-Fiは便利な反面、セキュリティ対策が不十分なことが多いので、アプリの無料VPN機能などを使い、セキュリティ対策も忘れずに行いましょう。

WiMAX・プロパイダおすすめランキング2019年版!機種やプランで徹底比較!

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計