1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. スマホのデータ通信量を1ギガ追加するには。便利アプリを使って節約

スマホのデータ通信量を1ギガ追加するには。便利アプリを使って節約

何気なくスマホを利用していると、「通信量が超過しそうです」といった警告が表示され、驚くことがあります。そんなときのために、データ通信量を1ギガ追加する方法と、アプリを使った通信量の節約方法を紹介します。

この記事の目次

スマホの速度制限とは

スマートフォンでの通信は、Wi-Fiの通信量が一定の期間内に一定量を超えると速度制限がかかり、通信速度がかなり遅くなります。

そこで、速度制限を解除する方法や、通信量を節約し速度制限にかからないようにする方法を紹介します。

速度制限はいつ解除されるの?

速度制限がかかる理由は、主に2つあります。

まず、直近3日間の通信量で制限を受ける場合です。auの『LTEフラット』と、ソフトバンクの『パケットし放題』を利用している場合で、直近3日間の利用が規定以上になると、翌日から速度制限がかかり翌々日に解除されます。

また、1カ月の通信量により制限を受ける場合もあります。docomoとauは月末まで速度制限がかかり、翌月1日に解除されます。

ソフトバンクの場合は、『締日』が基準となります。次の締日まで速度制限がかかり、締日の翌日から解除されます。

今すぐ速度制限を解除する方法

通信速度の制限がかかると表示速度が遅くなり、LINEなどの文字情報はなんとか見ることができても、マップの表示や動画の閲覧、ゲーム、写真や動画などの大きなファイルの送受信はかなり厳しくなります。

しかし速度制限は、追加料金を支払うことですぐに解除できます。

データ通信料を追加購入

携帯各社には、データ通信料を追加で支払うことによって、速度制限を解除するプランがあります。

ショップの窓口まで出向かなくても、スマホからすぐに手続きをして、速度制限を解除できます。

1ギガ追加の料金はどのぐらいかかる?

携帯各社の料金プランは、1GBあたりの追加は1,000円が相場となっています。ここでは、詳しく各社の料金プランをみていきます。

docomoの場合

docomoの場合、『1GB追加オプション』により、1GBの通信量を1,000円で追加購入する方法があります。ただし、1GBを超えると再び速度制限がかかります。

また、『スピードモード』を利用する方法もあります。料金は上記と同じですが、通信量は1GB~10GB、もしくは無制限もあり、使った分だけ支払うプランとなっています。

docomoパケットパック一覧

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合は、『制限モード』と『快適モード』で料金が異なります。

『制限モード』の場合は、制限がかかりそうになるとお知らせが届き、その都度1GB追加ごとに1,000円、0.5GB追加は550円を支払う方法となっています。

『快適モード』の場合は、1カ月ごとの追加上限回数を設定することで、通信速度を落とさずにデータ通信を利用する方法です。上限回数は1回~10回、もしくは無制限から設定できます。

料金はデータ定額パックの場合、1GBごとに1,000円、それ以外は2GBごとに2,500円かかります。

softbank追加データ

auの場合

auは『今すぐチャージする方法』と『チャージの予約をする方法』の2種類があります。

チャージの予約は、残りのデータ容量が1%となった時点、もしくは購入したデータ容量の有効期限が超過した時点で、自動的にチャージする仕組みです。

予約のチャージ回数は1回・2回・3回・4回・5回・12回から選択できます。チャージの料金は『今すぐ』と『予約』の両方とも0.5GBが550円、1GBは1,000円です。

auデータチャージ

データ通信料を節約するには?

データ通信料を節約するには、以下の3つの方法があります。

  • Wi-Fiを使う
  • インターネットを視聴するブラウザを、通信量の少ないブラウザに変えてみる
  • アプリの自動更新機能をオフにする

自宅でも外出先でもWi-Fiに接続する

スマホの通信料が気になるのであれば、自宅でも外出先でもWi-Fiに接続する方法を考えてみましょう。

家での通信利用が多い人は、無線LANを設置したほうが、通信料を安くできることがあります。お得な料金プランが出ているので、検討してみてみるとよいでしょう。

また、外出時でも頻繁にネット通信をする場合は、モバイルWi-Fiを持つ方法があるほか、飲食店やカフェの無料Wi-Fiを利用する方法もあります。

どういった場所で通信を利用することが多いかによって、パケット通信量を少なくする方法を選びましょう。

ブラウザを変えてみる

インターネットにつなぐためのブラウザによっても、通信量にかなりの違いが出ます。

通信量を減らしたいときは、通信量を抑える機能があるブラウザ『Opera』を試してみましょう。ビデオブースト機能があり、動画を視聴する際の通信量を抑えられます。

Opera

自動更新機能をオフにする

スマホにたくさんアプリを入れている人ほど、多くなってしまうのがアプリの更新です。

アプリの更新が自動更新の設定になっていると、アプリの更新にも通信が使われるので、知らない間に通信量を消費してしまいます。使用量が多い人は、アプリの自動更新機能はオフにしておくとよいでしょう。

タウンWiFiを使って外出先でも簡単接続

『タウンWiFi』のアプリは、接続可能なWi-Fiを探して接続してくれるので、いちいち設定をしなくても、簡単に外出先でWi-Fiが使えるようになります。

スマホはもちろん、パソコンやタブレットでも使え、対象スポットは50万以上あります。

無料Wi-Fiを自動で検索・ログイン

公衆の無料Wi-Fiを使うときに面倒なのが、会員登録をしないと使えないWi-Fiがあることです。

『タウンWiFi』は、アプリが自動的に会員登録とログインをしてくれるので、移動の都度、公衆Wi-Fiを探したり、会員登録やログインをしたりという煩わしさがありません。

タウンWiFiの使い方

『タウンWiFi』を使うには、まず、アプリのダウンロードが必要です。ダウンロードした後は、生年月日と性別を入力すれば使用可能です。そして、アプリを起動すれば、その場所で使用可能な無料Wi-Fiを検索してくれます。

また、会員登録が必要なお店のWi-Fiを使う場合でも、自動的に『タウンWiFi』が会員登録とログインをしてくれるので、何もする必要がありません。

タウンWiFi

まとめ

頻繁に通信量が足りなくなるという人は、家に無線LANを設置したり、外では無料の公衆Wi-Fiを利用したりして、パケット通信料を節約してみましょう。また、追加で通信量を購入する方法も知っておくと、いざというときに便利です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計