1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. Wi-Fiの設定はそれほど難しくない。初心者でも分かる接続設定

Wi-Fiの設定はそれほど難しくない。初心者でも分かる接続設定

Wi-Fiはインターネットライフをより便利にしてくれますが、Wi-Fiを使用する方法がわからないという人も多くいます。本記事では、初心者にもわかりやすく、Wi-Fiの基礎知識や設定方法を紹介します。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多いWi-Fiサービス

この記事の目次

Wi-Fiの基礎知識

Wi-Fiという言葉は聞いたことがあるけれど、どういったものかよくわからないという人もいるでしょう。ここでは、Wi-Fiの基礎知識について紹介します。

無線でネットワークに接続する技術

デジタル機器同士でデータのやり通りをする際には、『LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)』というネットワークを使用します。

Wi-Fiとは、このLANにケーブルを使わずに無線で接続する技術のことをいいます。そのため、Wi-Fiは『無線LAN』とも呼ばれています。ケーブルが届かない場所でも、Wi-Fiを使えばインターネットの利用が可能です。

最近では、Wi-Fiに対応した機器が多く、中にはWi-Fiでしかつなげないデジタル機器もあります。Wi-Fiはネットワークを使用する上で最も一般的な方法といえるでしょう。

家で使うにはWi-Fiルーターが必要

家でWi-Fiを使うためには、『Wi-Fiルーター』が必要となります。Wi-Fiルーターとは、家の中・会社の中などの限られたエリア(ローカル・エリア)内で、Wi-Fi機器と電波の送受信をし、ネットワークの仲介をする機器のことです。

複数の機器を無線でインターネットに接続したい場合には、必須のアイテムです。

Wi-Fiを使えば色々なことができる

Wi-Fiを使えば、いろいろなことができます。たとえば、通常スマホではLTEや3G・4Gという携帯電話専用のネットワークを使用して、インターネットにつながっています。

Wi-Fiを使えば、この携帯電話専用ネットワークを使わずに通信が可能になるため、スマホの通信制限に関係なく利用できます。

また、スマホ・パソコン・タブレット端末など、複数の機器を同時につなぐことも可能です。同じネットワークにつないだ機器同士で簡単にデータを共有することもできます。

そのほか、Wi-Fi機能を搭載したTVなどの家電製品のある家庭では、スマホやタブレット端末をそれらの家電のリモコンとして使えます。

Wi-Fiのメリット

多くのデジタル機器に搭載されているWi-Fiは、有線LANを使用するときに比べて、下記のようなメリットがあります。

  • ケーブルを使わないため、見た目がすっきりとする
  • 電波が届く場所ならばどこにでも設置が可能
  • 設置工事が不要
  • 設定が簡単
  • ネットワーク対応のほとんどの機器に使える

Wi-Fiのデメリット

Wi-Fiは、誰もが手軽にインターネットに接続できますが、デメリットもあります。

直接ケーブルでつなぐ有線LANに比べると、Wi-Fiはデータの送受信の最大速度が遅くなります。また、データの送受信が不安定になることがあります。

外出先でWi-Fiを使うには?

Wi-Fiは、家や会社の中だけでなく外出先でも使えます。ここでは、外出先でもWi-Fiを使用するための3つの方法を紹介します。

Wi-Fiスポットを利用する

『Wi-Fiスポット』を利用すれば、外出先でもWi-Fiを使えます。Wi-Fiスポットとは、駅・コンビニ・大型商業施設などにおいて、無料もしくは有料でWi-Fiサービスを提供している場所のことで、『公共無線LAN』とも呼ばれています。

スマホ・パソコン・タブレット端末などのWi-Fi対応したデジタル機器であれば、Wi-FiスポットでWi-Fi機能を利用できます。

モバイルWi-Fiルーターを使用する

外出先でWi-Fiを利用する場合には、『モバイルWi-Fiルーター』を使用するのもひとつの方法です。

モバイルWi-Fiルーターとは、持ち運び可能なコンパクトサイズのWi-Fiルーターのことで、外出先でも気軽にインターネットを利用したい人におすすめです。

現在、いくつかの種類のモバイルWi-Fiルーターがあり、自分のインターネットの通信料に合わせてプランを選べます。通信制限のないプランを選べば、外出先だけでなく家でもモバイルWi-Fiを利用することができます。

スマホのデザリング機能を使用する

Wi-FiスポットもモバイルWi-Fiルーターも使用しない方法として、スマホの『デザリング機能』を使用する方法があります。

スマホのデザリング機能とは、スマホをWi-Fiルーターとして使用する機能のことです。

スマホと使用したいデジタル機器を、無線LAN、USB、Bluetoothなどで接続し、スマホの4G・LTEなどのネットワーク回線を使用します。

デザリング機能を使用すると、スマホのバッテリーを消費するだけでなく、契約している通信量を超過して通信制限を受ける可能性もあるため、使い過ぎには注意が必要です。

Wi-Fiルーターへの接続の安全性について

どこでもインターネットに接続できる便利なWi-Fiルーターですが、個人データなどの重要な情報を第三者に盗まれたり、ウイルスに感染したりすることがあります。

Wi-Fiルーターを活用し安全にインターネットを利用するために必要なセキュリティーに関して解説します。

パスワードで外部からの接続を遮断

Wi-FiルーターでWi-Fiを利用するためには、パスワードの入力が必要です。このパスワードとは、外部からの接続を遮断するために有効なセキュリティー方法です。

パスワードを入力した機器のみでの利用が可能なので、パスワードを知らない人はネットワークに接続できません。

無料のWi-Fiスポットは注意が必要

Wi-Fiスポットは、無料・有料の2種類があります。主に大手携帯キャリアが提供しているWi-Fiスポットは、有料のものが多くセキュリティー面についてもしっかりと対策がされているため安心です。

しかし、無料のWi-Fiスポットはセキュリティ-対策が十分でないため、利用には注意が必要です。

無料Wi-Fiスポットは、通信内容が暗号化されておらず、通信内容を第三者に盗み取られるリスクがあります。

また、信頼度の高い無料Wi-Fiスポットに似せたSSIDでユーザーをだまし、重要な情報を盗聴したり、端末を不正に遠隔操作したりするような悪意あるWi-Fiスポットも存在します。

無料Wi-Fiスポットを使用する際には、信頼のおけるアクセスポイントかをしっかり確認し、重要な情報の通信は行わないようにしましょう。

Wi-Fiに接続する方法について

Wi-Fiは、手順に沿って行えば初心者でも簡単に接続できます。ここでは、安全にWi-Fiに接続するための方法を紹介します。

入力接続にはSSIDとパスワードが必要

Wi-Fiの入力接続には、『SSID』と『パスワード』が必要となります。SSIDとはWi-Fiルーターを識別するためのIDで、『ネットワーク名』と呼ばれるものです。Wi-Fiルーター機器ごとにそれぞれ異なっています。

またパスワードは、セキュリティー化されたSSIDに接続するために必要なコードのことで、SSIDごとにそれぞれ決まっています。

SSIDがセキュリティー設定されているかを調べるには、Wi-Fiを利用したいデジタル機器のWi-Fi画面を確認します。

表示されているSSIDの横に鍵マークが表示されていれば、セキュリティー化されているSSIDで、接続には決められたパスワードの入力が必要となります。

SSIDとパスワードの確認方法

SSIDとパスワードは、Wi-Fiルーターの機器または、同梱されているカードに表記されています。Wi-Fiを接続する時には、このSSIDとパスワードをまず確認しましょう。

WPS機能で簡単に自動接続

『WPS機能』を利用すれば、簡単にWi-Fiに自動接続できます。WPS機能とは、Wi-Fiアクセスポイント・Wi-Fiルーターの接続とセキュリティー設定を自動で簡単に行える機能のことです。

そのため、WPS機能に対応した機器同士であれば、入力が多く面倒な設定手続きが大幅に減り、簡単に自動接続が可能です。

親機である『Wi-Fiアクセスポイント』や『Wi-Fiルーター』から、接続したデジタル機器にSSIDやWPAなどの情報が送られます。そして、それぞれのデジタル機器の方式に従って自動で接続されます。

スマホでのWi-Fi接続設定

スマホで動画などの大量のデータの送受信を行うと、通信量が上限に達して通信制限を受けて、速度が極端に遅くなってしまう可能性があります。

また、契約プランによっては、通信料が高額になる恐れもあります。Wi-Fiを利用すれば通信量や料金を気にせずに、より快適にスマホでインターネットを利用できます。

スマホでのWi-Fi接続設定は、iphone・Androidのどちらでも基本的には同じですが、多少違う点もあります。ここでは、iphone・Androidのそれぞれでの接続設定の方法を紹介します。

iphoneでのWi-Fi接続設定

iphoneでのWi-Fi接続設定は、下記の手順で行いましょう。

  1. ホーム画面の『設定』をタップし、設定アプリを開く
  2. 設定画面の上部にある『Wi-Fi』をタップする
  3. Wi-Fiの横ボタンをスライドしてONにする
  4. 『ネットワークを設定する』の下部に表示されるリストの中から、接続したいWi-FiのSSIDをタップして選択する
  5. 『パスワード入力』の画面でパスワードを入力する

接続が完了すると、Wi-Fiの画面のWi-Fiの下に選択したWi-FiのSSIDにチェックマークが付きます。

万が一、手順4で接続したいSSIDが表示されていなかった場合は、『その他』をタップして、接続したいSSIDを入力する必要があります。

AndroidでのWi-Fi接続設定

AndroidでのWi-Fi接続設定は、下記の手順で行いましょう。

  1. ホーム画面の『設定』をタップし、設定アプリを開く
  2. 設定画面の上部にある『Wi-Fi』をタップする
  3. Wi-Fiの横ボタンをスライドしてONにする
  4. 下部に表示されるリストの中から、接続したいWi-FiのSSIDをタップして選択する
  5. 『パスワード入力』の画面でパスワードを入力し、『接続』をタップする

使用しているAndroidの機種やOSによっては、設定画面の中にWi-Fi設定が入っていない場合もあります。その場合には、『接続』または『無線とネットワーク』などの項目を確認してください。

パソコンでのWi-Fi接続設定

パソコンでのWi-Fi接続設定は、スマホでのWi-Fi接続設定方法の手順は異なります。しかし、SSIDを選択してパスワードを入力するという基本の設定方法は同じで、簡単にWi-Fi接続設定が行えます。

windows10でのWi-Fi接続設定

OSによっても表示が異なりますが、ここでは、windows10でのWi-Fi接続設定方法を2通り紹介します。

どちらの場合でも、パスワードを入力する際には、半角の英数字を使用します。大文字・小文字は区別して認識されるので、表示された通りに入力するように気をつけてください。

また、Wi-Fiの接続設定中に、『同じWi-Fiを利用する他のデバイスを検出できるようにするかどうか』のお知らせ画面が出てくる場合がありますが、わからない場合には『はい』を選択しましょう。

画面右下のネットワークアイコンから設定

windows10でのWi-Fi接続設定は、下記の手順で行いましょう。

  1. デスクトップ画面の右下のタスクトレイに表示されている、ネットワークアイコンをクリックする
  2. ネットワークリストの中から、接続したいWi-FiのSSIDを選択して『接続』をクリックする
  3. ネットワークセキュリティーキーの入力の画面になったら、パスワードを入力して『次へ』をクリックする

接続が完了すると、右下のタスクトレイのネットワークアイコンがはっきりと表示されます。

また、手順2で選択するWi-Fiをパソコンの起動と同時に自動的に選択する場合には、『自動的に接続』にチェックを入れましょう。

アイコンが無い時はスタートの設定画面から

また、デスクトップ画面にネットワークのアイコンがないときには、下記の手順で設定しましょう。

  1. デスクトップ画面の左下のスタートボタンをクリックする
  2. 『設定』を選択する
  3. 設定画面から『ネットワークとインターネット』をクリックして選択する
  4. 接続したいWi-FiのSSIDを選択する
  5. パスワードを入力する

Wi-Fiがうまくつながらないときの対処

正しい手順で接続設定しても、Wi-Fiがうまくつながらない場合があります。

ここでは、Wi-Fiがうまくつながらないときの、2つの対処方法を紹介します。対処法を試してもWi-Fiがつながらないときには、使用しているデジタル機器が破損している可能性もあるため、メーカーに問い合わせてみましょう。

無線アイコンが消える場合はスイッチを確認

無線アイコンが消えている場合は、パソコンのWi-Fiスイッチを確認しましょう。スイッチの場所は、パソコンによっても異なります。主に下記の3カ所があります。

  • キーボードのF1などのショートカットキー
  • パソコン本体
  • 無線USBアダプターなどの差し込み場所

ショートカットキーに、Wi-Fiアイコンが表記されている場合には、FnキーとWi-Fiアイコンを同時に押して、Wi-Fi機能がONになっていることを確かめます。

また、パソコン本体にWi-Fiスイッチがある場合には、スイッチがONになっていることを確かめます。

USBアダプターなどのWi-Fiアダプターを、パソコンに差し込んでいる場合には、しっかりと奥まで入っているか確認してみましょう。

パスワードを間違った場合は接続設定を削除

パスワードを間違った場合はスマホ・パソコンのそれぞれで接続設定の削除が必要です。

iphoneでは下記の手順で削除します。

  1. ホーム画面の設定を開く
  2. Wi-Fiをタップし、削除したいSSIDを選択・削除する
  3. 再度Wi-Fi接続設定を行う

Androidでは下記の手順で削除します。

  1. ホーム画面のアプリ一覧を開く
  2. 設定画面のWi-Fiを選択し、『保存済みのネットワーク』の削除したいSSIDを選択・削除する
  3. 再度Wi-Fi接続設定を行う

windows10では下記の手順で削除します。

  1. パソコンの無線LAN機能を有効にする
  2. ネットワークアイコンをクリックし『ネットワーク設定』を開く
  3. 『既知のネットワークの管理』をクリックし、削除したいSSIDを選択・削除する
  4. 再度Wi-Fi接続設定を行う

まとめ

Wi-Fiは現在主要なネットワーク通信手段のひとつとなっており、使用することでより便利にデジタル機器を活用できます。

Wi-Fiを利用するためにはいくつかの方法があり、いずれも簡単に接続できる仕組みになっているので、基本を理解すればスムーズに設定できます。うまくWi-Fiにつながらない場合には、落ち着いて対処方法を順に試しましょう。

また、Wi-Fiを安全に利用するためには、セキュリティー対策をしっかりと行うことが大切です。特に安全性の低い無料Wi-Fiスポットを利用する際には、重要な情報は入力・通信しないように気をつけましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計