1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計を節約したいけど生活費の平均はどのくらい?2人暮らしの節約術

家計を節約したいけど生活費の平均はどのくらい?2人暮らしの節約術

2人暮らしの家計を節約するための方法には、どのようなものがあるのでしょうか。2人暮らし向けの具体的な節約術を紹介します。また、2人暮らしの平均的な生活費の金額を知り、家計を見直すときの目安にしましょう。

この記事の目次

まずは収入と支出の関係をチェック

家計を節約するときには、まずは収入と支出の関係をチェックすることから始めましょう。

収入の内訳を確認

現在どれぐらいの収入があるのか、1カ月あたりの収入の内訳を確認しましょう。

  • 夫(彼)の手取り額
  • 妻(彼女)の手取り額
  • それぞれのボーナス額
  • 副業で得ている収入額

これらの金額をすべて足した金額が2人の世帯収入となり、生活費として使える金額です。正確な世帯収入額がわからないことには、適切な生活費の金額もわからないため、必ず収入額を把握できるようにしておきましょう。

支出の内訳を確認

次に1カ月あたりの支出の内訳を確認します。

  • 住居費(家賃・住宅ローンの返済額)
  • 水光熱費
  • 食費
  • 雑費(家具・家事用品)
  • 通信費(携帯電話代・ネット通信費)
  • 交通費
  • 被服費
  • 医療費
  • 保険料(生命保険や医療保険など)
  • 交際費

何にいくら使っているのかを家計簿などに書き出して、毎月の支出額を把握できるようにしましょう。上記の項目以外にも、2人のお小遣いや遊興費など、何らかの支出がある場合は、すべて書き出します。

金額を書き出してみると、何にお金をかけすぎているのか、反対に何の予算を増やすべきなのかなど、お金の使い方をチェックできるようになります。

手軽に家計簿をつけたい人には、スマートフォンがあればどこでも使える、家計簿アプリを使うと便利です。

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」

固定費と変動費

支出には、『固定費』と『変動費』の2種類があります。それぞれの特性を知り、節約に活かしましょう。

  • 固定費:毎月決まった金額を、必ず支払わなければならない支出のこと
  • 変動費:毎月金額が変わる支出のこと

固定費には家賃や水光熱費、通信費などが該当します。節約するのがむずかしい費用ではあるものの、家計の支出の中で固定費が占める割合は大きいため、節約できたときの効果は大きいといえます。

変動費には食費や雑費、被服費、交際費などが該当します。変動費は、安い食材を買うようにしたり、飲み会を我慢したり、ちょっとした工夫をすることで簡単に節約できる支出です。

2人暮らしの支出を考える

2人暮らしの支出の平均額や、理想的な支出の割合を知り、家計を見直す目安にしましょう。

支出平均額

2018年3月の総務省統計局『家計調査』の結果によると、2人暮らしの各支出項目の平均額は以下のようになっています。

項目 金額(円)
食費 65,064
住居費 16,315
水光熱費 24,208
家具・家事用品 8,903
被服及び履物 8,131
保険医療 14,195
交通・通信 38,792
交際費 29,265

家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表 月次 2018年3月 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

収入の6割程度が理想

生活費は、収入の6割程度に抑えるのが理想です。そして、残ったうちの2割を貯金、もう2割を自己投資に回すのが家計の黄金比率です。

また、それぞれの支出項目は、以下の割合に収まるようにやりくりしてみましょう。どうしても割合が高くなる項目がある場合は、他の項目の割合を下げることで調節します。

支出項目 割合
食費 15%
住居費 25%
水光熱費 5%
通信費 6%
保険料 4%
日用雑貨 2%
被服費 2%
交際費 2%
趣味・娯楽 3%
小遣い/ その他 15%
貯金 20%

家計費の理想割合とは?費目毎に節約してお金を貯める貯金術 - ハピスマ | アクサダイレクト生命保険

食費の節約術

食費を節約するときは、『予算を決める』・『外食をやめる』・『安い食材を活用する』ことが重要です。

予算管理の徹底

食費を節約するために重要なポイントは、予算管理を徹底することです。2人暮らしの場合、収入の60%を生活費に充てるとして、そのうちの15%程度に食費を収めるのが理想です。

たとえば、2人暮らしの1カ月の平均的世帯収入である、385,026円(2018年3月家計調査より)の場合、食費は約58,000円となります。

1カ月で58,000円ということは、1週間の予算は約14,500円、1日あたりの予算は約1,900円です。まずは、2人の収入から1カ月の食費に充てられる金額を計算し、その予算を超えないようにやりくりする方法を考えてみましょう。

外食への誘惑を切り捨てる

食費を節約するときは、外食への誘惑を切り捨てることも重要です。たとえば、1カ月の食費が58,000円だとすると、2人がそれぞれ1,000円のランチを食べたら、それだけで1日あたりの予算を使い切ってしまいます。

前日の夕飯の残り物などを活用してお弁当を作れば、昼食代を1人200円程度に抑えることも可能です。どうしても外食したい場合は、食費をやりくりして予算が余ったときに限定するか、別途外食用の予算を組むようにしましょう。

特売日の把握

食費を予算内に抑えるには、スーパーの特売日を把握することも重要です。

まとめ買いと冷凍保存

食料は特売日にまとめ買いすると、食費の節約に役立ちます。たとえば、1カ月の食費が58,000円だとします。

前述の家計調査によると、2人暮らしで1カ月に米・パン・麺類などの、主食に使う平均額が5,169円なので、それ以外の食品に使える金額は1カ月で約53,000円、1週間で約13,000円となります。

特売日にこの1週間の予算分の食糧を購入し、その食料で1週間の献立をやりくりすれば、予算オーバーすることがありません。

肉や魚以外にも、パンや加工品、野菜など冷凍保存が可能な食品は多いので、1週間分に分けて冷凍しておけば、食品が腐って無駄になることもなく、食品のやりくりも楽にできます。

また、時間があるときに常備菜を作っておけば、毎日のお弁当作りの負担も軽くなるので、クックパッドなどでレシピをチェックしてみましょう。

冷凍保存のキホン | 冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ

詰め替え製品の利用

詰め替え製品は、容器のコストがかからない分、価格が安くなっています。調味料などで詰め替え用がある場合は、そちらを買うようにしましょう。

数十円、数百円程度の差ではあるものの、限られた予算の中でやりくりするときには、ちょっとしたことを意識することが大切です。

やはり効果的なのは固定費節約

節約効果が大きいのは、やはり固定費の節約です。

引っ越し

2人暮らしで収入の60%を生活費に充てる場合、家賃はそのうちの25%以内に収めるのが理想です。

たとえば、2人暮らしの1カ月の平均的世帯収入である、385,026円(2018年3月家計調査より)の場合は、家賃に充てられるのが約96,000円となります。

  • 今より駅から離れた場所に住む
  • 部屋数や面積を減らす
  • 高層階から低層階に移る

上記ような場合は、家賃が下がるのが一般的です。2人暮らしだから2部屋以上必要と考え、3DKに住んでいるのであれば2DKに住み替えるなど、家賃が下がる方法を考えてみましょう。

公共交通機関利用で駐車場代を浮かす

車を所有している場合は、車を手放して公共交通機関を利用するとよいでしょう。家計調査によると、2人暮らしの車の維持費の平均額は、1カ月で15,931円という結果が出ています。

東京都内で月極駐車場を借りた場合は、1カ月で約18,000円~47,000円かかるため、さらに費用が上がります。

共働きで休みの日にしか車に乗らないようであれば、電車やバスを使ったほうがはるかに費用が抑えられます。

また、どうしても車が必要になった場合は、カーシェアリングなどでレンタルすれば、数千円程度の費用で済むので、思い切って車を手放すことも検討しましょう。

料金 | カーシェアリングのタイムズカープラス

保険の見直し

医療保険や生命保険に加入している場合は、保険内容や保険料の見直しをしてみましょう。共働きなのか、どちらか1人の収入のみで生活しているのかで、必要な保険内容や保険金額が変わります。

たとえば、共働きであれば万が一どちらかが死亡した場合でも、すぐに生活に困る可能性は低くなります。

ケガをして働けなくなったときのために、医療保険や就業不能保険などで収入減に備え、死亡時の保障は最低限にしておくなど、現在の家庭の状況にあった保険にすることで、保険料を節約できる可能性があります。

チューリッヒ生命の就業不能保険 | チューリッヒ生命
死亡保険(定期保険)FineSave[ファインセーブ]|オリックス生命保険株式会社

余裕があればローンの繰り上げ返済も

何かしらのローンを組んでいる場合、資金に余裕があれば繰上返済をおこないましょう。カードローンや住宅ローンなど、どの種類のローンでも必ず利息が発生します。

ローンの利息は日割り計算が基本なので、借入期間が長いほど、支払う利息の総額が高くなります。そのため、余裕があるときにどんどん繰上返済をすることが、最終的に節約に繋がります。

カードローン:利息について | セブン銀行

まとめ

節約を始めるときは、まず2人暮らしの生活費の平均額を知り、現状と比較することから実行しましょう。どの支出を節約すべきなのかがわかれば、具体的な節約方法を考えやすくなります。

また、現在の収入において、各支出をどれぐらいに抑えるとよいのか、支出の理想割合から金額を算出し、それぞれの予算を決めることも大切です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計