1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. あなたの節約方法は正しい?今すぐ始められる簡単節約方法を紹介

あなたの節約方法は正しい?今すぐ始められる簡単節約方法を紹介

節約するときには、自分に合った方法を見つけると、より効果的に節約できます。主婦や学生、新社会人など立場別におすすめの節約法を紹介します。また、間違った節約方法も知っておき、現在の節約方法が正しいものなのかをチェックしましょう。

この記事の目次

収支の把握が節約の第一歩

現在の収支の状況を把握することが、節約の第一歩です。以下のような支出項目の、1カ月あたりの金額を家計簿に書き出してみましょう。

  • 住居費(家賃・住宅ローン返済)
  • 水光熱費
  • 食費
  • 雑費(日用品・雑貨など)
  • 通信費(携帯電話料金・インターネット料金など)
  • その他費用(交際費・医療費・保険料など)

それぞれの金額を書き出したら、支出の理想的な割合に収まっているか比較してみましょう。理想的な割合を大幅に超えている支出項目が、家計を圧迫している原因です。

とりあえず節約しようとするよりも、家計を圧迫している原因をつきとめて、その項目を節約するほうが効果的です。

家計簿はアプリがおすすめ

家計簿をつけるときには、アプリを利用するのがおすすめです。どこでも思いついたときに気軽に入力できるので、家計簿が続かない人でも続けやすくなります。

しっかりやりたいならマネーフォワード

しっかり家計簿をつけたい人には、家計簿アプリ『マネーフォワード』がおすすめです。支出項目が細かく分かれているため、それぞれの金額を正確に把握できます。

また、撮影したレシートの内容を自動で家計簿に反映する機能や、銀行口座やクレジットカードの情報を登録すると、自動で利用履歴や残高を取得し、家計簿に反映する機能があるため、自分で登録する手間がかかりません。

さらに、つけ忘れ防止アラートの機能もあるので、家計簿をつけ忘れて何日も経過し、結局面倒になってやめてしまうといったことも防げます。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

ズボラさんにはおカネレコ

家計簿が面倒で続かない人は、『おカネレコ』を試してみましょう。おカネレコは、誰でも使いやすいようシンプルに作られており、面倒くさがりの人でも続けやすくなっています。

アプリを起動すると、すぐに支出項目と金額を入力する画面が表示されます。その画面で、該当する支出項目のボタンを押し、金額を入力するだけなので、操作の手間がほとんどかかりません。

また、入力した情報は自動でグラフ化されるので、どの項目にいくらぐらいお金をつかっているのか、割合が一目で確認できます。

家計簿アプリ「おカネレコ」無料で人気の家計簿

効果が大きい固定費の節約方法

住居賃・水光熱費・通信費などの固定費は、毎月必ず一定額を支払う必要があり、金額も高いため、節約できたときの効果が大きい項目です。

電気とガスの契約を見直す

電気代とガス代は、契約会社や料金プランを見直すことで、節約できる可能性があります。

自由化により好きな会社が選べる

2016年4月に電力自由化、2017年に都市ガス自由化がスタートし、電気・ガスの販売に、さまざまな企業が新規参入しました。

利用者は従来の電気・ガス会社と、新規参入した各社の料金プランを比較して、好きな会社を選べるようになっています。

プランや支払い方法の見直しを

電力・ガスの販売にさまざまな企業が参入したことによって、料金プランが多様化し、従来の電力・ガス料金よりも、安い料金プランも登場しています。

そのため、現在の料金プランや支払い方法を見直すことで、電気・ガス料金を節約できる可能性があります。

各社のホームページなどを参考に、今より料金が安くなるプランはないか探してみましょう。面倒な場合は料金比較サイトを利用すると、手軽に料金が比較できます。

また、電力・ガス料金を口座振替にすると料金が割引されるなど、支払い方法を変更することによって、費用を抑えられる場合もあります。

電気・ガス料金を比較するときは、各社の料金プランだけを見るのではなく、割引の有無もチェックしておきましょう。

電力自由化で選べる電気料金プラン比較!エネチェンジ電力比較

[ガス自由化]ガス会社・料金プランって、どう比較して選んだらよいの?

水道代の節約はトイレの節水が効果的

水道代を節約するには、トイレの節水対策をするのが効果的です。トイレで1回水を流すと、約6リットルの水が使われます。旧式のトイレの場合、それ以上の水を使うこともあります。

平均的なトイレの回数は1日7~8回程度なので、たとえば3人家族の場合は、1カ月あたり約3,780~4,320リットルの水を、トイレで使用することになります。

1リットルあたり0.24円の東京都の水道代で考えると、1カ月あたり約907~1,036円の水道代がかかる計算になります。

総務省統計局の家計調査報告(2018年3月)によると、3人家族の水道代の平均は、4,920円なので、水道代の20%程度はトイレの使用によるものということです。そのため、トイレの節水を意識することが、水道代の節約に繋がるのです。

節水グッズなら手軽で簡単

可能であれば、1回の水量が3.8~4.8リットル程度に抑えられる節水型トイレに変えるのがおすすめです。

しかし、簡単に交換できるものではなく、賃貸に住んでいる場合は、交換不可という可能性もあります。そのような場合は、以下のような節水グッズを利用してみましょう。

出典:Amazon|水洗トイレ節水器ロスカット|トイレ用品 - ホーム&キッチン オンライン通販

ロスカットをタンクに取り付けると、タンク内の貯水量が調節されるため、簡単に節水できます。また、タンク内にペットボトルを入れて、節水する方法もあったりしますが、タンクが故障する原因となるので避けましょう。

主婦におすすめの節約方法

主婦におすすめの節約方法は、『食費』を抑えることです。

食費が一番の節約ポイント

家計のさまざまな支出項目の中で、自分の工夫次第で費用を抑えられる『食費』は、1番の節約ポイントになります。

世帯人数により多少異なりますが、食費は収入の14~15%以下にするのが理想です。たとえば、1カ月の世帯収入(手取り額)が40万円の場合、食費に充てられるのは56,000~60,000円です。

まずは、現在の食費が1カ月の世帯収入の14~15%以下に収まっているかを確認しましょう。大幅に超えてしまっている場合は、節約方法を考える必要があります。

在庫の管理と買い物リスト

食費を節約したいのであれば、まずは食材の在庫の管理や、買い物に行く前に、買い物リストを作ることから始めましょう。

食費が高くなりがちな人は、食材の在庫管理ができていない傾向にあります。今、家にどんな食材がどれぐらいあるのかを把握できていないため、まだ在庫がある食材を購入したり、食材を使わないまま腐らせてしまったりするのです。

今ある食材の在庫を管理できるように、在庫リストを作ってみましょう。食材管理のアプリを使うと、手軽に在庫が管理できるほか、賞味期限も管理できるので食材を無駄にしません。

また、買い物リストを作成して、リストに書いてあるもの以外は買わないようにルールを設けると、出費がかさむのを防げます。

「レシピde冷蔵庫」をApp Storeで
食材管理人+-冷蔵庫などにある食材の賞味期限を管理- – Google Play の Android アプリ

ネットスーパーは割高じゃない

ネットスーパーを上手く活用することも、食費を節約するのに役立ちます。ネットスーパーは、必ずしも割高になるわけではありません。

たしかに、少額の利用では送料がかかるため割高になるものの、一定額以上利用すれは送料無料になる場合がほとんどなので、1週間分の食材をまとめて買えば送料がかかりません。

また、ネットスーパーで購入した食材で1週間の献立をやりくりすれば、余分な食材を買わなくなるので、その分食費を抑えられます。

子供のおやつは量を決める

子供のおやつの量を決めることも、食費の節約に繋がります。たとえば、1個200円程度のお菓子でも、毎日買えば1カ月で6,000円程度の出費になります。

兄弟がいる場合は、1個のお菓子を人数分に分けたり、ファミリーサイズの袋菓子を買って、1日1袋までと決めたりするなどして、おやつ代を節約しましょう。

時間があるときは、市販のお菓子は買わず、おやつを手作りするのもよいでしょう。クッキーなどはあまり費用もかからず1回でたくさん作れます。

また、バターを使用しないレシピであれば、さらに費用が抑えられるので、クックパッドなどでレシピを検索してみましょう。生地は冷凍保存もできるので、多めに作って冷凍しておけば、おやつ代の節約に役立ちます。

1人暮らしの大学生におすすめの節約方法

1人暮らしの大学生が節約を始めるのであれば、『食費』と『通信費』を見直しましょう。

学生ならではの食費の節約

大学に学食がある場合は、ぜひ学食を利用しましょう。学食は学生向けに安い価格で食事が提供されているため、通常の外食よりも費用を安く抑えられます。

また、まかない付きのアルバイトをするのもおすすめです。無料、もしくは数百円程度の格安の価格で食事が提供されるので、食費の節約に役立ちます。

そのほか、自販機やコンビニで購入すると、160円ほどかかるペットボトルの購入は避け、自分で飲み物を用意して持っていくなど、いろいろ工夫してみましょう。

携帯は格安SIMを使う

携帯電話は格安SIMを使うのがおすすめです。大手キャリアの携帯電話は、1カ月に8,000円程度の料金がかかるのが一般的です。

データ通信量が大きいプランにすると、1カ月に10,000円以上の料金がかかる場合もあります。しかし、格安SIMに変更すると、1カ月の料金を3,000円程度に抑えることも可能です。

欲しいものは価格を比較してネット通販で

何か欲しいものがある場合は、ネット通販で価格を比較して購入しましょう。ネットショップは実店舗よりも家賃や人件費などのコストがかからないので、その分商品価格が安い傾向にあります。

サイトによって、商品の価格や送料が異なる場合があるので、送料を含めた価格を比較するのが重要です。

新社会人におすすめの節約方法

新社会人におすすめの節約方法は、『クレジットカードを活用する』ことです。

クレジットカードを活用する

クレジットカードを上手く活用すると、節約に大きく役立ちます。クレジットカードには、利用額に応じてポイントが貯まるものがあります。

貯めたポイントを買い物に利用したり、電子マネーや交通系ICカードのチャージに利用したりすると、その分費用が節約できます。

ポイント還元率の高いカードを選ぶ

クレジットカードは、ポイント還元率の高いカードを選びましょう。たとえば、100円の利用で1ポイント付与されるクレジットカードと、200円の利用で1ポイント付与されるクレジットカードがあるとします。

そして、それぞれのクレジットカードで10,000円利用した場合、100円で1ポイントのカードでは100ポイント、200円で1ポイントのカードでは50ポイントと貯まり、付与されるポイント数に大きな差が出ます。

クレジットカードを節約に役立てるときには、ポイント還元率をしっかり比較することが重要です。

楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料
Orico Card THE POINT(高還元率のオリコカード ザ ポイント)|クレジットカードのオリコ

公共料金はカードで払う

公共料金はクレジットカードで支払うのがおすすめです。公共料金は、毎月必ず支払う必要があり金額も大きいため、クレジットカード払いにすると、たくさんポイントが貯まります。

公共料金以外にも、家賃や携帯電話代などの固定費の支払いを、すべてクレジットカード払いにすると、よりポイントが貯まりやすくなります。

ただし、分割払いやリボ払いは手数料が高く、かえって出費が増えてしまうので、必ず一括払いにしておきましょう。

飲み会は幹事になって割引を使う

飲み会で幹事になると、交際費が節約できます。飲食店によっては、飲み会の幹事は料金が割引されることがあるためです。

また、幹事になると飲み会を開催するお店を自分で決められるので、できるだけ費用がかからないお店を探すことができます。

さらに、飲み会の支払いは、幹事が全員分の代金を集めて支払うのが基本です。このとき、クレジットカードで支払えば、全員の代金分のポイントが貯められます。

手軽にお小遣いを増やすには?

ただ節約するだけでなく、収入を増やすことも大切です。ポイントサイトやオークションサイトを活用すれば、手軽にお小遣いを増やせます。

アンケートやポイントサイトを使う

ちょっとした空き時間にお小遣い稼ぎをしたい人は、ポイントサイトを利用してみましょう。ポイントサイトでは、アンケートに答えたり、指定の条件をクリアしたりするとポイントが貯まります。

また、ポイントサイト経由でネットショッピングを利用すると、ポイントが加算されることもあります。貯めたポイントは現金に交換が可能です。

基本的に会員登録は無料で、上手く活用すると月に数千円程度のお小遣いになることもあるので、ぜひ登録してみましょう。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎならげん玉

不要なものはオークションサイトへ

家に不要なものがある場合は、オークションサイトに出品するのもおすすめです。オークションサイトでは、予想外のものが高値で売れることもあります。

アプリを使えばスマートフォンで写真を撮って、そのまま登録作業までできるので手軽に出品できます。ゴミとして処分するつもりだったものが、お小遣いに変わる可能性があるので、一度試してみるとよいでしょう。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

こんな節約方法は大間違い

節約のつもりでしていたことが、実は無駄遣いになっていることがあります。以下のようなことをしていないか、自分の節約方法を見直してみましょう。

安いからと買いだめし過ぎる

セールで安くなっている商品を、買いだめしすぎるのは無駄遣いに繋がります。

たとえば、食品を買いだめして、使い切れずに賞味期限が切れて捨ててしまったり、まだ在庫がある洗剤を買いだめして、その分を使い切る前に、また洗剤を買ってきたりすると、余計な出費が増えただけになります。

安いときを狙って買うのは節約に繋がりますが、必要以上に買うのは無駄になるのです。買い物のときには、必要な分だけを買うように心がけましょう。

特売品のために毎日買い物する

特売品のために毎日買い物に行くのも、出費を増やす原因になっている可能性があります。スーパーなどの店舗は、購買意欲をあおるための工夫を凝らしています。

そのため、特売品だけ買うつもりでスーパーに行ったのに、それ以外の商品もたくさん買ってしまった、などということが起こりやすくなります。

毎日買い物に行くと、それだけ余計な物を買ってしまう機会も増えるので、特売品を買ってお得に買い物をしているつもりが、実は出費が増えていたという可能性があります。

自分への投資まで我慢する

自分への投資を我慢しすぎるのもおすすめできません。何でも節約しようとして我慢すると、その反動で散財しやすくなります。

ダイエットのために甘いものを我慢し続けて、ストレスが限界にきたときに、甘いものを大量に食べてしまうという行動と同じです。節約も大切ですが我慢しすぎず、適度に楽しみながらお金を使いましょう。

また、資格取得などのスキルアップのための投資は、後々収入を増やすことに繋がる可能性もあります。よって、スキルアップのためにかかる出費は、惜しまないことが大切です。

まとめ

節約を始めるときには、まず家計簿をつけて、今の収支の状況を把握することから始めましょう。家計を圧迫している原因を見つけることで、それを解消するための方法を考えられるようになります。

また、主婦や学生など、立場別の節約方法を知っておくと、より効果的に節約できるようになるでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計