1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計診断で40代が見直すポイントは?老後に備えて今からできること

家計診断で40代が見直すポイントは?老後に備えて今からできること

40代になると将来に対する不安が募り、老後に向けた貯金などの意識も高まってきます。家計をしっかり見直し、診断することで、40代でもできる対策や目標が見えてきます。家計を見直し、少しでも不安を解消しましょう。

この記事の目次

40代の家計支出の主な項目

食費や教育費、住宅ローンなどの割合が他の支出の割合よりも高くなるのが40代の特徴で、教育費や住宅ローンは30代よりも高くなる傾向にあります。

子供が大きくなってくると、塾や習い事といった支出が増えるため、家計を圧迫する場合もあります。

管理職などで年収も増えてきますが、定年までの期間にどれだけ貯蓄することができるのかも大切なポイントです。

40代の家計ライフプラン診断結果はこちら

老後資金に向けた貯蓄

40代になると子供の養育費や住宅ローンなどの支出で、老後資金のことまで考える余裕がなくなってしまうかもしれません。

子供の養育費は子供が自立すればその悩みは解消されますが、住宅ローンや親の介護資金などは、老後にも起こりうる支出です。

40代のうちから必要な貯蓄を最低限することで、老後も安定した暮らしをすることができます。

子育てや教育費

高校までは公立高校に通ったとしても、大学やその他の習い事など、教育費や子育て費用は支出の内訳で高い割合を占めるようになります。

今では学生の奨学金制度なども増えてきていますが、子供の将来を考えて貯金をすることで、子育てへの不安も解消することができます。

仮に幼稚園と高校以降が私立だった場合、子供の養育費と教育費にかかる費用は、1人あたり約3,000万円を超えてくるともいわれています。

老後の貯蓄も合わせると、必要な貯金額が多くなりますが、長期的にコツコツ貯金をすれば、40代でも十分貯めることができる金額だといわれています。

住宅ローン

住宅ローン残高(平均)は全体で13百万円、30~40歳代では15百万円を超える金額となっています。

出典:住宅ローンの残高ってどのくらい?

40代の住宅ローンの返済額の残金は、家賃相場によって異なりますが、大体約1,500万円といわれています。

30代よりも金額は少なくなりますが、独身の場合や、共働きでない場合は、支出の項目で食費に次いで高い割合です。

住宅ローンの返済が定年で終了せずに退職後も続く場合は、定年後も働きに出るなどして収入を増やす必要があります。

年収に合わせたローンや低金利のプランを選ぶなど、無理のないローンを組むことが大切です。

親の介護資金

40代になると、親の世代が高齢になってくる方が増えてくるため、介護などをする方も多いかと思います。

介護資金を自分たちが支払う場合は、医療費などの負担がかかるため、その分の資金が必要になります。

介護保険に加入している場合は補助金が出ることもありますが、生命保険文化センターのデータによると、1人あたりに必要な介護資金は一時金約80万円、月額7.9万円、平均介護期間は4年11ヶ月といわれております。

早いうちから話し合いをして介護保険を検討するなど、無理のないように行うことが大切です。

家計の平均支出と割合

40代は子供の養育費が一番高くなる世代です。

40歳代の世帯では,子供が中学校や高校に在学している世帯の割合が高いため,学習塾や家庭教師への月謝などが含まれる補習教育のほか,学校給食や文房具などを含む「その他の教育関係費」の支出が他の年代に比べ多くなっています。

出典:統計局ホームページ/家計簿からみたファミリーライフ/第4章 年齢階級別に見た暮らしの特徴

40代の支出の主な割合は以下の通りです。

  • 食費:18.4%
  • 養育費:9.8%
  • 住居:7.2%
  • 車:7.0%
  • 交際費:6.5%

収入によって金額は異なりますが、養育費は毎月約3万円で、交際費などの出費も1カ月の平均が約3万円以上といわれています。

共働きの場合

共働き世帯年収:約730万円

出典:世帯年収【共働き年収】の年代別(20代30代40代50代)平均や母子家庭の平均年収を解説!

共働きの場合は40代の平均年収は約730万円で、30代よりも多い金額となっています。

しかしその分生活費などの支出が多くなるため、将来の為に少しでも貯蓄したい場合は、夫婦でよく話し合いながら、無駄な支出を抑える必要があります。

特に子供の養育費などは、塾や習いことなど、出費が多くなりがちです。よく話合った上で、家計に圧迫しない支出に抑えることがポイントです。

独身の場合

40代独身の家計の特徴は、食費や住居費が支出で高い割合を占めていますが、住宅ローンの返済額は男性よりも女性の方が高い傾向にあります。

安全面を考えて、新築マンションのローンを組む女性が増えています。長期的に家計を圧迫しない物件選びをすることが大切です。

ライフスタイルの見直し

「40代からライフスタイルの見直しをしても間に合うの?」と思う方もいるかもしれません。

住宅ローンのプランを見直してみたりするだけでも、老後資金の貯え増やすことができるの40代だといわれています。

収入が安定し、支出が増えることも多いかと思いますが、将来に必要な貯蓄金額を改めて見直すことで、老後の安定した暮らしにつなげることができます。

必要な貯蓄金額

40代の平均貯蓄額は職種などによって様々です。老後は医療費や住宅ローンの残りの返済などがあるため、退職後を考えると貯蓄額は増やす必要があります。

近年では退職後も働きに出る方も多くなってきましたが、老後はゆっくり旅行に行くなど、自分の好きなことにお金を使うチャンスです。

まずは目標やライフプランを明確にすることで、必要な貯金額を設定することが必要です。

ライフプラン

ライフプランとは、人生の設計図のことをいいます。自分の好きなことを思い浮かべながら、ライフプランを立ててみましょう。

無料のライフプラン診断で質問に答えながらイメージするだけで、将来の目標を考えることができます。

まずは自分のこれからのことについてもしっかりと考えることが大切です。

ライフプランを作成する

40代からの家計診断で、将来の悩みを解消しよう

家計のお金の流れを理解することは、将来の老後を安心して暮らす為にも大切なことです。

40代は30代よりも家計の支出の割合が高くなる傾向にありますが、無駄な支出を抑えることで、貯蓄の額も増やすことができる世代です。

無駄な支出がないかもう一度見直し、より充実した暮らしを心がけましょう。

40代の家計ライフプラン診断結果はこちら

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計