1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ファイナンシャルプランナーの仕事は何?給料や将来性を解説します

ファイナンシャルプランナーの仕事は何?給料や将来性を解説します

ファイナンシャルプランナーの仕事とは、どのようなものなのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの仕事内容や給料、将来性などについて解説します。また、ファイナンシャルプランナー資格の取得方法も知っておきましょう。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーとはどんな人?

ファイナンシャルプランナーとは、どのようなことをする人なのでしょうか。

ライフプランを立ててアドバイスをする

ファイナンシャルプランナーは、顧客のライフプランを立て、そのライフプラン実現のためのアドバイスをするのが仕事です。

ライフプランとは、就職・結婚・出産・住宅購入・老後の生活などにおいて、将来的にどうなりたいのか、そして、いつごろ実現させたいのかといった計画のことを指します。

ファイナンシャルプランナーは家計や保険、税金や年金、資産運用といった、お金に関する豊富な知識を有しています。

そして、その知識を活かして、顧客が希望するライフプランを実現するにはどうすればよいのか、主に資金面からのアドバイスをおこないます。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは | 日本FP協会

ファイナンシャルプランナーは国家資格

ファイナンシャルプランナーになるには『FP技能士』という、厚生労働省が認定する国家資格を取得する必要があります。(民間資格もあります)

FP技能士の資格を取得するには『金融財政事情研究会』、または『日本FP協会』が実施している認定試験を受け、合格しなければなりません。

FP技能士は1級・2級・3級に分かれており、1級が最も難易度が高く、次いで2級、3級となります。

FPの資格と検定の種類 | 日本FP協会

下位資格は趣味や副業目的で取る人も多い

FP技能士の下位資格である3級の認定試験では、日常でも触れる機会がある内容が出題されるため、趣味や副業目的で取る人も多くいます。

合格率は70%と高く、数ある国家資格の中でも比較的取得しやすい資格といえます。そのため、通信講座やスクールもありますが、独学で取得する人も多く見られます。

3級 試験範囲 | 日本FP協会

ファイナンシャルプランナーの仕事先は?

ファイナンシャルプランナーの仕事先には、どのようなものがあるのでしょうか。

企業内FPと独立系FP

ファイナンシャルプランナーには、『企業内ファイナンシャルプランナー』と『独立系ファイナンシャルプランナー』がいます。

企業内ファイナンシャルプランナーの場合は、保険会社や不動産会社、金融機関などが主な仕事先となります。

そして、それらの企業や金融機関のサービス、金融商品についての説明をしたり、顧客の相談に対応したりします。

独立系ファイナンシャルプランナーの場合は、個人でファイナンシャルプランナー事務所を開業し、 顧客のライフプランやお金についてのアドバイスをおこないます。

求人は金融系が多く未経験でも需要は多い

企業内ファイナンシャルプランナーは、とくに金融機関の求人が多く、ファイナンシャルプランナーとしての業務未経験者の需要もあります。

また、企業によっては福利厚生の一環で、FP技能士資格取得を支援している場合もあります。すでにFP技能士の資格を取得している人は、転職でも有利に働く可能性があります。

資格を活かした副業も

ファイナンシャルプランナーの資格を取得している人の中には、資格を活かして副業をしている人もいます。

平日は会社に勤務し、週末だけファイナンシャルプランナーとして活動している人や、ライターとしてお金に関する記事を書いている人、コンサルティングや不動産賃貸などをおこなっている人もいます。

いきなり自分でファイナンシャルプランナー事務所を開設するのは、資金や経験面で不安があるという場合は、このように副業から始めてみるのもおすすめです。

ファイナンシャルプランナーの給料

ファイナンシャルプランナーの給料は、どのぐらいなのでしょうか。

企業内では資格手当をもらえる場合が多い

企業内ファイナンシャルプランナーの場合は、雇用されている会社から給料が支給されるため、給料金額は雇用されている会社に準じます。

また、ファイナンシャルプランナー資格の保有者に対して、数万円程度の資格手当を支給している企業も多くあります。

独立系は実力次第?

独立系ファイナンシャルプランナーの場合は、自分でファイナンシャルプランナー事務所を開業しているため、給料は実力次第です。

顧客からの相談料が主な収入源となりますが、相談料には法的な制限は設けられていません。そのため、各ファイナンシャルプランナーが独自の料金を設定しています。

相談料は時間制となっていることが多く、1時間当たり5,000円~10,000円程度が相場です。しかし、実力や人気があるファイナンシャルプランナーの場合は、1時間で20,000円以上の相談料を設定していることもあります。

反対に、副業でファイナンシャルプランナーをしている人や、ファイナンシャルプランナーになったばかり人などは、5,000円以下の料金に設定している場合もあります。

料金体系について | 日本FP協会

収入アップの方法は多彩

収入を上げるための方法は多彩です。

収入アップの方法
企業内 ・雇用されている企業内で昇進する・成果を上げる
・資格を活かした副業を始める
独立系 ・実力を上げて、相談料の単価を上げる
・クライアントの数を増やす
・税理士など、他分野の資格も取得する
・セミナーや講演の講師を務める
・お金やライフプランについての本を執筆する

ファイナンシャルプランナー資格を活かせる分野は広いため、上記以外の方法も探してみましょう。

ファイナンシャルプランナー資格を取るには

ファイナンシャルプランナー資格の、取得方法について説明します。

3級は誰でも受けられる

FP技能士3級の認定試験は、受験資格が設けられておらず、誰でも受けられます。日常で触れる機会がある内容の問題が多く、おおよその出題範囲も決まっているので、80~150時間程度勉強すれば、独学での取得も難しくありません。

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 3級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

2級以上の受験資格や難易度

FP技能士1級・2級は、難易度が3級に比べて大きく上がります。また、受験資格が設けられているため、以下の項目のいずれかに該当していなければ受験できません。

受験資格
FP技能士1級 ・ファイナンシャルプランナーの実務経験が5年以上ある
・FP技能士2級合格者で、ファイナンシャルプランナーの実務経験が1年以上ある
・FP養成コース修了者で、ファイナンシャルプランナーの実務経験が1年以上ある
FP技能士2級 ・FP技能士3級合格者
・金融渉外技能審査合格者
・AFP認定研修を修了している
・ファイナンシャルプランナーの実務経験が2年以上ある

FP技能士1級・2級の難易度は、以下のようになっています。

難易度
FP技能士1級 合格率:10%程度
勉強時間の目安:約400~500時間
FP技能士2級 合格率:20~40%程度
勉強時間の目安:約80~150時間

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 1級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会
ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

AFPやCFPとの関連

ファイナンシャルプランナーの資格には、日本FP協会が認定する『AFP』と『CFP』という民間資格も存在します。AFPはFP技能士2級程度、CFPはFP技能士1級程度の難易度の資格です。

それぞれの資格を取得するには、以下のような条件を満たす必要があります。

取得条件
AFP ・AFP認定研修の受講・修了
・FP技能士2級の認定試験合格
・AFP資格登録手続きの完了
CFP ・CFP資格取得
・CFP資格審査試験合格
・CFPエントリー研修の受講・終了
・ファイナンシャルプランナーの実務経験を通算3年以上積む
・CFP資格登録手続きの完了

AFPを取得するには、FP技能2級の合格が必須となっています。そして、FP技能2級の受験資格には、AFP認定研修を修了していることという項目があり、相互に関係の深い資格となっています。

AFP資格とは? | 日本FP協会
CFP®資格とは? | 日本FP協会

ファイナンシャルプランナーの将来性

ファイナンシャルプランナーは将来性のある仕事です。

国家資格保有者の需要は維持される展望

国家資格であるFP技能士保有者の需要は高く、今後も維持される展望です。ファイナンシャルプランナーは経済面の知識が豊富で、さまざまな分野や企業で需要があるためです。

とくに、FP技能士2級以上の保有者で、かつ実務経験がある人は優遇される傾向にあります。

また、経済や税制、法律などは常に移り変わるものであり、金融関連の仕組みは複雑なため、常に情報の更新やスキルアップができる人材が求められます。

ダブルライセンスの人も増える?

ファイナンシャルプランナーには、ダブルライセンスの人も増えています。ダブルライセンスとは、税理士公認会計士弁護士といった、ファイナンシャルプランナー以外の国家資格も取得している人のことです。

また、住宅購入や住宅ローンの相談も受けるため、宅地建物取引士の資格を持っている人もいます。

保有資格がファイナンシャルプランナー資格のみになると、たとえば、法的な手続きが必要な相談の場合は、他分野の国家資格を持つ専門家にサポートを依頼しなければなりません。

しかし、自らその資格を得ることで、対応できる相談の幅が広がり、より多くの顧客の相談を受けられるので、その分収入も上がる可能性が高くなります。

まとめ

ファイナンシャルプランナーとは、顧客のライフプランを立て、ライフプラン実現のためのアドバイスをする人のことです。お金に関する豊富な知識を有しており、多方面の分野や企業で需要があります。

ファイナンシャルプランナー資格は、転職の際に有利に働く可能性もあり、資格手当がつくなどの優遇を受けることもあります。

変化の起こりやすい経済や税制、法律などの分野に対応できるよう、資格取得後も常に情報の更新と、スキルアップを目指すことが大切です。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計