1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金したいなら家計簿をつけよう。節約に役立つ秘訣やアプリを紹介

貯金したいなら家計簿をつけよう。節約に役立つ秘訣やアプリを紹介

節約をして貯金をしたいという人におすすめの、上手な家計簿のつけ方やアプリなどを紹介します。家計簿を活用して収支の把握をすることで、節約に対する意識を高め、貯金にまわせるお金を増やせるようにしましょう。

この記事の目次

貯金にまわすお金を増やすには

貯金を増やすには、貯金にまわせるお金を増やしていくことが大切です。そこで、どのようにして増やしていけばよいのか解説します。

貯金をしたいなら生活費を見直す

貯金をするのであれば、まず生活費にどれくらいのお金がかかっているのかを把握し、見直すことが大切です。生活費の支出の全国平均を知り、自分の支出額と比較してみましょう。

生活費の平均は?

2016年の総務省統計局の『家計調査』では、2人以上の勤労者世帯における消費支出(※)は、全国平均で1カ月約31万円となっています。

勤労者世帯(2人以上の世帯) 支出金額(単位:万円)
総消費支出 31.0
食料費 7.5
住居 1.9
光熱 ・ 水道 2.1
家具 ・ 家事 用品 1.1
被服 及び 履物 1.3
保健 医療 1.1
交通 ・ 通信 4.9
教育 2.0
教養 娯楽 3.0
その他(諸雑費、交際費、仕送りなど) 6.1

支出項目別にみると食料費が1番高く、約7.5万円となっています。次いで、その他(諸雑費、交際費、仕送りなど)が約6.1万円、交通・通信費が約4.9万円となっています。

消費支出の金額は地域によっても差があり、関東がもっとも高く約32.5万円で、もっとも低いのは沖縄で22.5万円となっています。

(※消費支出とは、税金や社会保険料を除いた生活費のことです)

家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表 年次 2016年 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

家計簿をつけているのに貯金ができない理由

ここでは、貯金ができない原因をみていきます。

毎日書く項目が多すぎる

日々のお金の流れをしっかり把握しようと、収入から支出まですべてのお金の流れを書くとそれだけで時間がかかってしまい、だんだんと家計簿をつけることが面倒になってしまいます。

ある程度のお金の流れが把握できる程度に書いていけば、家計簿をつけることも長続きしやすくなります。

生活費の見直しと支出の分析をしない

家計簿をつけるだけでなく、生活費の分析をしなければ意味がありません。生活費の無駄を把握して今後のお金の使い方を考えることが大切です。そうすることで無駄な支出を減らし、その分を貯金にまわせるようになります。

貯金ができる家計簿のつけ方

初めて家計簿をつける人や、今まで家計簿をつけても、上手く貯金ができていなかった人におすすめの、貯金ができる上手な家計簿のつけ方を紹介します。

予算を設定する

何にどれくらいのお金をつかうのか、それぞれの予算を決めてみましょう。予算を立てずにお金を使っていると、ついつい支出が膨れているということがあります。

たとえば、食費を5万円で抑えるといったように予算を立てておけば、なんとかその金額内に収めようと考えながらお金を使うことができます。

費目を増やしすぎない

どのようなものにお金を使ったのかを記録するために、費目をたくさん設定してしまうと、予算を立てたり生活費の分析をしたりする際にみづらくなってしまいます。

費目はあまり多く設定せず、ノートに書くときでも1ページくらいに収まる程度の数にすれば、すっきりと見やすくなり分析も楽になります。

主な費目一覧

主な費目としては以下が挙げられます。自分に合った費目を使って家計簿をつけていきましょう。

  • 食費
  • 光熱費
  • 日用品
  • 教育費
  • 娯楽費
  • 交際費
  • おこづかい
  • 特別費

おすすめの家計簿ツールやアプリ

家計簿をつけるのであれば、便利な家計簿ツールやアプリを利用することで、簡単に家計簿をつけられます。

エクセルを使って見やすくする

エクセルの場合、無料の家計簿テンプレートが公開されており、誰でもダウンロードして使うことができます。

数字を入力するだけで自動計算をしてくれたり、グラフ化してくれたりする機能などがあるため、手間がかからないほか、みやすい家計簿を作ることが可能です。

家計簿 - Microsoft Office 活用総合サイト - 無料テンプレート公開中 - Microsoft Office - 楽しもう Office ライフ

便利な家計簿アプリを使う

スマートフォンで手軽に家計簿をつけたい場合は、家計簿アプリがおすすめです。『Zaim』という家計簿アプリは、700 万人以上が利用している日本最大級の無料オンライン家計簿です。

レシートをカメラで撮影するだけで自動入力してくれる機能をはじめ、銀行のキャッシュカードやクレジットカードの情報を自動取得してくれる機能も備わっています。

また、『マネーフォワード』というアプリは、証券口座やFX口座との連携もできるため、より資産運用に特化しています。

簡単に家計簿をつけたいのであれば『Zaim』、本格的な資産運用も考えている場合は『マネーフォワード』がおすすめです。

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」
家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

まとめ

家計簿を活用して貯金を増やすには、家計簿をつけた後にしっかりと支出を把握して無駄な出費を抑えることが大切です。

お金の流れを把握し改善していくことで、貯金を増やすことができます。便利な家計簿ツールやアプリもあるので、自分に合った方法で家計簿をつけていきましょう。

貯金したい人必読。貯金体質になるコツと今すぐできる節約術

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 老後の医療費について

    医療費や自分が痴呆になった場合の対処法が知りたいです。すなわち、法律では、禁治産者制度があるようですが、いまいち、その制度の利用の仕方がわかりません。 私...

    80代 / 女性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供1人

貯金の人気記事

カテゴリ

家計