1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計のやりくりには口座を上手に活用。使いこなして貯蓄も増やす

家計のやりくりには口座を上手に活用。使いこなして貯蓄も増やす

家計を上手にやりくりしたいと思っている人は、銀行口座を活用してみるのもひとつの方法です。本記事では、口座を使ったやりくりの方法やコツなどについて紹介します。また、目的に合った口座の選び方も知っておきましょう。

この記事の目次

口座を使った家計のやりくりとは?

口座を使った家計のやりくりとは、銀行口座を利用して家計の収支を把握・管理していく方法のことです。

複数の口座を用意する

家計を上手にやりくりするには、以下の3つの口座を用意し、それぞれの口座にお金を分けて管理しましょう。

  • 生活費用口座
  • 貯金用口座
  • 特別出費用口座

生活費用口座

まずひとつめは、生活費用のメインの口座です。給料の振込と各種引き落としを、この口座にまとめます。

給料の振込用口座と引き落とし用口座を分けると、毎回お金を移動させる手間がかかるうえ、給料日と引き落とし日の間に銀行の休業日があったときに、口座への入金が遅れ、支払いを遅延してしまう可能性があるからです。

また、引き落とし用の口座が複数あると、いつどの口座に、いくら入金すればよいのかを把握するが難しくなります。よって、すべての引き落としを生活費用の口座にまとめることが重要です。

貯金用口座

2つめは貯金用の口座です。貯金は必ず生活費用の口座と分けておきましょう。貯金を生活費用の口座に入れたままだと、生活費と貯金の境目が曖昧になり、使ってしまう可能性が高くなるためです。

また、『結婚式用の貯金口座』・『引っ越し用の貯金口座』・『教育資金用の口座』など、貯金の目的別に口座を分けて貯めるのもよいでしょう。

特別出費用口座

3つめは、特別出費用の口座です。結婚式に出席したり、病気で入院することになったりと、急にまとまったお金が必要になる場合があります。また、旅行や外食など、普段の生活費とは異なる特別な出費が生じることもあります。

そのような出費に生活費を充てたり、貯金を崩したりしなくても済むように、余裕資金を貯めておく口座を作っておくとよいでしょう。

旅行や外食などの特別な出費は、特別出費用口座の残高範囲内で済ませるというルールを設けておくと、お金の使い過ぎも防げます。

口座を使ったやりくりのメリット

口座を使ったやりくりには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

お金の流れが把握できる

家計のやりくりに口座を活用すると、お金の流れを把握しやすくなるというメリットがあります。なぜなら、すべての引き落としを生活費用の口座にまとめておけば、通帳の明細を見るだけで、それぞれの支出額が把握できるからです。

また、生活費用と貯金用の口座が分かれていることで、現在の貯金額が明確にわかります。特別出費用に口座においては、旅行などでお金をいくら使ったのかも把握できます。

口座を活用することで月にいくらの収入があり、どれぐらい使っているのかが目に見える形となるため、家計のやりくりが上手くいっていない場合は、原因と対策を考えられるようになります。

貯蓄しやすい

家計のやりくりに口座を活用すると、貯金しやすいというメリットもあります。生活費と貯金をきっちり分けることで、ついつい貯金まで使ってしまうことを防げるためです。

貯金用の口座を、定期預金などの簡単に引き出せない口座にしておくと、貯金用の口座からお金を引き出すようなこともなくなり、着実に貯金が続けやすくなります。

口座でやりくりするコツとは

口座を使ったやりくりをするときのコツも知っておきましょう。

先取り貯金

確実に貯金ができるようにするコツは、『先取り貯金』をすることです。給料が入ったらその日のうちに、貯金用の口座に自分が決めた一定額のお金を入れておきます。

そうすることで、貯金に回す分のお金を確保でき、うっかり使ってしまうといったことを防げます。

口座を分けても、ついつい貯金に手をつけてしまうという人は、自動積立定期預金を利用するのがおすすめです。

自動積立定期預金は、毎月決まった積立日に自分が指定している金額を、普通預金口座から定期預金口座に自動的に移動されるため、確実に貯金ができます。

利便性も考えて口座を選ぶ

家計のやりくりに口座を活用するときには、利便性も考えて口座を選びましょう。生活費用口座は利用頻度が高いので、通勤途中にATMがある銀行や、ATM手数料が無料になる銀行口座を選ぶのがおすすめです。

貯金用の口座は、お金を引き出しにくい定期預金口座や、金利が高い銀行の預金口座を選ぶとよいでしょう。

また、特別出費用の口座は、緊急時にまとまった金額を引き出せるように、自宅近くに店舗がある銀行の口座にすると便利でしょう。

まとめ

家計を上手くやりくりするには、生活費用、貯金用、特別出費用の3つに口座を分け、お金の流れを把握することが大切です。

家計のやりくりに口座を活用すると、通帳の明細を確認するだけで収入と支出の金額がわかるため、家計を見直しやすくなります。口座の選び方や先取り貯金などのコツを押さえ、やりくり上手になりましょう。

家計を管理して節約するコツとは?簡単家計簿で貯金ができる方法

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計