1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計診断で30代からできることは?将来のための貯蓄は早めに行う

家計診断で30代からできることは?将来のための貯蓄は早めに行う

まだ30代だし貯金は大丈夫…と思っている方も、30代は一番の稼ぎ時です。早めに家計を診断することで、将来の悩みや不安を解消し、効率よく貯蓄をすることができます。自分に合った方法で無駄な出費を抑えて貯金生活を始めましょう。

この記事の目次

30代の平均収入や支出を知る

子育て世代が増えてくる30代。夫婦二人の生活費に加え、住宅ローン、子供の教育費用などを視野に入れて月収をやりくりする必要があるため、いよいよ資産運用が重要となってくるのが30代です。

出典:30代の平均月収は32.1万円!~データで見る30代の現実

30代の平均年収は職業などによって差はありますが、月収が約32万円、年収は約384万円といわれています。男性は約550万円、女性は約432万円など、性別によって年収に差があるのも特徴です。

30代になると、既婚者や独身者によって支出の差がでてきますが、一般家庭の平均支出は約27万円といわれています。

平均年収から考えても、30代のうちから少しずつ貯金などの貯えをすることで、将来の貯蓄額に大きく影響します。

まだ貯蓄は必要ないと思っている方も、30代以降に直面する支出を考えることで、お金に対する意識を変えるきっかけになります。

30代が直面する主な支出

30代には、30代ならではの支出の特徴があります。30代になると20代よりも収入がアップするため、家賃などの住居費や交際費などが膨らむ傾向にあります。

30代でも支出を抑えることで、将来必要な貯えを増やすことができます。あまり必要の感じない出費は抑えるなど、30代から家計の見直しをすることが大切です。

住宅ローン

住宅ローンなどで初めて家を購入する場合は、30代が最も購入率の高い多い世代です。

仕事や収入が安定することで生活に余裕が生まれ、将来の為にマイホームが欲しい…と感じる方が増えてきます。

住宅ローンの場合は住んでいる場所や中古物件、新築マンションなどによってローンの返済額も様々です。

ローンの返済額について。最も多かった回答が「5〜7万円」が25.9%、次いで「7〜9万円」22.7%となりました。9万円以下を合わせると約7割となり、毎月の返済額を10万以内を目安としている方が多いとわかります。

出典:ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査 |

月々の返済額は約7割の方が5万円から10万円といわれているので、賃貸などとの差も大きくないのが特徴です。

ローンを組む場合は退職後などの長期的なプランもあることから、その為の貯蓄も必要になります。

子育てや養育費

人生の三大資金ともいわれているのが、住宅、教育、老後の資金です。

30代で子供がいる世帯の方は、教育費などの出費も増加していくため、約半数が将来の子供の養育費として必要な貯金を始めているといわれています。

その中でも一番多い金額が、毎月約2万円の貯蓄です。教育費用は子供が成長するにしたがって増えてくるので、固定支出として毎月貯金をする必要があります。

共働きの平均収入と支出

30代の共働きの世帯の場合、平均年収は約550万円といわれています。子供がまだ小さいことから、貯蓄する金額も30代が一番多いのが特徴です。

独身者と比べると支出額が多くなりますが、共働きの分収入も多く、家庭と仕事のバランスを見ながら養育費や住宅ローンなどを返済する家庭が多くなります。

住宅ローンなどは頭金を増やして今後の負担を減らす選択をする方が増えているため、30代のうちから長期的に家計のお金の流れを意識する方も増えてきています。

まずは家計のお金の流れを考える

30代の家計診断をする上で最も効果的な方法は、将来必要な貯金額を考えたり、家計のお金の流れを把握することです。

支出の特徴などを理解することで、無駄な支出を抑えて貯金額を増やすこともできます。30代は貯蓄を増やすことができる世代といわれているので、現在の家計の流れを細かく分析してみることが大切です。

家計の内容を知る

30代の1カ月の支出の内訳で、最も多いのが食費で、次に多いのが教育費といわれています。また、自動車を購入した場合は食費に次いで高い保険料を払っているというデータもあります。

自分の今加入している保険料などをもう一度見直すことで、大きく支出を抑えることができます。

支出の特徴と改善点

住宅ローンや教育費などの他に、通信費も30代の支出の内訳で高い割合を占めています。

通信費は格安プランを選ぶだけで、月々の支出を大幅に抑えることができるため、使用する頻度やプランの内容を見直すことで改善することができます。

また、住宅ローンなども、低金利ローンなどへの変更で高い節約効果が期待できます。金利は常に変化するものですので、こまめにチェックすることもポイントです。

家計の見直しやバランス

定年の60歳で仕事を退職した場合は、年金で老後を暮らすことになります。

その他にも医療費や旅行費用など、お金の使い道は様々です。老後も楽しく生活するためにも、早いうちから家計の見直しをすることが必要です。

必要な貯金額を知る

家計の金融行動による世論調査によると、一般家庭のの平均貯蓄額は、年間約400万円といわれています。しかし、年収などによって差は多く、100万円以内の貯蓄が半数を占めているというデータもあります。

定年までに貯めるべき貯蓄は生活費だけで約2,000万円から3,000万円といわれいているので、毎月最低でも3万円の貯金が必要です。

普段から将来のための貯えを意識することが大切です。

赤字だった場合

もし1カ月の収入よりも支出が上回っている場合は、少しでも無駄な支出を抑えるために、生活に必要な支出以外の項目を見直す必要があります。

30代は他の世代よりも病気になる確率が低く、働き盛りな為、赤字になったとしてもすぐに対処することで家計をしっかりと管理することができます。

30代で家計を見直し、貯蓄を始めよう

家計診断というと、将来のことが不安…と、つい考えるのをやめてしまいがちです。早めに対策を考えることで、無駄な支出を抑えて貯蓄の額を増やしていくことができます。

支出が減っていくことのみではなく、節約できる項目は節約し、楽しくお金を使う時はしっかり使うなど、ストレスのない方法で貯蓄を始めることが大切です。

家計を見直すことで、将来に対する不安も解消することができます。ライフスタイルに合わせて、楽しく貯蓄生活を始めましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計