1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計管理の上手なやり方とは?夫婦でできる方法を紹介

家計管理の上手なやり方とは?夫婦でできる方法を紹介

結婚後の家計管理は、どのようにするとよいのでしょうか。本記事では、夫婦の家計管理のパターンと、それぞれのパターンの注意点を解説します。また、上手な家計管理のための賢い口座の選び方や、口座の管理方法なども知っておきましょう。

この記事の目次

家計管理の現状を確認

家計を上手に管理するためには、まず現在の家計の状況を夫婦で確認してみましょう。独身のあいだは、それぞれが好きなようにお金を使っていても、何も問題はありません。

しかし、結婚してからは、2人の生活費や将来の目標といった、『家庭』のことを考える必要があります。

  • お互いの収入額
  • お互いの貯金額
  • 家賃や水光熱費など、毎月かかる費用の金額
  • 食費や雑費などの支出額
  • お互いのお小遣いなどの金額

上記のような項目の金額を、お互いが把握できるようにしておきましょう。また、家を買いたい、子供が欲しいなどの希望がある場合は、具体的な計画を立て、資金を準備しておく必要があります。

結婚前に、ある程度の内容を決めていたとしても、結婚後も定期的に話し合う時間を作り、その時々の状況に応じて見直していくことが大切です。

夫婦のだれが管理している?

だれが家計の管理をするのかも決めておきましょう。お金の管理が得意なほうが、一括管理してもよいですし、2人で共同管理してもよいでしょう。

だれがどのように管理するにしても、お互いが家計の現状を把握できるようにしておくことが大切です。

家計管理のパターンと注意点

夫婦の家計管理には、以下のようなパターンと注意点があります。

夫婦共用口座を2人で管理

夫婦の家計管理においては、夫婦共用口座を作って、そこにお互いの収入から毎月決まった額を入金し、2人で共同管理するというパターンがあります。

夫婦共用口座で家計を管理すると、お互いが家計の状況を把握しやすくなるほか、家計に回すお金と個人で使うお金を、きちんと分けることができます。

ただし、この方法はお互いの収入額や、個人の口座の貯金額を把握しにくいというデメリットがあります。

また、夫婦共用口座といっても、共同名義にはできないため、夫婦のどちらかの名義にすることになります。

そのため、もしも離婚することになった場合、名義人になっている側が、夫婦共用口座の権利を主張したり、名義人の死亡時に、貯金が引き出せなくなったりといったトラブルが起こる可能性があるため注意が必要です。

費用の項目別に夫婦で分担

費用の項目別に、夫婦で分担して管理するというパターンもあります。たとえば、家賃や水光熱費は夫の収入から、食費や通信費は妻の収入からというように、分担して支払う方法です。

この方法は、自分の担当分の支払いを済ませれば、残りは自由に使えるというメリットがあります。

しかし、自分の担当分以外の支出額を把握しづらいほか、自由に使えるお金が多いために、趣味などにお金をかけすぎることがあるので、注意する必要があります。

この方法で家計を管理するのであれば、自分の担当以外の支出額もきちんと把握しておき、毎月の貯金額や趣味に使ってよい金額などを決めておきましょう。

細かくルールを定めていないと、知らないうちに家計が赤字になっていたり、まったく貯金ができておらず、緊急時にお金が足りなくなったりといった問題が起こる可能性があります。

妻または夫がすべて管理

妻、または夫が家計をすべて管理するというパターンもあります。この方法は1人ですべての家計を管理するため、収支や貯金額をチェックしやすいというメリットがあります。

ただし、家計を管理している側に任せきりになり、管理をしていない側が、まったく収支や貯金額を把握していないということが起こりやすくなります。

管理を任せきってしまうと、実は家計が赤字状態で、毎月キャッシングでしのいでいた、貯金がまったくできていなかった、などという問題に気づくのが遅れてしまいます。

夫婦のどちらかが家計をすべて管理する場合でも、お互いが家計の状況を把握できるようにしておき、定期的に見直しをおこなうことが大切です。

共働き夫婦の口座管理はどうする?

共働きの夫婦の口座は、どのように管理するとよいでしょうか。

必要な口座の数とは

共働きの夫婦が上手に家計の管理をおこなうには、2~3つの口座を用意しておくのがおすすめです。

すべての収支をひとつの口座にまとめてしまうと、生活費と貯金用のお金の切り分けがしづらく、貯金用のお金まで使ってしまう可能性があります。

また、口座がひとつしかないと、銀行のシステムメンテナンスのときなどに、お金が引き出せなくなってしまいます。もしものときに備えるためにも、複数の口座を持っておくと便利です。

生活費・固定費用口座

口座を分けるときには、まず生活費・固定費などの支出用の口座を作りましょう。家賃や水光熱費、クレジットカードの支払いまで、すべてを支出用口座から引き落とすようにすると、支出を管理しやすくなります。

そして、定期的に通帳記入をしておけば、通帳の明細を見るだけで、それぞれの項目の支出額が把握できるため、家計の見直しにも役立ちます。

貯金用口座

貯金用の口座は、支出用の口座と分けておきましょう。支出用と貯金用をまとめてしまうと、貯金する予定だったお金まで使ってしまう可能性があります。

また、給料が入ったらまず貯金用の口座に、夫婦で決めた貯金分を移動しておくのがおすすめです。

貯金分を先取りしておけば、残った金額分でやりくりするようになるため、貯金が続けやすくなります。

予備費・ご褒美用口座

生活費・固定費の支出用と貯金用の口座とは別に、予備費・ご褒美用の予備口座を作っておくのもよいでしょう。

外食や旅行の費用のほか、結婚式や入院などで急にまとまったお金が必要になったときに、予備口座からお金を引き出すようにすれば、貯金を崩さずに済みます。

また、外食や旅行は、予備口座にある金額以内に留めるというルールを設けておけば、お金の使い過ぎを防げます。

管理用口座の賢い選び方

複数の口座を作って家計を管理するときには、賢く口座を選ぶことも大切です。

生活費用の口座は利便性重視

入金・出金の回数が増えやすい生活費・固定費などの支出用の口座は、利便性を重視しましょう。勤務先や自宅周辺など、生活圏内に店舗がある銀行の口座にするのがおすすめです。

3大メガバンク(※)の口座を利用するのもよいですが、ゆうちょ銀行や地方銀行のほうが、生活圏内に店舗やATMが多いこともあるので、よく検討してみましょう。

また、共働きで平日に銀行に行く時間がなかなか取れないという場合には、24時間いつでも利用できる、ネット銀行を活用するのもおすすめです。

(※3大メガバンクとは、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の3つの銀行のことです)

貯金用口座は金利で選ぶ

貯金用の口座は、基本的に出金する回数が少なく、長くお金を置いておく口座になるため、普通預金金利が高い銀行を選ぶとよいでしょう。

たとえば、イオン銀行や楽天銀行であれば、クレジットカードの入会や、証券口座の開設などの条件を満たすと、普通預金金利がアップします。

また、定期預金を利用するのであれば、金利が最大で0.2%になるオリックス銀行の『eダイレクト預金』もおすすめです。

預金金利(定期預金・普通預金) |金利|イオン銀行

金融商品仲介は楽天銀行(旧イーバンク銀行) 楽天証券×楽天銀行でぐっと広がる資産運用の幅 ネット銀行は楽天銀行

預金 | オリックス銀行

まとめ

上手に家計を管理するには、まず家計の現状を把握する必要があります。そのうえで、一括管理と共同管理のどちらにするのか、毎月の貯金額をどうするのかなどの、細かいルールを決めていきましょう。

また、複数の口座を用意して、用途ごとに分けて管理することも大切です。どのように管理するにしても、夫婦がお互いに家計の状況を把握できるようにして、問題があったら、すぐに改善できるようにしておきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計